バトル トリニティ レンジャー。 DQ10バトルトリニティ攻略

DQ10バトルトリニティ攻略

バトル トリニティ レンジャー

レンが多いほど、あちこちから矢が とびかう。 魔にとってはかなり厳しい環境。 無傷でいるのは非常に困難で HPが白くても、少し減ってたりする事が多い。 レンも強いけど盗賊も強い! 盗賊の一撃で僧侶なんかを一発で倒せる事も。 矢が飛び交うおかげでHP黄色でうろついてる人も多く そういう人を見つけては 姿を消して一刺しィ! 盗賊って攻撃力が無いように思えるけど CTが長いから手数が少ないだけで 一撃の威力はかなり高い。 それが今、生きてる! 前までは敵の戦士や武におびえながら ジュエルを集めてたけど 現在は移動速度の速いアタッカー枠。 かなりキルできる、弱い者いじめ大好きィ! プロシーフは常に優秀閃種上位! 盗賊というよりアサシンをやってたら 常に1~3位でした。 弱ってる人に対して姿を隠しての闇討ちサイコー! それと、足を止めて矢をぶっぱしてる人多いから 移動速度をいかしてジュエルをさらい放題だったりで レベルアップが前までより格段にはやくなった。 速攻でレベル3なると超マウントとれる。 現在、 おもしろさの点でオススメ。 レンに対しても近接ではマウントとれます。 (オオカミとジュエルだけ注意。 ゴールデンタイムは、わりとオートマが 機能してて色んな対戦が遊べる。 新職ではレンジャーがオススメ。 旧職では盗賊がオススメですよおおお!!!.

