ゴースト ガールズ。 ラジウム・ガールズ

労働環境改善に貢献した「ゴーストガールズ」

ゴースト ガールズ

ドキュメンタリー映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』が、4月13日から東京・渋谷のアップリンクほか全国で順次公開される。 同作は、1910年から20年代にアメリカのラジウムダイアル社の工場で時計の文字盤に放射性の夜光塗料を塗るペインターとして働き、筆先をなめて尖らせるよう指導されたことから被爆した「ラジウムガールズ」と呼ばれる女性たちに光を当てた作品。 取り壊された工場の建物の破片によって事件後もホットスポットが生み出されているイリノイ州オタワを舞台に、ラジウムガールズや家族、住民たちの証言を通して、知らない間に被爆し、その多くが亡くなった彼女たちの物語に迫る。 1987年の作品である同作の日本公開のきっかけとなったのは、Phew、小林エリカによる共同プロジェクト「Project UNDARK」が2012年に発表したアルバム『ラジウム・ガールズ 2011』。 boid主宰の樋口泰人が、ディーター・メビウス(Cluster)がトラックを手掛け、後藤まりこ、アチコ(Rope、WUJA BIN BIN)らも参加した同作を手にし、映画の存在知ったことから公開に至ったという。 なお、アップリンクではPhewのライブ付き上映のほか、小林エリカ、ピーター・バラカン、大澤真幸らによるトークショーなども開催。 イベントの詳細はオフィシャルサイトで順次発表される。 Phewのコメント 映画に出てくる、ショートボブにパンツルックの女の子たちの、パーマネントのあたった髪に洒落た帽子や靴、毛皮の襟巻きで着飾った女性たちの写真は、なんとなく思い描いていた質素な服装にひっつめた髪の女子工員というイメージからかけはなれていた。 小林エリカのコメント かつて工場で働いた少女、その家族や生存者たちにインタビュー、その街に暮らす人々、街そのものに残されている目には見えない放射性物質。 ただ淡々と丁寧かつ執拗な調査を積み上げてゆく手法と美しい映像のこの映画に、私は釘付けになった。 樋口泰人のコメント 2012年5月、Phewと小林エリカのふたりから届けられたアルバムの、「ラジウムガールズ」たちの物語に衝撃を受けた。 聞けばそのアルバムの発想の元になった映画があるという。 古いドキュメンタリーだった。 だがそこに映る彼女たちは、まるで未来のわたしたちの姿のようでもあった。 なんとしてでもこの映画を公開しなくてはと思った。 そして3年が過ぎた。

