ポケットwi-fi 2年。 2年縛り無し!格安なのに繋がるイオンのポケットWiFi

2年縛り無し!格安なのに繋がるイオンのポケットWiFi

ポケットwi-fi 2年

レンタルWiFiなら1年間だけ利用できる レンタルWiFiは、WiMAXやPocket Wi-FiのモバイルWi-Fiルーターをレンタル会社から借りてインターネットを利用するサービスです。 1ヶ月単位で契約できるため、止めたくなったら翌月には解約することができ、解約金もかかりません。 月額使用料はレンタル業者によって違いますが、よく探してみると通常のWiMAXやPocket WiFiの月額料金と比べて同じくらいか、少し安いところもあります。 このため、レンタルWiFiはポケットWi-Fiを1年間だけ使いたい人に最適なサービスなんです。 レンタルWi-Fiのデメリット レンタルWiFiと通常のWiMAX、Pocket WiFiとを比較して何かデメリットがあるのか気になる人もいるかもしれません。 デメリットは2つあります。 端末は旧モデル 一つは端末が最新のものではない場合が多いことです。 例えばWiMAXだと現時点で最新端末はW06ですがレンタルWi-Fiで提供されているのは旧モデルのW05やW04が多いです。 最新モデルの方が最大速度が速いのですが、最大速度というのはあくまで端末のスペック上の最大値であり、実際の通信で出ている速度(実効速度)ではそれほど大きな差は出ません。 速度は端末の性能よりも使う場所で電波が十分に届いているかの方が重要です。 旧モデルの端末でもWEB閲覧から動画視聴までインターネットは問題なく使えます。 故障・紛失の場合の弁済金 弁償金 端末はレンタル会社から借りている物なので、もし故障させたり無くしたりした場合は弁済金を支払う必要があります。 弁済金の金額はレンタル会社によって違い、1万円~4万円くらいです。 業者によっては端末の補償サービスを用意しているところもあり、月額料金に数百円を追加して支払うことで、端末が故障したり紛失したりした場合の弁済金が無料になったり減額されたりします。 条件は業者によって異なっています。 ちなみに、購入型のWiMAXやPocketWiFiであっても、端末が故障すれば修理費がかかり、無くせば代わりの端末の購入費がかかるため、故障・紛失の場合は費用がかかるのは同じです。 いずれにしても、レンタルWiFiは端末は丁寧に扱い、無くさないように十分気を付けて使っていく必要があります。 おすすめのレンタルWiFi 上で説明したデメリットを受け入れられるなら、レンタルWiFiはお得で便利なサービスです。 ここからは、1年使うことを想定した場合にお勧めのレンタルWiFiを紹介します。 クラウドWiFi WiFi東京レンタルショップというお店が提供しているサービスで「クラウドWiFi東京」とも呼ばれています。 従来のように端末にSIMカードを入れて使うのではなく、クラウドサーバー上の複数のSIMカード情報から使用場所に応じて最適なものを自動で端末に適用して通信をする 「 クラウドSIM」という仕組みを採用しています。 これにより、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアの回線に対応していますが、実際にはSoftBank回線に繋がることが多いので、そのつもりで利用してください。 別途海外利用料を支払うことで外国でもそのまま使えるので、海外旅行へよく行く人も注目です。 クラウドWiFiのサービス条件 契約期間は1か月単位なので最初の1か月の後はいつでも無料で解約できます。 契約時の事務手数料は3,980円で、月額料金は3,380円です。 使用回線、端末機種、通信容量は次のようになっています。 使用回線 端末機種 容量 4G LTE (SoftBank・au・docomo) U2s 無制限 (例外の制限条件あり) 端末は「U2s」というクラウドSIM対応の機種を使います。 操作方法は電源ボタンを押すだけでシンプルなので誰でも簡単に扱えます。 通信容量は無制限となっていますが、使い放題というわけではなく以下の制限条件が設けられています。 ・著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をした場合に概ね384Kbpsに制限する場合がある。 ・違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合に利用停止を行う場合がある。 月にどれくらい使ったら占有するレベルと見なされるのかは不明確ですが、他の類似サービスを参考にすると1日5GBくらいのペースで月間150GB程度は使えると考えられます。 支払い方法はクレジットカードのみです。 クラウドWiFiの端末損害金と補償サービス 端末の故障や破損、紛失をした場合の損害金は25,000円となっています。 オプションで付けられる端末の補償サービスは月額400円で、これを利用していると故障や破損の場合は無料となり、紛失・盗難の場合は負担額が15,000円に減額されます。 なお、補償オプションを付けてない場合でも、 レンタル開始から1年以内の自然故障なら運営側で補償してもらえます。 ひと月ごとの契約でWiMAXやPocketWiFi(ソフトバンク回線)の端末をレンタルして利用します。 止めたくなったら解約申込みをした月の翌月末で解約金無しで解約できます。 解約後の端末返却送料はユーザー負担ですが郵便局のレターパックライトを使えば370円です。 縛りなしWiFiのサービス条件 契約時の事務手数料は3,000円です。 使用回線、端末、使える通信容量、月額料金は各プランで次のようになっています。 また、端末の在庫状況によっては上記以外の機種が送られてくる場合もあるため、端末はどれでも構わないという人向けのサービスです。 通常プランは1日2GB超えると当日だけ速度制限されるため 月間60GBは高速で使えることになります。 料金が安いライトプランは月間20GBを超えると月末まで速度制限されます。 WiMAXプランは制限条件は3日で10GBなので、制限がかからないように使った場合 月間100GB程度は高速のまま利用できます。 支払い方法はクレジットカードのほかに口座振替も可能ですが、 口座振替の場合は別途初期費用として4,000円かかります。 (口座振替対応の別のレンタルWiFiは) 縛りなしWiFiの弁済金と補償サービス 端末の故障や水没、紛失をした場合の弁済金は39,800円となっています。 任意で加入できる補償サービスとして「安心サポートプラン」が月額500円(税抜」で、これを利用していると弁済金が10,000円になります。 なお、縛りなしWiFiでは契約期間がない「縛りなしプラン」のほかに3年間の契約期間がある代わりに月額料金がさらに安い「縛っちゃうプラン」というのもありますが、1年間だけ利用したい場合は間違えないようにしましょう。 支払い方法がクレジットカードのほか 口座振替もあるので、カードを持っていない人でも利用できます。 端末の発送料は無料で、解約時の端末返送料は利用者負担ですがレターパックライトなら370円です。 SPACE Wi-Fiのサービス条件 契約事務手数料は無料となっています。 月額3,680円(税抜)です。 回線と端末は次のようになっています。 WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W04 ソフトバンク Pocket WiFi 801ZT こちらも基本的にユーザー側で回線や端末を指定はできません。 申し込み時の在庫状況に応じていずれかの端末が送られてきます。 ただ、住所がどちらかに対応エリアになっていない場合には希望を受け付けるようです。 速度制限条件は以下の通り。 ・WiMAXは3日10GB越えると翌日に一時的に制限 ・ソフトバンクは1日2GB越えると当日だけ制限 この条件の通信量ギリギリまで利用すれば WiMAXなら1か月で100GB弱、ソフトバンクなら60GB弱は使える計算になります。 SPACEWiFiの弁済金と補償サービス 端末が故障・紛失の場合は弁済金として4万円がかかりますが、月額500円の端末保証サービスに加入すると1万円になります。 月額料金と補償料を合わせると月4,180円(税抜)です。 1か月単位契約のレンタルWi-Fiだと最初の1か月使用後はいつでも止めたいときに解約でき、解約金もかかりません。 予定が変わって1年未満で止めたり、1年以上使い続けることもできます。

次の

WiMAXの乗り換えのベストなタイミングは契約更新月!お得に乗り換えできる方法を解説!