次の

バトルトリニティ / 職業の特徴

バトル トリニティ レンジャー

プレイヤーは 「閃手」として五大陸を代表するいずれかのクラブに入団し、他の閃手と共に試合を行います。 制限時間内に 「ジュエル」や 「トライロック」を奪い合い、最もポイントを稼いだクラブが勝利となります。 また、定期的に開催される「バトルトリニティ対抗戦」では、クラブごとに勝ち点を競います。 いずれかのクラブに所属した後、 閃光の神殿にいる 「仙竜トトゴン」からチュートリアルを受けると、いよいよバトルトリニティの試合に参加できるようになります。 クラブについて アストルティアには現在5つのクラブが存在します。 プレイヤーはいずれかのクラブに所属する必要があります。 「対抗戦」が開催された際には、このクラブごとに競い合います。 クラブチーム名 エージェントの居場所、名前 グレンドラゴニア グレン城下町(オーグリード大陸) 【エージェント】「代理人グラドマン」 ブルートライデント ジュレットの町(ウェナ諸島) 【エージェント】「代理人ルーニア」 天狐アマツカゼ 風の町アズラン(エルトナ大陸) 【エージェント】「代理人ハヤテ」 ガタラアームズ 岳都ガタラ(ドワチャッカ大陸) 【エージェント】「代理人ジェイダー」 オルフェアリーズ オルフェアの町(プクランド大陸) 【エージェント】「代理人レレッポ」 クラブの移籍 所属したクラブから別のクラブに移籍することができます。 移籍したいクラブのエージェントと話して移籍させてもらいましょう。 現在の期間については、各クラブのエージェントに話しかけると確認できます。 基本的なルール メニュー ・練習試合をする 通常バトルのマッチングを行います。 入団しているクラブを気にせず遊ぶことができます。 「自分のクラブで」 入団しているクラブでマッチングされます。 「どのクラブでも」 入団クラブに関係無く、人数が空いている試合にマッチングされます。 ・対抗戦にエントリーする/対抗戦をする 期間限定の「バトルトリニティ対抗戦」へのエントリーおよび、マッチングを行います。 詳しくは下記のの項目をご覧ください。 ・職業を確認する 職業のとくぎや、熟練度を確認できます。 ・実績を確認する 今までのバトルトリニティでの実績を確認できます。 ・勲章をセットする 所持している勲章一覧からセットしたい勲章を選んで設定できます。 ・ポイントを交換する 「バトルトリニティ対抗戦」で獲得した 「ジュエルポイント」でアイテムを交換できます。 ・特別報酬を受け取る 特定の実績を達成した際、専用の報酬が受け取れます。 行動不能状態の味方はグレーで表示されます。 また、装備している武器で他キャラクター職業の判別もできます。 特技は各ボタンに割り振られており、使用できる状態の時に押すだけで発動します。 ジュエルは最大5つまで所持できます。 試合の流れ バトルトリニティの試合は、より多くのポイントを稼いだチームが勝利となります。 ポイントは「トライロックを占領する」「ジュエルを集める」「ジュエルをトライロックに納める」ことで稼ぐことができます。 試合前の準備 試合前に40秒間の準備時間があり、時間が経過すると自動的に試合が開始されます。 このとき、中央にあるクリスタルを調べることで、対戦相手の情報の確認や、転職を行うことができます。 トライロックを占領しよう 試合が始まったら、対戦の場である 「霊獣の古戦場」に点在しているトライロックを占領することを目指します。 トライロックは霊獣の古戦場に7つあり、最初はどこの勢力にも属さない状態(中立状態)です。 中立状態の付近に居ると ゲージが上昇していき、最大までゲージが貯まるとトライロックを占領することができます。 他のクラブが占領しているトライロックの近くにいることで、貯まっているゲージを減少させることができ、ゲージが0になると中立状態に戻ります。 (人数が多いと速度があがる、人数が多いとゲージが進むなどはありません)。 ジュエルを集めよう 霊獣の古戦場に出現する ジュエルとよばれる宝石を集めて納めることでポイントを獲得します。 ジュエルは近づくと自動的に取得されます。 ジュエルにはいくつか種類があり、それぞれ獲得できるポイントが違います。 ジュエルは最大5つまで同時に持つことができ、5つ所持した状態で手に入れた場合は、ポイントが低い物と自動的に入れ替わります。 また、「HP回復」「テンションアップ」「移動速度アップ」「ダメージカット」の効果が付与されているものや、試合終了後に報酬になる ボーナスジュエルもあります。 ジュエルを拠点に納めよう 集めたジュエルは、占領したトライロックに納めることができます。 ジュエルを納めると、自分のクラブのポイントと、納めたトライロックのレベルを上げる経験値が加算されます。 トライロックの経験値が一定以上になると、最大でレベル5までレベルアップします トライロックがレベルアップすると、他の勢力に占領されづらくなるほか、試合終了後にレベルに応じてポイントが加算されます。 