次の

たくさんの労働者を救った「ラジウム・ガールズ」 その忘れられた物語

ゴースト ガールズ

当時のアメリカでは、多数の女性が人体への有害な放射線の影響により相次いで死亡していました。 亡くなった女性たちは全員が時計工場に勤務しており、時計の文字盤の数字に蛍光塗装を施す作業を担当していました。 当初、他の工場に勤務する労働者に比べ3倍の給与がもらえる好条件の職場として雇用希望者は多く、若い女性従業員たちは当時まだ珍しい経済的に自立した職業婦人としての待遇に満足して勤務にあたっていました。 20世紀初期の時計の文字盤数字は、見やすいように明度を上げるためラジウムを含む混合塗料を塗装していました。 下は14歳から上は年配者までの工場勤務女性は、塗装ブラシの先を塗りやすいよう細く整えるのに唇と舌を使うよう指示されていました。 つまり、毎回ブラシを口元に持って行き、微量の混合塗料を摂取していたのです。 工場責任者はこれが健康上のリスクを負わせる可能性があることを否定していました。 当時すでに放射線の危険は認知されていたものの、産業界の経営者らは不正な研究調査を行い微量のラジウム摂取であれば健康にも良いとの見解を発表していました。 そのため、裕福な人々はラジウム入りの水を飲み、食品や化粧品にもラジウムは使用されていたのです。 その当時、蛍光物質は流行の最先端を象徴するキーワードであり、中には歯をより輝かしく見せようと歯に塗料を塗る女性従業員もいました。 世間はそんな女性たちを「ゴーストガール」と呼んでいました。 というのも、有毒な混合物との接触により、暗闇で肌が発光していたからです。 当時、微量であれば無害だとされていたレジウムでしたが実際には少しずつ、女性従業員の身体を蝕んでいたのでした。 最初の犠牲者はモリーでした。 そしてその後も同僚たちも様々な症状に苦しみ、モリー同様の運命をたどります。 死産や慢性疲労を経て女性従業員の身体は徐々に崩壊していきました。 肌は穴が開いたように陥没し、骨はもろく粉のようになり、身体のあらゆる部分に腫瘍が形成されました。 現在ではラジウムに外部接触することが人間の身体組織の破壊につながることは広く認知されています。 しかし、もし体内に摂取した場合、ラジウムが身体に及ぼすダメージは計り知れないほどに甚大なものになります。 またこうしたラジウムにより恐ろしい健康被害に対して手の施しようがありませんでした。 死亡者が出たことにより、女性従業員たちは自分を待ち受ける恐ろしい運命を悟りました。 しかし迫り来る過酷で痛みに満ちた未来から女性たちを救う手立てはなかったのです。 しかしそんな境遇の中でも、彼女たちは自分たちのためではなく工場で勤務し続けている他の同僚のため、行動を起こします。 会社を法のもとで裁き、これ以上死者が出ることを防ごうとしたのです。 こうして長い法廷闘争が始まりました。 会社側がラジウムは危険ではないと労働者を騙した結果、多大な健康被害を被ったことを女性従業員たちは証明しようとしたのです。 しかし会社側の資金融資による虚偽の研究結果により、一時はラジウムが原因ではないと証明されてしまいます。 さらに会社経営側は女性たちの訴える健康被害症状が多様なことから、ラジウムが原因だとするにはつじつまが合わないと主張しました。 答弁のなかで会社側はモリーの死因が梅毒であったと表記された死亡診断書を証拠に持ち出しました。 転機が訪れたのは、男性の犠牲者が出た直後のことでした。 1925年、ラジウムと向上で働いてた女性たちの中毒症状の関連が証明されます。 調査に際していくつかの墓が掘り返されたとき、遺体の多くが文字盤数字と同じ光を放っていたのです。 女性従業員たちは経営者側の過失を公に証明しようと強く決意し、死の床にあっても糾弾し続けました。 報道新聞社は紙面第一面で女性たちの訴えを報じ、それでも経営者らはラジウムとの関連性を否定し、遺体の検視解剖結果を改ざんしましたが、もう事実を隠しようがありませんでした。 1938年、経営者側は過失により若い女性従業員たちを死に追いやった事実をようやく認めました。 従業員側が雇用実態を証明したこの事例以来、経営者側がは労働者の安全な職場環境を保証する義務を負うことになりました。 今日、国際的に法令で守られている労働者の権利はこうした女性従業員たちを代表する過去の労働者たちの功績があってこそのものです。 残念ながら「ゴーストガール」は忘れ去られた存在となりつつありますが、女性従業員らが成し遂げた業績は現在も健在です。 労働者条件の向上に大いに貢献した過去の労働環境の犠牲者たちがいつまでも人々の記憶に残り、その功績が讃えられ続けますように。

