ヒルドイド 市販 おすすめ。 【2020年版】ヒルドイドの市販薬を徹底比較【おすすめ10選】

皮膚科で処方される保湿剤「ヒルドイド」4種を薬剤師ママが徹底解説!

ヒルドイド 市販 おすすめ

ヒルドイドの市販は、で普通に販売されています。 ただし、ヒルドイドという名前では販売されていません。 違う名前で販売されています。 へパソフト• ピアソン• HPローション(クリーム)• ヒルドイドはヘパリン類似物質 0. 3%を主成分にしているため、ヒルドイド市販もそれに合わせた 濃度を採用しているモノが多いです。 しかし、ヒルドイドとジェネリックのビーソフテンが塗り心地が違うのと同じように、 ヒルドイド市販とヒルドイドも塗り心地が違います。 そこで、同濃度のヘパリン類似物質を含み、添加物がヒルドイド(ビーソフテン、ヘパリン類似物質)に近い市販を おすすめとして紹介します。 ヒルドイドの効果 ヒルドイド市販を紹介をする前に、ヒルドイドの効果を簡単に解説します。 保湿効果 は アンチエイジングクリームや化粧水の代わりに使えるとしてネットで話題です。 その理由は 保湿効果があるためでしょう。 保湿効果とは、肌の角質層の水分が逃げるのを抑える作用のことで、肌の バリア機能を改善します。 『』 血行促進効果 血をサラサラにしそうな効果の名前ですが、あくまで表面(表皮あたり)の 血流を改善する効果です。 この効果を利用して、ヒルドイドは しもやけ治療に応用されています。 『』 傷痕をきれいにする効果 ヒルドイドは ケロイドや 肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)と呼ばれる、盛り上がった傷痕を治す効果があります。 傷痕治療に特化した市販にアットノンがあります。 『』 ヒルドイド市販とヒルドイドの効果の違い ヒルドイドと(ヘパリン類似物質)の効果は 同等ですが、 ヒルドイド市販とヒルドイドは効果比較試験がされていないため 不明です。 種類 効果 副作用 添加物 ヒルドイド 同等 違う 違う ビーソフテン ヘパリン類似物質 ヒルドイド市販 不明 『』 今回紹介するヒルドイド市販は、主成分が 0. ヒルドイドローション代わりの市販 のような 乳液タイプのヒルドイド市販に、 へパソフトローションがあります。 しかし、ヘパソフトローションは医薬品ではなく 医薬部外品です。 そのため、ヒルドイドと同じ0. ヒルドイドローションの代わりとしておすすめできる市販は見つかりませんでした。 『』 ビーソフテンローション代わりの市販 HPローション には ほぼ同じ添加物を使ったがあります。 それは です。 添加物とは、塗り薬の主成分を溶かしこむベースのことで、広い意味で 基剤と呼ばれます。 『』 HPローションの添加物 <HPローションとビーソフテンローションの添加物比較> HPローション ビーソフテンローション パラベン パラオキシ安息香酸メチル パラオキシ安息香酸プロピル カルボキシビニルポリマー ヒプロメロース ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール 1,3-ブチレングリコール グリセリン トリエタノールアミン パラオキシ安息香酸エステル(パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピルなど)を総称して パラベンといいます。 HPローションの添加物 パラベンの詳細は不明ですが、 HPローションはビーソフテンローションとほぼ同じ添加物を使っているため、近い塗り心地と推測できます。 ビーソフテンローション市販は HPローションをおすすめします。 『』 HPローションの効果 HPローションは1日1~数回患部にすりこみます。 HPローションの主な効果は次の3種類です。 (ビーソフテンと同じ)• 保湿効果• 血行促進効果• 傷痕をきれいにする効果 『』 HPローションの効能・効果• 手指の荒れ• ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症• 手足のひび・あかぎれ• 乾皮症• 小児の乾燥性皮ふ• しもやけ(ただれを除く)• きず・やけどあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)• 打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛 HPローションの説明書 HPローションの添付文書 HPローションに限ったことではないのですが、ヒルドイド市販の説明書には次のような一文が入っています。 5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明文書を持って医師、又は登録販売者に相談してください。 ヒルドイド市販の説明書 ヒルドイドも含めて5~6日間ではヘパリン類似物質の効果を実感できません。 ヒルドイド市販特有の注意書きなのでしょうが、せめて1カ月として欲しいところです。 HPクリームもヒルドイド市販のおすすめ? HPローションは HPシリーズのひとつで、他には HPクリームもあります。 HPクリームはの市販もしくはヒルドイドクリームの市販として販売されているのだと思います。 その詳細が気になるのでHPクリームのメーカーに確認すると 「HPクリームはヒルドイドクリームの塗り心地に近く、クリームの割にはさっぱりした塗り心地」という回答を得ました。 しかし、ヒルドイドクリームとHPクリームの添加物はかなり 違うため、塗り心地も違うと推測できます。 HPクリームの添加物 トリイソオクタン酸グリセリン、オレフィンオリゴマー、ジメチルポリシロキサン、セトステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸ポリオキシル、パラベン、グリセリン、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、マクロゴール、D-ソルビトール、エデト酸ナトリウム、エタノール HPクリームの説明書 ヒルドイドクリームの添加物 グリセリン、ステアリン酸、水酸化カリウム、白色ワセリン、ラノリンアルコール、セトステアリルアルコール、セトステアリルアルコール・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物、ミリスチルアルコール、チモール、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、イソプロパノール ヒルドイドクリームの添付文書 ヒルドイド市販のおすすめ ネクストクリームは販売終了 過去にネクストクリームをおすすめのヒルドイド市販としていましたが、 ネクストクリームは製造が終了しました。 類似商品に ネクストクリーム24がありますがです。 ご注意を。

