社労士 試験 2019。 社会保険労務士受験サポートサイト(労働調査会)

社労士試験の難易度は?合格率や勉強時間・他資格との差まで徹底考察

社労士 試験 2019

【この記事を読むと分かること】 ・社労士本試験対策のおすすめ問題集が分かります。 ・選択式や特定の課題に特化したお勧め教材が分かります。 ・使いにくい社労士試験教材が分かります。 社労士の試験勉強を始める方にとって、一番の悩みがテキストと問題集選び。 どのような基準で選べば?おすすめテキスト、問題集の基準は?このコラムでは社労士試験に関する33冊のテキストと問題集を一挙徹底比較する。 2部作第2弾。 【目次】 この記事は2部作の第2弾記事であるため、まだお読みでない方はを先に読まれることをお勧めする。 本試験対策のおすすめ問題集ランキング 試験科目の学習終了タイミングで取り組みたいのが、 本試験対策の問題集だ。 ここでは一問一答式とは異なり、本試験さながらの択一式、選択式を選ぶ。 これによって正解肢を見抜く力を付けよう。 選択基準は次の3点だ。 数秒の無駄が長期間で多大なロスに。 正答肢においても学習を深めたいため。 ここで選ぶ本試験対策の問題集では、あなたがすでに選んだ「テキスト&一問一答式問題集」とは別の出版社でも問題ない。 別の出版社で選択する方が違う表現の解説を読むことが出来るメリットもあるので内容を吟味して選ぼう。 第1位 社労士過去&予想問題集 ユーキャン(U-CAN)1028ページ 3564円 本試験形式の選択式、択一式に加え2回分の模擬試験も付いている。 左ページ問題、右ページ解説という基本形式を守りつつ、 正答肢にも丁寧な解説が付いているお勧めの本試験対策問題集。 第2位 社労士の問題集 TAC社会保険労務士講座(TAC出版)872ページ 3456円 左ページ問題、右ページ解説、正答肢にも解説が付く良書。 第3位 ごうかく社労士基本問題集 労務経理ゼミナール(中央経済社)1024ページ 2246円 こちらも左ページ問題、右ページ解説、正答肢にも解説が付く。 第4位 解けばわかる!社労士問題集 資格の大原(大原出版)872ページ 3456円 一般的な本試験対策問題集。 モノクロなので多少見にくい。 選択式に特化した本試験対策問題集 各書大差ないので、気に入ったものを選択しよう。 社労士合格のツボ選択対策 TAC社会保険労務士講座(TAC出版)732ページ 3024円 出る順社労士選択式マスター LEC(LEC)893ページ 2916円 解いて覚える社労士選択式 資格の大原(大原出版)1380ページ 4536円 社労士教材 要点整理タイプ 次に要点整理タイプの書籍を紹介しよう。 要点整理と確認問題がセットになっているタイプ、要点だけ、または問題だけなど様々なタイプがある。 あなたの 苦手な学習分野を補完する位置づけで選択してほしい。 第1位 暗記がサクサクすすむ社労士試験keyTopic20 椛島克彦(中央経済社)236ページ 2,376円 試験勉強を一通り終えた人向けにお勧めの1冊。 