スモーク サーモン の 作り方。 スモークサーモン

スモークサーモンのレシピ紹介!スモーカーを使った冷燻がおすすめ

スモーク サーモン の 作り方

サーモンは半分に切る。 冷水で奇麗にすすぎます。 水1カップに付き大さじ1杯の塩を加えた塩水にサーモンを20分程いれます。 サーモンを塩水から取出し冷水で軽くすすぎます。 サーモンの皮目に2~3カ所切れ目を入れる。 皮目を上にして塩をふる。 厚みの有る部分は多めに、薄い所は少なめにしてしばらく置く。 バットに粗く切った香味野菜、手でちぎったフェンネル、ローリエの半量を敷く。 皮目を下にしてサーモンを入れる。 サーモンの身にさらに塩をふる。 身厚の部分は多めにする。 胡椒を挽きサラダ油をかけまわしたっぷりの香味野菜をのせた後ラップで覆う。 冷蔵庫に入れて2日間漬込む。 途中サーモンの上下をひっくり返す。 2日間経ったらサーモンを取出し香味野菜を取り除く。 ペーパータオルで表面の水分を拭き取り網をひいたバットにのせ冷蔵庫で一晩乾かす。 家庭用冷蔵庫は湿式なので冷気の吹き出し口に置く様にする。 上部の網に皮目を下にしたサーモンを置く。 (網にサラダ油をスプレーすると後の掃除が楽になります。 ボールにライムジュースもしくはライムをしぼった物に塩、胡椒、ハーブ、オリーブオイルを入れかき混ぜた物をサーモンの表面に塗ります。 ウッドに火を付け燻製開始。 チップの発煙状態に注意しながら煙が乏しくなったらウッドを追加する等対処する。 燻煙時間は2時間温度は終始25~28度位の温度の維持が出来れば良好な結果が得られます。 燻製したサーモンは粗熱を取り、ラップで包み冷蔵庫で2日程熟成させる。 この際好みではあるがライムなどをしぼって漬込むとかなりフレッシュ!.

次の

冷燻・コールド・スモークサーモン作り方レシピ!