次の

【保湿剤】処方薬「ヒルドイド」と同じ市販薬

ヒルドイド 市販 おすすめ

ヒルドイドローションとは 医療用医薬品で、1g中にヘパリン類似物質を3. 0mg含む白濁のローションです。 皮膚科で処方されることが多く、以下のような保険適用を持っています。 効能又は効果 血栓性静脈炎 痔核を含む 、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患 注射後の硬結並びに疼痛 、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷 打撲、捻挫、挫傷 後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸 乳児期 出典:ヒルドイドローション添付文書 元々は表在性静脈炎、血栓症、瘢痕形成の改善などを目的に開発、ドイツで発売されていましたが、その後日本での発売に伴い角質水分保持増強作用を有することが分かり、『皮脂欠乏症』の病名に対して処方されるようになりました。 日本では皮膚科での『皮脂欠乏症』に対しての処方が最も多く、その保湿効果は市販の保湿剤とは一線を画します。 使える場所は? 年齢を問わずに使用することができる安全性を持ち、赤ちゃんから高齢者まで幅広く全身どの部位でも使用することができます。 血流を良くするため、ジュクジュクした潰瘍、びらん面には症状が悪化する可能性があるため使わない方が良いでしょう。 ローションから軟膏、スプレー剤など色々あります。 ヘパリン類似物質を3. 0mg含む医薬品として以下の剤型が販売されています。 ローション• ソフト軟膏• クリーム• フォーム• スプレー• ゲル 基本的にはどこの部位でも使えますが、使用する部位が広範囲となる場合などはローション剤やスプレー剤など塗りやすい剤型を選ぶと良いでしょう。 ステロイドと一緒に使うときは ヒルドイドローションなど保湿剤とキンダベートやロコイド、ボアラなどのステロイドと一緒に使うこともしばしばあります。 仮にステロイドを先に使用した場合に保湿剤を広く塗ることで、ステロイドが必要のない部分にも塗り拡げられてしまいます。 また他の塗り薬に関してもそうですが、広く塗る薬を先に使用すればほぼ間違いありません。 ヒルドイドローションはジェネリックと使い分けると上級者 ローション剤に関しては先発品のヒルドイドローションは白濁の乳液、ジェネリックのビーソフテンローションは無色透明な液であり化粧水に近いです。 冬場は留まりやすいヒルドイドローション、夏場はさらっと乾くビーソフテンローションを使用するなど、皮膚科医も使い分けを行っています。 メーカーHPには医薬品情報が豊富にあり、安心して使うことができます。 NALC薬用ヘパリンハンドクリーム、ローション ハンドクリーム ローション 医薬品メーカーではなく、化粧品メーカーが作るヘパリン製品です。 他の医薬品と違うのは、グリチルリチン酸ジカリウムを含むため、炎症を抑える効果が期待できます。 グリチルリチン酸ジカリウム自体の抗炎症効果はそれほど強くないため、明らかな発疹、発赤には効果は期待できませんが、多少の赤みであれば抑えることができるでしょう。 ついでにヒアルロン酸も入っていたりするようです。 使い心地に重点を置いているとのことで、非常に伸びが良く、嫌な臭いもありません。 価格は1本のみの購入であると他の商品と変わりませんが、3本で1本おまけが付くなど1本当たりの単価が下がるため、購入の際は留意くださいね。