固定のテキストと問題集を繰り返すことが社労士試験対策の基本だが、思考が固定化し応用が利かなく可能性も。 そのような状態に陥った際に、本書があれば異なる視点からのアプローチで頭の中を整理することができる。 時代のトレンドに合わせた 時事トピックスもうれしい。 第2位 比較認識法で社労士マスター択一対策編 岡武史(TAC出版)2冊1016ページ 4752円 本試験で引っかかりやすい落とし穴を中心に、著者独自の「 比較認識法」でつづる異色の一問一答式問題集。 本書で択一式の正答率をアップさせよう。 全教科の学習を終えた後にチャレンジしてみたい一冊。 第3位 社労士年金ズバッと解法 古川 飛祐(秀和システム)320ページ 2,484円 社労士試験の鬼門と言われる国民年金法、厚生年金法を総まとめしつつ、深堀するためのテキスト。 なぜこの2科目が難しいかというと、法改正後にも旧法適用者を保護する必要があるため、救済措置が継続するからだ。 いわばツギハギだらけの法律であると言える。 本試験3カ月前程度から取り組み、苦手分野の克服に使ってもらいたい。 第4位以下 持ち運びに便利なものや横断まとめなど様々なタイプがあるので、お好みで選択を。 ケータイ社労士 近江直樹(三省堂)601ページ 3456円 左側要点整理、右側確認テスト。 移動中に使えるコンパクトサイズ。 どこでもチェック社労士 小林孝雄(中央経済社)2冊460ページ 4320円 要点整理と過去問、予想問題。 移動中に使えるコンパクトサイズ 社労士出るとこマスター ヨコイ・マネジメントパートナーズ(中央経済社)376ページ 2700円 要点整理と問題集。 社労士全科目横断総まとめ TAC社会保険労務士講座(TAC出版)428ページ 2160円 全科目横断とあるが、科目横断手法での比較検討は少ない。 社労士テキスト&問題集 富田朗(日本経済新聞出版社)1088ページ 3780円 要点整理タイプの中では比較的ボリュームのあるタイプ。 使いにくくておすすめできない問題集 最後に使いにくいことが理由でおすすめできない問題集をご紹介。 出る順社労士本試験過去問題集(10年) LEC(LEC)2冊1898ページ 3,240円 問題の次のページに解説があるという、最も使いにくいタイプ。 本試験形式の五択、選択式問題集。 社労士の年度別過去問題集5年分 TAC社会保険労務士講座(TAC出版)782ページ 3240円 過去の本試験そのまま。 問題と解説が別冊になっており、扱いにくい。 詳解社労士過去問題集(7年) コンデックス情報研究所(成美堂出版)391ページ 1944円 本試験過去問題集。 問題と解説が別冊。 しかも解説が薄い。 記事第2弾まとめ 以上、当サイトで実際に使用した感想を踏まえて、全33冊をご紹介した。 このほかにも市販されている教材は存在するため、自分の目で見て確認し、長い付き合いとなる教材を選択してもらいたい。 社労士試験は実務に直結するため、教材は試験合格後も実用書として重宝する。 あなたの社労士実務を強力サポートしてくれる良書との出会いを願う。

