宅食 比較。 宅食まにあ

【17社250コース価格比較】送料込で”本当に安い”宅食/宅配弁当TOP3

宅食 比較

3大!宅食の魅力を知ろう! 「宅食サービスはどこがいいかを知りたい…」「宅食が気になっているけど不安だから詳細を知りたい…」 そんなあなたに、宅食の全てをお伝えします。 それではまず、宅食の魅力はどこにあるのかについてお話しします。 3つのポイントがあります。 魅力1 毎日メニューを考えなくて良い 宅食の最大のメリットが、毎日の献立メニューを考える手間から解放されることです。 毎晩仕事で帰宅が遅くなるのに、そこから献立を考えるのが結構ストレス• 土日、子供達のお昼ごはんはどうすればいいの…• 健康にも気を使って、複数品作るのが体力的にしんどい• 一人暮らしだとどうしても食事メニューが偏ってしまう そんな悩みからあなたを解放してくれるのが、宅食なんです!宅食サービスは1度に約5食を届けてくれます。 しかもメニューも凝っており、飽きが来ず楽しみながら続けられます。 健康にも気を使われていて、しかも子供からも文句が出ない種類の豊富さ。 これが宅食の魅力です! ただ例えば料理は自分で作ってあげないといけないんじゃないか。 そう考える方も多くいらっしゃることは理解します。 ですが、全ての食事が手作りじゃなくてもいいじゃないですか。 あなたは十分に頑張っています。 逆に全てが宅食じゃなくてもいいんです。 手作りと宅食、うまく付き合いながら楽しい食生活を実現していきましょう! 魅力2 食品ロス対策になる 自炊など自分で食事を作る場合、スーパーで買った食材がついつい余りがちですよね。 また冷蔵庫に眠っている食材ごとの賞味期限や消費期限を気にしながら、日々の献立を考えるのは本当に疲れるもの。 そこまで気を張っていたとしても、どうしても出てしまうのが食品の廃棄。 そうした食品ロスを減らすことができるのも宅食のメリットのひとつです。 食材を廃棄するときは金銭的にもったいないのは当然ですが、どこか罪悪感も感じてしまいますよね。 宅食なら1食ごとに届けられますし、冷凍されているので日持ちします。 もう無駄な罪悪感を感じる必要はありません。 魅力3 健康的な食事ができる 宅食は健康に配慮した食事が多いのも特徴的です。 近年食事の冷凍技術が向上したことに加え、多くのサービスが競って食事向上を図っています。 そのため、宅食の質は年々上がり続けています。 消費者にとっては嬉しい傾向ですね。 野菜を多く使っていたり、糖分を控えめにしていたり、タンパク質を制限していたりと、各社それぞれで特徴があります。 ぜひ健康面にも目を向けて宅食サービスを比較していきましょう。 宅食サービス比較 ここからは具体的に宅食サービス25個を徹底比較していきます。 特徴やメニュープランを抜粋したので、ぜひ自分のご家庭にあった宅食を探してみてくださいね。 また、後半にご紹介するサービスは介護食がメインになっています。 定期購入で毎週お届け• 全て糖質90%OFFのお食事• 6食セット:3,880円(1食あたり647円)• 8食セット:4,780円(1食あたり597円)• 10食セット:5,680円(1食あたり568円) 公式サイトの雰囲気から、野菜満点の料理なのだと感じることができます。 健康に気を使うにも、メニューごとに糖質を調べるのは気が滅入ってしまいますもんね。 70種類から料理を選べるのは嬉しいところ。 さらに期間限定で初回500円オフのキャンペーン中なので、まずは気軽に試してみてくださいね。 つくりおき. 栄養士が、メニューを監修• 専任のシェフが、自社キッチンで手間をかけて手作り• 季節に合わせた食材で、親としても安心して頼めますね。 「健康管理食」としても「ダイエット食」としてもおすすめ!• 彩りおかずでしっかり食べたい!• 気くばり御膳 人気メニュー7食コース:5,500円(1食あたり785円)• 気くばり御膳 お試し4食コース:2,980円(1食あたり745円)• ウーディッシュ 人気メニュー8食コース:5,170円(1食あたり646円) 公式サイトを見ると、料理ごとのカロリーが分かりやすく記載されています。 