ジュエルの種類 獲得ポイント 白 2P 青 4P 赤 6P ボーナスジュエル 8P+試合終了後に報酬 ボーナスジュエルは特殊なジュエルです。 試合中は他のジュエル同様に、納めることでポイントが獲得できる他、試合終了後に鑑定されて報酬を獲得することができます。 報酬は、そのチーム全員が獲得できるので、見つけたら積極的に納めるとよいでしょう。 閃手とのバトル 対戦中は他の閃手への攻撃や、妨害などを行えます。 バトルトリニティでは、特技の使用は通常の戦闘とは違う専用のコマンドを使用します。 また、「トライロックを占領する」と味方全員に、「ジュエルを拾う・ジュエルを納める」「敵を倒す」といった行動を行うと、その閃手に経験値が入ります。 経験値が一定以上になるとレベルアップし、ステータスや特技が強化されます。 相手に倒されても一定時間で復活しますが、所持しているジュエルを全て失います。 使用できるかどうかは、各特技のアイコンの明るさで判別できます。 また、チャージタイムは各特技のアイコン下部にあるゲージで、おおよその時間を確認できます。 はぐれモンスター 試合中、マップのどこかに「はぐれモンスター」が出現することがあります。 「はぐれモンスター」は倒すとパーティメンバー全員に経験値が入り、倒した人にはテンションアップの他、色に応じたジュエルが付与されます。 援軍玉・撃破玉で試合を有利にしよう 通常のジュエルとは別に、特殊な効果を発揮する特別なジュエルを拾うことができます。 【撃破玉】 撃破玉とは、所持した状態でジュエルを納めると、得点にボーナスがつくジュエルです。 ジュエルを所持した敵を倒すと入手できます。 同時に最大3個所持することができ、所持している数に応じてボーナスも増えていきます。 ジュエルを納めると、所持しているすべての撃破玉は自動的に消費されます。 その為、一度にたくさんのジュエルを納めることでより多くの効果が得られます。 【援軍玉】 援軍玉とは、モンスターを呼び出すことができる玉で、ジュエル同様に試合中に出現します。 1人1個しか持てず、条件に該当するトライロックでしか使えません。 また、援軍玉を持っている閃手を倒すと、奪うことができます。 ゴーレム 自分のクラブが占領しているトライロックで使用できます。 一定時間トライロックの中立化を防ぎます。 ゴーレムに守られたトライロックは、攻撃して倒すことで中立化ができるようになります。 ばくだん岩 他のクラブが占領しているトライロックで使用できます。 メガンテで周囲にいる閃手を倒し、即座にトライロックを占領します。 メガンテは発動する前にばくだん岩を倒すことで防げます。 試合終了 7分経過すると、試合終了となります。 試合中に獲得したポイントに加え、占領したトライロックの数やレベルに応じてポイントが加算され、順位が決定します。 最もポイントの多いクラブが勝利となります。 貢献度と報酬 試合の勝敗に関わるポイントとは別に、ジュエルを納めたり、トライロックを占拠したりという自分の試合中の行動によって「貢献度」が加算され、個人成績として試合終了後に表示されます。 「貢献度」は職業の熟練ポイントとして蓄積され、後述の職業ランクや勲章などに影響します。 また、試合中に入手したボーナスジュエルに応じてアイテムを獲得できます。 獲得できるアイテムの数は順位によって変動します。 職業について バトルトリニティでは、競技用の職業から選択できます。 試合中、魔法使いはレベル4まで、その他の職業はレベル3まで上昇します。 それぞれ得意・不得意がありますので、いかに役割を活かすかが勝利の鍵となります。 職業の詳しい情報は、各エージェントに話しかけて「職業を確認する」からみることができます。 職業名 役割 戦士 高いHPと防御力を持ち、仲間や占領したトライロックを守るのが得意。 しかし移動速度や攻撃が遅く、機敏な動きができない。 魔法使い 唯一レベルが4まで上昇し、強力な範囲魔法で相手を一掃できる。 ただしHPが低く、詠唱時間も長い為、近距離戦は苦手。 武闘家 すばやい連撃と範囲攻撃を持ち、敵の拠点へ攻めたり、敵を倒す事に長けている。 ただし遠距離での攻撃手段がなく、苦手。 盗賊 相手から姿を隠したり、素早い動きが出来るポイントゲッター。 また、通常より短い時間で拠点の中立化や占領が行える。 半面、攻撃の特技に乏しく、戦闘は全般的に苦手。 僧侶 ジュエルを納めることで味方を回復したり、スキルで蘇生やダメージ減少を行えるサポーター。 HP、攻撃力、移動速度共に低いため、戦闘は味方頼り。 レンジャー ジュエルを納めることで拠点を回復したり、トラップで敵の足止めができる。 遠距離の攻撃が得意だが、近距離戦での対抗手段が無く、不得意。 デスマスター 敵や味方、援軍玉のモンスターなどが倒されるとたまる「デスパワー」を利用し、「死霊召喚」を行える。 