アフィリエイト ブログ 稼げない。 ブログアフィリエイトで稼げない人の理由を解説【ブログは簡単に稼げません】

アフィリエイト(ブログ)で稼げない理由2つとNG行動リスト15

アフィリエイト ブログ 稼げない

あなたは、マイラボという商品 書かないアフィリエイト というものを知っていますか? 要は自分で記事を書かずに更新してくれる完全自動サイトをマイラボの運営者がサイト構築して運用してくれます。 検索したら広告枠で出てきます。 この書かないアフィリエイト、本当に稼げると思いますか? なぜ僕が「ブログを書けよ」まで作って、ブログを書くことが大事なのか、その理由も一緒に説明したいと思います。 書かないアフィリエイトの全容は完全自動サイト 完全自動サイトとは、記事を書かなくても自動で記事が更新されるサイトです。 プラグインを使えば簡単に誰でもできます。 なお、この完全自動サイト…、こんなことを言ってはアレですが、完全自動サイトは僕のフィールドです。 「完全自動サイト」で検索したら、おそらく僕の前ブログが1ページ目に出てきます。 これは、誰よりも完全自動サイトに取り組んできた僕の功績をGoogleが認めてくれた、、なんちゃって笑。 マジで何もせず自動で記事が更新されます! マイラボLPに書いてあることとそれは同じです。 これ 楽して稼ぎたいならこれらはすごく魅力的ですよね。 でも、いつも言うように 楽して稼げるものはありませんからー!!残念!! なぜなら、完全自動サイトとは、 完全コピペサイトだからでーす!! 書かないアフィリエイトの落とし穴 さて、この書かないアフィリエイト、僕は実践していませんが、完全自動サイトならその落とし穴がよくわかります。 アドセンスは使用不可 完全自動サイトには、大きくわけて2種類あります。 ポータルサイト アンテナサイト と動画まとめサイトです。 書かないアフィリエイトは、他サイトのRSSを取得すると書いてあるので、ポータルサイト アンテナサイト 扱いになります。 つまり他サイトの記事コンテンツを丸パクリするので、当然アドセンスはアウト!使えません! 答えは No!! 残念ですが、よくてクリックしかされません、、、。 アフィリエイト案件を成約するには、読者が商品を購入したくなるような 行動を起こさせるための記事が必要なんです。 これは、僕が完全自動サイトを作ってきて経験した唯一の成果です! アフィリエイト案件は絶望だと言えるでしょう。 苦情がきて最悪裁判沙汰も!? 苦情はたまにきます。 あなたは自分の書いた記事が、他のサイトで丸コピペされてたらどう思いますか? おそらくこの書かないアフィリエイトは、丸コピペせず、冒頭部を丸コピペし、続きはオリジナル記事が載せてあるサイトへ飛ぶように設計されているはずです。 アナリティクスでどこのサイトから飛んできたかすぐわかるので、あなたの完全自動サイトはすぐにバレます。 そして、無許可でRSS配信をして、コピペ運用してたら、当然苦情がきます!悪質な場合は裁判もあり得ます。 おかげで僕は 鋼のメンタルつきました そういう問題じゃない 結論は稼げない とまぁ、そんなわけで、書かないアフィリエイトは稼げません! いや、まったく稼げないわけじゃないですが、圧倒的に自分でオリジナル記事を書いて自分のブログを運営した方が良いんです。 書かないアフィリエイトで検索すると… Twitterで「書かないアフィリエイト」を検索してみてください。 書かないアフィリエイトのアフィリエイトをしている人がたくさんいます。 紹介料がもらえるためみなさん必死ですが、書かないアフィリエイトの実績を公開してる人は皆無です。 むしろ、途中解約できないとか、コピペサイトなのでGoogleペナルティが発生するなどのコメントを書いてる人もいます。 ま、これが真実です。 結局、何かしら 「書いてます」。 書かないと稼げないんです! 楽して稼ごうとする限りアフィリエイトでは稼げない事実 たしかにブログで記事更新していくのは大変ですよ。 でも、それは当たり前の話なんです。 そもそも0からお金を稼ぐのは大変なので、さっさと目を覚ましてください。 どうしても楽して稼ぎたいなら投資をしましょう!お金を預けるだけで、 「何もせず」「自動的に」お金が増えていきますよ! そんなあなたにオススメなのが、この記事です笑.

