ここ に しか 咲か ない 花 ドラマ。 コブクロの ここにしか咲かない花 はどういう意味の歌なので...

コブクロの ここにしか咲かない花 はどういう意味の歌なので...

ここ に しか 咲か ない 花 ドラマ

解説 [ ]• 前作「」以来約7ヶ月ぶりのシングル。 当時の最高記録となるオリコン初登場2位を記録、累計で40万枚を超える売上となった。 8週連続TOP10入りはシングルでは「」と並んで自己最高タイとなっている。 コブクロの楽曲がドラマ主題歌になるのは、2001年に「」が『』の主題歌として起用されて以来で、ドラマ主題歌として書き下ろされたのは今回が初めてとなる。 収録曲 [ ] 全曲作詞・作曲: 編曲:コブクロ• ここにしか咲かない花 系『』。 ドラマの舞台であるに実際に行きその中で感じたことを曲にしたもので、歌詞の中に「瑠璃」という言葉や沖縄のである「あけもどろ」を入れるなどドラマを意識した曲となっている。 六等星 発売後にでこの曲がテーマソングとして用いられていることもあり、広島限定で「六等星」1曲のみのシングルが発売されている。 ここにしか咲かない花 Instrumental• 六等星 Instrumental 収録アルバム [ ]• ( 1, 2)• ( 1)• 1 カバー [ ]• - カバーアルバム『たからもの3』(2007年)に収録。 - カバーアルバム『COVERS FOR LOVERS ~Yurika Sings J Love Songs~』(2007年)に収録。 - カバーアルバム『』(2012年)収録。 英語歌詞のカバー曲。 - アルバム「Le Ange(ル アンジュ)」(2015年10月21日)に収録。 相葉夕美() - アルバム「」に収録。 - アルバム「」に収録。 脚注 [ ] [].

