地獄 少女 イラスト。 アニメ地獄少女の高画質な画像・壁紙まとめ

【地獄少女】バッドエンド回ランキングTOP5!全アニメシリーズから大紹介!【地獄少女】

地獄 少女 イラスト

アニメ地獄少女の高画質な画像まとめ 【地獄少女】恨みを地獄へと流してくれる地獄少女。 【地獄少女】畳に寝転がる閻魔あい。 【地獄少女】空を見上げる閻魔あい。 【地獄少女】振り向く閻魔あい 【地獄少女】閻魔あいと三人衆。 【地獄少女】じーっと見つめている閻魔あい。 不気味だけど美人さんです。 【地獄少女】まりで遊ぶ閻魔あい。 【地獄少女】セーラー服姿の閻魔あい。 【地獄少女】裸で寝そべる閻魔あい。 【地獄少女】気だるげな閻魔あい。 アングルが素晴らしい。 【地獄少女】ゆずきとキスをする閻魔あい。 シリーズで三鼎が1番泣けました! 【地獄少女】目を瞑る閻魔あい。 【地獄少女】赤い実を食べる閻魔あい。 【地獄少女】風になびいている地獄少女。 【地獄少女】牛若丸スタイルの閻魔あい。 【地獄少女】地獄送り中の閻魔あい。 【地獄少女】入浴中の閻魔あい。 水も滴る地獄少女。 【地獄少女】菊の花畑で眠る閻魔あいと顔を覗かすきくり。 きくりに鳥肌立ちました。 【地獄少女】桜吹雪を起こす閻魔あい。 【地獄少女】幼き頃の閻魔あい。 【地獄少女】座っている閻魔あい。 【地獄少女】ミツバチ姿の閻魔あい。 【地獄少女】窓に張り付く閻魔あい。 【地獄少女】こちらを覗き込む閻魔あい。 【地獄少女】ゆずきに抱きつく閻魔あい。 【地獄少女】ゆずきを見送る時の閻魔あい。 切なげです。 【地獄少女】柱に寄りかかる閻魔あい。 【地獄少女】水たまりにはゆずきが映っています。 【地獄少女】さくらの中にいる閻魔あい。 【地獄少女】物憂げにこちらを見つめる閻魔あい。

次の

アニメ地獄少女の高画質な画像・壁紙まとめ

地獄 少女 イラスト

4期 先輩地獄少女として&原点回帰 あいとみちるですが、あいとゆずきと比較して、雰囲気が1期に近くなったのかなと。 もう1枚のイラスト(4期のキービジュアル)は、貫禄すら感じる描写になっているのですが、それも含めて4期のイラストは再び、あいを中心とした地獄少女の物語に回帰したような気がします。 ただ、みちるの正体はゆずき以上に謎に包まれている感じ(確かに本人も記憶を一切なくしています)ですね。 ちょっとみちるは、ぽかーんとしていて、あいはみちるが寄り添う軸の役目を果たしています。 【出典】同110頁 ティザービジュアル 原画:岡真理子 と、結果的にシナリオありきで鑑賞してしまいましたが、そういう先入観がないと異なる見え方をするのかもしれません。 ただ、これは自己弁護になってしまいますが、シナリオを知ったうえで、イラストを鑑賞する、というのもアニメ特有の楽しみ方ではないかな、と。 皆さんも、ぜひ自分だけの感想を持たれてみてはいかがでしょうか。 (Amazon) もちろんBDは両方とも買うつもりです。 1話をニコニコで見た印象ですが、相変わらずビジュアルは素晴らしいですね。 そして、地獄通信もずいぶんと近代化していました(笑)。 まぁ1話ということで、(地獄少女としては)軽めのお話だったのではないでしょうか。 今回は、誤解が原因?で真犯人は他にいそうですが、後味の悪さを引っ張るような演出ではなかった気がします。 追記:後味というか、登場人物の心理がよくわからないだけじゃないかという嫌な予感がしてきた。 また、見ていて思ったのですが、地獄少女はシリーズが進むほど、地獄ファミリーの日常話が占める割合が増えていっています。 比率でいうと、(依頼人のお話):(地獄ファミリーの日常):(物語の核心に迫るお話)=3:2:1くらいでしょうか。 