ナスダック 先物 株価。 株価指数先物【寄り前コメント】NT倍率の修正意識も支持線レベルでは日経225先物のロングで対応

米株価指数先物 時間外取引 下落、米政権が中国共産党員の入国禁止を検討との報道

ナスダック 先物 株価

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• 【コメント】 上昇局面の最終段階に現れるダイアゴナルトライアングルが 出現。 波動カウントも第五波と考えられ、今後の大幅な下落を示唆している。 下落時の目安は6000ドル あほらしいアイディアのように見えるが、スピード調整をすると 急速にこの価格に接近すると考える。 【ストキャスティクス】 ストキャスティクスは上昇傾向 徐々に加熱ゾーンに入る。 こいつが下降に反転すると 大きな調整入りのサインとなる。 【MACD】 MACDはダイバージェンスを発生しており、直近の上昇に対してモメンタムが 追いついていない 運用中のポジションはツイッターで公開しています。 おススメはしませんが興味があればご自由にご覧ください。 90万台の攻防が続きていますが、ここから上げるのか下げるのを考えるのが楽しいですね テクニカルも長期・中期・短期とあります 私のような長時間労働者だと長期・中期を狙ったほうが良いのですが 暇な時に短期で勝負すると上か下かで迷い失敗することも多です 短期で儲けてる人は、長期でも儲けてるレベルじゃないかと最近感じました レベルの低い私の場合は、まだまだです ナスダックの週足で考えてみます もしここから、上げて200万を目指す場合の放物線はバブル状態 どちらかと言えば、レンジで上がっていくと思います バブルでも面白そうですけどね (トム・リーの予想通りに上がると思う) 下がる場合は、やはりMA200をタッチするのが普通だと思います 放物線も緩やかで、自然ですし週足でのダブルボトムはインパクトがあります 半減... 中長期サイクルではサポートライン(下値支持線)を割り込みましたが、短期サイクルでは横ばいでの推移が続いています。 現在は中長期サイクルのレジスタンスライン(上値抵抗線)と、サポートライン(下値支持線)の中で株価が推移している状況です。 チャートパターンとしては上昇ウェッジ型を形成し、変化日が近いことを踏まえると、そろそろブレイクしてもおかしくはない状況だと考えられます。

次の

ナスダック100 株価指数先物分析

ナスダック 先物 株価

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。 Fauci said Monday that the outbreak in the U. Fauci also said he expects the public to compare the Covid-19 pandemic to the 1918 pandemic flu, which killed around 50 million people, according to the Centers for Disease Control and Prevention. cnbc.

次の

株価指数先物

ナスダック 先物 株価

IXIC の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。 ナスダック指数のみんかぶ目標株価は「5,864」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 5,864 と判断されています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の