気配り御膳は全て300kcal以下! ウーディッシュは女性に人気のお弁当になっています。 20品目も摂取できるのは嬉しいですね!健康食としてもダイエット食としても、どちらも重宝しそうです。 専任の管理栄養士が塩分やカロリーに配慮して献立を設計• 香り・風味・食感を保つため冷蔵の温度帯で管理• 4食入りお試しセットF:2,224円(1食あたり556円)• 7食セット:3,889円(1食あたり555円)• 」というキャッチコピーがいいですね。 1978年から続く実績には安心感があります。 親会社のワタミは介護事業も手がけているので、健康にも気を遣われた食事を摂ることができます。 配達料無料• 使いきりでムダ知らず• すまいるごはん• Lovyu(ラビュ)• 和彩ごよみ• ヨシケイには33名の栄養士が在籍しており、日々健康にも配慮したメニュー作りが行われています。 公式サイトでは栄養士への相談窓口も用意されているので、何か疑問が生まれたときにも安心して相談できます。 管理栄養士が栄養バランスに配慮したメニューを監修• 香り・風味・食感を保つための温度管理• 国産プレミアム お試しセット5食分::3,240円(1食あたり648円)• プチデリカ お試しセット5食分:1,975円(1食あたり395円)• そよ風のやさしい食感 お試しセット5食分:3,100円(1食あたり620円) メニュープランを見てもわかる通り、種類が豊富ですよね。 また厚労省の推奨するたんぱく質、脂質、炭水化物のバランスにも配慮してメニュー開発が行われています。 管理栄養士が考案した安心メニュー• 安全の食事作り• 塩分カロリー調整食 7食セット:4,762円(1食あたり680円)• たんぱく調整食 7食セット:4,762円(1食あたり680円)• カロリー制限気配り宅配食7食:4,500円(1食あたり642円)• 塩分制限気配り宅配食7食:4,500円(1食あたり642円)• たんぱく&塩分調整気配り宅配食7食:4,800円(1食あたり685円)• 糖質制限気配り宅配食7食:4,500円(1食あたり642円)• 健康応援気配り宅配食7食:4,300円(1食あたり614円)• 食べたいものを選ぶ楽しみ• 続けやすい価格• カロリー制限気づかい御膳7食:4,800円(1食あたり685円)• 塩分制限気づかい御膳7食:4,800円(1食あたり685円)• 糖質制限気づかい御膳7食:4,800円(1食あたり685円)• たんぱく&塩分制限気づかい御膳7食:5,100円(1食あたり728円)• つるかめバランス栄養御膳7食:4,600円(1食あたり657円)• 管理栄養士が駐在!栄養バランスを考えた健康食• 国産!こだわりの味付け• 健康バランス7食セット:3,800円(1食あたり542円)• 健康バランス14食セット:6,300円(1食あたり450円)• 品質だけでなく本当の美味しさへの追及• 健幸ディナー定期お届けコース5食:3,686円(1食あたり737円)• 飽きのこない豊富なメニュー• 管理栄養士監修で安心• 低糖質セレクト7食:3,920円(1食あたり560円)• やわらかくって食べやすい• 見た目もおいしく楽しく• ちょっとやわらかめ宅配食7食:4,600円(1食あたり657円)• かなりやわらか宅配食7食:4,600円(1食あたり657円)• 食べた人が美味しくてしあわせ。 作った人も時間の節約ができてしあわせ。 家族の笑顔でみんなしあわせ。 おためしセット3食:2,052円(1食あたり684円)• おまかせコース7食:4,891円(1食あたり698円)• 塩分コントロールコース7食:4,891円(1食あたり698円)• 肉も、魚も、野菜も、やわらかいから食べられる。 見た目がそのままだから、食べたくなる。 必要な栄養素を選択できる。 人気おすすめ12品セット:7,429円(1食あたり619円)• おかず24品セット:15,035円(1食あたり626円)• 安全・安心の食事作り• 調理・食事管理が簡単!