ただ、4期は短いので、この最後の物語の核心に迫る部分(要するにミチルのお話)の割合が徐々に増えてくるのではないか、と予想。 怨みが複雑(高度)すぎてうまく感情移入できんかった。 もう、サザエさんみたく、地獄ファミリーの日常にスポットをあてたほうが面白いのでは? または、ムジュラの仮面みたく、登場人物は同じなパラレルワールド設定も見ていたい気がした。 追記:例えば、地獄ファミリーが、人間として生活していて、そこで依頼人になって地獄少女に依頼する、とか。 あるいは、地獄少女の学園ものを見てみたい気がしたが、それは三鼎がすでにあったか。 見た目と性格はあいなんだけど、地獄通信とかは全然関係なくて、あいを中心とした恋愛もの(野崎くん的な?) 3話。 そして、論争。 「妹はレ〇プ」されたのか、否か。 判断材料は、下記の2枚の映像。 まったく救いがないというか、唯一救われた?(変われた)のは、依頼人の男の子2人か。 しかし、開き直って殺人鬼になるというのは、どうだろうか。 普通このような家庭崩壊を描くなら、登場人物の「成長」つまり「苦労して人は成長する」というような流れに持っていくのだろうが、それに対して「そうとは限らない」という疑問と皮肉をたたきつけるのは面白い。 見直した。 ところで、妹は見ての通り廃人になってしまった。 ちょっと生意気でませてるところが好きだったが、それをねじ伏せてこうまでするとは、狂気の沙汰としか言いようがない。 その狂気と行動力は、ちょっとうらやましいかも!? 地獄ファミリーが助けに入らなかったのはちょっと不思議。 2期では選挙の話だったかで、助けに行ってたような気がするが。 さて、地獄少女史上最も後味が悪いかもしれない3話だったが、後半戦で地獄少女側に共感できるような展開があるか、それともこのまま理不尽一直線に突っ走っていくのか、注目したい。 正直かなり切ない。 最後のおばあさんが輪入道を忘れてしまったシーンが悲しかった。 ところで、つぐみはここで介護職員をやっていた。 地獄少女の行くところつぐみの姿あり、か。 ただ、3期までと違って、主要な舞台となる場所がないからこのような形になったのか。 最後のシーン、あいが輪入道を止めていた。 ただ、あいが止めるのは今まだ見たことがなく、新鮮。 また、意味合いも少し違うのではないか。 地獄流しにまつわるシーンで、特に手出し禁止なのは、やはりなにかタブーがあるのか。 それとも、単に地獄ファミリーの関係が瓦解するのを予防するためなのか、気になるところ。 まぁいずれにせよ、地獄ファミリーには緊張感みたいなものが共有されているのを感じる。 そして、地獄少女になるシステムが判明。 この世に怨みを残して死に、その怨みを爆発させて、他人を巻き込んだら、その罰として地獄少女になる、と。 個人的な推測では、それに「純粋である」というのもあるのではないか、と思う。 つまり、純粋であればあるほど、愛から憎への切り替えしが激しいし、地獄少女の職務が罰として作用するから、である。 そう考えると、ゆずきは要件を半分しか満たしていないことになるが、もしかしたら彼女の場合は任意で地獄少女になれるのかもしれない(3期を要確認)。 それにしてもみちるはあい以上のよい子で、ちょうどいい正義感の持ち主だと感じた。 ラストがどう締めくくられるか、楽しみ。 3代目地獄少女。 そして山童まさかの退職(三藁に戻る)。 そして、あいの家初登場。 依頼人とターゲットは、まさに正当な怨みで、1期の初期を髣髴させます。 みちるが、あれだけ拒んでいたのにあっさり地獄少女になった(ように見える)のは、依頼人に共感したからでしょうか。 このあたり、もう少し尺がほしかった気がしますが・・・ さて、最終回(一応)なので、テーマ別に長めに書きます。 1.