メッセージ カード 手作り 見本。 はがき|メッセージカード|フレーム|📑無料ダウンロード!テンプレルン

メッセージカード表紙デザインや作り方を画像紹介!100均で簡単に出来る!

メッセージ カード 手作り 見本

母の日や父の日・敬老の日、クリスマスなど季節のイベントに お祝いのほかにも、母の日や父の日・敬老の日など季節のイベントの際に、感謝の気持ちをカードに込めて渡してみてはいかがですか?子どもと一緒に作ると工作気分でより楽しめますよ。 自作のイラストや写真を貼ったり、かわいらしいマスキングテープでデコレーションしたりすれば、自分らしさを表現しつつ、相手の好みにあわせることもできます。 子どもたちにあげる時には、動物やイラストが飛び出すようなカードにすると喜ばれそうですね。 ハロウィンやクリスマスなどにちなんで、仕掛けのあるカードを作っても楽しいですよ。 このように、手作りのカードはクリスマスカードや誕生日カード以外にも、さまざまな場面でちょっとしたお礼などの「気持ち」を伝えることができます。 バレンタイン&ホワイトデーはもちろん、さまざまな場面で使える 出典: 1、手作りカードの台紙を準備して、半分に折ります。 2、カードに小さなハートを描いてカッターで切り抜きます。 3、ハートのテンプレートを作り、好きな大きさのハートを描いて切ります。 これを使ってさまざまな色や柄の紙に書き写して切ります。 4、ハートは半分に折っておきます。 切ったハートの1枚をメッセージカードの台紙の半分の線と合わせてのりで貼り付けます。 5、ハートの中央のみにのりをつけ、残りのハートを貼り付けていきます。 6、きれいな間隔でハートが開くように折り目を調整します。 7、メッセージを書いたり、デコレーションしたりして完成です。 敬老の日や日頃の感謝を伝えたいときに! 出典: 1、色画用紙を丸く切ります。 丸い紙皿を鉛筆でなぞって線を描き、その線に合わせて紙を切ります。 2、丸い紙を半分に折ります。 さらに半分に折ります。 そしてまた半分に折ります。 この時、紙の端と端がきれいに揃うように、角もぴったりと合うように折りましょう。 紙を広げて、8等分の三角形の線がついていればOKです。 3、広げた紙を三角形に折り畳み、ひらひらの部分を角が丸くなるように線を描き、その線に沿って切ります。 切って広げると花の形になります。 4、3で作った花をハートになるように折り畳みます。 5、カードとなる画用紙を用意します。 画用紙を半分に折ります。 6、ハートに折り畳んだ花を貼り付けます。 この時、ハートの角の裏と表にのりを塗り、ハートの先がカードの折り線中央にきちんと付くように貼り付けます。 7、カードを折り畳んで、しっかりと貼り付けます。 カードを開いて花がきれいに広がれば大丈夫です。 8、小さな四角い色画用紙や折り紙で、葉っぱを作ります。 紙を半分に折って、かまぼこのような楕円形に切ります。 好みのサイズや枚数を作って、好きな所に貼ってデコレーションすれば完成です。 素敵なサプライズも!びっくり箱風のメッセージカード 出典: 1、100円ショップなどで売っているシンプルな箱を用意します。 2、箱の四方を、カッターなどでタテに下まで切り込みを入れます。 3、箱を開き、全ての切り口をマスキングテープで補強します。 4、全ての面にホログラムシールを貼ります。 5、箱の底になる中心面には、プラスチックドームを置きます。 6、プラスチックドームの中央に穴をあけ、ストローを挿します。 7、両サイドの面を装飾します。 ストローも箱がしまるサイズにカットし、装飾します。 8、ドームの中に小ぶりのお菓子やキャンディーを詰めます。 9、空いている箇所にメッセージを書いたり、装飾をしたりすれば箱を閉じて完成です。