• やわらか食お試しセット6食:4,940円(1食あたり823円)• タンパク制限食お試しセット6食:5,240円(1食あたり873円)• カロリー制限食お試しセット6食:4,760円(1食あたり793円)• 塩分制限食お試しセット6食:4,760円(1食あたり793円)• 糖質制限食お試しセット6食:5,360円(1食あたり893円)• あなたの暮らしに「ミールラボがある安心感」をお届けします。 通常のダイエットだけではなくジムでの食事指導にもお使い頂けます。 お弁当のプロがとことんこだわった味。 ローファットコース7食セット:4,536円(1食あたり648円)• ウーマンズコース5食セット:4,050円(1食あたり810円)• 今日もご利用者様に「会いに行こう」• 認知症理解の証「オレンジリング」• 普通食ごはんつき1食:594円(1食あたり594円)• カロリー・塩分調整食ごはんつき1食:820円(1食あたり820円)• たんぱく・塩分調整食ごはんつき1食:820円(1食あたり820円)• 原材料にこだわり抜きました• ご高齢者様向けに食べやすく調理• 専門医が監修し、管理栄養士が献立を作成• 製造時における、添加物・着色料・保存料不使用• ヘルシー御膳1食:704円〜(1食あたり704円〜)• スマイル御膳1食:915円〜(1食あたり915円〜)• たのしみ御膳1食:701円〜(1食あたり701円〜)• 2食あたり1000kcal前後• 2食で350g以上の野菜量で設計• 1食あたりの料金は1,000円を超えて少し高めですが、健康にはお墨付きが与えられているので、安心して食べられます。 美医食同源の追求• 厳格な糖質管理• 病院栄養士の経験のある管理栄養士が元日本料亭のベテラン調理師• 調理加工の段階で、ひと手間かける• 国内の契約農家も喜ぶ全量買取契約栽培• 業界No. 1の国内工場で安心安全を第一に• 美味しく、健康を考えた季節感あふれる献立• 素材のおいしさを引き出す調理法• 普通食おかずのみ1食:590円〜(1食あたり590円) 宅食選びのポイント 宅食の値段は? まず気になるのはそのお値段です。 サービスごとのプランでも見てきた通り、1食あたり600円代、700円代の価格設定が多い印象です。 毎日使うには正直高いと感じる方も多いかもしれませんね。 あくまで補助として、使っていくのも良いかもしれません。 次に消費税について。 外食と比較するといい部分ですね。 ちなみに公式サイトに記載されている値段は、税込表示、税抜表示が混在しています。 そこには注意してサービス比較するようにしましょう。 最後に送料について。 こちらもサービスごとに送料込みのプラン、送料抜きのプランが混在しています。 送料で思ったよりもかかってしまったという事態を避けるためにも、送料がかかるかどうかは要チェックです。 宅食の種類は? 宅食は健康食としての側面もあり、カロリー制限食、塩分制限食、タンパク制限食、糖質制限食といったメニューを用意しているサービスも増えてきています。 ただカロリーを減らした、ただ塩分を減らしたというだけではなく、管理栄養士監修でメニューを作っているサービスも多いので、安心して食卓に出せますね。 ご自身やご家族の体調に合わせて、最適な健康食プランを選べるのは嬉しいですね。 宅食の味は? 味については結構気になる部分じゃないでしょうか。 ですがこればかりは個人差も大きいので、実際に注文して食べてみないと結論は出ません。 お試しプランを用意しているサービスも多いので、まずは家族で1食ずつ頼んでみるのがいいかもしれませんね。 ただし好きなメニュー、嫌いなメニューはあると思うので、プランごとのメニューや写真を眺めながら、美味しそうと感じればまずは気軽に頼んでみましょう! 宅食の注意点 すぐに届くわけではない 宅食は今日注文したら明日には届く、というスピード感ではありません。 だいたい前の週までに注文して、翌週に1週間分が届くという仕組みにしているサービスが多いです。 冷凍庫を埋めてしまう 冷凍で商品が届くので、冷凍庫を宅食で埋めてしまいます。 また冷凍庫の容量が小さかったり一度に頼みすぎたりすると、もしかしたら入りきらない可能性も。 適度な量を頼むようにしましょう。 もしくはこの際ですから、大きめの冷凍庫を用意するか、クーラーボックスを準備するのも良いですね。 