メルペイ 後払い キャンペーン。 メルペイ、後払いでもセブン

メルペイスマート払い(後払い)とは?メリットや設定/手数料/支払い方法を解説 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メルペイ 後払い キャンペーン

どうもこんにちは、メルペイやLINEpayなどを利用して還元率を高めまくっている佐野 です。 PayPayやLine Payなどのキャンペーンに乗っかりまくっている乞食、大学生の佐野です笑 今回はメルカリが新しく発表した メルペイの使い方やiD払い、使える店、androidでも使えるのか、などについて徹底解説していきます。 今回のメルペイは既存のQR決済アプリを一気に凌駕する可能性を持っていて、私自身かなり注目しています。 ではメルペイの使い方や使えるお店、iosやandroidでも使えるのか?を紹介していきたいのですが、 その前にメルペイのことがわからない!という人に向けて簡単に説明していきたいと思います。 そもそもメルペイって何? メルペイはメルカリ(フリマアプリ)の売上金などを利用して、キャッシュレス決済ができるサービスです。 2月の後半にメルカリのアプリ内で利用できるようになりました。 特に、すごいのが、「iD」のおかげで 段違いにメルペイを使えるお店が増えたことです。 では早速紹介していきます。 後払いができるようになる なんと、メルペイはZOZOTOWNのような ツケ払いが実店舗でできるようになります。 つまりセブンイレブンやファミリーマートなどの実際の店舗で後払いができるようになるんです。 そのため、メルペイ残高に(メルカリに)無くても、後払いができるようになります。 キャッシュレス版のクレジットカードといった感じです。 ただ、まだサービスは開始されておらず、後払いの機能は2019年春ごろをめどにしているようです。 サービスが始まり次第、使い方や評判などを解説していきます。 非接触決済iDが利用できる この「iD」時代は もうすでにiosとandroidでサービスが始まっています。 今回メルカリは三井住友カードとタッグを組んで、非接触決済である「iD」をメルペイで利用できるようにしたのです。 これがすごいことで、今までのQR決済アプリはいちいちQRコードを見せなくてはならず、また店舗ごとに独自でアプリに対応させる必要がありました。 しかし、既存の「iD」決済ができる店舗でメルペイが利用できるようになったことで、もともと「iD」が使えたお店ではそのままメルペイが使えるようになったんです。 例えば、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど主要コンビニはすべて「iD」決済を導入しているため、ほかの決済手段に比べ、 メルペイが大きく差をつけた状況になります。 既存のプラットフォーム(iDなど)と連携することは、今までのPayPayなどになかったので、かなりユーザー目線に立っているなという印象です。 ちなみに、メルペイを利用するには登録が必要で(1分程度で終わります)、そのやり方や使い方自体は下のほうで解説しています。 少額の売上金が使いやすくなった 300円などの売上金は、ほかの値段の高い商品が売れるまで使いにくかったのですが、メルペイが登場したことによって、使いやすくなりました。 中学生や高校生などのお金があまりない世代の利用はまとまった売上金を手に入れることが少ないので、メルペイでコンビニなどを利用することが増えそうです。 振込手数料もかからないので、便利ですよね。 普段の取引が信用情報になる 普段のメルカリの取引が「信用」を作り出します。 というのも、後払いでどれほどの額を後払いできるのかは普段の取引がどれほど適切に行われているか次第だからです。 今回の発表会でこんなことがいわれていました。 評価が高いユーザーはより多くの後払いを行えるという制度になるようです。 まだ細かい情報が出ていないので、はっきりとしたことは言えませんが、かなり革新的なサービスなことは間違いないです。 後払いができるようになると、格段に使いやすくなり、カード型のクレジットカードも必要なくなりますよね。 メルペイは究極のシェアリングエコノミーを目指している すこし難しい話になるのですが、シェアリングエコノミーという言葉を知っていますか? メルカリは究極のシェアリングエコノミーを目指しています。 皆さんは買ったものは一生ものという考えはありませんか? シェアリングエコノミーはもっと違った考え方をします。 物は 一時的に「借りる」という考え方をします。 そうすることで、自分が使わなくなった際にそれを「売る」ことでほかのユーザーがまた借りることができます。 こうすると、普段の生活にかかるお金が減ってより少ないお金で生活できますよね? 利用するには初期設定が必要 メルペイを使うには、まず初期設定をする必要があります。 先ほども言いましたが、 1分で終わります笑 メルカリを開いて、 売上金・ポイントをお店で使うをタップします。 そこから初期設定をします。 初期設定には1分もかからなかったです。 内容自体も電話番号の認証とWalletに登録するだけだったので、 非常に簡単でした。 店舗で利用する際には、「iD」でといって、Walletを開き支払います。 この画面です。 メルペイを使う際には指紋認証が必要になりますが、ホームボタンをタッチしているだけでよいので簡単に決済ができます。 次に、メルペイへ残高をチャージする必要があります。 これについては、多くの銀行口座からネット上でチャージすることができ、非常に便利です。 では実際にどのようにメルペイを利用すればいいのかをお伝えするために、 実際に利用してみたいと思います。 実際にセブンイレブンで使ってみた 実はセブンイレブンはまだキャッシュレス決済アプリに対応しておらず、PayPayやOrigami Payに対応していませんでした。 しかし今回「iD」を通じて初めてメルペイが利用できるようになりました。 こういった「iD」を通して使える店舗が格段に増えたことはかなり良い点ですよね。 そして私は正直、セブンが一番好きなのでありがたいです笑 では、さっそく使ってみます。 そうすると上に行きます。 PayPayの時と違って普段から「iD」の決済は多いせいか特にもたつきはなく対応してくれます。 あっさり使うことができました。 使い方などは非常に簡単で、誰でも簡単に使うことができると思います。 メルペイのキャンペーンは? 現在メルペイはいくつかのキャンペーンを実施しています。 キャンペーンについては以下の記事で詳しくまとめました。 現時点でメルペイはキャンペーンを公式に発表してません。 また、メルペイは還元率が設定されておらず、現時点では売上金を使うといった方法以外は私はまだメインで利用することはないです。 しかし、会見ではキャンペーンを検討しているとの問答があったことから、今後キャンペーンが行われる可能性は高いと考えています。 当サイトでも、キャンペーンが発表され次第速報していきます。 まとめ いかがだったでしょうか。 メルペイの使い方や使えるお店について解説してきました。 本当に簡単に使えてしまうので、皆さんもぜひ使ってみてください。 また、ほかにキャッシュレス決済についての記事もありますので、併せてごらんください。 それでは!.