次の

【悲報】今更ブログアフィリエイトは稼げない!その理由を解説!

アフィリエイト ブログ 稼げない

収入がない人が23. アフィリエイトをやっている2394名中、 50. しかし、月100万円の収入の人も10. 4%と多く、 昨年の5. また、アフィリエイトをやっている年数と照らし合わせると、 3年以上やっている人の6人に1人は月100万円以上の収入となっているそうです。 ここまでは多くないだろうなーと思うので、ちょっと集計結果が偏っているかも? 稼いでいるアフィリエイターはどれくらいいるの? によるとアフィリエイトをやっているサイトは現在137万サイト。 上記のアンケートから考えると月10万円以上を稼ぐ人は27. ただ、アンケートは各ASPを通して集計されたそうなので、恐らく 登録したものの全く稼げずに辞めた人はアンケートに参加していないため、実際は数万人程度かと思います。 1)ブログを量産している 1つのブログで成功していない人が 複数のブログを量産するのは非効率です。 検索エンジンの上位を取るためには質の高い被リンクが必要で、そのためには良質なコンテンツがたくさん必要になります。 1サイトを月5000円まで持って行くのが一番難しいのに、その一番難しい所を量産しては意味がありません。 月5000円まで行けば記事を書いていくだけですぐに1万円、5万円と上がっていくので、まずは1サイトを月10万円以上まで育ててから次のサイトを並行して作るべきです。 一番難しい土台作りだけたくさんやって、稼げないのはムダな作業になるのでやめましょう。 2)30記事も書いていない 検索エンジンで必ずしも上位を取る必要はありません。 要はたくさんの人に見てもらえば稼げる訳ですから ロングテールコンテンツをたくさん用意すればいい訳です。 有益で充実したコンテンツが30記事あればそれだけで安定したアクセスが稼げるので、まずはコンテンツを充実させることを目指しましょう。 3)キーワードツールを使っていない キーワードを意識しないで記事を書くのはとても非効率。 1記事1〜2つのキーワードをしっかり狙ってムダのないアクセスアップを心がけましょう。 もちろん、被リンクを稼ぐための面白いコンテンツであればキーワードをそこまで狙って入れなくてもいいですが、通常の記事作りの時は まずキーワードの選定から行うべきです。 ただし、キーワードの詰め込みを行うのは逆効果なので注意。 キーワードツールに関しては以下の記事でまとめているので参考までに。 4)簡単に稼げると誤解している アフィリエイトは安定さえしてしまえば1日10分程度の時間で月50万円稼ぐことも可能です。 しかし、そこまで行くには時給0円の作業を100時間以上積み重ねていかなければいけません。 SEOやブログの書き方も勉強しなくてはいけませんし、楽に不労所得を得られるのならば誰だって始めてしまい、供給側が多くなって稼げないビジネスになってしまいます。 みんなが諦めるほど敷居が高いから、安定したネットビジネスとなっていることを心にとめておきましょう。 そして、焦らずにドメインを強化して着実に収入を上げていくことが大事です。 5)記事のコピー・もしくは明らかなリライトをしている 人の書いた記事を500記事コピーした所で、数百円稼ぐのが限度です。 というのも、Googleは既にクロールした記事と似ている記事は 類似コンテンツとしてスパムフィルターにかけるので、順位は圏外に飛ばされます。 そのような記事が多ければドメインごと圏外になるのでタイトルで検索しても トップに出てこないようなサイトができ上がってしまいます。 リライトも参考にする程度ならいいですが雑なリライトならばアルゴリズムですぐにバレます。 楽をしようとして、人の記事をリライトすると逆に遠回りになるので、人のコンテンツは参考程度にして、自分の力でブログ記事を書いていくことをおすすめします。 6)SEOを理解していない 相互リンク、内容の薄いページの量産、キーワードの詰め込みすぎ、ブログランキングへの誘導、自動記事作成ツールの利用。 これらの施策を行うのは検索エンジンに嫌われる逆のSEOになってしまうでしょう。 昔は効果がありましたが、検索エンジンアルゴリズムのアップデートによってこれらの施策にはマイナス評価を与えられるのが現状です。 楽をして上位表示をしようとしても、 遅かれ早かれ順位を下げられるので将来的にマイナスになるのは明白です。 正攻法のSEOを使ってこつこつドメインを強くしていく方がはるかに効率的でしょう。 7)そもそも狙うジャンルを間違えている 成果系の広告がないジャンルを狙えばA8. netなどのASPを利用して稼げないのでアドセンス頼りになります。 しかし、アドセンス頼りということは数十万PVは確保しないとまず稼げません。 更にGoogleアドセンスの3500円もプラスされるので、お金を稼ぐのが目的なのならば 案件が充実したジャンルを狙うべきでしょう。 8)無料ブログの古くさいデザイン はてなブログなどならテンプレートでも問題ありません。 しかし、昔ながらの古い無料ブログテンプレートの場合、訪問者のユーザービリティは落ち、直帰率も大きく上がるでしょう。 また、今はモバイルフレンドリーじゃないとスマホで上位表示できなくなったので、 古いWordpressテーマをそのまま使っている人は要注意。 9)数ヶ月で収入になると考えている アフィリエイトを始めた人のほとんどは3ヶ月以内にやめています。 3ヶ月で数百円も稼げないのなら、続けてもムダだと考えてしまうからです。 筆者の場合はブログ作成から1ヶ月で、5記事で月5万円を越えたことがありますが、初心者の場合はとにかく良質な記事を書いて、じっくり稼いでいくしかありません。 まずは30記事書いて、月3000円程度を目指しましょう。 そこまで行けば次の30記事で月3万円を越えることも簡単です。 アフィリエイトで稼ぐための3つのコツ アフィリエイトで稼ぐためにはたくさんのノウハウが必要です。 しかし、 この3点さえ守れば間違いなく稼ぐことができるというテクニックも存在します。 こちらに関しては以下の記事で詳しくまとめているので、 アフィリエイトをやってるけど収益が全然出ない!という方はぜひご覧くださいませ。