ただし、「デスパワー」がたまるまではできる事が少なく、死霊もHPは多くなく、倒されやすい。 戦況の見極めが要求されるテクニカルなアタッカー。 職業ランク 各職業にはランクがあり、試合後に得られる貢献度が、試合に参加した職業での熟練ポイントとして蓄積されていき、一定量になると職業のランクがあがります。 実績と勲章 「ジュエルを50個拾った」など、バトルトリニティに参加して条件を達成することでクリアできる「実績」があります。 また、「実績」の中には、クリアすることで特別な報酬を受け取れるものもあります。 「勲章」は、1つ以上「実績」を達成することで獲得でき、「実績」の達成数に応じてグレードアップしていきます。 「実績」達成数以外にも、特定の条件を満たすことで獲得することができるものも存在します。 「勲章」は、各エージェントに話しかけ「勲章をセットする」のコマンドから、セットしたい勲章を選んで設定することができます。 設定された「勲章」は、バトルトリニティ内の各所で表示されます。 その他の注意点 「バトルトリニティ対抗戦」は、クラブ同士の威信をかけた期間限定の大会です。 所属クラブが優勝したら賞金がもらえるので、クラブ一丸となって優勝を目指しましょう。 「バトルトリニティ対抗戦」へのエントリー 所属しているクラブのエージェントに話しかけ、「対抗戦にエントリーする」を選ぶことで参加資格を得られます。 参加の際には参加料10,000Gが必要になります。 「勝ち点」と「クラブボーナス」 「バトルトリニティ対抗戦」では、試合に勝利すると個人と所属クラブ(パーティを組んでいる場合は、パーティリーダーの所属クラブ)の「勝ち点」を得られます。 さらに、「勝ち点」に加えて 「クラブボーナス」というものがあり、各クラブの試合数に応じて最大3倍までの倍率が乗算されます。 この倍率は、試合数が少ないクラブに対して高く設定されやすくなっています。 このクラブの「勝ち点」に「クラブボーナス」を乗算された数値が、後半戦終了時に最も多いクラブが優勝となります。 ジュエルポイント 「バトルトリニティ対抗戦」期間中に獲得した貢献度は 「ジュエルポイント」に変換され、特別なアイテムと交換できます。 アイテムの交換は、所属クラブのエージェントで行えます。 バトルトリニティ対抗戦の流れ 「バトルトリニティ対抗戦」は、大きく分けて 【準備期間】、【前半戦】、【後半戦】、【集計期間】、【シーズンオフ】に分かれています。 この期間中では練習試合のほか、「バトルトリニティ対抗戦」へのエントリーが行えます。 また、 この準備期間でのみ、クラブの移籍を行うことができます。 この期間まで「バトルトリニティ対抗戦」へのエントリーが行えます。 後半戦最後の2日間になると、「クラブ順位」を確認することができなくなります。 また、この期間以降、再び練習試合を行えるようになります。 結果発表の確認や賞金の受け取り、練習試合などが行えます。 マッチングについて 「バトルトリニティ対抗戦」では練習試合とは異なり、2つのマッチング方式から好きな方を選んで参加できます。 味方および対戦相手には、同じマッチング方式を選んだプレイヤーが選ばれます。 (味方としてマッチングされることはありません。 ただし人数が少なかった場合などはその限りではありません。 また、パーティを組んでいた場合は、最も内部レートが高いプレイヤーを基準としてマッチングが行われます。 練習試合と同じく、味方および対戦相手には、パーティを組んだ相手を含めて選ばれます。 味方および対戦相手にパーティを組んだ相手は選ばれません。 ランキングについて 「バトルトリニティ対抗戦」のランキングは 【クラブ順位】、【クラブ内閃手ランキング】、【閃手ランキング】の3つがあります。 各ランキングは、「目覚めし冒険者の広場」もしくは、優勝国に設置されるトロフィーから確認することができます。 最後の2日間を除いて確認することができます。 シーズンオフ期間以降に確認することができます。 シーズンオフ期間以降に確認することができます。 優勝と報酬 所属クラブが優勝すると、 優勝クラブ所属の対抗戦参加者に優勝賞金が100,000G贈呈されます。 また、各クラブの「クラブ内閃手ランキング」の上位200名には 「ランキング上位賞金」として、全ての参加プレイヤーが支払った参加費の総額が山分けして贈呈されます。 そのほかにも、 所属クラブの勝ち点を15点獲得すると、「貢献章」という勲章を獲得し、特別報酬500,000Gがもらえます。 (「貢献章」を持っていると、対抗戦終了後に仙龍トトゴンから特別報酬として500,000Gが進呈されます。 優勝したクラブには「優勝トロフィー」が授与され、次回の「バトルトリニティ対抗戦」前半戦開始まで設置されます。 この「優勝トロフィー」では各種ランキングを確認できる他、チャットで優勝したクラブを称賛するとちょっといいことが起きます。