次の

ラジウムガールズの被爆事件に迫る記録映画、Phewのライブ付き上映やトークショーも

ゴースト ガールズ

引用: ラジウムガールズとは、1917年から1926年頃まで時計の文字盤に夜光塗料を塗装していた女工達の事を指します。 彼女達が働いていた工場では放射性物質であるラジウムが含まれた夜光塗料を使用していた事から「ラジウムガールズ」と呼ばれるようになりました。 文字盤の塗装作業は 当時の平均的な給料の3倍以上の賃金が支給されるため、当時の労働者階級の女性達はこぞって応募に詰めかけたようです。 破格の給料の他にラジウム特有の発光も女性達を虜にしました。 文字盤の塗装作業に没頭したラジウムガールズ達は、放射能を一身に受け 勤務時間が終了する頃には女工自身が発光するようになっていたのです。 暗闇で光るラジウムガールズ達は、その怪しくも幻想的な姿から「ゴーストガールズ」と呼ばれるようになりました。 ラジウムガールズ達はこの特性を利用し、暗闇でも服が光るよう職場にオシャレな服を着て出勤するようになったようです。 放射性物質:ラジウムについて簡単に説明 ラジウムガールズの名前の由来にもなっている ラジウムとは一体どのような物質なのでしょうか。 ラジウムガールズについて詳しくお伝えする前にラジウムの特徴について簡単にご説明しますね。 ラジウムは1898年にキュリー夫妻によって発見された放射性元素です。 発光するという特徴から、以前は蛍光塗料に利用されていましたが、 発がん性がある事が分かったため、現在の蛍光塗料には使用されていません。 しかし、ラジウムが無条件に健康被害を誘発するという事はありません。 現在、日本には微量のラジウムを含む ラジウム温泉というモノが多数存在しています。 ラジウム温泉と聞くと健康に悪そうなイメージがありますが、水中に含まれている放射線はごく少量で人体への悪影響はありませんので安心してくださいね。 もちろん、ラジウムの放射線を大量に被爆すると人体に大きな悪影響が出ます。 ラジウムを発見したキュリー夫人自身も大量の放射線を被爆した事で晩年は体調不良が絶えず、彼女の手記は100年以上たった今も放射線を放っています。 ラジウムは少量なら健康促進に良いとされていた 放射線が人体に悪影響を及ぼすという事はもはや常識ですよね。 しかし、ラジウムガールズ達が活躍した1920年代は放射線の危険性について広く知られていなかったのです。 それどころか微量の放射線であれば健康に良いと考えられていて、「 元気が出る水」としてラジウム入りの水が販売されていたほどなんですよ。 その他にも ラジウム入りバターに歯磨き粉、化粧品等々……。 当時のラジウム信仰が垣間見えますね。 ラジウムガールズの中には笑顔を魅力的に見せるため、 歯に直接ラジウムを塗布していた女性も居たといいます。 今では考えられない事ですよね。 1922年、ラジウムガールズの体に異変が現れる 引用: 彼女に取り巻く痛みは口腔内から四肢にまで進出し、やがて歩行が困難になりました。 モリーを診察した医師は彼女をリウマチだと診断し、 アスピリンを処方しましたが快方に向かう事はなかったのです。 モリーの体を蝕んでいた正体不明の感染症は衰えず、1922年9月12日、口腔内の急速な出血によって24歳という若さでこの世を去りました。 モリーの治療にあたった医師達は彼女の死亡診断書を作成する事になるのですが、 肝心の死因が特定出来ず、苦し紛れに「梅毒」と記載して提出しました。 次々と病に伏せるラジウムガールズ達 モリー・マッジャの体が病魔に蝕まれ始めた頃、 彼女の後を追うようにラジウムガールズ達も体調不良を訴え、命を落とす者まで現れ始めたのです。 中には顎に巨大な肉腫が出来てしまい、大きく人相が変わってしまった女工までいました。 同業者の女性がこれだけパタパタと倒れ始めると、次は自分の番ではないかと恐ろしくなりますよね。 この現状に立ち上がったのが、ラジウムガールズの一人である グレイス・フライヤーを始めとする五人の女工達です。 彼女はラジウム会社を相手取り、ラジウムガールズが被った健康被害と死について責任を追求しました。 ラジウムガールズの健康被害について企業側は労災認めず グレイス達の訴えに対するラジウム会社からの回答は驚くべきものでした。 ラジウムガールズ達の死 健康被害 について、ラジウム会社に過失は一切ないと否定し、さらに「 ラジウムガールズ達は会社の評判を貶めて金をかすめ取ろうとしている」と痛烈に非難したのです。 ラジウム会社は、モリーの死亡診断書を振りかざし、 彼女達の死因は梅毒であると主張しました。 医師が無責任に書いた死亡診断書を利用し、責任の追求を逃れたラジウム会社。 しかし、ラジウムガールズ達の訴えによって企業イメージが悪化し、業績不振に陥ってしまいました。 2年間もの期間、労災を否定し続けてきたラジウム会社は、1924年にしぶしぶ ラジウムガールズの死と夜光塗料の塗装作業の関連性を調査する事になりました。 