次の

メルペイスマート払い(後払い)とは?メリットや設定/手数料/支払い方法を解説 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メルペイ 後払い キャンペーン

全1709文字 個人間取引(CtoC)サービスを手がけるメルカリの子会社で、スマホ決済サービス「メルペイ」を運営するメルペイ(東京・港)が、大型のポイント還元キャンペーンを始めた。 6月14日から6月30日までの間、メルペイを通じた支払い額の50%相当を、2000円分を上限にポイントとして利用者に還元する。 コンビニエンスストアのセブンイレブンとファミリーマートの店頭では、還元率は70%になる。 メルペイは4月末から5月上旬にかけて、同様のポイント還元キャンペーンを実施した。 前回はポイント還元を受ける条件として、銀行口座か運転免許証などを登録して「本人確認」を済ませる必要があった。 第2弾となる今回は、本人確認済みの利用者がキャンペーンに参加するには4月23日に開始した新機能「メルペイあと払い」の使用が条件となる。 大規模キャンペーンのたびにスマホアプリの新しい機能を段階的に試してもらい、決済手段としての普及と定着を狙う。 だが、そこには単なる決済手段の利用拡大を超えたメルカリとしての戦略も透ける。 「メルペイあと払い」は、事前に残高をチャージしなくても店舗などでスマホ決済が使える機能。 クレジットカードと同様に上限額が設定されており、利用金額は翌月にまとめて支払うことになる。 プリペイド式の電子マネーをわずらわしく思う人にとっても利便性が高い。 現状では後払い可能なスマホ決済サービスは少ないため、メルペイ普及の切り札になり得る機能だ。 しかし、後払いサービスを導入することで、企業は代金の未回収リスクを背負うことになる。 例えばZOZOが運営するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」では、商品代金の支払い期間を最長2カ月間とする「ZOZOツケ払い」を2016年に開始したが、一部の利用者が支払いを滞納したため、代金回収を担うGMOペイメントサービス(東京・渋谷)では一時的に未回収率が急増した。 メルペイはこうした未回収リスクへの対策として、本人確認の徹底に加え、メルカリでの取引情報を利用している。 メルカリでの商品のやり取りなどから、利用者一人ひとりの信用力(信用スコア)を評価し、それに基づいて「メルペイあと払い」での最大上限額を設定する仕組みだ。 またメルペイは、利用者の信用スコアに応じて支払い期限の通知のタイミングを調整するなどの取り組みも進めているという。 筆者の場合、これまでにメルカリで3点を売却し2点を購入したことがあるが、後払いの最大上限額は2万円だった。 「メルペイあと払い」では個人の信用力に応じて後払いできる最大上限額が決まる。 メルカリは自社で蓄積した大量の取引データを生かすことで、他社との差異化につながる機能をいち早くメルペイに導入できた。 同社は「メルペイあと払い」によって中核のビジネスであるCtoCの取引も活性化できると考えているようだ。 「新品の商品を『メルペイあと払い』で購入し、使用後すぐにメルカリで売ることで、差額分の支払いだけで済ませるという使い方も想定している」(メルペイ広報)。 こうした消費者が増えれば、メルカリにより魅力的な商品が出品され、取引の拡大につながる可能性がある。 将来的に上記のような循環を実現するためにも、キャンペーンを仕掛けて後払いの利便性を大々的にアピールする必要があった。 総額100億円相当のポイント還元をこれまでに2度実施しているPayPay(東京・千代田)を筆頭に、スマホ決済サービス各社はキャンペーンを通じた利用者の囲い込みに力を入れる。 従来のクレジットカードや電子マネーのシェアを奪えれば、加盟店手数料が得られるだけでなく、膨大な購買データを使った新規事業につなげられる。 一方、メルカリは自社のCtoCの取引サービスと決済サービスの連携でエコシステムの確立を狙う。 キャンペーンの成否が今後のメルカリの成長力に結び付きそうだ。