次の

今日から始めるバトルトリニティ!職業:レンジャー編

バトル トリニティ レンジャー

遠距離からの牽制を得意とし、前衛職が有利に戦えるよう援護する・・・言わば 削り役です。 納品時にゲージが減っているトライロックの 耐久を回復でき、終盤では防御面での優秀さが際立ちます! しかし、単騎で試合を動かす程の能力は持っておらず、総じて味方の動きにかなり左右される中級者向けとなっています。 レベルが上がる毎に 発生と射程が著しく成長し、レベル3に至ってはスキルを放ってから着弾までが 一瞬です。 CT(チャージタイム)も非常に短く、牽制用と考えればダメージも申し分ない優秀なスキルです! 最大の長所として、何と壁を 貫通して攻撃が可能です。 戦士の記事でも書いた通り 防御無効の効果が付与されている為、どの相手に対しても 固定ダメージを与えられるスキルです。 ですが・・・現状 弱点が多く、射程が とても短い上に ランダムなので、前方に2人以上いた場合にはダメージが振り分けられてしまい安定しません。 なるべく1対1の状況で使うよう心掛けましょう。 味方には紫色の宝石に見えますが、敵には通常通りのジュエルに見えています。 三つ巴というゲームの性質上、出現したジュエルの中に紛れ込ませて引っ掛けたとしても、自陣に対するメリットが薄く、現状トラップとしての使い方はほとんどされていません。 敵に 密着してからの 足止め利用が主になります。 長所 ・安全圏から攻撃可能 ・牽制が優秀 ・トライロックを回復できる 短所 ・オオカミアタックの不安定さ ・スキルが噛み合わない ・1人だと動きにくい オオカミアタックは近距離なのに、ジュエルアローは遠距離用と、スキルが噛み合わず中途半端さが目立ちます。 ジュエルトラップも支援職というのを考慮してもあまり優秀とは言えず、対峙すると面倒なれど自身が使うと痒い所に手が届きません。 酷評気味ですが、トライロックの 回復は他の職にはない要素です!戦士同様、攻め落とすのではなく守り抜く事を重視して立ち回りましょう。 敵と鉢合わせた場合、こちらの数が 有利なら占領を 継続し、 同数もしくはそれ以上なら、敵の職業次第では大人しく 撤退しましょう! 開幕で2つのクラブが争う形になると、残ったもう1つのクラブを 有利にさせてしまいます。 ダメージ量としては大した事ないんですが、蓄積してくるとやられてる側は盗賊の一撃も警戒しなければならなくなるので、結果として納品しづらくなります。 単騎では動きにくい状況が多いので、マップで味方の位置を把握しつつ上手に連携しましょう。 中央などの重要な拠点の耐久値が減っていた際には、その場所まで移動して納品するようにしましょう。 トライロック自体のレベルが上がると耐久値が 全回復しますが、レベルの最大値である 5に達していると、どれだけ納品しても 回復することはありません。 ・・・なので、終盤は戦士と同じく自陣の守りにつき、耐久値の減っているトライロックを 回復する事に 専念しましょう。 召喚した相手をアタックのターゲットに巻き込まないよう上手に 誘導した後、ジュエルトラップで動きを封じておきましょう。 4.終わりに 初期職の4つと比べると扱いが難しく、自分の攻撃で敵を倒す回数が少ない為か、満足に仕事をした感覚になりづらいです。 ephemera7.

次の