みちるについて~三代目地獄少女考察~ 「天に背きし哀れな影よ 人の痛みに瞼を閉ざし 過ち犯せし咎の魂」「いっぺん死んでみる?」 みちるは大正時代の人間。 理不尽な目にあって、死んだが直後怨霊となって一帯を焼き払うなど、あいとの共通点は多い。 尤も、罪を犯してから地獄少女になるまでかなりのタイムラグがあり、要するにこの間、幽霊のような形でこの世をさまよっていたと思われる。 ただし、悪霊として祟ったというよりかは、生来の性格そのままに、人々を見守っていたと想像。 性格は、あいとは大きく異なる。 あいは、仕事に感情をいれないことをよしとするが、みちるの場合、自分の信念を貫くことに関しては妥協を許さない。 ただ、この点に関しては地獄少女という職務の性質上、矛盾(悩み)を抱える種になるかもしれない。 理不尽な怨みもこの世には存在するからである。 あいの場合は、感情を入れずに心を殺して職務を遂行することが正しいと考えているように見える(「病棟の光」、など)。 しかし、みちるの場合は、仮にターゲットを地獄に流すことは共通するとしても、そこまでの過程が違うのではないか。 例えば、依頼人の屈折した感情を理解しようとしたり、依頼人の認識を変えようと働きかけたり(成功するかどうかは別として、そのように試みることがみちるにとって重要な気がする)、などである。 地獄流しを通じて世界を(少しでも良い方向に)変えたい、というのはゆずきにも共通することであったが、6話ラストのお説教を聞く限り、みちるのほうがより冷静で、良識(常識)があるように感じられた。 とすれば、「どうすれば地獄少女の職務(罪)から解放されるのか」ということも異なってくるのではないか。 あいの場合は、「大切なたった一人(拓真)のために死ぬ」「理不尽な怨みでも受け入れ、赦す」という行為が鍵となった。 地獄少女になったきっかけと反対である。 みちるの場合は、推測するしかないが、「自分の正義のために(犠牲になって)死ぬ」ということではないだろうか。 あいにとっては「正義」は相対的なものにすぎず、むしろ個々人の「愛(憎)」を信じているが、みちるの場合、彼女は「正義(ユートピア)の実現」を本気で信じているように感じる(この辺りは、両親(育った環境)の違いである)。 今後、あいのようになっていく可能性もあるし、独自の道を歩み続けるのかもしれない。 さて、幸か不幸か、あいとみちるという全く異なる個性の地獄少女が誕生した。 二人の価値観はどう交錯していくのか。 もし、5期があるならマンネリではなく、新鮮な展開が期待できそうである。 2.地獄少女は2人以上存在できる!~分業の可能性~ 3期の場合は、あいまいだったが4期になって確定した。 それぞれ、自身にとって思い出深い場所が、藁人形を渡す舞台となる。 それにしても、ここで考えるのは「あいとみちるはどうやって分業するのか」である。 異なるアクセス手段をとるのかと思いきや、最終話で否定されたことから、少し複雑になるだろう。 個人的に考えるのは、最初にみちるに仕事が回ってきて、それを見てあいがやる気になればあいがやる、というのはどうだろうか。 それだと、物語的にも2人の地獄少女の対話が生まれて面白いし、それぞれが地獄少女をやっている理由(立場)とも親和的だと思うからである。 追記:あいとみちるが1話ごとに交互に地獄流しをする、というのも面白いか。 追記:かつての依頼人が死んだとき、地獄へ連れていく役は、当時担当した方だと予想するが、あえて異なる方が担当するのも新しい展開ということで面白そう。 また、2期のラブリーヒルズ編のような、多くの地獄流しがある場合は、両者が協力して地獄流しをする、というのも見てみたい気がする。 3.5期の可能性は? これには、大きく分けて二つの要因が必要だと思う。 内在的要因と外在的要因である。 