呪術 廻 戦 104。 呪術廻戦図書室|呪術廻戦のネタバレ・感想・考察まとめブログ

呪術廻戦104話ネタバレ!メカ丸の助けも脹相に虎杖がボコボコに!更に怒る脹相!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

呪術 廻 戦 104

メカ丸の作戦とは!? メカ丸は虎杖に状況を聞きます。 虎杖はメカ丸に、今まで何をやっていたのか聞きますが、省エネだとメカ丸は答えます。 脹相(ちょうそう)を見て、赤血操術(せっけつそうじゅつ)と理解するメカ丸。 加茂(かも)が同じ術式を使うとメカ丸は言い、弱点を聞こうとする虎杖ですが、弱点は知らないとメカ丸は言います。 赤血操術は加茂家相伝の術式の一つとして重宝されており、その理由は近・中・遠、全てに対応できるバランス力だとメカ丸は説明します。 失血しない脹相に隙は無いとメカ丸が言った瞬間、脹相の穿血(せんけつ)が飛んできます。 メカ丸は虎杖に、トイレに逃げ込むよう指示を出します。 弱点は知らないが、アイデアがあるとメカ丸。 成功率は1割で、失敗したら潔く死んでくれとメカ丸は言います。 どのみちこのままでもジリ貧で殺されると。 トイレに逃げ込む虎杖。 トレイにはエレベーターとトイレしかないため、逃げても無駄たと脹相は考えます。 脹相もトイレに入ろうとしますが、「ゴッ」「ガゴ」「ゴン」との音がトイレから。 脹相は虎杖が弟達に勝っていることから、ただのバカではないこと、そして突然現れたもう一つの声を思い出し、慎重になります。 脹相(ちょうそう)を煽るメカ丸 トイレに飛び込まない脹相(ちょうそう)へ向かって、メカ丸は、来ないのか?と言います。 さらに、弟と同じで弱虫だと煽り、怒りながらトイレに入る脹相。 トイレに飛び込んできた脹相に、メカ丸は、本当にそっくりだ、三人とも兄弟想いで扱いやすいと言います。 トイレの中は壁や天井から水が吹き出しています。 脹相は壁に付いているメカ丸へ穿血(せんけつ)を放ち破壊します。 その隙に脹相の背後から攻撃する虎杖。 虎杖のパンチを防ぎ、トレイ内に吹き飛ぶ脹相。 脹相は虎杖に、今の攻撃が最後のチャンス、残念だったなと言いますが、「白歛(びゃくれん)」が解けたことに気づきます。 赤血操術(せっけつそうじゅつ)は術式効果を上げるため、常時、血液の凝固反応をオフにしています。 そのため、脹相の血液は他のものより水に溶けやすく、加えて、水に晒された血液の中では浸透圧により赤血球が膨れ細胞膜が破れていきます。 これがメカ丸の狙いで、この状況下においては、脹相は体外での血液操作が不可能となります。 肝臓を貫かれる虎杖(いたどり) 脹相(ちょうそう)は、「赤鱗躍動(せきりんやくどう)・載(さい)」で身体能力を向上させます。 戦闘経験の浅い脹相は、自身に何が起こったのか理解しておらず、冷静に現実を受け止め、血液操作を体内で完結させました。 理屈は理解していない虎杖(いたどり)ですが、脹相を自分の土俵に持ち込んだことは確信します。 接近戦での戦いをはじめる虎杖と脹相。 近距離では虎杖の方が有利で、勝利を確信する虎杖。 しかし次の瞬間、水に晒さぬよう、水に溶け出さぬよう、手の中で限界まで凝固圧縮し、呪力で強化した血の塊が虎杖の肝臓を貫きます。 脹相の潜在能力(ポテンシャル)がメカ丸の策を上回り、虎杖の腹は血の塊が貫通します。 呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!? 呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで呪術廻戦の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を 無料 で読むという選択肢もあります。 さらに、これから放送される、呪術廻戦のアニメも 全て「見放題」と思われます!.

