花 邑 まい トレパク。 【トレパク】花邑まい 2【アムネシア/カラマリ】

女向ゲー一般(open2ch)

花 邑 まい トレパク

トレパクとは、による行為のこと。 技法としての()については、「 」の記事内容を参照。 トレパクについての関連、「 」の記事も参照。 概要 は元の図案をそのまま写しとる技術なので、しばしばトレパク、つまりによる問題が起きることがある。 一人のからいくつかのトレパク疑惑が浮かぶと、探せば他にも出てくるのではないかという疑いがかけられ、の箇所をしあげていくといったになり大することもある。 よくあるとしては等ので発見されとなり、が進むとをまとめたなどが立てられたり、が作られる。 そして、それらがやなどでさらにされていくことになる。 著名なやであるほど大きなになりやすい。 検証方法 パクった側を「 パク」、パクられた側を「 ラレ」「ラレ元」などと呼び、二枚を画像加工によって重ねることで、が行われているかどうかのが進められる。 させたり度や率を変えて使っている場合もあるので、する際もある程度画像を加工してされるが、あまりやりすぎるとこじつけになってくる。 上でトレパクをやる際にはある程度お決まりの・のようなものがある。 代表的なものには、に使うラレ元の画像は「」であることから、加工の類を行わない。 のためにやむを得ず画像をしたりする場合は側をするなど(ただし、した側にも当然は存在するのでその対応がどれだけ意味があるのかは不明である)。 トレパクの問題点 トレパクをするほうも問題点を混同したまま、ありとあらゆるものをり出してはさせることを楽しむ方向に向かいがちな感は否めない。 そのせいで、なんとなく「=悪」というが付きがちである。 何でもかんでも攻撃するのではなく、問題点を冷静に判断し、何が本当に悪いのかを見定めるを持つことが望ましい。 こうした事情の一因として、 法的問題と 方法についてのを混同する事が挙げられる。 制作方法についての議論(技術的評価に対しての問題) 絵、は「 自分ので描いたものである」という前提のもとに技術的評価をされやすい部分がある。 そのため、それらが実はであると判明した時、期待を裏切られたという印を受けてしまう。 しれはの姿勢を巡る的なであって、 悪く見ても「手間暇の、リ、不足」でしかなく、明確な悪事とは言い難い部分もある。 少なくとも「 」ではないと思われる。 あらかじめであることが明示してあれば問題になりにくい。 逆に「自で描きました」などと発言していれば意図的に騙していたということになり、避難のは大きくなりやすい。 法的問題(著作権上の不法行為) 元の図案が他のの著作物であった場合、の侵にあたる恐れがある。 しかし侵はであるため、する為にはによる訴えが必要になる。 また民事であってもが原告となる。 つまり問題は者同士の問題であり、第三者に口出しできることはほとんどい。 への通告をするべきだとする意見もあるが、側が特に問題と考えていれば有難迷惑でしかない。 なお、上の問題になった場合、 、表現のが存在するかどうかが争点となり、それが「線をなぞる」なのか、「見ながらした」のかという技術上の区別は関係がなく、表現のが存在するかどうかが争点となる。 侵はである。 そのため権利の侵を判断できるのは保持者のみであり、これがしない限り訴訟条件を欠くとして訴棄却となり、裁判にすることはできない。 よくへのとして「行為だ」というが付けられる場合があるが、の可性を摘できるのはのみである。 但し、版と判断される物に関しては非親告でと見なされる可性がある。 上に上がったには全てがある? は発表された時点で全ての作品に自動的に発生する。 ただし、例えば「上にした何気ないをすると違反になるか?」と言うと、非常にな問題になってくる。 著作物とは、「思想又は感情を的に表現したものであって、文芸、学術、美術又はの範囲に属するもの」と定義される。 つまりそのに創造的、表現としての価値が存在しなければ、それは著作物とは定義らいものになってくる。 的に違反として訴えを起こせる可性が高いのは、の撮したや、がしたなど、その表現をもって利益を得ている人であることがほとんどである。 著作権問題の具体的な事例 一による「」で、新府の復元図がであるとして復元図のからがあり、謝罪と絶版の措置が執られた。 かわぐちの「」では、等のが集からのであるとしてから訴えられ、謝罪と賠償が支払われた。 トレパクは糾弾されるべきか 等の工程で、などの様々なをすることは古くから行われてきたことであり、上問題になっていない細な事例まで攻め立てれば業界は萎縮し、表現の幅を狭めることに繋がるという意見もある。 一方で、がによって作品をしていては楽なほうに流れ、作品の個性が失われたり、侵の事例が増えてしまうという意見も存在する。 しかし多くのはそういった事情を深く考えず騒ぎ自体を楽しんでいるところもあり、 近年の糾弾はやり過ぎであるというは多い。 関連動画 関連項目• 関連リンク•

次の

女向ゲー一般(open2ch)