次の

ブログ(アフィリエイト)で稼げない人12の理由【5ヵ月で新卒月収を超えたので解説】

アフィリエイト ブログ 稼げない

大げさな表現が多い• 言い切る表現が無い• 英語や難しい漢字の表現が多い• 常に同じ文面から記事がスタートしている• 具体的な数値や内容を出していない• 同じワードを狙った記事が多い• カテゴリー分けができていない• タイトルロゴ・プロフィール画像が手抜き• 画像の位置やデザインが崩れている• 本文の書体を変更している• タイトルと見出しを見ても記事内容が分からない• ブログ立ち上げから1度もリライトをしていない• 知識が無いジャンルに手を出している• 広告の数が多い• 自分の利益を優先している Amazon欲しいものリンクなど• 本文途中に広告を掲載している• サイドバーにメイン広告を掲載している• アフィリエイト広告を記事に『追記』している• 全ページの記事中にアフィリエイト広告を掲載している• 記事数が100以上なのに1日のアクセス数が100未満• 記事内容がネット情報のまとめになっている• 雑記ブログで『ターゲット層』を意識していない• アドセンス広告+SNS集客で運営している• アフィリエイトが悩みの解決口になっていない• 内部リンク・広告に対する説明ができていない• 自身の意見を前面に出すオピニオン記事が多い• アクセス数に対して広告のクリック率が低い• デメリットを伝えていない• ブログ運営の目的が統一されていない 上記の見出しを見つつ改善できた方は以下の記事をご覧ください。 ブログに関する記事をまとめており、収益化にも役立ちます。 当ブログでオススメしているロボアドバイザー。 これは元本割れのリスクがあるため「可能性があります」と伝えています。 正しい情報であれば、言い切る部分と分けて伝えましょう。 カテゴリー表記も「fashion」ではなく「ファッション」と書けばユーザーに一瞬で理解されます。 「曖昧」も普段は使わない難しい漢字。 「あいまい」と書きましょう。 」だけになってしまいます。 最初に誰向けの何を解決する記事なのかを説明しておき、その後で挨拶文を入れた方が分かりやすいです。 自己紹介から始まると、全ての記事の説明が自己紹介で終わります。 ユーザビリティに悪いためクリック率も下がります。 記事の内容の説明や結論から始めましょう。 「この方法ならアクセス数は倍増します。 」 よりも、 「タイトルと見出しに無いクエリを追記することで、アクセス数を3倍に増やすことができます。 」 と書いた方が納得できますよね。 「ブログ運営のコツ / 正しいタイトルの付け方」 「ブログ運営のコツ / 上がるタイトルの秘密」 これは 全く同じユーザー層しか集まらないため、アクセス数アップにつながりません。 「アクセス数が上がらないブログの原因」 のように、全く別のタイトル付けが必要になります。 特にタイトルで損しちゃっている方が多いです。 「30歳4人家族の家計簿を公開! 」 では、誰向けに何を伝えたいか全く分かりません。 検索もされません。 「30歳4人家族でも月5万円貯金する主婦の家計簿がこれだ! 見出しで「これは凄い! 」のような本文の延長上の言葉を使うのもNG。 見出しは目次で表示されるため、ユーザーの注目を集めます。 タイトルと見出しだけで内容が分かる記事はユーザーが読みやすい記事になります。 過去記事をリライトし、直近の記事へリンクを飛ばすことでユーザーの滞在時間を延ばせます。 ユーザーが求めている情報がグーグルサーチコンソールに表示されるため、クエリを追加してリライトすることも重要です。 