次の

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<104話>メカ丸、煽りが上手すぎるwww

呪術 廻 戦 104

Contents• 呪術廻戦104話ネタバレ展開考察 ここからは、 『呪術廻戦』最新話104話、そして105話以降で起こりうる展開を考察をしたものを載せていきます! 呪術廻戦104話ネタバレ展開考察:腸相の弱点がメカ丸から明かされる!? 久しぶりに目覚めたメカ丸ですが、 正直この状況で何の役に立つのか微妙ですよね。 今のメカ丸には特別な力があるとも思えないですし。 しかし メカ丸は京都校のメンバーであり、京都校には腸相と同じく赤血操術を使う加茂がいます。 同じ学校に通っていた 加茂の事をメカ丸は良く知っていたはずですし、赤血操術の特徴や弱点なんかも知っているのかも知れません。 血液を使っている訳ですし、 単純に考えれば血液不足が一番ベタな弱点ですよね。 とはいえ敵は特級ですしそんなにあっさりと血液不足になる事もなさそう。 とはいえ 無限に出せるのであれば強すぎる気がしますし、どこかで限界はやってくるのかもしれません。 呪術廻戦104話ネタバレ展開考察:メカ丸の最後の力が解放される!? メカ丸がここで目覚めたという事は、 メカ丸としても意図的に省エネモードに入っていたという感じなのでしょう。 そしてわざわざ省エネモードに入っているのだとすれば、 どうしても力を残しておきたいという思いがメカ丸にはあったのではないでしょうか。 その残された力というのがどれほどなのかによっては、直接虎杖の助けになってくれるかもしれませんね。 メカ丸と言えば元々遠距離からの射撃が得意なタイプ。 もしも ミニメカ丸がそういう力を少しでも残していれば、それらを上手く利用して虎杖が腸相に渾身の一撃を叩き込めたりするかもしれません。 それらの力を使えばミニメカ丸は消えてしまうかもしれませんが、何かしら活躍してくれるのだと思います。 呪術廻戦104話ネタバレ展開考察:伏黒パパが息子と遭遇!? 虎杖と腸相の戦いが盛り上がっていますが、もう一つ気になるのが伏黒パパの動向。 彼がどこへ向かうかによってこの先の展開も大きく変わってくるでしょうからね。 個人的に一番見てみたいのは、 やはり息子である伏黒恵との遭遇パターン。 二人が出会った時に、伏黒パパがどういう反応をするのか。 そして息子である恵がどういう反応をして、 戦いになっていくのか、それとも全く違う展開になっていくのかに注目です。 それ以外にも全く違うパターンも面白いと思います。 伏黒パパがかつて倒した事のある夏油の体を使っている偽夏油と遭遇するパターンも面白相です。 — 金銀パール kinginpl 呪術廻戦 本編もアクション感満載で良かった。 FPSゲーム感あった。 呪術のバトルは先週みたいに烏を自死させてなんちゃら見たいな小難しいのより今週みたいなアクションバトルとか、あべこべ回みたいに分かりやすい能力バトルのほうがすきだなー。 — 雲鶴 ummkaku 呪術廻戦104話ネタバレ では、 『呪術廻戦』最新話104話 「渋谷事変㉒」のネタバレが下記となります! 呪術廻戦104話ネタバレ:赤血操術に対するメカ丸の作戦とは!? 強敵の腸相によって窮地に追い込まれた虎杖。 しかしそのタイミングで眠っていたメカ丸が目覚めます。 「どういう状況ダ!?」 