次の

社会保険労務士試験オフィシャルサイト

社労士 試験 2019

選択式試験について 8月25日に、令和元年度社会保険労務士試験が実施されました。 受験された方、お疲れ様でした。 今年度の選択式試験については、難しい空欄もありましたが、確実に正解することができるものが多々ありました。 そのため、トータルとして見ると、それなりに得点をすることができる内容でした。 「労働基準法」は、最近の傾向どおり、判例の問題がありました。 そのうちAの空欄は過去に論点にされた実績があるので、正しい選択肢を選ぶことは難しくはなかったでしょう。 また、Cは条文ベースの出題で基本ですから正しい選択肢を選ぶことは容易だったと思われます。 「労働安全衛生法」は、いずれも基本的な内容でしたので、こちらも正しい選択肢を選ぶことは容易だったのではないでしょうか。 これらから、基準点の引下げの可能性は、かなり低いでしょう。 「労災保険法」は、AからCの空欄については、すべてが基本的な事項といえるので、確実に正解しなければいけません。 問題文2は通達からの出題ですが、出題実績があるものですから、正しい選択肢を選ぶことは難しくはなかったといえます。 そのため、労災保険法も基準点の引下げの可能性はかなり低いでしょう。 「雇用保険法」は、過去の出題の傾向通り、法条文をベースにしたもので、3つの空欄は数字を含んだものでした。 内容的には満点も難しくはないレベルですが、雇用保険法は数字に関連する空欄が多いと、受験生の得点が伸び悩み、基準点が引き下げられるということがあります。 そのため、もしかしたら、基準点が2点に下がる可能性があります。 「労務管理その他の労働に関する一般常識」は、多くの受験生が見たことがないものばかりだというように思われた内容でした。 その中でAは法令に根拠を置くものですから、正解したいところです。 Cは選択肢から正しいものを選べなくはないもので、できれば正解したい空欄です。 他の3つの空欄は、かなり厳しい出題といえ、正解することができなくても、致し方ないところですが、Dは選択肢から絞り込むことで何とか正解を導き出せなくはないといえます。 これらのことから、3点を確保することは難しいといえ、基準点が2点に下がる可能性が高いです。 「社会保険に関する一般常識」は、いずれも法令からの出題で、条文ベースなのですが、学習上、盲点になりやすい箇所を空欄にしています。 そのため、3点を確保することができない受験者が少なからず出ることが予想され、その状況によって、基準点の引下げが行われることがあり得ます。 「健康保険法」は、例年どおり数字関連が多かったです。 問題文1と問題文3は基本的な条文からの出題で、問題文2は基本を事例にした問題で、いずれについても難しいとはいえないものです。 そのため、3点以上確保することは難しくないのですが、このレベルでも受験者全体で見ると得点が伸びないことがあり、状況によって基準点が2点に下がるかもしれません。 「厚生年金保険法」は、いずれも基本的な内容で、過去に択一式や選択式で出題された実績があるようなものですから、いずれも正解し、できるだけ得点を稼ぎたいといえます。 ただ、数字関連が多いので取りこぼしてしまうものがあるかもしれません。 とはいえ、基準点が2点に下がる可能性は低いでしょう。 「国民年金法」も厚生年金保険法と同様、いずれも基本的な内容で、過去に出題実績があるものなので、3点以上取ることは難しくはないでしょう。 ただ、他の科目でも言えるのですが、選択肢を見ると、ほんの少し長いものがあり、それによって正確な判断ができなくなってしまうことがあります。 それを考えると基準点の引下げの可能性はゼロではありません。 前年度の問題と比べた場合、問題のレベルに大きな変化はないので、受験者のレベルに大きな変化がないのであれば、トータルの基準点については、昨年度と同じかやや上がり、24点前後ではないでしょうか。 ただ、科目別の基準点の引下げの状況などにより、さらに高くなる可能性もあります。 択一式試験について まず、問題冊子のページ数は62ページで、昨年度より1ページ増えています。 過去に60ページ以上の年度は、何度かあっただけですから、昨年と同様かなりボリュームがあったといえます。 そのため、時間配分で苦戦したという方もいたかと思います。 