ローザンヌ バレエ 2020。 ローザンヌ国際バレエコンクールの日本予選は2021年に延期、YAGPオンライン・オーディションとオンライン・クラス|チャコット

ローザンヌ国際バレエコンクール2020日程とライブ放送視聴法!日本人出場者名も!

ローザンヌ バレエ 2020

2020年2月にスイスのモントルーで開催される「第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020」のビデオ選考および事前選考を通過した選抜者の一覧(本戦出場者)が公表されました。 選抜されたのは 27か国84人で、 そのうち日本人は13人です。 前回は14人の日本人がコンクールに参加し、そのうち4人が決戦に進み、3人が入賞を果たしていますが、今回も日本人参加者の活躍が期待できそうです。 今回は、「第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020」について、日本人出場者やコンクールの進め方、審査内容・方法、賞の種類、テレビ放送など、コンクールを楽しむための様々な情報をお知らせします。 訂正してお詫び申し上げます。 ご指摘有り難うございました。 第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020 ビデオ選考・事前選考結果の概要 ローザンヌ国際バレエコンクールは、第1段階として医療関連資料を審査した後、 第2段階としてビデオ選考を行い、第3段階であるモントルーで開催される 5日間の 選考(本戦)に進む選抜者を決定します。 今回は44か国から377人(女子301人、男子76人)の応募があり、ビデオ選考(video selection)では26か国76人(女子48人、男子28人)が選抜され、既に事前選考(Preselections)で選抜されていた5か国8人(女子3人、男子5人)と合わせて、合計27か国から84人(女子51人、男子33人)が選抜され、モントルーでのコンクールへ参加することになりました。 日本人は13人が選抜されており、入賞への期待が高まります! 前回の第47回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2019 では、 14人が本戦に出場し、 決戦では3人が入賞しています。 第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020 日本人出場者 まずは、ビデオ選考で選抜された日本人13人についてです。 主催者からは氏名、性別・グループ、所属スクールなどが公表されていますが、13人のうち8人が既に海外のバレエスクールに留学中です。 第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020 について 「第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020」の参加者が発表され、2020年2月2日(日)~2月9日(日)にスイスのモントルーで開催されるコンクールが楽しみになってきました! ここでは、あらてめて「ローザンヌ国際バレエコンクール」についておさらいしたいと思います。 「第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020」は、いつ、どこで、何をして、どんな賞をもらえるのか、インターネットで配信されるのか、テレビ放送はされるのか、などなど、多くの方が疑問に思うことについて 見ていきましょう! 「ローザンヌ国際バレエコンクール」について 「ローザンヌ国際バレエコンクール(Prix de Lausanne)」は、才能豊かな若いバレエダンサーがプロへの道に踏み出すことをサポートすることを目的に、1973年に創設された世界的コンクールです。 プロのダンサーではない15~18歳のあらゆる国籍のバレエの生徒に参加資格があり、ダンス界において国際的に活躍する著名な 審査員 が所定の基準により審査を行います。 スカラシップ賞・プロ研修賞が用意されており、受賞者は提携している世界的な名門バレエ・スクールに1年間留学するか提携している世界的バレエ団で1年間研修することができます。 ローザンヌ国際バレエコンクールは若手バレエ・ダンサーの登竜門とも呼ばれ、コンクールをきっかけに多くの入賞者が世界的なバレエダンサーへと成長しています。 参加者は性別と年齢により 4つのグループに分けられます。 ・ジュニア:2003年2月9日から2005年2月8日生まれ ・シニア:2001年2月9日から2003年2月8日生まれ 5日間の審査では月曜日から木曜日に クラシックとコンテンポラリーのクラスを行い、全ての 参加者がクラスを受け、コーチングを受けます。 審査員による採点を行い、全5日間の審査を考慮したうえで、 最大20名の 決選進出者を選抜します。 土曜日には審査の結果選抜された約20名により 決選(FINAL)が行われ、 舞台上でクラシック・バリエーションとコンテンポラリー・バリエーションを公開発表し、審査員が採点を行い受賞者を選出します。 