訴訟を長引かせるために行われた妨害の数々 改めての調査はラジウム会社独自の調査とは別に行われる事となりました。 命を落としてしまったラジウムガールズを改めて検死した結果、 彼女達の死と夜光塗料の塗装作業に関連性がある事が発覚します。 この調査結果を聞いたラジウム会社の社長は大激怒! 今回の調査結果を認める代わりに他の方法で再度研究を依頼する事にしました。 社長が新たに依頼した研究の結果報告は先の調査結果と正反対のもの。 はて、調査内容は大きく変わらないはずなのになぜココまで結果が異なるのでしょう。 社長は自ら依頼した研究結果を根拠に、最初の調査内容について確認を進めていた労働省に虚偽の報告をしました。 こうしてラジウム会社は 正規の調査報告をもみ消す事に成功したのです。 ラジウムガールズ達を勝利に導いた決定的な証拠が明らかに ラジウムガールズ達にとって、女工の死とラジウム摂取の関連性を証明する事は非常に困難な事でした。 当時、ラジウムが危険だという認識は世間にほとんど浸透しておらず、ラジウムを大量に摂取したから健康を害するなんて理論をまともに取り合う人物はほとんどいなかったのです。 ラジウム会社との戦いは圧倒的不利。 形勢は絶望的でしたが、ラジウムガールズ達に転機が訪れます。 ラジウム会社に勤めていた男性職員が亡くなったのです。 この事をきっかけに多くの専門家がラジウムの摂取と健康被害の関連性に関心を示すようになりました。 この経緯を知ると、当時、女性の社会的地位が低かった事が何となく見えてきますね。 引用: ラジウムガールズ達が労働災害を訴え始めて3年が経過した1925年、 医師のハリソン・マートランドがついにラジウムがラジウムガールズ達の体に悪影響を及ぼしていた事を証明し、さらに彼女達の体内で起こっている現象についても説明しました。 マートランド医師は、女工達がラジウムを経口摂取していたため、 皮膚に付着した時の数千倍も大きな被害を被っている事も明らかにしました。 ラジウムガールズ側は、モリーの死亡診断書の審議を確かめるために棺桶を開けての調査も行いました。 そこで目の当たりにしたのは 発光するモリーの遺体。 発光するモリーの姿は、ラジウムによる放射能汚染の決定的証拠です。 さらに周囲の土壌はガイガーカウンターで測定出来るほどの放射能値を確認出来ました。 このモリーの遺体が動かぬ証拠となり、「死因:梅毒」と記載された死亡診断書が虚偽の報告内容である事が白日の元に晒され、ラジウム会社は労働災害の事実を認める結果となったのです。 この証拠が決定打となり、 ラジウム会社は責任を認め、ラジウムガールズ達は賠償を勝ち取りました。 この出来事は、企業の労働者保護に対する意識を変え、 非業の死を遂げたラジウムガールズ達が被爆したラジウムの半減期はおよそ1600年です。 訴訟から100年近く経過した今も、彼女達の遺体は墓の中で光り輝いています。 企業がラジウムガールズに伝えていた嘘 引用: ところが、マネージャーの言葉は 真っ赤な嘘だったのです。 ラジウム会社はラジウムの危険性を認識しており、男性職員はラジウムを直接手で触れる事もなく象牙のトングで扱っていました。 「 危険はない」としながら、男性職員はしっかりと安全対策をしてしていたのです。 さらにラジウム会社の嘘は世間にも広まり、ラジウム入り飲料水や化粧水等に始まるラジウム信仰が広く浸透していく事となりました。 企業で働く女工達からの質問には「 ラジウムは頬をバラ色にしてくれる」等と調子の良い事を吹き込み、ラジウムの危険性については知らぬ存ぜぬという姿勢を貫き通したのです。 まとめ:ラジウムガールズの存在が労働者保護の意識を変えた 今回は 放射線被爆による労働災害についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 ラジウムガールズについて深く調べていると、ラジウムガールズの戦いには当時の女性蔑視がバックボーンとしてあるなと感じました。 ラジウム会社の男性職員が亡くなってやっとラジウムの健康被害に注目が集まる等ですね。 そしてラジウムの危険性を認識していながら虚偽の情報を女工に伝えた会社側の姿勢にビックリします。 インターネットが発達した現代でこのような事をしたら炎上どころの騒ぎでは収まりませんね。 当時は情報を得る方法も限られていて、 嘘を信じ込ませる事も比較的容易だったのかなと思います。 上司が言う事であればことさら信じてしまうでしょうね。 私も目上の人に似たような事を言われたら「 そんなものか……」と納得してしまいそうです。 ラジウムガールズの多くは放射線の被爆によって命を落としましたが、この訴訟がきっかけで 労働者保護の意識が高まり世界各国の労働法が見直される事になりました。 現在、私達の職場で安全が確保されているのは ラジウムガールズが死に物狂いで勝ち取った功績であると言えるのではないでしょうか。 ラジウムガールズ達が歴史の表舞台に登場する事はほとんどありませんが、その多大な功績を忘れてはいけないなと実感しました。

次の