1度もリライトせずに記事を更新していると過去記事が足を引っ張るようになります。 リライトについては以下の記事をご覧下さい。 成果の出る方法です。 知識を得てからブログを作り出さないと、あいまいな表現。 逃げの表現が多くなり、ユーザーに信頼感を与えません。 先に勉強する姿勢が大事です。 ちゃんとした答えが出せないため、あいまいな表現が多くなります。 文字数を増やそうと似た表現も多くなり、薄っぺらいだけのブログになります。 もちろん成果も出ません。 そうだ。 広告を増やそう。 」 そう思ってアドセンス広告を増やしていませんか? 広告が多いとユーザーは記事を読みません。 うさんくさく感じるためです。 保険屋さんにあなたが口を挟む暇も無く営業トークされたらうんざりしますよね。 広告の多さとは押し売りの強さ。 売れるものも売れなくなります。 」 とプロフィールの下に書いていませんか。 ブログで稼ぎたいなら徹底的にユーザー優先にしないといけません。 広告がユーザーの悩みの解決口になるためです。 特にAmazon欲しいものリストはユーザーに何のメリットもありません。 収益化するなら有益な情報を提供するなどの対価が必要です。 リード文下• 記事下 の2つ。 次が記事中です。 記事中にアドセンスを入れる際、H2見出しの上に入れましょう。 本文を遮って途中に入れると誤クリックの原因になります。 記事も読みづらくなります。 プラグインのWP QUADSでMiddle of Postを使うのは簡単ですが、記事中に配置される恐れがあります。 手間ですが記事ごとに自分で挿入しましょう。 スマホの場合、サイドバーは記事の後に配置されます。 サイドバーはサブ的なもの。 メイン広告を掲載しても効果はありません。 アフィリエイトは悩みの解決口にしなければなりません。 その記事全体でユーザーの検索意図に対する答えを書き、アフィリエイトを悩みの解決口にする戦略が必要です。 「上司との人間関係に悩んだら転職がオススメです。 」 のように追記しても「広告感」が強いですよね。 そのアフィリエイトを紹介する記事を作成し、そちらへ内部リンクで飛ばすことで成約率を高めます。 特にバナー広告は「広告感」が強いです。 全ページにバナー広告を掲載しているとユーザーの離脱率が上がります。 テキスト広告利用やアフィリエイト紹介記事へつなげる流れを作りましょう。 私が安定して高いアクセス数を獲得し、収益化に成功しているブログテーマはこちらです。 直帰率が高いとアドセンスの広告単価が下がったり関連コンテンツの許可が下りないデメリットがあります。 内部リンクを増やす• 1記事1記事を丁寧に書く• チェック記事を書く 当記事のようなイメージ のような方法で直帰率を下げましょう。 ㉒記事内容がネット情報のまとめになっている オリジナルコンテンツとは『ネットに無い情報』だと考えています。 ブログ記事を書く際にネット情報を参考にしているとオリジナルコンテンツになりません。 だから書籍からの情報や実体験が求められます。 目玉コンテンツとはオリジナルの内容。 既にネットで出回っている情報は需要が無く、グーグルの評価も上がりません。 ネット情報を参考に記事を書くのではなく、書籍を参考にしたり実体験を元にする・購入品紹介をしましょう。 ㉓雑記ブログで『ターゲット層』を意識していない 記事ネタに困らないので雑記ブログに挑戦するブロガーが増えています。 ユーザーにとって自分の知りたい情報ジャンル以外の情報はノイズ。 見たくもありません。 雑記ブログはノイズの宝庫。 