まだやる事があるからと省エネモードに入っていたメカ丸。 腸相の事を確認すると、 虎杖が腸相の赤血操術に苦戦している事をすぐに把握します。 同じ京都校の加茂が使う術式であるという事で、何かしら攻略法を期待する虎杖。 しかし メカ丸は「弱点は知らんゾ」と言い放ちます。 赤血操術は加茂家相伝の術式の一つで、重宝される理由は近・中・遠全てに対応出来るバランス力によるもの。 つまり 失血しない限り腸相には隙がないのだと。 せっかく目覚めてくれた割には良い情報が貰えずに苦しむ虎杖。 しかしメカ丸はそこで、 トイレに逃げ込む提案を出してきます。 「弱点は知らんが一つアイデアがある」と。 成功率はメカ丸曰く1割程度。 しかしこのままではジリ貧でしかないため、 虎杖は仕方なくその提案に乗る事にするのでした。 センスはあっても知識がない虎杖にとって メカ丸は良い相棒って感じがしていますよね。 とはいえ 腸相には結局の所弱点がない感じで、簡単に逆転出来たりはしなさそうです。 メカ丸が何をやり残しているのかも気になる所ですね。 呪術廻戦104話ネタバレ:水浸しのトイレでの戦い トイレの方に逃げ込もうとした虎杖でしたが、 腸相からすれば唯の袋の鼠。 ゆっくりと追い詰めていこうと近づくも、トイレからは何かを破壊しているかのような謎の音が響きます。 そこで少し冷静になる腸相。 虎杖は自らの弟達に勝利している存在。 単なる馬鹿では弟達に勝つ事は出来ないはずで、更に突然聞こえてきた謎の声も気になる状況。 ( 何かあると考えるのが普通だ。 油断するな) 自分に言い聞かして、圧縮した血液の一つをその手に握りしめる腸相。 しかしそこでメカ丸からの挑発的な声が響いてきます。 「 なんダ!!来ないのカ!!弱虫なんだナ。 弟と同じデ」 弟達を馬鹿にしたその発言で一気にカッとなる腸相。 「穿血」の構えのままトイレに飛び込みますが、 洗面台やトイレ、スプリンクラーの全てから水が吹き出している状態。 そこで更にメカ丸が言い放ちます。 「 本当にそっくりダ。 三人共兄弟想いデ扱いやすイ」 腸相はそんなメカ丸を「穿血」で破壊。 しかしそのタイミングで 隠れていた虎杖も登場し、背後から腸相を攻撃するのでした。 兄弟想いの腸相に対して、兄弟を馬鹿にする事で自分達の狙いに誘い込む。 この えげつない悪役っぽいやり方が『呪術廻戦』らしい部分でもありますよね。 しかし メカ丸がここまで口が悪いとは思いませんでした(笑) 呪術廻戦104話ネタバレ:血と水とメカ丸の狙い 腸相に背後から攻撃を仕掛けた虎杖。 しかしその一撃も腸相には止められ、両者の間には再び距離が生まれてしまいます。 ( 今のが最後のチャンス・・・逃げ場がなくなったのはオマエの方だ!!) 今度こそ虎杖を仕留めると意気込む腸相。 しかし その瞬間、腸相が「百斂」で圧縮していた血液が溶けていってしまいます。 術式効果をあげる為に血液の凝固反応をオフにしているという赤血操術。 その為 腸相の血液は他の者よりも水に溶けやすく、この状況では体外で血液を操作する事が出来ない。 メカ丸はこの状況を作り出す為にトイレに逃げ込むように指示していたのです。 遠距離からの攻撃を封じるために。 流石は頭脳派のメカ丸ですね。 いくら血を固める事が出来たと言っても、水は弱点となってしまう。 これによって 遠距離攻撃を封じれたのは非常に大きいでしょう。 呪術廻戦104話ネタバレ:腸相の反撃で虎杖が致命傷を受ける!? 