内在的要因とは、要するにストーリーが続編を許容するか、ということである。 これに関しては、上で述べたように2人のある意味対照的とさえいえる個性の地獄少女が誕生したのだから、それだけでも十分可能だといえる。 繰り返しになるが、具体的には、職務に関しては、完全ドライなあいに対し、地獄通信を通じて自分の思想・信条を発揮していこう、人々の幸せに少しでも貢献したい、と考えるみちるは、地獄少女の在り方に変化をもたらすのではないか。 地獄少女としての終着点もおそらく異なるはずであるし、これらを題材とすれば5期は材料十分だと思えるのである。 もう一方の外在的要因というのは、要するに4期が評価されるか、ということである。 人間性についても掘り下げると面白そうである。 細かいことを言うなら、序盤の「これでいいの?」とあいに投げかける姿が印象的だったことから、終盤になってあいから(みちる)自身の経緯や地獄少女の運命について語られる点が、やや意外過ぎたというか、淡泊だったかもしれない(問いを投げかけるだけで終わった)。 記憶をなくしていながらも、自分自身について探求する姿は4期にしか描けない(5期はすでに思い出しているから)ので、もったいないところも否定できない。 ただ、あくまで5期に向けてということであれば、最終話でのあいとは異なる地獄流し、そしてあいなら絶対しないであろうお説教と親身な姿勢から、続きを見てみたいと感じさせる魅力は十分にあったと思う。 5はあると思う。 これまでは、あい(地獄少女)と三藁、依頼人、ターゲットという3者を軸に展開していた物語に、みちるという第4の軸が加わることによって、物語は新たな展開を見せるだろう。 結論は、「5期は十分期待できる」ということである。 いつになるかわからないものの、その時を楽しみに待とうと思う。 1.抜群のルックス いろいろな見た目のキャラがいるものの、あいはその中で際立っている。 それは、あいの顔や体には不要なものが一切なく(胸・・)、少女としての魅力を引き出すものだけがちりばめられているからである。 例えば、ぱっと思いつくだけでも、黒髪ロング、吸い込まれそうな赤い猫目、薄紅色の唇、華奢な鎖骨、わずかに膨らんだ胸、そして黒のスカートから覗く純白の太もも!と、王道だけれども美少女に必要な要素がすべて詰まっているのである。 尤も、後述のようにあいは「見た目だけ」ではない(そして、そのルックスと符合する人間性をもっている)。 しかし、ゆずきやみちるを見ればわかるように、あいほど地獄少女にふさわしいルックスを持っているのはほかにいないように思われるのである。 2.魅力的な人間性 とりわけ1期2期は、あいに焦点が当てられているため、彼女の揺れ動く心を想像する機会は多い。 あいが魅力的なのは(能登さんの言葉を借りれば)「狂おしいほどの純粋性」を持っていることにある。 それゆえに一挙一動に重みが増し(覚悟)、ひいては物語全体の説得力を増すのだと思っている。 私には、あまりにあいの純粋性が印象的だったため、そうした純粋性をもっていることが罪であり、罰として地獄少女をやっている根拠だと思えるくらいである。 元来、他者の心というのは手が届かないものだが、あいの場合は、一線を踏み越えてでも近づきたい!と、そう思わせるくらいの深さがあるのだ。 物語の冒頭では、どんな悪人にも屈せず、一方で依頼人(福本さんなど)に情けをかける包容力の持ち主であった閻魔あいが、なぜラスト3話で暴挙に出たのか。 一見唐突に見えるものの、それを制作ミスだと考えるのはやや早計である。 まずは、何とか矛盾なく解釈できる道はないのかを検討してから、はじめて製作者のセンスを疑うべきだと思っている。 人のメンタルとは不思議なもので、たとえ極度の抑圧状態であっても、それが継続すれば、それを普通だと感じる特性がある。 