花 邑 まい トレパク

トレパクとは、による行為のこと。 技法としての()については、「 」の記事内容を参照。 トレパクについての関連、「 」の記事も参照。 概要 は元の図案をそのまま写しとる技術なので、しばしばトレパク、つまりによる問題が起きることがある。 一人のからいくつかのトレパク疑惑が浮かぶと、探せば他にも出てくるのではないかという疑いがかけられ、の箇所をしあげていくといったになり大することもある。 よくあるとしては等ので発見されとなり、が進むとをまとめたなどが立てられたり、が作られる。 そして、それらがやなどでさらにされていくことになる。 著名なやであるほど大きなになりやすい。 検証方法 パクった側を「 パク」、パクられた側を「 ラレ」「ラレ元」などと呼び、二枚を画像加工によって重ねることで、が行われているかどうかのが進められる。 させたり度や率を変えて使っている場合もあるので、する際もある程度画像を加工してされるが、あまりやりすぎるとこじつけになってくる。 上でトレパクをやる際にはある程度お決まりの・のようなものがある。 代表的なものには、に使うラレ元の画像は「」であることから、加工の類を行わない。 のためにやむを得ず画像をしたりする場合は側をするなど(ただし、した側にも当然は存在するのでその対応がどれだけ意味があるのかは不明である)。 トレパクの問題点 トレパクをするほうも問題点を混同したまま、ありとあらゆるものをり出してはさせることを楽しむ方向に向かいがちな感は否めない。 そのせいで、なんとなく「=悪」というが付きがちである。 何でもかんでも攻撃するのではなく、問題点を冷静に判断し、何が本当に悪いのかを見定めるを持つことが望ましい。 こうした事情の一因として、 法的問題と 方法についてのを混同する事が挙げられる。 制作方法についての議論(技術的評価に対しての問題) 絵、は「 自分ので描いたものである」という前提のもとに技術的評価をされやすい部分がある。 そのため、それらが実はであると判明した時、期待を裏切られたという印を受けてしまう。 しれはの姿勢を巡る的なであって、 悪く見ても「手間暇の、リ、不足」でしかなく、明確な悪事とは言い難い部分もある。 少なくとも「 」ではないと思われる。 あらかじめであることが明示してあれば問題になりにくい。 逆に「自で描きました」などと発言していれば意図的に騙していたということになり、避難のは大きくなりやすい。 法的問題(著作権上の不法行為) 元の図案が他のの著作物であった場合、の侵にあたる恐れがある。 しかし侵はであるため、する為にはによる訴えが必要になる。 また民事であってもが原告となる。 つまり問題は者同士の問題であり、第三者に口出しできることはほとんどい。 への通告をするべきだとする意見もあるが、側が特に問題と考えていれば有難迷惑でしかない。 なお、上の問題になった場合、 、表現のが存在するかどうかが争点となり、それが「線をなぞる」なのか、「見ながらした」のかという技術上の区別は関係がなく、表現のが存在するかどうかが争点となる。 侵はである。 そのため権利の侵を判断できるのは保持者のみであり、これがしない限り訴訟条件を欠くとして訴棄却となり、裁判にすることはできない。 よくへのとして「行為だ」というが付けられる場合があるが、の可性を摘できるのはのみである。 但し、版と判断される物に関しては非親告でと見なされる可性がある。 上に上がったには全てがある? は発表された時点で全ての作品に自動的に発生する。 ただし、例えば「上にした何気ないをすると違反になるか?」と言うと、非常にな問題になってくる。 著作物とは、「思想又は感情を的に表現したものであって、文芸、学術、美術又はの範囲に属するもの」と定義される。 つまりそのに創造的、表現としての価値が存在しなければ、それは著作物とは定義らいものになってくる。 的に違反として訴えを起こせる可性が高いのは、の撮したや、がしたなど、その表現をもって利益を得ている人であることがほとんどである。 著作権問題の具体的な事例 一による「」で、新府の復元図がであるとして復元図のからがあり、謝罪と絶版の措置が執られた。 かわぐちの「」では、等のが集からのであるとしてから訴えられ、謝罪と賠償が支払われた。 トレパクは糾弾されるべきか 等の工程で、などの様々なをすることは古くから行われてきたことであり、上問題になっていない細な事例まで攻め立てれば業界は萎縮し、表現の幅を狭めることに繋がるという意見もある。 一方で、がによって作品をしていては楽なほうに流れ、作品の個性が失われたり、侵の事例が増えてしまうという意見も存在する。 しかし多くのはそういった事情を深く考えず騒ぎ自体を楽しんでいるところもあり、 近年の糾弾はやり過ぎであるというは多い。 関連動画 関連項目• 関連リンク•

次の

【トレパク】花邑まい【アムネシアカラマリ】

花 邑 まい トレパク

「AMNESIA(アムネシア)」は、2011年8月18日にオトメイト(アイデアファクトリー)から発売された、PSP用女性向け恋愛AVGです。 キャラクターデザインは、花邑まい氏が担当。 2chで検証。 左手以外の線がほぼ一致• オトメイトに問い合わせメールを送る。 パクラレた人にも問い合わせがいった模様• パクラレた人が「悲しい。 でも広める事はないさ」と寛大な対応。 でも「作品と素材集は違う」ともコメント• 問い合わせメールを送ってから数日後、オトメイトから返事 「パクリ元には謝った。 不祥事起こした新人も首にしました。 だからこの件は解決しました。 このメールを掲示板とかに転載すんなよ?」• 2chに転載される• オトメイトは2chへの転載にすぐに気付き、転載した人に怒りのメールを送る (実は各々問い合わせに対する返信メールの文体を微妙に変え、転載された時に即個人特定できるようにしていた)• 転載主へ送られたメール内容は 「 転載について 弁護士と今後を検討中で民事・刑事の裁判を起こす権利はこっちにあり保留にしておくからこのことは一切口外せず先のメールの件もあわせて事を荒立てるな」• 転載主は無断転載について、オトメイトに謝罪するも、オトメイトの脅迫して黙らせようとする姿勢に憤り、この事を2chに報告• あくまで公にせず個人を脅迫して隠蔽しようとするオトメイトに憤慨した人がツイッター公式RTで拡散• 検証wikiが立てられる• トレパクの件を公表しないままアムネシア公式ブログが終了する.

次の