次の

ここにしか咲かない花

ここ に しか 咲か ない 花 ドラマ

鳩海島のモデルとなった(2006年8月) ジャンル 原作 脚本 武田有紀 演出 池田健司 国本雅広 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 連続ドラマ プロデューサー 放送期間 - 放送時間 土曜日21:00 - 21:54 放送枠 土曜ドラマ 日本テレビ 放送分 54分 回数 10 スペシャル プロデューサー 戸田一也 国本雅広 次屋尚 放送期間 放送時間 土曜日21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1 特記事項: 初回:21:00 - 22:24(30分拡大) 最終話:21:00 - 22:14(20分拡大) 『 瑠璃の島』(るりのしま)は、からまで毎週土曜日21時 - 21時54分に、系の「」枠で放送された日本のである。 概説 [ ] のドラマ初主演作品。 また、主題歌『』は、がこのドラマのために書き下ろした作品である。 には、『 瑠璃の島 SPECIAL 2007』(以降、『SPECIAL』)と題してが放送された。 鳩海島(沖縄県がモデル)を舞台に、を交えながら構成されている。 原作で男児だった主人公がドラマでは女児となっているなど、原作からの変更点が多い。 からまで日本テレビ系(金曜日22時 - 22時54分)や、日本テレビでも、2007年からまで、「」枠で再放送された。 あらすじ [ ] 親に捨てられて施設で育ち、人間不信に陥っていた少女・藤沢瑠璃()が、によりの危機に見舞われているを存続させるためにを探していた仲間勇造()と出会い、社会から捨てられかけた沖縄県のへ渡る。 島の住民との出会いを通し、成長していく少女の姿を描く。 前半では荒んでいた瑠璃が、勇造夫婦や担任のさなえに心を開いていき、中盤ではすっかり本来の心を取り戻した瑠璃が、島の人たちと向き合い、彼らを助けるようになる。 後半は再興といった本来のテーマを軸に、照明の死、川島の謎の解明といったサイドストーリーを絡ませていく。 『SPECIAL』では瑠璃の初恋に加え、「この島は今後どのような島であるべきなのか? 」ということを島の人々に問いかけるストーリーとなっている。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 藤沢 瑠璃 演 - 主人公。 からを放棄され、の施設で育てられた。 をほとんど受けずに育ち、荒んでいた時に仲間勇造と出会い、里子となる。 最初は平気で嘘をつき、怒り出すと手がつけられないような問題児だったが、自分が大切にされていることに気付くと、次第に明るい心を持った島の少女へと成長していく。 口癖は手を横に振り、「いやいやいや」と言うことで、第1話から変わっていない。 また、その口癖は勇造にも移る。 当初のは(本人は天然だと主張)だったが、その後、川島達也(高原信)ににしてもらう。 島に来た当初の「造って欲しいもの」はとショップであった。 高原 信 演 - 米盛照明の家に居候をしている謎の男。 自殺するために鳩海島に来たが、溺れかけた瑠璃を助けることで断念する。 第8話までは 川島達也と名乗っていたが第8話のラストで警官に問い詰められ本名を名乗った。 昔は親友である本物の川島達也と共にを経営していた。 後に再び東京に戻り、海沿いの美容院で働く。 このドラマの主要キャラクターの1人だが、『SPECIAL』には登場しない。 島袋 さなえ 演 - 鳩海小学校の元。 教師としての腕はいいのだが、性格は冷たく、の学校へ転勤を願っていた。 しかし瑠璃と出会うことで「自分に足りない何か」を見つけ出し、鳩海島で仕事をし続けたいと思うようになり、鳩海小学校存続や鳩海中学校再建には影で貢献した。 鳩海中学校では再び瑠璃を教える。 瑠璃に「最高に田舎っぽい顔をしてる。 」と言われた。 仲間家 [ ] 仲間 勇造 演 - 瑠璃の。 周囲から「カッとなるとすぐに手が出るところが本当の親子みたい」とよく言われ、実際に瑠璃をにしようとも考える。 島で唯一の「ぱいかじ」を経営していて、島人からの信頼も厚い。 瑠璃の壊したボートを弁償するために毎日へ働きに行っていた時期があった。 仲間 恵 演 - 仲間勇造の妻。 あらゆるトラブルにも物怖じしない性格。 仲間 貴子 演 - 仲間勇造・恵の娘。 子供がおり、島を離れて暮らしている。 米盛家 [ ] 米盛 照明 演 - で、子供のような心を持つ男。 自分が育ててきた子供が、実は他の男と妻との間にできた子であることに気付いた後、妻子に逃げられてしまう。 川島や島の子供たちのことを友達だと思っている。 台風から祭道具とを守ろうとして死んでしまうが、『SPECIAL』にも幻影として登場。 有川 いずみ 演 - 照明の子供。 実は血はつながっていない。 新垣家 [ ] 新垣 治衛 演 - 鳩海島の自治会長での名手でもある。 勇造とはよく意見が食い違う。 腹が据わっておらず、壮平とコンビで噂話を広めて騒ぎを大きくする。 新垣 佳枝 演 - 治衛の妻で、小学校の給食係。 島の人間関係にやけに詳しい。 今井 暁 演 - 治衛と佳枝の里子。 実は治衛の子供。 松隈家 [ ] 松隈 浩二 演 - 鳩海小学校の。 有川いずみの里親。 松隈 奈津美 演 - 松隈浩二の妻。 初めは照明の米盛売店を手伝っていたが、彼の死後は経営者となる。 川島家 [ ] 川島 美穂子 演 - 本物の川島達也の妹。 兄の死の真相を知るために鳩海島まで高原に会いに来た。 川島 達也 演 - 本物の川島達也。 夢の大きいだったが、事故が原因で美容師ができなくなり自殺。 その他 [ ] 宮園 壮平 演 - 鳩海島の副会長。 勇造と治衛の喧嘩を度々仲裁している。 小浜 学 演 - 瑠璃の鳩海小学校時代の校長。 退職後は鳩海島に住んでいないが、度々島に来る。 野々村 元 演 - フリーのジャーナリスト。 島の里子問題を取材しており、瑠璃たちの周囲をしつこく嗅ぎ回っている。 カマドおばぁ 演 - 昔からの鳩海島を知っている。 唯一純粋なを話す。 斉藤 茂 演 - カマドおばぁの家に居候している。 カマドおばぁの畑を借りて「鳩海島パンプキン」を作り始めるが、その2年後には育児費を稼ぐため沖縄本島で働く。 斉藤(中嶋) 美月 演 - 斉藤の妻。 茂との間に子供を作った後に結婚した。 藤沢 直 演 - 瑠璃の実母。 子供の教育を放棄した後、新しい夫と子供とともに暮らしている。 『瑠璃の島 SPECIAL 2007』の登場人物 [ ] 宮原 詩音 演 - 親の聖一郎の前であまり自己主張ができない性格。 鳩海島でも聖一郎に振り回される。 夢は「に出ること」。 何かと気にかけてくれる瑠璃に、次第に惹かれていく。 宮原 聖一郎 演 - 東京のの優秀な教師だったが、ある事件がきっかけで教師としての自信を失くしてしまい、新たな生活を始めるために鳩海島へ来る。 スタッフ [ ]• 脚本 - 、、、武田有紀• 音楽 -• 演出 - 、池田健司、国本雅広• 主題歌 - 『』• プロデューサー - 、、• 製作協力 -• 製作著作 - 放送日程 [ ] 連続ドラマ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 2005年4月16日 沖縄の離島救った不良少女 涙の感動実話 森下佳子 猪股隆一 16. スペシャル [ ] 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 2007年1月6日 - 初恋 - 寺田敏雄 猪股隆一 10. モデルとなっている鳩間島の人々はを話すが、このドラマの登場人物は基本的にを使っている。 関連商品 [ ]• 瑠璃の島 DVD-BOX(2005年9月22日発売)• 瑠璃の島 SPECIAL 2007 -初恋-(2007年4月25日発売) 脚注 [ ] [].