次の

はがき|メッセージカード|フレーム|📑無料ダウンロード!テンプレルン

メッセージ カード 手作り 見本

そのバリエーションの幅は広く、価格帯も仕掛けも様々です。 1枚100円程度の簡単なタイプのものから、音楽や香りや飛び出す仕掛けなど非常に凝った作りのものまで展開されています。 その分高価ではありますが、相当に思考が凝らされたものでも1000円に満たない程度。 大概のデザインはワンコインで購入できます。 その気軽さから付け加えやすいのと同時に、貰った側はとても嬉しい気持ちになれるのが魅力です。 そんなメッセージカードですが、自分でも簡単に作ることができるのです。 さすがに音楽などは難しいですが、ちょっとした作業で愛情の篭ったオリジナリティのあるものを無限のデザインで創作することができます。 簡単なものからあるのでDIYの入門編にもピッタリ あげるようなイベントが無くても大丈夫です。 一緒に生活している相手や遠く離れた友達や家族、そんな相手に「いつも感じている感謝」を伝えるだけでも、それは必ず大切な思い出となるはずです! 手作りメッセージカードに使う材料 手作りメッセージカードに使う材料• 厚紙、画用紙など様々な素材の紙• 基本となるメッセージカード(アレンジだけ手軽に楽しめます)• パンチ(あったら便利!)• マスキングテープ• お好みの刺繍糸• その他様々な素材(ボタン・リボン・ポプリ・ドライフラワーなど)• こちらのようにドライフラワーを使ったメッセージカードは、女性に送れば喜んでもらえること間違いありません! いつの時代も女性はお花やリボンなどの可憐なモチーフが好きなもの。 押し花を添えたりカード自体をリボンで結んだり、カードに切れ目を入れてリボンを潜らせるなどのアレンジもできます。 メッセージカードを手作りする時のコツと注意点 どんな作業でも怪我には注意すること! 簡単DIYとして是非おすすめしたいメッセージカード作り。 ですが何事にも危険は付き物です。 全体的に簡単な作業ではありますが、それでも刃物を使う以上は怪我に充分気をつけてください。 お子様と作るのであれば尚のこと注意をしてあげてくださいね。 ハサミはもちろんカッターやパンチなどにも注意が必要です。 普段工作や手作りをしない人こそ注意力散漫になりがちなもの。 安全に楽しく作りましょう! 貼り付ける時は貼りシロが出ないように.

次の

メッセージカードの作り方 画用紙で!可愛い書き方やデコリ方を紹介!

メッセージ カード 手作り 見本

メッセージカードを手作りで作ってプレゼントしようと考えたときに、悩んでしますのがどういったデザインにするのかというところです。 この考え方としては、まずどういった人にプレゼントするのかを考えてみましょう。 これは多くのシチュエーションがあるのではないでしょうか。 もしかすると、卒業式に先生にあげるかもしれないですし、誕生日に彼女にあげるかもしれません。 友達にあげるにしてもデザインは変わってきますよね。 また、どういったタイミングで上げるのかも重要なポイントになります。 結婚祝いに上げるのであれば、暗い色のデザインは合いませんし、彼女との記念日にあげるのであれば、その彼女の好みの色に合わせるなどの工夫をすることができます。 こうして相手がどのようなデザインが喜ぶのかを考えながらメッセージカードを手作りしてみてはいかがでしょうか。 ここからはメッセージカードのデザインの作り方を紹介していきます。 まず紹介するのが、マスキングテープです。 非常に簡単でシンプルに作ることができるのがポイントになっています。 しかし、簡単なのにも関わらず、可愛さとおしゃれさを兼ね備えたデザインを作ることができるので、おすすめするメッセージカードの作り方です。 マスキングテープはコレクションをしている人がいるほど、人気のアイテムで、文房具店や雑貨屋さんで簡単に手に入れることができます。 シンプルに作ることができるのですが、白い台紙にマスキングテープを貼る。 そのマスキングテープの上に文字を書いていく。 これだけでも十分なメッセージカードになります。 シンプルで簡単なやり方を追求すると、このようなやり方になりますが、例えば、マスキングテープで円形を作って、その中にメッセージを書くこともできます。 可愛いデザインも工夫することで十分な可能性を含んでいるのでおすすめの手作り方法です。 これも先ほどの手書きのメッセージと同じデザインの作り方といえるのではないでしょうか。 今までに絵を描いたことがないなんて人もなかなかいないですよね。 ですので、簡単でシンプルなのでもいいので、絵を描くことで可愛いデザインを作ることができます。 この絵を描くことのポイントがいくつかあり、まず絵を描いたときに色を塗ることでカラフルにすることができます。 その時に自分でデザインのテーマを決めることができます。 また、うまく書くコツとしてあるのが、様々な絵を敷き詰めて書くことです。 これは絵に自信がない人は試してみてください。 絵を敷き詰めて書くことで、絵を隠しながら書いていくことができます。 こうすることで、絵が下手に見えそうな部分を隠すことができ、形にするのが簡単になります。 いろんな色で絵を塗ることにもつながるので、自信がない人も気軽にチャレンジすることができるのではないでしょうか。 まず紹介するのが、ふちどり文字です。 文字をふちどって書くことで、その文字に様々なデザインを付け加えることができます。 例えば、その縁取りの中をドット柄で書いてみてはいかがでしょうか。 それだけで、その文字がおしゃれになったり可愛いデザインに様変わりするのではないでしょうか。 続いて紹介するのが、文字の一部分を太くする方法です。 これはポイントがあります。 メッセージを書くときに、文字の縦の部分を太くするのであれば、その縦の部分をそれぞれの文字の縦の部分を太くするなど統一させていきましょう。 このように統一させることで、一体感が出て、おしゃれな感じに仕上げることができます。 最後に紹介するのが、文字とイラストを合体させることです。 これはもしかするとセンスが問われるかもしれません。 しかし、このようなイラストと文字を合体させたメッセージカードをもらうと、手が凝っているなともらった方もうれしい気持ちになることでしょう。

次の