あいの場合は、それは400年に及んだ。 しかしそのことは、背景にある問題が解決したわけではない。 彼女の抱えていた問題は複雑多岐だが、あえて分けるなら、次のようになる。 1.「あい」としての悩み 主に仙太郎のこと。 2期では拓真も入るか。 3期のゆずきは1と2の中間か。 2.「閻魔あい」としての悩み つまり仕事上の悩み。 「煉獄少女」「病棟の光」が典型。 1期のラスト3話を見て感じたのは、あいはとても純粋な娘であることだ。 そして、たとえ自分の純粋さが職務の遂行に邪魔であっても、捨てきれない(あきらめきれない)と感じているのだろう。 考えてみれば、あいのこうした精神性がかえって職務の遂行にとって、プラスに働いたこともありそうだ。 純粋であるからこそ、自分の心を閉ざしつつも他人の多様な怨みを理解し、ストイックに地獄流しができていたのかもしれない(また、演出面では、より一挙一動に凄みを感じた)。 だが、他方でそうしたピュアな心というのは、ある種の「業」であり、「罪」を生む。 彼女が地獄に落ちずに、地獄少女になったのは、彼女があまりにピュアだった(またそれが悪い方向に出てしまうほど不運だった)からだと思う。 怒り、哀しみ、妬み、絶望・・・、時には、やさしさだって罪を生むわ。 」 しかし、彼女は自分の過去を乗り越えた。 柴田親子の助けを借りつつも、最後は自分で仙太郎への想いに向き合い、一定のけじめをつけることができたのは、あいにとって本当に幸せなことだったと思う。 では、1期のあいと2期のあいとでは、どこが成長したのだろうか。 根本の部分は変わっていない。 だが、一期で垣間見たような性格のゆがみ(不安定さ)は影を潜めている。 他方で、地獄少女の存在意義として「人々の自己決定に付随するもの」のように考え、その帰結として「その人が決めたこと(自己決定)」は尊重する、という姿勢に変わったように見える(「私は正義の味方じゃないわ」発言が典型。 これだけ切り取ってみればドライになったともいえる)。 だが、最も見過ごしてはならないのは情緒的な部分での成長だ。 「地獄通信」に至るまでに、人々の「対話」を重視する姿勢(「全部話せばよかったのに」など)である。 「人はお互い理解し合うことができる」ということを、あいは発見したのだ。 こうした、あいの「変化」を、外野にいる私は「成長」だと解釈している。 2期、3期、4期と進むにつれて、情緒的な部分でのゆがみはますます小さくなり、「地獄少女としての」自分の居場所(あり方)を確立していったといえる。 怨みを扱ったこのお話でも、中盤からは「本当にこれでいいのか?」と思わせる話が連続してくる。 このお話もその1つ。 不登校(だった)生徒が先生を地獄に流すのだけれども、そこに怨みの感情はない(少なくとも糸を引いた時点では)。 それどころか、お互いにお互いの生きる苦しみを共感しあえる仲だった。 にもかかわらず、糸を引いてしまったのは、最後にあいが指摘した通り、先生がそう促したからにほかならない。 生徒のほうは、(おそらく)先生のために、勇気を出して学校に来るようになったのに対して、 先生は、自分が楽になることを考えて、生徒に糸を引かせてしまった。 ここに、甘えのようなものがあったのではないか。 あいは、このあたりの自分可愛さの行動にすごく敏感である。 それは、あいのルーツを知っている我々にとっては説明は不要であろう。 ただ一方で、この時点でのあいは、愛情と怨みが紙一重の表裏一体であることについては、(この時点では)あまり納得がいっていないのではないか。 これは、まさにあいと仙太郎についても同じことが言え、この問題がまだ解決していない以上、あいは2人を達観してみることができず、どうしても感情移入しつつ、迷いが生じてしまうのである。 