雑多な内容の中に『ターゲット層を絞ること』で共通点を作りましょう。 35歳男性向けの総合情報ブログ• 20代女性のキラキラした生き方• 双子子育てに奮闘するパパの息抜きブログ のようなイメージですね。 ㉔アドセンス広告+SNS集客で運営している アクセス数が多くてもアドセンス収益が増えないケースがあります。 それがSNS集客。 SNSを経由して訪れるユーザーは『徹底的にブログを読む層』が多いんです。 しっかり読むからアドセンスをクリックしません。 同じくネット慣れしたユーザーもアドセンスをクリックしません。 SNS集客はアフィリエイトで収益化しましょう。 ㉕アフィリエイトが悩みの解決口になっていない ユーザーは悩みを持って検索しています。 ユーザーの検索意図に合っていない記事は読まれません。 悩みの解決にならないためです。 ユーザーがアフィリエイトサービスを利用するのは悩みを解決したいから。 記事で全ての悩みを解決してしまうとアフィリエイト商材を購入する理由が無くなります。 ユーザーの検索意図を考え、アフィリエイトを悩みの解決口になるように記事を書きましょう。 内部リンクはこちらの記事で詳しく解説しています。 内部リンクの重要性やクリック率を増やす方法も分かります。 関連記事 ㉗自身の意見を前面に出すオピニオン記事が多い プロブロガーさんに憧れて自分のことを伝える記事ばかり書いていませんか? プロブロガーは強いコミュニティを持っているか、ライフスタイルや生き方を貫いている人ばかりです。 彼らに憧れて何となく自分のことを書いても誰も読まれません。 自分のことを書く記事はタイトルがユーザーの検索意図とマッチしないため、検索流入も期待できません。 オピニオン記事は全体の1割にしましょう。 ツイッターのフォロワーが1,000人を超えるようなら、自分の考えを出すだけのブログを作っても勝算があります。 ㉘アクセス数に対して広告のクリック率が低い 1日1,000PV以上あるのにアフィリエイト広告がクリックされないのは問題があります。 ユーザーの検索意図とアフィリエイト商材がマッチしていない• 広告の質が悪い• 広告の配置が悪い• ライティングが悪い など、致命的なミスがあります。 アクセス数があるので、リライトすれば解決します。 改めて自分のブログの記事やクエリを見返しましょう。 ㉙デメリットを伝えていない ユーザーは 『お得な情報』に不安を持っています。 あなたがブログ運営をする目的は何ですか? 収益化したいならアフィリエイトブログにすればドンと稼げます。 安定して稼ぎたいならアドセンス特化。 発信力を付けたいなら、ツイッターを効果的に使いましょう。 収益化は二の次です。 アフィリエイトブログなのにツイッターと連動して宣伝しても怪しいだけ。 記事の内容もブレブレになり、収益も発信力も稼げません。 1ブログに求める内容は1つにすべきです。 その結果、収益も発信力も稼げる可能性はあります。 まとめ 記事最初でもお伝えしましたが、 結果には必ず原因があります。 私はGoogleの自動ペナルティを受けていたにも関わらず、記事を更新していればアクセス数が増えると2年間も信じていました。 結果は惨敗。 間違った方法で収益化・アクセス数アップをしていては結果は出ません。 大事なのは色んな情報を集めて試行錯誤することです。 すぐ実行できることから、ブログ運営の方向性を考えることまで30の項目をご紹介しました。 1つでもあなたのブログに役立つ内容があれば幸いです。 長い記事でしたが最後までお付き合い頂きありがとうございました。

次の