賞として、世界的の著名なバレエ学校へ留学できるスカラシップ賞、世界的なバレエ団で研修できるプロ研修賞などが用意され、 才能豊かな若いバレエダンサーがプロへの道に踏み出すことをサポートしています。 バリエーションのリストはで確認することができ、コンテンポラリーは動画も公開されています。 ただし、プロ契約中あるいは過去にプロ契約を結んだことのある者の参加は認められません。 授業料は免除され、留学中の生活援助金も支給されます。 (提携バレエスクールには、パリ・オペラ座バレエ学校、ワガノワ・バレエ・アカデミー、ロイヤル・バレエ・スクール、ジョン・クランコ・スクール、スクール・オブ・アメリカン・バレエなどがあります) プロ研修賞 コンクール開催時に 17 歳以上(シニア)の受賞者が対象。 提携しているカンパニーの中から受賞者が希望するカンパニーの活動に研修生として 1 年間参加。 研修中の生活援助金も支給されます。 (提携カンパニーとして、英国ロイヤル・バレエ、バーミンガム・ロイヤル・バレエ、シュツットガルト・バレエ、ABT スタジオ カンパニー、K バレエ カンパニーなどがあります) コンテンポラリー賞 決選進出者の中からコンテンポラリーの資質が優れている者 1 名に授与。 所定の講習会より1つ選択し参加することができます。 (旅費、滞在費、受講料はコンクール主催者負担) ベスト・ヤング・タレント賞 ルドルフ・ヌレエフ財団が、スカラシップを受賞しなかったが優れた芸術性を発揮した決選進出者に授与。 ベスト・スイス賞 スイスのスクールから参加の決選進出者の中から最優秀者に賞金を授与。 受賞権利を有するのはスイス国籍の決選進出者もしくはコンクール開催前に2 年以上スイスに在住してバレエ教育を受けているスイス国籍以外の決選進出者。 観客賞 決選当日に会場であるストランヴィスキー・オーディトリウムで観覧した観客の投票により選ばれた決選進出者 1 名に贈られます。 WEB 視聴者賞 WEB 視聴者賞はコンクールのライブストリーミング視聴者の投票により選ばれたコンクール参加者に贈られます。 決選当日、Arte Concert のホームページから投票します。 スカラシップ賞、プロ研修賞に入賞しなかった決選出場者は、提携スクール及びカンパニーからのオファーがあった場合、そのディレクターもしくは公式代理人と個人面接をすることができます。 決選に選抜されなかった参加者は審査員との個人面接を受けることができ、提携スクール及びカンパニーのディレクターが見学するバレエクラスに参加することができ、オファーがあった場合には、その代表者と個人面接をすることができます。 インターネット ライブ配信 ローザンヌ国際バレエコンクールの様子は のサイトでライブ配信されます。 (コンクール期間中はローザンヌ国際バレエコンクール公式サイトのにも表示されます) なお、「WEB視聴者賞」はライブ配信視聴者がArte Concert のホームページに直接投票し選出されます。 自分も「WEB視聴者賞」の審査に参加したい、という方はライブ配信を視聴してみてください! (日本とスイスとの時差は8時間です。 コンクールの最終審査である決選から、クラシックバリエーション(全員)と、コンテンポラリーバリエーション(抜粋)が放送されます。 スタジオでは元バレエダンサーなどがコンクールの見どころ、審査のポイントを解説します。 最近は、 元バーミンガム・ロイヤル・バレエ団ファースト・ソリストの山本康介さんが解説者として出演しています。 Prix de Lausanne 2020 — Trailer 第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020 — 予告編映像 【参考】第47回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2019 日本人入賞者 前回の第47回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2019 では3人の日本人が入賞しています。 佐々木須弥奈さんが3位入賞とベスト・スイス賞受賞、脇塚 優さんが4位、住山美桜さんが8位に入賞しています。 佐々木須弥奈さんはベスト・スイス賞を受賞していますが、コンクール開催前に2 年以上スイスに在住してバレエ教育を受けているため、受賞権利があります。 佐々木須弥奈さんは英国ロイヤル・バレエ、 住山美桜さんはバーミンガム・ロイヤル・バレエに研修生として参加しており、 脇塚 優さんはサンフランシスコ・バレエ・スクールに 留学しています。 最後に 今回は、2020年2月にスイスのモントルーで開催される「第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020」の本戦出場者が公表されたことを受け、日本人出場者とローザンヌ国際バレエコンクールを楽しむための基本的な情報をお知らせしました。 多くの日本人が本戦に出場することになり、日本人の活躍を期待せずにはいられませんね! 過去にもローザンヌ国際バレエコンクールから多くの日本人ダンサーが世界へと羽ばたいています。 そんな偉大な先輩方に是非続いて欲しいと思います。 新たな情報が公表されたら、この記事に追記するか、もしくは、新たな記事でお知らせしたいと思います。 どうぞ、楽しみにお待ちください!.