それにしても、この事件ではどちらがより悪いか、判断するのは差し控えたほうがいいのではないか。 なぜなら、どちらも現実逃避していたわけであるし、その順番が異なっただけであることに加え、先生は地獄流しの代償について知らない(知らず知らずのうちに相手を傷つけてしまった)からである。 それに何より、ばあちゃんが指摘するように本人たちがそれでよいと思っているのだから、外野が口をはさんでもパターナリズムに陥るだけのような気がするからである。 ただ、あいが先生に声をかけて考えさせたのは、2人の相互理解に向かわせるという意味では正しかったものの、他方で先生を糾弾する(代償のことを告げたタイミングを考えても)ほかの動機があった気がしてならない。 そういえば生徒はあいのことを「寂しそう」だと言っていた。 あい自身の問題も根底にはあるのだろうと考えさせられる。 追記:1期は、構成がよく、引き込まれる。 起承転結とはよくいったものだが、一話一話心に残るお話を展開しつつ、中盤以降はあい自身のゆれに徐々に視点がうつり、最終的には主人公の正体と物語のテーマをリンクさせつつ、余韻を残して締める・・という。 そして、それを表現しきる、詳細の描写と能登さんをはじめとするキャストさんの表現力は感動的。 追記:「心に残る」というのは、「答えが(すぐには/今は)見つからない」ことと密接に関係していると思う。 手の届きそうで届かない、相手の心(煉獄少女)。 戻りたくても戻れない過去(あいと仙太郎)。 何が待ち受けているかわからない未来(ラスト)。 物語が大変リアルに作られているため、登場人物に感情移入して「その後」「その先」「その奥」を自然と考えてしまう。 結論から言うと、結構あいまい。 依頼人でもないのに、助けたり。 依頼人が飛び降りようとしているところを止めるのは、ダメだったり。 いろいろと解釈の余地はある。 地獄のルールで、厳しく規制されていると考えることもできる。 が、私は、明示されていない限りは、こうした超自然的なものは除外して考えるべきだと考えている。 特に地獄少女の場合はそうだ。 地獄少女のテーマは「復讐」であるが、2期では「(家族の)絆」もテーマだと思う。 つまり、何事も絆に関連付けて考えるのが、よりよい解釈である、と。 また、契約がないにもかかわらず、人間を地獄に流すこと。 地獄少女の仕事は、おそらく見ている側が想像する以上に過酷で、感情に流されていてはとても勤まらないものだ。 そして、三藁も十分わかっているが、もし誰かが感情に流されてしまったら、(信頼関係のみで結ばれている地獄ファミリーは)パラパラと瓦解してしまう。 また、三藁は任意であいに協力しているが、あいは好きで地獄少女をやっているわけではない。 もしも、(最終話のように)情に流されてしまったら、あいのみが責任を取らされてしまう。 輪入道がほかの2人に対して「情に流される」ことに警鐘を鳴らすのは、こうした文脈を前提に解釈しなくてはならない。 すなわち、地獄ファミリーの信頼関係がバラバラになってしまうこと、そしてあいの職務遂行に差し障るおそれがあること(これもあいを心配するがゆえ)、主にこの2点が輪入道を動かしたのだろう。 しかし、2期ラストのあいの行動だけは、止めることができなかった。 本当は、止めてあげたい、助けてあげたいのだけれど、あいのことをよく理解しているがゆえに、最後は彼女の好きにさせてあげたい、と思ったのではなかろうか。 依頼人とターゲットはいるものの、このお話に関していえば、おまけのように思える。 このお話の中心にいるのは、保健室登校(だった)少年(とあい)である。 当初、あいは彼の依頼を拒絶した。 「私は正義の味方じゃないわ」という発言は、彼の無覚悟かつ自分可愛さに基づいた主張に嫌気がさしたからだと思われるが、そういえば似たようなことは1期の零れたカケラたち(上述)でもあった。 