そこで、各科目について見ていきます。 「労働基準法」は、大きな改正がありましたが、その改正点はあまり出題されておらず、従来の傾向どおり判例や通達からの出題がありました。 判例や通達からの出題といってもさほど難しくはなく、ある程度正解の肢を選ぶことができるものでしたから、4問から5問は正解したいところです。 これ対して、「労働安全衛生法」は問8と問9が難しく、特に、問9は捨て問と考えてもよい問題でした。 「労働安全衛生法」が難しくとも、労働基準法である程度得点することができるでしょうから、科目別の基準点が下がるということはないでしょう。 「労災保険法」は、多分、知らないと思われる規定がいくつもあったのではないでしょうか。 そのため、数問は正解を選べなかった可能性があります。 また、個数問題が2つ含まれていたので、得点を引き下げる効果があったと思われます。 ただ、すべてが難しいというのではないので、半分くらいは正解を選べるレベルでした。 「労働保険徴収法」は、基本的なものが中心でしたから、3問とも正解できるレベルでしたので、トータルで6点以上は取れるのではないでしょうか。 「雇用保険法」は、1~2問難しいものがありますが、極端に難しいものではなく、例えば、難しい肢がありつつも正解は簡単とか、消去法で正解を見つけ出せるものなどあり、半分以上は正解を選べるでしょう。 「労働保険徴収法」は、3問とも難しくはなく正解することができるレベルなので、トータルで6点から7点は取れるでしょう。 「労務管理その他の労働に関する一般常識」は、法令の出題が3問でした。 そのうち1問は社会保険労務士法で、ここのところ社会保険に関する一般常識ではなく、労務管理その他の労働に関する一般常識のほうから出題されていますが、この問題は確実に取りたいものです。 他の2問はやや難しく、労働経済の2問も厳しい問題です。 これら4問のうち何問正解できたかが科目別の基準点との関係で重要になります。 なんとか1問は正解しておかないと、厳しい状況になる可能性があります。 「社会保険に関する一般常識」は、沿革の問題以外は何とか正解したいところですが、たとえ2問か3問の正解であったとしても、「労務管理その他の労働に関する一般常識」の状況によって、合計で、科目別の基準点である4点を確保できる可能性があります。 なお、受験生の得点状況によって、もしかしたら、基準点の引下げがあるかもしれません。 「健康保険法」は、通達がかなり出題されますが、その傾向どおり、通達からの出題がいくつもありました。 見たこともないものがあったかもしれません。 また、厄介な事例などがありましたが、1問まるまる難しいというのではないため、正解を選びことはそれほど難しくはなかったといえます。 ですので、ある程度得点することができたのではないでしょうか。 「厚生年金保険法」は、全体として比較的易しい問題が多かったので、かなり得点することができる可能性がありました。 ただ、年金に苦手意思があったりすると、ちょっとしたミス、例えば、長文の問題がいくつもあるので、そのような問題で問題文を読みながら勘違いをしてしまったりとか、時間に追われてミスをしてしまったりとかということがありそうです。 もし、そのようなミスがあったとしても、6点から7点は取っておきたいレベルでした。 「国民年金法」は、事例など具体的な内容の問題が出ることがよくあり、令和元年度試験でも、そのような出題がありました。 事例であっても基本を理解していれば容易に正誤の判断ができる問題もあったのですが、適切な判断ができなかったというものがありそうです。 また、事例問題は時間を使うため、焦ってしまいミスをしたというのもありそうです。 ただ、事例ばかりではなく基本的なものなど比較的易しいものや消去法によって正解を導き出すことが容易なものもあったので、ある程度が得点することができたでしょう。 トータルの基準点については、問題のレベルから考えた場合、昨年度よりは少し低くなる可能性がありますが、基準点の引き下げ効果を持つ「個数問題の出題」が減った(3問)ことから、それがプラスに作用し、受験者の得点を全体的に伸ばす可能性があります。 とはいえ、それほど高くなることはなく、昨年度より少し低いか昨年度と同程度ではないでしょうか。