受肉してからの戦闘経験も浅く、自らが何故体外での血液操作が出来ないのかも理解出来ない腸相。 しかしそれでも 冷静に気持ちを切り替えて血液操作を体内で完結させます。 「赤燐躍動・裁」によって自らの肉体を強化させる腸相。 同じく腸相が「穿血」を使えなくなった理由は分かっていない虎杖。 しかし 確実なのは自分の土俵に持ち込めたという事。 水浸しとなったトイレの中でゆっくりと距離を詰める二人。 二人の拳が交差していくものの、やはりこの距離で強いのは虎杖の方。 腸相の攻撃を的確に受けると、自分の攻撃をしっかりとヒットさせていきます。 ここへ来て ようやく「勝てる」という確信を感じた虎杖。 しかし腸相はまだ切り札を隠し持っていました。 それは トイレに向かう前に握りしめていた呪力で強化した血液の塊。 水に溶け出さない様に 限界まで圧縮された血の塊は虎杖へと投げつけられ、その肝臓を完璧に貫くのでした。 完全に自分の土俵に持ち込んだものの、 まさかの反撃にあってしまった虎杖。 しかも肝臓を貫かれるという事で普通の人間だったらヤバいですよね。 いくら虎杖でもこの展開は流石にマズそうな気がしますが、果たしてどうなるのでしょうか。 呪術廻戦104話ネタバレの感想考察 虎杖と腸相の戦いが更に過熱していた今回。 虎杖がメカ丸と共に策で腸相に対抗したものの、それを腸相が上回ってきた展開となりましたね。 メカ丸の助けを借りて 生きていた時は虎杖との絡みはほぼなかったはずのメカ丸。 しかしこんな状況ではありますが、 何だか虎杖とは良い感じの関係に思えますよね。 サポート役として今後も登場して欲しいくらいですが、流石にそれは無理なんでしょうね・・。 トイレへと逃げ込む事になった虎杖と、腸相をトイレに誘い込もうとするメカ丸。 何を言えば腸相がキレるか完全に把握しているのが流石でした。 敵の感情を揺さぶって自分達の狙いを通すという悪役みたいなやり方が良い感じにハマってましたね。 釘崎とかもよく悪い顔してたりしますが、今回のメカ丸もなかなかだったと思います。 接近戦でまさかの敗北!? 腸相の赤血操術が水に弱いという事で、 血を使った攻撃を封じる事に成功した虎杖とメカ丸。 そう考えると 腸相って雨の日は弱いタイプなんでしょうね。 とはいえもちろんこの辺りは腸相がまだ受肉して間もないという部分によるものであり、本当は色々と対応策もあるのかもしれませんが。 完全に虎杖有利の環境下での戦い。 しかし その中でもしっかりと切り札を隠し持っていた腸相。 物理攻撃オンリーになったと思っていただけに、虎杖の警戒心も薄れていたのかもしれません。 肝臓を貫かれたら普通であれば相当にヤバいでしょう。 こうなると流石に 虎杖の中の宿儺に助けを求めたくなる気もしますが、果たしてここからどうなっていくのか。 次回の展開に注目ですね! 呪術廻戦104話ネタバレまとめ 圧倒的にスピード感に溢れたバトルが続いていた今回。 やはり 近接バトル展開といえば『呪術廻戦』と言っても良いくらいにバトルが上手いなぁと思います。 しかし戦いの内容としては、 これまでにないくらいに虎杖がボロボロにされてしまっています。 流石に特級は強敵なんだと改めて感じさせられましたね。 この状況で、 メカ丸の助けを得た虎杖がどういう方法で腸相を攻略していくのか。 かなり厳しい状況なだけに、虎杖の真価が問われる戦いになりそうですね! 次回のを楽しみに待ちましょう!.