次の

ここにしか咲かない花とは

ここ に しか 咲か ない 花 ドラマ

『ここにしか咲かない花』が歌っているのは過去への追憶と未来へのまなざしという普遍的なテーマだ。 この曲が収録されたアルバム『NAMELESS WORLD』でコブクロは初のオリコンチャートナンバー1を記録。 路上パフォーマンスからはじまったコブクロの人気を決定づけた曲といっても過言ではない。 ドラマの主題歌にもなった『ここにしか咲かない花』は小渕がドラマの舞台である沖縄県の鳩間島を訪れて受けた印象を描いた曲と言われている。 目指していたナンバー1という場所にたどり着いた2人が訪れた「何も無い場所」。 波の音と浜辺に咲いた一輪の花が静かな小島を世界にひとつだけの場所に変える。 傷心の主人公が胸に抱くのは遠く離れたあの人のおもかげだ。 「何も無い場所」が過ぎ去った光景をよみがえらせ、記憶が遠い過去へと運ばれていく。 翌年、小渕が会社を辞めインディーズからアルバムをリリース。 転がりはじめた運命は勢いを増して2001年3月にメジャーデビューを果たす。 順調そうに見える足跡だが、頂上へ歩む中で目にしたのは光だけではなかった。 夢と希望で彩られた表現の世界。 その舞台裏にはたくさんの絶望や悲しみが存在する。 光と影をくぐり抜ける中で得た「同じ数の出会いと別れ」はひとつひとつが大切な思い出になっていった。 景色こそ全く違うが、それはコブクロがはじまったあの路上を思い起こさせる場所だったに違いない。 過ぎ去りし日々をふりかえって感じる「今ここに生きている証を刻む」という思い。 この場所から再び歩みはじめること。 それは20周年を迎えた2人の心境そのものだろう。 タイトルに込められた強い意志 『ここにしか咲かない花』というタイトルには「ここで咲く」という強い意思が込められている。 それは 「何も無い場所」で今日も生きるあなたへのメッセージでもあるのだ。 TEXT:石河コウヘイ.

次の