2回目以降は送料がかかることも 送料は無料と有料でサービスごとに方針が異なります。 また初回は送料無料でも、2回目以降は送料がかかるというサービスもあるため、気になる方は事前に確認しておくことが必要です。 メニューが多すぎて選ぶのが大変 各サービスは当然メニュー開発に力を入れています。 そのためこれはうれしい悲鳴ですが、メニューを選ぶのが大変かもしれません。 ただあまりにも時間をかけてしまうと本末転倒なので、迷ったらスタンダードなプランを選ぶようにしておけば、時間の削減にも繋がるのでオススメです。 気軽に宅食を始めませんか? ここまで宅食の魅力や各サービスの特徴、また注意点に至るまでご紹介してきました。 とにかく伝えたいのは、「宅食っていいですよ」ということ!毎日宅食で過ごせと言われたら尻込みしてしまいますが、最初はたまになら使ってみるといいのではないでしょうか。 毎日の家事を少し手助けしてくれる。 そんな立ち位置が宅食なのだと思います。 また健康食や介護職としての献立を考えるのに疲れたあなたにも、宅食は力を発揮してくれます。 まずは1回から頼んでみるのが良いでしょう。 うまく宅食と付き合いながら、暮らしをワンランクアップさせてみてくださいね。

次の

【便利でおいしい】宅食はどこがいいの?10社を比較してみた!

宅食 比較

WDは初回注文は送料無料。 定期注文で送料半額。 Nは初回送料無料。 Bルーナは初回送料無料。 定期注文で送料無料。 5000円以上注文で送料無料。 ただしクール代は必要 こんな感じで、 食宅便は「初回送料無料」などの特典がない代わりに、いつでも1回の送料が安くなっています。 「2セット 14個 まで送料390円」の詳細 食宅便は2セット 14個 まで送料が 390円と良心的な料金になってます。 2セットまで1梱包=1配送可能 さらに、 2セットは違うコースの指定も可能です。 「おまかせコースAセット+低糖質セレクトCセット」のような組み合わせで、1梱包になり送料390円で全国へ配送可能です。 ただし、 「塩分ケア」コースと「たんぱくケア」コースのみ、他のコースと同一梱包にすることができないです。 この2コースだけは出荷する工場が違うそうです。 この2コースを組み合わせて1梱包にすることは可能です。 また、 「おこのみセレクトコース」を選択すると、好きなメニューを選んで16個まで1梱包=1配送で、送料が390円です。 食宅便の値段 料金 は安いのか?他の宅配冷凍弁当と比較 食宅便「豚肉の味噌炒めとオクラとエビの和風だし」 560円 税込 食宅便の値段 料金 はコースによって違います。 ただ、大きくは変わりません。 ほとんどのメニューが1食あたり560円 税込 ~620円 税込 です。 やわらかい食事あい~とは582円 税抜 、大容量の1品料理「逸品おかず」は690円 税抜 になります。 1食あたりの価格は選んだコース1食と同じになります。 当ブログではすべてのメーカーの宅配弁当&冷凍弁当を税込み価格で統一したいのですが、メーカーによって価格表示方法が違うので、公平にするために両方書くことにしました。 ご了承ください。 食宅便の値段と他の冷凍弁当の比較 当ブログで登場した他の冷凍弁当と食宅便の値段を比べてみます。 ほとんどのメニューは560円~620円 税込 です。 食宅便の値段は同じタイプの冷凍弁当に比べて少し安い感じです。 これだけだと「少し安い」程度なのですが、上記の食宅便以外の3社は、すべておかず4品の冷凍弁当です。 それに対して食宅便はおかず5品の冷凍弁当になっています。 宅配弁当は大まかに言えば、おかずの品数が多くなれば値段も高くなることを考えると、食宅便が おかず5品で560円~620円の価格帯なのは、相当リーズナブルだと言えます。 ベルーナ宅彩便・ほほえみ御膳「麻婆豆腐セット」・Bルーナとは関係ありません Bルーナは定期購入すると送料無料でお弁当自体も安くなります。 かなり健闘しているのですすが、定期購入は、最低でも60食分の購入が必要なんですよね・・別途クール代もかかるし。 また、 食卓便のおかずの味や質も、他の冷凍弁当と比べて劣っているということはないです。 