次の

【保湿剤】処方薬「ヒルドイド」と同じ市販薬

ヒルドイド 市販 おすすめ

乾燥する季節がやってきました! こんにちは!薬剤師のママとこどものおくすりやさんです。 乾燥する季節になってきましたね!実は私自身アトピー性皮膚炎を患っているので、乾燥対策にはとても敏感なのです。 今回は皮膚科でよく処方されるヒルドイドシリーズについて解説してみます。 皆さん一度はみかけたことのある保湿剤だと思います。 自分の薬であったり、子どものだったり、小児科や皮膚科でよく処方されるお薬です。 ヒルドイドの効果とは ヒルドイドの一般名はヘパリン類似物質といいます。 とはいっても一般名とは何?と思うと思います。 一般名とは有効成分の名前と思ってもらっていいです。 ヒルドイドの効能効果は 1.血液凝固抑制作用 2.血流量増加作用 3.血腫消退促進作用 4.角質水分保持増強作用 皮膚に対する保湿効果 5.線維芽細胞増殖抑制作用 なんだか難しい医療用語がずらり、簡単に説明すると「血流をよくして水分を保持してくれる」作用といったところです。 広く知られている作用としては保湿剤としてが有名ですが、血流増加の作用もあるので冷えの改善や外傷の早期回復に使われることもあります。 ヒルドイドには4種類の剤型があります。 ヒルドイドには下記の4種の剤型があります。 ・ヒルドイドクリーム ・ヒルドイドソフト軟膏 ・ヒルドイドローション ・ヒルドイドフォーム これらをジェネリックと合わせて解説していきます。 ヒルドイドクリーム ・一般名(有効成分名)はヘパリン類似物質クリーム ・クリームなのでべたつかない ・今はだいぶ改善されているが、独特なにおいがあり(昔はだいぶ臭かった…) ・有名なジェネリックは日医工が発売しているビーソフテンクリーム(他にもジェネリック品あり) ・ヒルドイドクリーム1本あたり約162円(3割負担) ・ビーソフテンクリーム1本あたり約56円(3割負担) ヒルドイドソフト軟膏 ・一般名(有効成分名)はヘパリン類似物質油性クリーム ・クリームと軟膏の間の使用感だが、ほぼクリームに近い ・今は改善されているが、昔は独特なにおいがあった(私的にミスドのドーナッツの甘さをとったような油のにおい) ・ジェネリックはヘパリン類似物質油性クリーム(日医工)など ・ヒルドイドソフト軟膏1本あたり約162円(3割負担) ・ヘパリン類似物質油性クリーム(日医工)1本あたり約56円(3割負担) ヒルドイドローション ・有効成分名はヘパリン類似物質外用液 ・ジェネリックはビーソフテンローションなど ・ヒルドイドローションとビーソフテンローションの使用感がだいぶ違う!ヒルドイドローションは白く、乳液のようだが、ビーソフテンローションは透明で化粧水のような使用感。 さっぱり感がお好みな人へはビーソフテンローションがオススメ ・ヒルドイドローションは25gと50gがあり。 全く外観違いますね! ヒルドイドフォーム ・ヒルドイドシリーズの中で一番新しい剤型 ・泡のような見た目と使用感 ・1本あたり約660円(3割負担) ・ジェネリックはありません (類似商品にヘパリン類似部室泡状スプレーがありますが、こちらはヒルドイドフォームのジェネリックには該当しません) ちなみに、ヘパリン類似物質外用スプレーという化粧水をポンプ式でだす形状のものもありますが、こちらは元の先発品はありません。 市販薬でも買うことができます! ヒルドイドの成分ヘパリン類似物質は今や処方箋がなくてもドラックストアで買えるようになりました。 ヒルドイドと同じ、ヘパリン類似物質単独の成分のものや、かゆみどめなども配合されているもの様々なものがあります。 効果は同じ成分なので処方箋薬と変わりないでしょう。 ただ、すべての商品に共通していえることは処方箋薬と比較すると高い!! 例えば、同じ容量くらいでヒルドイドソフト軟膏は約162円なのに、市販薬は1000円以上する場合もあります。 ただし、病院で診察代をかけて、処方してもらい、薬局で薬代以外のもろもろの金額と合わせると市販薬のほう安価かもしれません。 保湿剤の適切な使い方 入浴後5分以内がカギ! どの保湿剤にも共通していえることは、入浴後5分以内に塗るのが効果的とされています。 なぜなら、水分は5分でとんでいってしまうからです。 また、2歳までに保湿を頑張って継続すると、アトピーなどの皮膚疾患も予防できるとの報告があります。 私自身アトピーのため3歳の娘には、この保湿方法をうまれたときから実践しています。 そのおかげか、今のところ娘にアトピーの兆候はみられません。

次の