ただ、1期の場合は、何かあいの悪意の様なものを感じたのだが、今回はそういうものはない。 単に、正論を述べているように感じられる。 というのは、あいが登場したタイミングが違うからだ。 また、1期のラストであいの自分自身の問題は一応解決しているだけに、あい自身の性格のゆがみが依頼人・ターゲットに対する姿勢に影響を与えるとは考えにくい。 それにしても、この少年は最後にあいを拒絶し、自分の手で復習を遂げようとするのだけれども、この一連の少年とのやりとは、あいにとって決して後味のよいものではなかったはずである。 彼女の心中を少しだけ想像してみよう。 手掛かりは、少年の変化だ。 当初は、相当の甘さがあった。 自分で行動することに自信が持てなかったのだろう。 それは言動にそのまま表れ、自分の怨みは本来自分で責任を持つところ、それすらできずにあいに甘えてしまった。 あいには、その少年は相当に幼く見えたのではないか。 ただ、ここであいは一応依頼を受けてから、(取り返しがつかなくなったところで)彼を後悔させてもよかった。 それをあえてせず、まだ引き返せるところで冷たく突き放したのは、あいのある種のやさしさであると解釈したい。 追記:もちろん「好き」「嫌い」でいったら嫌いだろうが、それで苦しめてやろうという考えはなかったのではないか。 もちろん結果的には、そうなってしまったが、直接の被害者加害者という関係では怨みは晴らされているし、それで少年が納得すればそこまでくらいに思っていたのだろう。 2期のあいは放任主義に少し偏っている。 だが、その優しさは結果的に事態を悪化させてしまった。 彼は自分で考えて行動する力を身に着けたがゆえに、さらに怨みの連鎖を増長する方向に向かっていってしまった。 考えてみれば、これはあいがかつてたどった道と同じではないか。 結局自分がかかわった人間の末路は、同じ地獄なのか、と。 彼の「可能性」を少しでも残してあげたあいからしてみれば、彼の「変化」は皮肉以外の何物でもない。 追記:あいが少年のことが気になった理由については、2期のあい「らしさ」とも関わりそうなのでとりあえず保留にしておく。 3期に対する非難は知っている。 そして、それは正しいと思う。 が、一応最大限好意的に解釈してみる。 3期のメインヒロインは、ゆずきとあいである。 実際2人の共通点は多い。 一番気になるのは「あい」以前に地獄少女はいなかったのに、なぜ「あい」以後は地獄少女が必要とされたのか、ということである。 ゆずきはあいと似ているものの、自身の内面を爆発させて、周囲をゆがめてしまったことはない。 あえて矛盾なく解釈しようとすると、一度あいが作り出してしまった恨みの連鎖は、もうあい自身によっても止められなくなっていた。 世の中が地獄少女に依存してしまっていたのである。 もっとも、その依存をなぜ許していたのかは、また難しい問題である。 つぐみ(大)のセリフから察するに、地獄も人々の願望が作り出したものではないか。 つまり、確かに(地獄少女の世界では)地獄は実在する。 しかし、そのありようは、その時代の人々の思想を反映する。 400年前の地獄では、あいは地獄少女の役目を与えられるべくして与えられた。 その後、あいが現世に多大な影響を与えたために、人々の思想に変化(地獄少女への依存)が生じた。 だから、より理不尽な理由で地獄少女(ゆずき)が誕生したのではないか。 と思う。 もっとも、そうならそうとはっきりと伏線なり、世界観を作ってほしかったのは本音である。 14、15頁 DVDジャケット二巻 原画:岡真理子 岡真理子さんいわく、「アンニュイ(仏語:ennui:退屈。 倦怠)」な表情が大好き、とのこと。 