むしろ平均よりは美味しい方だと思います。 食宅便の写真や味の感想、口コミと評判については、こちらに詳しくまとめていますので、興味のある方はぜひご覧下さい。 食宅便より安い宅配弁当 冷凍弁当 は? 食宅便は味が平均以上で値段も安いという、かなり優秀な冷凍弁当です。 ですが、 食宅便よりも1食当たりの値段がさらに安く、送料も無料という激安の冷凍弁当も存在します。 ヨシケイ 夕食ネット の「楽らく味彩」などは、内容では食宅便に及ばないものの、コスパでは食宅便に引けを取らない宅配弁当です。 税込み送料込みで、1食340円など。 さらにそれが初回半額だとか。。 激安の宅配弁当&冷凍弁当については、こちらのページにまとめています。 興味のある方はチェックしてみて下さい。 食宅便にはポイントがついてくる 食宅便は購入するごとにポイントが付きます。 ただし、 ポイントの付与を受けるためには、食宅便の会員になる必要があります。 食宅便「マイページ」 食宅便のサイトから100円分購入するごとに1ポイントがたまります。 らくらく定期便での購入は100円分購入で2ポイントです。 さらに、5回購入すると、100ポイントのボーナスが付きます! って、微妙にショボいですね・・ まあ、もともと料金がリーズナブルになっている食宅便なので、こういったおまけ的なことでは煽らない方針なんでしょう。 後述する「会員ランク制度」ならば、けっこうなポイントが付くチャンスがあります。 貯めたポイントは、専用カタログから好きな景品を取るか、もしくは食宅便の冷凍弁当を購入する時に使うことができます。 食宅便の料金に利用する場合は、1ポイント1円分として使えますが、1000ポイント単位でしか使えません。 ポイントを使った購入した時は、ポイント購入分にはポイントは付きません。 お、お約束ですね。。 貯めたポイントは約3年で失効するので、気を付けて下さい。 会員ランク制度 2019年7月から、食宅便では「会員ランク制度」がスタートしました。 簡単に言えば「使えば使うほどポイントアップ!」です。 よくあるヤツです。。 実質的には「らくらく定期便」が割引になった感じでしょうか? 直近の1年間に、食宅便をいくら分購入したかによって、 最大で5%分のポイントが付与されます。 ランクアップは、10001円以上・30001円以上・100001円以上・300001円以上の利用額です。 税抜き本体の値段以外で、消費税や送料、代引手数料も含んで計算されます。 これはお得。 ただし、先ほど説明した「らくらく定期便は2%ポイント還元」との複合はないです。 食宅便のクーポンとキャンペーンコードについて 食宅便を購入する時に、「クーポン」と「キャンペーンコード」を入れる画面が出てきます。 上の写真はスマホ版。 パソコンからは下のような写真です。 「クーポン」や「キャンペーンコード」を入力すると、割引が適用されるようです。 ですが、食宅便に問い合わせたところ、現在は「クーポン」「キャンペーンコード」ともに発行されていないとのことです。 2019年9月現在 「クーポン」と「キャンペーンコード」については、随時こちらのページでまとめて行こうと思っています。 興味のある方は、ぜひチェックしてみて下さい。 食宅便の支払い方法は? 食宅便の料金 代金 の支払い方法は、クレジットカード、代金引換、口座振替、の3通りです。 ただし、口座振替は「らくらく定期便」のみ利用できます。 また、振替口座を登録する手続きに2ヶ月程度かかり、その間は代金引換になります。 また、代金引換には1配送につき320円 税込 の代引き手数料がかかります。 食宅便の配送料は全国へ390円ととても安いのですが、 代引き手数料かかかってしまうと高くなってしまうので、クレジットカードでの支払いをおすすめします。 食宅便の配達地域は? 食宅便の配送地域は全国です。 また、受け取り時間帯指定も可能です。 ただし一部離島などは、受け取り時間帯指定が不可能な場合もあります。 食宅便はヤマト運輸のクール宅急便 冷凍タイプ で発送されます。 食宅便の配送について 配送料金をのぞく の詳細は、すべてヤマトのクール便の内容に準じます。 