次の

本選出場者決定!ローザンヌ国際バレエコンクール2020

ローザンヌ バレエ 2020

ローザンヌ国際バレエコンクール事務局は、2020年9月に開催予定だった日本予選を2021年9月に延期すると発表した。 当初発表されていた日本予選の応募締め切りは6月末日だったが、2021年1月末モントルーにて開催予定の第49回ローザンヌ国際バレエコンクールへの日本人の参加希望者の応募は引き続き受け付ける。 第49回ローザンヌ国際バレエコンクール本選についての応募要項発表は7月1日、応募受付は9月1日より始まる。 Covid-19の拡大を受けて、関連のイベント開催についても変更が相次いでいる。 ・7月6日〜11日ローザンヌでの開催予定だった夏季集中講座(ヨーロッパ予選)は中止。 ・ウルグアイのモンテビデオで開催予定だった南米予選はビデオ選考のみの審査となり、10月7日に結果発表される。 2名が選出され、来年2月のスイス・モントルーでの本選への出場資格を得る。 ・スイス国籍者およびスイス留学中の生徒対象のスイス・ワークショップは10月11日に延期。 ・ヤング・クリエイション・アワード(振付賞)応募受付は10月12日〜11月27日。 12月7日に結果が発表される。 ローザンヌ国際バレエコンクール公式サイト ローザンヌ国際バレエコンクール2020にて。 結果は下記のURLより確認できる。 YAGP日本事務局では永久メイ、マリア・ホーレワ、ウラジーミル・マラーホフ、ルカ・マサラなどのYAGP審査員やゲスト・アーティストによる有料のオンライン・クラスが開講中。 YAGPニューヨーク本部でもオンライン無料クラスやZoomクラスが多数用意されている。 YAGP2021日本予選は予定どおり2020年10月22日(木)〜25日(日)あましんアルカイックホール(兵庫県尼崎市)にて開催すると日本事務局は発表している。 申込は2020年7月29日(水)より。 ただし、今後の状況次第で変更になる可能性もあるため、最新情報を確認することが必要だ。 記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。 ワールドレポート• 過去の記事• 2020• 2019• 2018• 2017• 2016• 2015• 2014• 2013• 2012• 2011• 2010• 2009• 2008• 2007• 2006• 2005• 2004• ジャンル別に見る•

次の

第48回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2020 日本人参加者の予選動画を紹介

ローザンヌ バレエ 2020

ローザンヌ国際バレエコンクール事務局は、2020年9月に開催予定だった日本予選を2021年9月に延期すると発表した。 当初発表されていた日本予選の応募締め切りは6月末日だったが、2021年1月末モントルーにて開催予定の第49回ローザンヌ国際バレエコンクールへの日本人の参加希望者の応募は引き続き受け付ける。 第49回ローザンヌ国際バレエコンクール本選についての応募要項発表は7月1日、応募受付は9月1日より始まる。 Covid-19の拡大を受けて、関連のイベント開催についても変更が相次いでいる。 ・7月6日〜11日ローザンヌでの開催予定だった夏季集中講座(ヨーロッパ予選)は中止。 ・ウルグアイのモンテビデオで開催予定だった南米予選はビデオ選考のみの審査となり、10月7日に結果発表される。 2名が選出され、来年2月のスイス・モントルーでの本選への出場資格を得る。 ・スイス国籍者およびスイス留学中の生徒対象のスイス・ワークショップは10月11日に延期。 ・ヤング・クリエイション・アワード(振付賞)応募受付は10月12日〜11月27日。 12月7日に結果が発表される。 ローザンヌ国際バレエコンクール公式サイト ローザンヌ国際バレエコンクール2020にて。 結果は下記のURLより確認できる。 YAGP日本事務局では永久メイ、マリア・ホーレワ、ウラジーミル・マラーホフ、ルカ・マサラなどのYAGP審査員やゲスト・アーティストによる有料のオンライン・クラスが開講中。 YAGPニューヨーク本部でもオンライン無料クラスやZoomクラスが多数用意されている。 YAGP2021日本予選は予定どおり2020年10月22日(木)〜25日(日)あましんアルカイックホール(兵庫県尼崎市)にて開催すると日本事務局は発表している。 申込は2020年7月29日(水)より。 ただし、今後の状況次第で変更になる可能性もあるため、最新情報を確認することが必要だ。 記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。 ワールドレポート• 過去の記事• 2020• 2019• 2018• 2017• 2016• 2015• 2014• 2013• 2012• 2011• 2010• 2009• 2008• 2007• 2006• 2005• 2004• ジャンル別に見る•

次の