次の

社労士試験 合格発表

社労士 試験 2019

【このコラムを読むと分かること】 ・社労士試験合格に必要な勉強時間が分かります。 ・社労士受験生を合格に導く勉強方法がイメージできます。 ・最も効率的な社労士勉強方法が理解できます。 社労士受験生から寄せられる質問中、最も多いのが「勉強の方法を教えて欲しい」という内容である。 社労士試験を初受験する方も、再チャレンジの方も、一番悩むのが勉強方法なのだ。 このコラムでは14人の社労士試験合格者の体験談を元に具体化したテッパン勉強法を詳しく解説する。 【こちらも合わせてお読みください】 【目次】 合格者はどれくらいの時間を社労士試験勉強に費やしたか 皆さんは社労士試験合格にどれ位の勉強時間が必要だとお考えだろうか。 この重大なテーマを統合したアンケート結果は残念ながら存在しない。 そこで当コラム主導で、直近5年間に社労士試験に合格した14名の方に聞き取りを行った。 その結果が次の表だ。 試験までのトータル勉強時間は何時間ですか? 1000時間以上(1名) 900~1000時間 (2名) 800~900時間 (7名) 700~800時間 (3名) 700時間未満 (1名) アンケートの結果から言えることは、 社労士試験合格に必要な勉強時間は概ね800時間 ということだ。 では800時間を1年間で確保するために、勉強開始月別の一日当たりの必要勉強時間を表にしてみる。 日々の仕事、家庭生活に支障をきたさず、無理なく勉強を継続するためには、早期スタートが効果的であることは言うまでもない。 細切れの時間を大切に コラム」でも述べたが、社労士試験合格者の7割弱が、男性会社員だ。 当コラムで聞き取りを行った14名も、年齢性別こそ違うが全員が現役で仕事をしている。 ここで言えることは、 社労士試験合格には多忙な毎日の中で、いかに細切れの時間を見つけて試験勉強に打ち込めるかがポイントとなる ということだ。 細切れ時間の例 ・通勤電車内 ・トイレ、お風呂の中 ・会社の昼休憩 ・仕事で外出する際の移動時間 次に述べるが、これらの細切れの時間(短い場合は3分)で出来る勉強方法を自分なりにしっかりと形作る工夫が必要だ。 社労士試験合格に必要な個別勉強をタスク分け 本題に入ろう。 社労士試験の対策を大きくカテゴリー分けすると、次のようになる。 理解するためには 理由を追えるかが鍵。 浮気せずに同じ問題集とテキストを繰り返す。 「テキストの右下に表があったな」とイメージ出来れば勝機あり。 予想問題を繰り返すことで得点力をアップさせる。 社労士本試験日までのスケジューリング ここまでの解説に基づき、14名の社労士試験合格者の勉強方法とスケジューリングをお伝えしたい。 試験勉強を9月に開始するという前提で解説を進めよう。 9月~2月 理解期 使用教材 テキスト、一問一答式過去問 勉強方法 まずテキストの総ページ数を、181日で割ろう。 181日というのは9月から2月までの暦日数だ。 1600ページのテキストの場合、毎日9ページ新たに進む必要がある。 テキストを進めつつ、一問一答式過去問を解く。 覚えようとせず、理解することに重点を置こう。 この部分は自宅で2時間確保。 これとは別に前日、前々日に進めた学習の復習を行う。 テキストと一問一答式過去問を持ち歩きつつ、通勤ほか細切れ時間で復習。 この部分に1時間。 3~5月 知識定着期 使用教材 一問一答式過去問 勉強方法 テキストをいったん置き、一問一答式過去問を主に用いる。。 他の教材に浮気しないこと。 一問一答式問題集を3カ月かけて反復する。 理解が薄いと感じる部分はテキストに立ち戻り、情報を整理しよう。 このように過去2日分を併せて学習することで、知識の定着がグンと進む。 6~8月 得点期 使用教材 一問一答式過去問、予想問題集、特定分野のテキスト 勉強方法 ここでもはやり一問一答式過去問は手放さない。 もう一度以前と同じ方法で反復する。 以前よりも知識が定着しているため、回答速度が増しているはずだ。 前回3カ月かかったところを 1.5カ月で終えることを目標としよう。 同時に予想問題集を可能な限り購入して解く。 これまで特定のテキスト、問題集でしか学習を進めなかったため、少し違う視点での問題に慣れよう。 苦手分野については特定分野のテキストを購入して、最終仕上げを行う。 これで必ず合格ラインに到達する。 後は当日のコンディションと運次第だ。 社労士テッパン勉強法まとめ 社労士試験のポイントは「 正誤を見分ける力」にある。 特に択一式問題ではその実力が試される。 選択式においても、穴埋めにふさわしい関連語句3~4の中から正答を選ぶものである。 そのため、14名の社労士試験合格者が口を揃えて言うのが、「 過去問を繰り返す」ということだ。 読者の中には「過去問を繰り返しても同じ問題は出ないのでは?」と疑問を持つ方もいるだろう。 「 同じ問題は出る」のだ。 全く同じ問いかけではなくとも、少し形を変えて何度も同じ出題がなされるのが社労士試験の特徴だ。 そのためには、一問一答式の過去問を大量に、繰り返し解くことが最短ルートなのだ。 どうか本コラムの検証結果を信じて、社労士試験勉強に臨んで欲しい。

次の