なので、ヤマトのクール便のサービスが変更されると、それにともなって食宅便の配送もそれに合わせて変わるようです。 ヤマトのクール便が全国へ390円で使えると考えるとすごく安いので、メーカー側の送料分の負担は大きいんじゃないでしょうか。。 食宅便はコープデリ経由で買えば送料実質無料!ですが・・ 食宅便はコープデリ経由で買うと、送料が実質無料です。 「コープデリ」は、1都7県 東京・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・長野・新潟 のコープ 生協 が共同で行っている宅配サービスです。 コープデリには、生鮮食品や日用品を宅配する「ウイークリーコープ」、お弁当やミールキットを宅配する「デイリーコープ」や、その他のサービスがあります。 ただし、コープデリに加入するためには、出資金が500円又は1000円必要で、口座登録などの手続きもあります。 なので、食宅便を購入するためにコープデリに加入するというのは、現実的ではありません。 コープデリにすでに加入している人は、コープデリ経由で食宅便を購入することができます。 ウイークリーコープ経由での購入は 食宅便を1個から買えるというメリットもありますので、 食宅便をお試しする方法として、コープデリ加入者の方にはコープデリ経由の購入方法をおすすめします。 コープデリ経由の購入や他のお試し方法に興味のある方は、こちらに詳しくまとめていますので、ぜひチェックしてみて下さい! 上記のページには、コープデリ以外の食宅便の「お試し方法」もまとめています。 食宅便の送料や値段は安いのか?まとめ 食宅便の送料は、ライバル他社よりも安いです。 ただし「初回送料無料」のようなサービスはありません。 食宅便の値段は、ライバル他社よりも安いです。 その上、おかずの品数も多く、とても優秀なスペックです。 そして味も悪くないです。 う~ん、隙が無い。。 まあ、その分、飛びぬけた長所はありません。 誰かが、食宅便のことを「すべてが平均点以上のつまらない冷凍弁当」だと言ってました。 全体的に良い冷凍弁当が欲しい人には食宅便をおすすめします。

次の

宅食比較【冷凍弁当と常温弁当】そのメリットとデメリット

宅食 比較

各宅配食事サービスごとに、「何食セットで送料がいくらなのか?」ということを同時にチェックすると価格の安い宅食サービス比較しやすくなりますので、是非参考にしてみてください! コープデリ・舞菜弁当コース 1食当り535円 コープのスタッフさんが週に3日配送してくれます。 冷凍タイプではないので、当日内食べる必要があります。 送料が安い・送料込みの宅配弁当 宅配食サービスは、会社によって送料が必要か無料かが違います。 1食当りの価格を安く済ませるには、送料が安いサービスを選ぶのも重要なポイントです。 出前や町の仕出し弁当サービスの場合は送料はかからない場合がほとんど。 全国配送可能な冷凍宅配弁当の場合は運送会社を経由して届けられるので送料がかかる場合がほとんどです。 ですが、初めて利用する際は送料がかからないサービスもあるので、まずは送料無料のサービスを選んでみるのも良いかもしれません。 送料が掛かる場合は、その送料も含めて1食当りのコストを算出した方が、より自分の予算に近づけた宅配食選びができるので、しっかり考慮しておくことが必要です。 初回送料無料のサービスは下記のサービスです。 まごころケア食 初回・2回目以降も沖縄県及び一部地域を除いて全国送料無料。 ウェルネスダイニング 初回送料無料。 2回目以降700円 定期便の場合は1配送350円 ニチレイフーズダイレクト 5000円以上の利用で送料無料。 2回目以降も5,000円以上利用の場合は無料になります。 ヨシケイ ヨシケイは配送可能エリアのみの地域で利用できるサービスで、ヨシケイスタッフが直接配送してくれるので送料無料となります。 セブンミール セブンミールのお弁当は、最寄りのセブンイレブンからスタッフさんが自宅まで届けてくれるので配送料が毎回無料となります。 ワタミの宅食 常温コース ワタミの宅食はワタミの配送スタッフが届けてくれるので送料が無料となります。 