次の

「メルペイスマート払い(旧メルペイあと払い)」後払い利用分の支払い方法・支払期限・手数料・メルカリ売上金清算・ポイント充当・定額払い

メルペイ 後払い キャンペーン

メルカリ傘下で金融事業を手掛けるメルペイは8月1日、モバイル決済サービス「メルペイ」の後払い決済サービス「メルペイあと払い」を一部加盟店で利用した顧客に対し、購入額の70%相当のポイントを還元するキャンペーンを始めた。 期間は11日までで、還元額の上限は1人当たり1500ポイント。 ユーザーは1ポイント=1円として、次の買い物で利用できる。 施策の名称は「ニッポンの夏!最大70%還元!キャンペーン」。 期間中に本人確認を終えたユーザーには、後払いに加え、残高で決済した場合もポイントを還元する(いずれも18歳未満は対象外)。 ポイントの付与は決済の翌日に行う。 対象店舗は吉野家、マクドナルド、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、デイリーヤマザキ、ミニストップ、ポプラグループ。 吉野家の一部店舗では、還元額が購入額の50%になる。 「ニッポンの夏!最大70%還元!キャンペーン」 男性ユーザーのさらなる獲得を狙う メルペイは2月にローンチ。 フリマアプリ「メルカリ」の取引で得た売上金を加盟店での決済に使える点が特徴だ。 バーコード決済と非接触決済「iD」の他、後払いに対応しており、代金をコンビニ・ATM・口座振替で翌月に支払うことができる。 累計利用者数は約200万人(6月時点)。 メルカリは20〜30代の女性ユーザーが中心だが、メルペイは30〜40代の男性ユーザーにも広がっているという。 メルペイは、外食チェーンや大手コンビニと組むことで、男性ユーザーのさらなる獲得を図りつつ、提携先には女性ユーザーを送客する狙いがある。 メルペイ マーケティング責任者の山代真啓氏は、8月1日に開いた発表会で「現在は多様な決済サービスが乱立しているが、その多くは残高のチャージが基本。 後払いはその手間が省けるので、ユーザーから利便性を評価する声が届いている。 このキャンペーンを機に、後払いを引き続き打ち出していきたい」と説明。 「メルカリとメルペイの組み合わせにより、本来は不要だったものを価値に変え、買い物で使ってもらえる循環型社会を実現したい」(山代氏)と意気込んだ。 関連記事• メルカリは、2019年6月期の連結業績予想で、純損益が137億円の赤字になる見通しだと発表した。 メルカリが、鹿島アントラーズの運営企業「鹿島アントラーズ・エフ・シー」の発行済み株式の61. 6%を日本製鉄などから約16億円で取得すると発表。 今後はチームの経営を伸ばしつつ、ブランド力を生かして「メルカリ」「メルペイ」を強化していく。 「メルカリ」と連携したモバイル決済サービス「メルペイ」に、商品購入代金を後払いで決済できる「メルペイあと払い」機能が実装された。 購入時にすぐ代金を支払う必要がなく、翌月にまとめて支払える。 月ごとの利用上限額はメルカリの利用実績などを基に決まり、最大5万円だ。 「メルペイ」「LINE Pay」などの一部決済事業者が、自社で用意していた決済用コードを統一規格「JPQR」に準拠した決済用コードに切り替える。 関連リンク•

次の