スモーク サーモン の 作り方

スモークサーモンの作り方は、サーモンや塩などの食材はもちろん、スモーカーと言う燻し用の箱のようなものや、スモークチップなどが必要です。 スモーカーは大きくて本格的なものもあり場所も取りますが、今では小さなものもありますし、持っているもので代用も可能です。 これらについては後ほど紹介します。 燻製を作るのに必要なものはスモークする箱や鍋、スモークチップやスモークウッド、網、S字フック、温度計、熱源などですが必ずしも必要ではないものも含まれます。 他にもタコ糸、ボール、ジップロック、アルミホイルやキッチンペーパーなど用いる食材によって利用するものもあります。 もちろん食材や調味料も大切です。 スモークする箱や鍋は、一斗缶や段ボールを使って自作もできますしフライパンや土鍋、中華鍋などで代用してもよいですし、専用のスモーカーを手に入れる方法もあります。 専用の物は煙が最小限に抑えられるなど工夫されています。 自作の物はすべて自分で作り上げる達成感や面白さ、ドキドキが感じられるのが醍醐味です。 基本の燻製の作り方 塩付けした食材を(塩漬け)、乾かして(風乾)、燻製(燻煙)するのが基本の作り方です。 塩漬けは殺菌や味付け、風乾はしっかり乾かすことで食材の痛みを軽減、燻煙は食材に煙をかける働きがあります。 燻製には冷燻(20度ほどで燻す)、温燻(30~80度ほどで燻す)、熱燻(80度以上で燻す)の3種類があります。 冷燻は低い温度でじっくり燻すもので数週間かけて作られるものもあります。 保存にきくものが出来上ますが上級者向けです。 熱源がいらず手軽にでき、食材が柔らかく仕上がるのが特徴です。 熱燻は食材をあぶりながら燻すので数分から2時間ほどでジューシーな仕上がりになります。 冷燻は外気温が低くないとできませんので季節を選びますし本格的です。 まぐろやブリ、スモークサーモンなど魚類や、ビーフジャーキー、生ハム、チーズなどが冷燻に向いています。 温燻に向いているのはベーコン、ハム、ソーセージや魚類で、熱燻に向いているのは新鮮な魚、卵、丸ごとチキン、牛肉の塊などと言われます。 本格的なスモークサーモンの冷燻レシピとソミュール液 本格的なスモークサーモンの作り方• サーモン• 塩 サーモンの重さの4%• 砂糖 塩の半量• 好みでコショウやハーブ類 魚の表面の水分を軽く拭き塩を振ります。 胡椒やハーブの擦り込みもお好みでどうぞ。 網などの上に乗せ下に水受けを置き冷蔵庫に1日寝かせます。 水洗いしたのち水分を拭き、冷蔵庫にもう1日置いて乾燥させます。 魚をスモーカーにセットし2時間燻製したらその後冷蔵庫で1,2日寝かせてスモークサーモンの出来上がりです。 燻製の作り方に、しばらく塩水に漬けておく工程があります。 食材に味付けしたり、食材の余分な成分を外に出す意味もありますし、長期保存も可能です。 この塩水のことをソミュール液と呼びます。 簡単に塩やスパイスを食材にまぶしておく方法もあります。 ソミュール液で燻製の味が決まると言っても過言ではありません。 燻製がもっと簡単にできたらと思いませんか?自宅にあるフライパンを使って手軽に燻製を作るレシピや作り方を書いた記事が下記の関連記事に載っています。 自家製燻製は味が一味も二味も違います。 試してみませんか? 自家製スモークサーモン の作り方• 砂糖 小さじ2• 塩・胡椒 小さじ2• スモークチップ 大さじ2• 砂糖 大さじ2 作り方の簡単レシピはまず、サーモンに塩・胡椒をし、キッチンペーパで包んで冷蔵庫に一晩置きます。 アルミホイルを2重に敷いたフライパンに、スモークチップと砂糖大さじ2を混ぜたものを載せ、コンロの火をつけ、その上でチップにも点火します。 チップから煙が出たらチップの火を消してその上に網を準備してください。 網は、直接チップの上に置くよりも、少し高さのある物の方がよいでしょう。 網の上に水気を拭いたサーモンを置き、フライパンのふたを少しずらして載せて10分ほど待ちます。 よい感じに燻されたらスモークサーモンの出来上がりです。 スモークサーモンは冷やしてから切るときれいにカットできます。 スモークチップとスモークウッド スモークチップは木を細かくしたものです。 チップに火をつけることはあまりなく、熱源を加熱して煙を出します。 チップは5分から2時間ほどの短時間の熱燻にぴったりと言われます。 スモークウッドと言うものもあり、こちらは粉状にした木を棒状にしたものです。 ウッドは直接火をつけその煙で食材を燻し温燻に合います。 スモークに使われる人気の木の種類は桜、ヒッコリー、ナラ、りんご、くるみなどです。 スモークチップの代わりとしてコーヒーや紅茶、お茶を利用することも可能ですし、これらの出がらしも使えます。 スモークチップが手に入りにくいとか、コーヒーや紅茶やお茶を有効利用したい場合など試してみてください。 スモークチップやスモークウッドの木の種類によって食材の色付きや香りが違ってきます。 初めて燻製を試してみるなら桜がおすすめだと言われます。 桜はくせがなく、どんな食材にも使えるのがその理由です。 ピートと言うスモークパウダーもあります。 これはチップやウッドに混ぜてより深みのある燻製ができるものです。 スモーカー スモークサーモン以外にも人気の燻製向け食材はたまごです。 たまごの燻製は割と簡単にできます。 半熟にしてねっとりしたたまごを燻すのもよし、いろんなたまごで燻製を楽しんでみてください。 半熟とろとろ燻製卵 くんたま の作り方燻製あり• 卵 6個• 砂糖 一つまみ• 醤油 40㏄• みりん 60㏄• 酒 100㏄ 砂糖、しょうゆ、みりん、酒を鍋で温め冷やします。 半熟卵を作り冷やします。 半熟卵は、沸騰したお湯に卵を入れて6分茹でたら出来上がりです。 殻をむいた卵とたれを袋に入れて冷蔵庫に一晩置きます。 水分を拭いて、網などの上にのせて再度冷蔵庫に入れて乾燥させたものを30分燻します。 少し休ませてからいただきます。 スモークサーモンと並んで人気なのがベーコンの燻製です。 ベーコンはもちろん買うこともできますが、自宅で自分好みのベーコンを作って食べるその特別な感じは一度試してみるとやみつきになります。 筋肉料理人の「ベーコンの3分燻製!」の作り方• ベーコン 200グラム• 緑茶 大さじ5• 砂糖 小さじ2 鍋にアルミホイルを敷き茶葉と砂糖を撒いて中火にかけて、煙が出てきたら網を置いて水分をふき取ったベーコンをその上に載せます。 蓋、またはボウルをかぶせて3分ほど燻し、出来上がりです。 燻してからしばらく休ませるとよりおいしく召し上がれますよ。 燻製以外の卵料理にも興味がありますか?基本の卵料理からアレンジレシピまで美味しい卵料理を紹介した記事が下記の関連記事に載っています。 今までとは違った卵料理を作ってみませんか。 レパートリーも広がりますよ。 ボウル2個、丸い網1つ、キッチンペーパー、アルミホイルを100均で揃えると簡易スモーカーのでき上がりです。 ボウルは燻されて黒くなるので、燻製専用に用意した方が賢明です。 その他は自宅にあるもので代用できます。 ボウルの底にホイルを敷きチップを載せて網を設置し食材を載せて、ボウルをかぶせて燻します。 ボウルの代わりに鍋、網や粉ふるい、蓋なども使えますし、蓋の代わりにボウルを使うなど自分なりの工夫を加えるのももちろんありです。 手作りのものやあり合わせのもので燻製する場合は、それ専用に安全性を考えられているわけではないので、やけどや火加減などに注意をして、美味しいスモークサーモンを楽しんでください。 家電は便利なものですが、家電の代わりに自作できるものもあるんですよ。 例えばかまど。 自家製かまどでピザやパンのレシピを焼くのはとても特別なことのように思えます。 しかしかまどを作るの難しそうですよね。 そんなイメージを持っていたとしてもその考えが下記の関連記事を読めば変わるかもしれません。