毎食ごとに配送なので、受け取りができない日がある方には向きませんが送料無料で利用できます。 冷凍配送のダイレクト便の場合は全国一律800円かかります。 宅配弁当の価格相場はどれくらい? 現在宅配食事サービスは多くの会社が提供していますが、それぞれのサービスによって価格が異なります。 メニュー内容や制限食など、手の込んだ調理法で作られているものや、上質な食材を使用しているかなどでばらつきがありますが、おおよその相場は安い宅配食だと350円くらいの価格から始まり、1000円程度のやや高額なものまで様々です。 介護食や塩分制限食、たんぱく質制限食などの場合、通常の食事より調理に手間が掛かるためやや高い傾向があります。 一方、介護食や制限食ではなく、おかずの種類が豊富な宅配食セットはおかず一食に6品も添えられているメニューもあり、1000円程度の価格で注文できます。 日曜日だけ注文できる宅配食は、健康的な栄養バランスなのはもちろん、豪華なおかずのセットの食事を楽しめるメニューもあります。 このようなセットの場合も、相場は1000円程度です。 350円から400円程度の低価格なお弁当も、栄養バランスをしっかり考えられているもので、コンビニのお弁当などよりも安い価格で美味しい食事を毎日宅配してくれるのでおすすめです。 大人数の場合はドリームランチの格安弁当がおすすめ ロケ弁やイベント用のお弁当などを中心に大ロットの発注も可能なドリームランチ社は、都内や神奈川県、埼玉県、千葉県など関東エリアの注文であれば配達してくれます。 冷凍弁当ではなく、その日作ったお食事を仕出し弁当のように届けてくれます。 また、工場生産ではなく自家製直売店なので安心度も高いです。 前日の17時までに注文すれば当日作りたてのお弁当を届けてくれますし、最安価格のお弁当は、ご飯も付属して320円からという安さが魅力です。 しかし、少人数分の利用や10,000円未満の利用の場合、配送料がかかってしまうので大人数分の注文でないと逆に割高になってしまいます。 20人以上のお弁当を用意したい時などに利用するのがお勧めです。 >> 食費の節約におすすめの宅配弁当 宅配弁当を使うと食費がかさんでしまう!と思っている人は多いのではないでしょうか。 宅配弁当の中には、高いものでは900円程度する高額なものもあれば、400円台で配達してくれる美味しい宅配食もあります。 味に妥協せずに賢く宅配食を使えば実は毎月の食費の節約にもつながります。 賞味期限が長い宅配弁当はメリットがいっぱい! 毎日スーパーに足を運んで、夕食の食材を購入するという方は多いと思いますが、勢いで購入して結局は使わなかった…ということも多いのではないでしょうか。 生鮮食品は賞味期限が短いですから、せっかく買い置きしておいたのに結局腐らせてしまった…という経験ありますよね。 反面、宅配食の多くは冷凍弁当で配達され、賞味期限も半年間は持つものばかりです。 すぐに食べられない場合は、冷凍保存しておけばいつでもレンジで温めて食べられるので無駄になりません。 毎日宅配食に切り替えくても、週の半分を宅配食にするだけでも結果的に食費が安くなったという事例は多く挙げられています。 また、調理する時間も無くなるので、共働きの家庭などでは食事の準備ができなかったときの急な食事としても役立ちます。 さらに言えば、毎日スーパーに通う時に使う交通費やガソリン代を差し引けば多くのコストカットにつながります。 主婦の味方!日曜だけ宅配弁当 宅配食サービスには1日3食すべて注文できるサービスもありますが、毎週日曜日だけ食事を宅配してくれるサービスもあります。 平日は毎日食事の用意をしている主婦の方も、日曜日だけは出先で食事をしたり、自宅にいる場合は出前などで自分が作らない料理を食べたいと思うものです。 コスト面を気にしながらも、日曜日だけ配達してくれる宅配食を注文すれば、料理をしない主婦の休日を作れます。 家事に仕事に忙しい兼業主婦の方には特にお薦め。 スーパーの食品よりも安全? スーパーの食品も安全性は保たれていますが、宅配食に使われている食品は高い安全基準の下に調理されています。 しかも、栄養士が設定した栄養バランスの良い食事なので安心です。

次の