アド ブロック プラス。 Adblock Plus for Chrome 1.12.4

ユーチュブがCM・広告なしだと快適です(アドブロック・プラス)

アド ブロック プラス

本記事執筆にあたり『なんJ AdGuard部Wiki』を参考にさせていただきつつ執筆を進める過程で、『なんJ改修フィルター』がAdBlockPlusで使えるかのような誤った記述がなされていました。 正しくは、『なんJ改修フィルター』はAdGuardでしか使用できません。 2018年12月15日現在は情報を修正済みでございます。 謹んでお詫びと訂正をいたします。 Adblock Plusは何かと役立つフィルタとして日本でも多くの方が利用しています。 ですが、Adblock Plusを使ったことがない方にはAdblock Plusが一体どういうものなのかわからないと思います。 そんなAdblock Plusについてこれから利用したいとお考えの方に色々と解説していこうと思うので、ぜひ参考にしてみてください。 Adblock PlusフィルタではHTML要素を指定して画面上で非表示にする方法もあります。 HTML要素を指定することでAdblock Plusフィルタに自作のフィルタを追加してそのHTML要素が含まれる広告をブロックする方法です。 HTML要素を指定したフィルタはAdblock Plusの「マイフィルターリスト」の中に追加することができます。 このリストにはブロックした広告などが表示されるようになっています。 これはわかる人にしかわからないと思いますが、Adblock Plusの非常に便利な機能のひとつです。 まずAdblock Plusのアイコンをクリックして右上の歯車マークをクリックします。 Adblock Plusには自分でフィルタを作らなくてもAdblock Plusに追加できるフィルタが数多くあります。 そういった公開フィルタを使えば、誰でも簡単にAdblock Plusのマイフィルターリストにフィルタを追加することができます。 Adblock Plusに機能を追加するようなものなので、自分好みにAdblock Plusをカスタマイズすることができます。 「Adblock Plus フィルタ」などと検索すれば様々なフィルタを公開している配布サイトなどが表示されるので活用してみましょう。 日本用フィルタをAdblock Plusのマイフィルターリストに追加すれば、 日本のサイトを利用する分には広告はほぼ表示されなくなります。

次の

豆腐フィルタ

アド ブロック プラス

概要 [ ] アドブロックが行われる理由としては以下のようなものが挙げられる。 広告に含まれる画像や動画のダウンロード・読み込みを事前にブロックすることで、不要な通信量(パケット通信料)を抑えたり、Webサイトの描画にかかる時間を短縮する• (広告ネットワークを通じて行われる)個人情報の収集を防ぐことで、プライバシーを保護する• を仕組んだ広告をブロックすることで感染を防ぐ• いわゆる出会い系サイトや風俗の広告、画面全体を覆うもの、音声付きの動画を再生するといった、不快な広告をブロックし、快適にウェブサイトを閲覧する 仕組み [ ] アドブロッカーはあらかじめ用意されたフィルタ(インターネット広告のブラックリスト)を参照し、広告が含まれる通信をブロックしたり、広告に用いられる特定の(例:広告)や、(例:広告)を読み込ませないことで、Webサイト上から広告を取り除く。 アドブロッカーの多くはWebブラウザの拡張機能として提供されるが、ブラウザ自体にアドブロック機能が内蔵されていたり、アドブロックを利用できるも存在する。 通信自体をブロックするもの [ ] フィルターリスト(ブラックリスト)に登録された、特定のドメインとの通信自体をブロックする。 通信自体をブロックすることで通信量を削減できるほか、広告ネットワークを経由したマルウェアのダウンロードを防ぐことができる。 一方で広告とWebサイトのコンテンツ自体が同じドメインで提供されている場合、広告のみをブロックすることは難しい。 広告やトラッカーを提供するドメインをブロックするDNSサーバも存在する。 OSやルータのDNSをこれに設定すれば、Webブラウザ以外の広告(スマートフォンのアプリ内広告など)もブロック可能だ。 広告要素を非表示にするもの [ ] Webサイトのソースコードを改変し、広告が含まれる部分を削除して描画する。 通信自体をブロックしているわけではないので、通信量に大きな変化はないが、同じドメインから提供される広告も取り除くことが可能だ。 フィルタ [ ] 企業、グループ、個人などから多くのフィルタがフリーで公開されている。 がよく知られており、2019年6月現在も活発にサポートが続けられている。 各言語圏ごとに専用フィルタも用意されている。 アドブロックの導入 [ ] 標準でアドブロックが搭載されているウェブブラウザ [ ]• に搭載された• 一部の悪質な広告のみブロックする• ver2. 1848. 4以降 Webブラウザ用の拡張機能 [ ]• 出典 [ ].

次の

Microsoft Edge版「Adblock」と「Adblock Plus」の拡張機能がMicrosoft Storeに登場

アド ブロック プラス

はじめに YouTubeで動画を再生すると、動画本編の前に広告を見なければいけないことがあります。 早くお目当の動画を見たい時などはこの広告に煩わしさを感じることがありますよね。 本記事ではこの広告をブロックする方法をご紹介します。 YouTube広告とは YouTubeのマネタイズの1つが広告収益です。 YouTube広告には様々なフォーマットがありますが、代表的なフォーマットがTrueView(トゥルービュー)というフォーマットです。 最近動画を見る前に「5秒後にこの広告をスキップすることができます。 」と表示され、5秒経つと広告をスキップするか残りの部分を視聴かを選択できる広告です。 YouTube広告をブロックする方法 それでは早速YouTube広告をブロックする方法について説明します。 YouTubeプレミアムは広告非表示 月額課金のYouTubeプレミアムに加入をすると広告は非表示となります。 本記事の対象者はYouTubeプレミアム未加入者とします。 2020年1月現在で月額1,180円となります。 Google Chrome拡張機能「Adblock Plus」を利用 GoogleChrome(クローム)拡張機能であるAdblock Plus(アドブロックプラス)をインストールします。 以下のクロームウェブストアリンクから追加をします。 Adblock Plus(アドブロックプラス)は全世界で5億ダウンロードされている最も人気のある広告ブロックツールの一つです。 追加が完了すると、以下のような画面が表示されます。 Adblock Plus(アドブロックプラス)をインストールするだけで広告は非表示となります。 GoogleChromeのアドブロックプラスのアイコンをクリックするとブロックした広告の状況を確認することができます。 アドブロックプラスはGoogleChromeのみ利用可能となります。 インターネットエクスプローラーなど他のブラウザの場合は利用できません。 また、YouTube広告だけでなく以下の広告も非表示とすることができます。 YouTube広告• Facebook広告• バナー広告 最後に Adblock Plus(アドブロックプラス)を利用することで広告をブロックすることができることがおわかりいただけたかと思います。 一方で、このアドブロック機能は広告配信側から見ると広告収益の機会損失につながるプロダクトであることも確かです。 煩わしさを感じる広告ではなくコンテンツとしてもユーザーに受け入れられやすい広告の配信などより一層の工夫が必要になってくる示唆であるともいえるでしょう。 ユーティリーのYouTube関連記事 ユーティリーではYouTube関連の記事があります。 是非以下の記事もご覧ください。

次の