次の

呪術廻戦105話のネタバレ考察|脹相の凄まじい戦闘力!虎杖がまさかの敗北を喫するが…

呪術 廻 戦 104

呪術廻戦最新話104話「渋谷事変㉒」 メカ丸の助言 前回虎杖のピンチに突然目覚めたメカ丸。 まだやるべき事があるため、 省エネモードに入っていたようです。 メカ丸は京都校の加茂を知っているため、同じ術式を使う腸相の力も知っていました。 が、 残念ながら弱点は知らず。 加茂家相伝の術式として 赤血操術が重宝されているのは、近・中・遠の全てに対応出来るバランス力があるから。 つまりは失血しない限り隙が生まれる事はない。 加茂さんは割とあっさり血が足りなくなりそうですが、受肉したとはいえ呪霊である腸相は血が足りなくなったりしなそうですし、使い手によっては相当強い術式なんでしょうね。 という事で弱点は知らなかったメカ丸ですが、一応アイデアはあるとの事。 成功率は低いものの、虎杖としてもそれにすがるしかない状況となりました。 虎杖が感じさせないから忘れそうになりますが、 実際虎杖は既にかなりヤバいダメージ食らってますからね。 釘崎並の毒舌 メカ丸の提案でトイレに逃げ込んだ虎杖。 しかしトイレは 腸相からすれば袋のネズミでしかなく、むしろ自分に有利になる所。 とはいえ何かの音は聞こえてくる状況。 そこで一旦冷静になった腸相。 虎杖は弟達に勝利している訳で、ただのバカではない。 そして突然聞こえてきた謎の声も気になる。 それだけに油断しないように自分に言い聞かせます。 が、当然虎杖&メカ丸からすれば油断してくれた上で誘いに乗ってくれないと困ります。 そこでメカ丸が腸相を挑発する訳ですが、その言葉のチョイスがヤバいです。 「呪術廻戦」で悪口といえば釘崎が有名?ですが、今回のメカ丸も酷かった・・・。 なんダ!! 来ないのカ!! 弱虫なんだナ 弟と同じデ いやいや、これだけは腸相としても許せないでしょうね。 腸相が一番言われてムカつくポイントを的確についてくる辺りがセンスありますよ。 そしてこの後に腸相が怒ってトイレに猛ダッシュしてきた後の言葉も酷いです。 本当にそっくりダ 三人共兄弟想いデ 扱いやすイ 兄弟を馬鹿にして怒らせて誘い出し、思い通りに動いてくれた事さえも馬鹿にする。 これはある意味では釘崎以上に口が悪いと言ってもいいのかも。 腸相の弱点 メカ丸の策とは、トイレの水回りを全部破壊(手洗い器、トイレ小、トイレ大、スプリンクラー) そしてそれによって水でびしゃびしゃ状態にしておく事。 腸相はそんな事を気にもしませんでしたが、腸相がストックしていた「百斂」で固めた血液が水によって溶け出してしまいます。 色々と原理はあるものの、まあ とりあえず水が雨のように降り続く状態のトイレの中では、腸相は体外での血液操作が不可能になったという事です。 つまり 虎杖にとって一番厄介だった「穿血」をこの状態であれば封じる事が出来るという事なんですね。 「穿血」があったからこそ虎杖は遠距離から苦しめられ、接近戦でも油断は出来ない状態となっていました。 それが封じれるというのは非常に大きいですよね。 もちろん 血のナイフやら「超新星」だとかも出せないという事で、一気に虎杖有利な状況を作る事に成功しました。 虎杖の土俵での戦いも・・ どうやら腸相は戦闘経験が浅いという事で、体外で血液操作が出来ない理由も把握していません。 が、それでも 冷静さは保ったまま、「赤燐躍動・裁」という体内での血液操作のドーピング技で勝負を挑みます。 一方で虎杖も理屈は分かっていないものの(この時点ではメカ丸破壊済み)自分の土俵に持ち込んだ事だけは分かっていました。 至る所から 水が吹き出すトイレでの戦いとなるのですが、ここの見開きページがめちゃめちゃかっけえです。 雨の中での戦闘っぽい感じって漫画だと難しいと思いますが、この演出は凄く良かったですね。 遠距離攻撃があると分かっていた状態では苦戦した虎杖ですが、それがないと分かっていればやはり有利に戦いを進めます。 ここまでかなり苦しかっただけに、虎杖も「勝てる」と確信します。 が、 この状況でも腸相は隠し玉を持っていました。 それが トイレに入る前にキープしておいた呪力で強化した血の塊。 限界まで圧縮されたその血の塊は、 勝利を確信していた虎杖の肝臓を貫いてしまうのでした。 散々ダメージをくらった上に肝臓まで貫かれたというのはヤバいですよね。 初期の 真人戦でもかなり体貫かれてましたし大丈夫な気もしますが、あの時も限界は限界でしたから。 こうなってくると何かしらの助け(宿儺の助け?)でもなければ厳しいでしょう。 回復出来る方法としてはやっぱり宿儺に治してもらうか、もしくは土壇場での反転術式マスターくらい。 ってか 治せないとこのまま渋谷での戦いからフェードアウトしちゃいそうですからね。 まだまだ戦いは始まったばかりですし、何かしらの方法で回復する展開になりそうかなぁ。 呪術廻戦最新話104話ネタバレ感想 勝機を掴んだかと思えば、予想を上回る腸相のポテンシャルによって大ピンチに陥ってしまった虎杖。 ここまで追い詰められるという事は、 やはりまだ虎杖には厳しい相手だったという事なんでしょうね。 真人とかは相性の良さもありましたが、腸相とは逆に相性が悪いですから余計にキツイでしょう。 ここからどういう方法で逆転していくのか? かなり厳しいですが、何とか虎杖には頑張って欲しい所です。 願わくば新技とかを覚えて欲しいかな・・・! 今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の