また、ポイントは、首筋と肌の白さ(上記コメンタリーより)。 ご存知閻魔あいの声優を担当された能登麻美子さんによると「 表情があいっぽい」(85頁)と。 確かに、上の画像のようなダイレクトなエロさはないものの、反面(素の)あいの純粋さがよく表れている感じで新鮮な印象を受けます。 依頼人から見た、ふだんの「閻魔あい」とは、全然違う。 冬の粉雪が降る戸外で、手すりに軽くもたれかかりつつ、ほっと息をつく。 その一瞬を鮮明に切り取った、見事な一枚。 18追記:「地獄少女画集」の岡真理子さんのコメントによると「それほど面白いポーズではないので、私としてはなぜ人気なのか謎なんです」とのこと。

次の

地獄少女考察

地獄 少女 イラスト

【地獄少女】閻魔あいの高画質壁紙まとめ 【地獄少女】着物、制服姿のあいちゃん。 幼さがあり可愛いですが、美しさもありますね! 【地獄少女】アニメ第2期での衣装。 第1期にあいちゃんが着ている衣装に比べ華やかなデザインになっています 【地獄少女】第2期から登場するキャラクターきくりと彼岸花の中で一緒に。 2人も可愛いですね! 【地獄少女】制服姿のあいちゃん。 青色メインで描かれ、色使いがとても綺麗な高画質壁紙です。 【地獄少女】OPのナレーションが終わった後に使われたシーンの壁紙。 三藁の一目連・骨女・輪入道も一緒です。 【地獄少女】沢山の桜とあいちゃんの壁紙です。 衣装もいつもの黒い着物と違います。 【地獄少女】シリアス、暗い話が多いアニメ。 こちらの壁紙も暗いイメージの画像です。 【地獄少女】あいちゃんのドアップ高画質壁紙です。 赤い目が綺麗で魅力的ですね! 【地獄少女】あいちゃんの隣には、第3期から登場するゆずき。 メイド風の衣装も似合うあいちゃんです。 【地獄少女】血の涙を流すあいちゃん。 あいちゃんの過去を知りこの画像を見ると切なくなってしまいます。 【地獄少女】あいちゃんと藁人形の壁紙です。 藁人形は黒っぽいから輪入道かな? 【地獄少女】三藁の1人輪入道とあいちゃんの壁紙です。 あいちゃんのことはお嬢と呼ぶ経験豊富な籠の妖怪。 【地獄少女】あいちゃんと子供時代のあいちゃん。 どちらも可愛いけど切なく見える壁紙ですね。 【地獄少女】あいちゃんや三藁たちが住んでいる夕暮れの里の壁紙。 【地獄少女】あいちゃんの好物さくらんぼ!アニメの中でも食べるシーンがありますが、とても色っぽいです。 【地獄少女】ホラー間のある壁紙ですね。 でも、地獄少女らしいなと思いました。 【地獄少女】ミニキャラになった可愛いあいちゃんの高画質壁紙!グッズとして欲しくなってしまいますね。 【地獄少女】制服姿のあいちゃんとゆずきが花びらの上にいる高画質壁紙です! 【地獄少女】彼岸花とあいちゃんの壁紙です。 不吉なイメージがある彼岸花ですが、幻想的で綺麗に見えますね。 【地獄少女】あいちゃんと三藁、深い関係がある仙太郎の壁紙です。 切なくなるけど、巫女姿も可愛い。 【地獄少女】三藁の1人一目連とあいちゃんです。 一目連の過去がテーマの壁紙ですね。 【地獄少女】雪とあいちゃんの高画質壁紙。 白い肌がきれいで見惚れてしまいますね。 【地獄少女】花や蝶がキラキラしていて幻想的な壁紙ですね。 とても綺麗です! 【地獄少女】いっぺん死んでみる?って言われそうな壁紙ですよね。 どアップ美しいです! 【地獄少女】季節感があるあいちゃんの壁紙です!色使いが本当に綺麗ですよね! 【地獄少女】蝶柄の着物を着たあいちゃん。 下を向いているあいちゃんも可愛いですね! 【地獄少女】地獄流し前の禊後の画像でしょうか。 最初アニメを見た時濡れたまま着物?思ってしまいました。 2 【地獄少女】あいちゃんとゆずきどちらも綺麗な壁紙。 アニメでもキスシーンはありますが、最終回感動しました。

次の