次の

【スモークサーモン】と相性の良いパスタソースは?作り方も解説!

スモーク サーモン の 作り方

燻製時間6時間 【関連リンク】 ・ ・ スモークサーモンの作り方 スーパーで購入した刺身用のサーモンのブロックです。 上の方でも書きましたが、半身のスモークサーモンに憧れますが、使用しているスモーカーのサイズが小さいため、半身のサーモンをそのまま燻すことが出来ませんので、このサイズで作成しました。 塩漬け 保存袋にを入れ、サーモンを投入します。 同時にローズマリーも入れています。 塩漬けの時間は24時間です。 塩ヌキ 24時間後、塩ヌキです。 水に1時間ほど浸けました。 風乾 キッチンペーパーで表面の水分を拭き取ります。 そのまま、8時間ほど風乾しました。 風乾といってもこのまま冷蔵庫に8時間ほど入れておいただけです。 これで表面の水分が飛び、燻製の準備完了です。 キッチンペーパーに包んだりするとサーモンにペーパーがくっついて取れなくなりますので注意してください。 燻製 スモーカーにセットした写真です。 スモークウッドに点火して6時間燻しました。 冬場限定の燻製で、外気温0度の日に燻製作業をしています。 スモーカーの中の温度は5度前後を保っています。 もし、スモーカー内の温度が上がりすぎるようなら、ビニール袋などに氷を入れてスモーカー内に置くと温度上昇を抑えられます。 完成 1日1~2時間燻し、これを1週間くらい繰り返す方法もありますが、今回はそこまで時間をかけられないため、一気に長時間燻すやり方にしました。 この時短の方法でもかなりおいしいスモークサーモンが出来上がりました。 6時間後の状態です。 これで燻製は終了です。 しかし、すぐに食べるのではなく、1日冷蔵庫の中で保存すると味が落ち着いてとてもおいしくなります。 そぎ作り 薄く切って盛り付けて食べました。

次の