れいとうビーム わざマシン。 どうぐ「わざマシン」

どうぐ「わざマシン」

れいとうビーム わざマシン

技説明 ・ れいきを はっしゃして こうげき てきを こおらせることがある。 つめたい を あいてに はっしゃして こうげきする。 こおり じょうたいに することが ある。 ・ こごえる を あいてに はっしゃして こうげきする。 こおり じょうたいに することが ある。 ・ こごえる を あいてに はっしゃして こうげきする。 こおり じょうたいに することが ある。 ()凍える を 相手に 発射して 攻撃する。 こおり状態に することが ある。 じぶんの まえに した を かなり おどろかす ()自分の 前に した を かなり 驚かす 概要 初代のから登場しているある技。 「れいとうビーム」を覚える代表的なは全般に加えてどのがあげられる。 覚えないは、程度。 他にも覚えるが多く、後は、、あたりにもある程度の数が見られる。 やの御用達の定番技として知られている。 特に強なの弱点を突けることから対策としての技。 「」が必中になるでは、「れいとうビーム」より「」を用いることが多い。 のが不遇だと嘆かれる理由の一つは、本来有利であるのののどがこの「れいとうビーム」を覚え、簡単に弱点を突き返されてしまうから。 1割とはいえのこおり状態が悪なため、対戦でまったく勝ちがない状態になるとこおり狙いとしてこの技をしてみるというのはよくあること。 同威の「」「かえんほうしゃ」とべるとが5少ない。 第代では多くの特殊技の威が下げられたが、れいとうビームもからに下がった。 初代当時は「」の性がなほど高かったため、対戦ではあまり使われていなかった。 しかしそれでもや上げの際には高威で弱点を付きやすく、もより多いとあって便利な技であった。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

わざマシン一覧 (XY対応版)|ポケモン徹底攻略

れいとうビーム わざマシン

永遠の…と言いたいところだが、第2世代のわざマシン13はである。 また、第7世代のでは、ではになっている。 威力・命中・PP全てが安定したこおりタイプの主力技。 初代では、あまりにもぶっ壊れた性能を誇ったのせいでわざわざ威力でも追加効果でも劣るこの技を採用する理由が無く、この威力でありながら影の薄い技であったが第1世代の後期ではふぶきの追加効果の確率が1割に下がったことで安定性のあるこの技に乗り換えて成果を出した例もある。 第2世代でふぶきが大幅に弱体化したことにより、高い安定性を持つこの技が一気に主力になった のだが、前述のとおり技マシンの技から外れてしまった為、プレイヤーはわざわざ初代のソフトで覚えさせて持ってこなければならないジレンマを抱える事になる クリスタル版で改善。 本格的にこの技が広く使われるようになったのは第3世代からである。 わざマシン13に復活した事で、多くのポケモンに用いられるようになった。 第4世代以降ではを組むときや特性がのポケモンを使う時を除いてはふぶきよりこの技が優先される。 のポケモンとは相性補完という意味でも相性がよく、特殊型の場合サブウェポンにほぼ装備している言っても過言ではない。 殆どのみずタイプは習得できるのだが、能動的な攻撃技を一切覚えない、そして何故か、、も 習得できない。 何が問題なのだろう。 ついでにも習得不可。 炎複合だからか… しかし、はでありながら習得できたりする ドラゴンタイプの最盛期だったではこの技が非常に重宝されたのは言うまでもない。 では威力が90に下がった。 とは言え、まだまだ安定性は高いので採用の余地は十分あるだろう。 但しだと追加効果が死ぬので、氷タイプはを採用する事も。 大きな特徴としてはいわゆる環境を席巻するような強力なポケモンは4倍弱点を持ってるものが多く、しかも耐久数値が防御>特防のポケモンが多いのでそれらのポケモンを一撃で倒しやすいこの技は抑止力として非常に長い間君臨し続けている。 役割対象として有名なのは、(特に含む)、伝説戦では等が代表的な存在だろう。 使用率は以前より落ちたが以前はや相手にも強力な対抗手段として用いられた。 特殊技においてれいとうビーム独自の有利点としては、誰でも使用できるでは例え4倍弱点でも一撃で倒せない事が多く、ふぶきだと先述した通り命中率が不安定で4倍弱点だと威力がオーバーキルになりがちになり、 その為命中率と威力が安定してるれいとうビームに白羽の矢が立ちやすい状況になっている。 ゲームのエフェクトでは細身の一直線の光線であることが多いが、アニメ と一部ゲーム 等では青白い稲妻のような光線を放つ攻撃になっている。 関連項目 …これらと併せて と呼ばれている。 関連記事 親記事.

次の

【ポケモン サンムーン】技マシン(わざマシン)の入手場所・方法まとめ!|ゲームエイト

れいとうビーム わざマシン

違うなら1個妨害する。 れいとうビームは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ• :れいきを はっしゃして こうげき てきを こおらせることがある• ・:れいきを はっしゃして こうげき てきを こおらせることがある• :つめたい ビームを あいてに はっしゃして こうげきする。 こおり じょうたいに することが ある。 ・・:こごえる ビームを あいてに はっしゃして こうげきする。 こおり じょうたいに することが ある。 ・・ 漢字 :凍える ビームを 相手に 発射して 攻撃する。 こおり状態に することが ある。 コンテストわざ• :おなじ タイプの アピールを した ポケモンを とくに おどろかす• :じぶんの まえに アピールした ポケモンを かなり おどろかす• 第四世代以降状態ではふぶきは必中するようになったため、霰パではそちらが優先されやすい。 ポケモンカードゲームにおけるれいとうビーム 「コインを1回投げオモテなら、相手をマヒにする。 」という効果のワザとして登場する。 れいとうビームGXとしても登場する。 コイントスなしで相手を マヒにできる。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるれいとうビーム PP8。 直線10マスの敵を攻撃し、一定の確率でにする。 以下のポケモンが使用できる:• アニメにおけるれいとうビーム ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 口から水色の冷気を吐く。 わざの初出 複数 複数 (借用) 2匹 口から水色の冷気を吐く。 ツノまたは口から水色の冷気を発射する。 コーディネーター ツノから水色の冷気を発射する。 ツノから水色の冷気を発射する。 手から水色の冷気を発射する。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 複数 ツノから水色の冷気を発射する。 コーディネーター 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 頭から水色の冷気を発射する。 口から水色の冷気を吐く。 の幻影 口から水色の冷気を吐く。 鼻から水色の冷気を発射する。 手から水色の冷気を発射する。 巨大ネンドール 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 手から水色の冷気を発射する。 顔から水色の冷気を発射する。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 3匹 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 複数 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 手から水色の冷気を発射する。 手から水色の冷気を発射する。 口から水色の冷気を吐く。 複数 口から水色の冷気を吐く。 複数 口から水色の冷気を吐く。 3匹 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 目から水色の冷気を発射する。 手から水色の冷気を発射する。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 頭から水色の冷気を発射する。 団員 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 嘴から水色の冷気を発射する。 嘴から水色の冷気を発射する。 キバから水色の冷気を発射する。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 忍者 ハサミから水色の冷気を発射する。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 口から水色の冷気を吐く。 は氷上ではれいとうビームになる 以降。 似たような威力・命中の・・に比べてが少ないのは、で状態の仕様が強力だったためと思われる。 では、の・の・の・のなどが使用する。 では、フィールドスマッシュで登場するが使用する。

次の