ポケットwi-fi 2年

ポケットWiFiを買いたいけど、どこの業者から買っていいかわからない人多いですよね。 電気屋さんやショッピングモールに行けば、営業マンの方が今一番安いのはコレですと教えてくれますが、それが本当か嘘なのかわかりません。 電化製品と違い「価格. com」で調べても、どれが本当に安いのかわかりません。 当サイトから購入する必要はありませんが、ポケットWiFiの一般的な料金を知っておきましょう! 安いWiFi10社の価格一覧(比較) 安いWiFiを選ぶうえでの注意点としては、• 高額な初期費用がかからないか• 最初の1,2ヶ月だけ安くない• 速度制限は有る?自分にあったデータ通信量を選ぼう 大きくわけて3つあり、特に注意した方がいい点としては、 3年契約なのに、最初の1、2ヶ月だけ安くして、業界最安値級と語ってるポケットWiFiです。 選しました。 Nextmobile 2,400円 月20GB 2年契約 総支払額57,600円• GMOとくとくBB(割安プラン) 2,170円~3,480円(高額キャッシュバック)月間無制限 3年契約 総支払額122,660円• カシモWiMAX 1,380円~ 月間無制限 3年契約 総支払額130,368円• Broad WiMAX 2,726円~ 月間無制限 3年契約 総支払額128,626円• So-net WiMAX 3,380円~ 月間無制限 3年契約 総支払額145,656円• BIGLOBE WiMAX 3,980円~ 月間無制限 1年契約 総支払額47,760円• GMOとくとくBB 3,609円~(高額キャッシュバック)月間無制限 3年契約 総支払額152,160円• UQ WiMAX 3,880円 月間無制限 2年契約 総支払額93,120円 料金比較表だけだとみづらいので、おすすめする3社をピックアップしました。 ネクストモバイル 月20GB月額2,400円• Mugen WiFi 無制限 月額3,280円• ネクストモバイルなら 月額2,400円と格安でWiFiが利用できますが月20GBの速度制限があります。 Mugen WiFiは月額3,280円と少し高いですが、 通信制限はなく使い放題のポケットWiFiです。 3日で10GBの速度制限はありますが、最大速度1. 2Gbpsの人気端末W06が無料で貰えます。 月どれくらいデータ通信量を使うかで契約するポケットWi-Fiが変わってきます。 たくさん動画を視聴したいという人は制限がかからないどんなときもWiFiがおすすめです。 料金を徹底比較する前に「必ず」知っておくこと ポケットWiFiは毎月キャンペーンが変わったりして、ホームページの情報が古いときがあります。 当サイトでは毎月更新を心がけており、常に最新の情報を掲載するようにしておりますが、 契約時は必ず公式サイトの料金プランをご確認ください。 なお、ポケットWiFiは携帯電話と一緒で、 2年契約 or 3年契約の縛りが有ります。 最近は特に3年契約が多いです。 契約期間の途中で解約すると違約金が請求されてしまいますので、注意が必要です。 違約金の金額は契約プロバイダーによってかわってきますが、一般的に1万円~3万円前後となっております。 解約する理由として、「電波が入らない」と理由が上位を占めておりますので、電波状況については公式サイトにて必ずチェックしてください。 携帯電話会社とのWi-Fiの契約はおすすめしていません docomo、au、SoftBankの3キャリアと直接ポケットWiFiの契約はおすすめしていません。 なぜなら• docomoのポケットWiFi 月5GB 月額6,400円• auのポケットWiFi 月間無制限(3日で10GB制限) 月額4,380円• SoftBank 月7GB 月額3,696円 docomoとSoftBankは無制限ではなく月に5GBと7GBといった速度制限があるにも関わらず月額料金が高いです。 auの場合はWiMAXと使えるエリア、速度、通信制限、全て同じにも関わらず、WiMAXよりも高い月額料金となっておりおすすめできません。 当サイトでは、 携帯キャリアから購入するよりも、月額料金が安いポケットWiFiを解説しています。 ご自分にあったポケットWiFiを選んでいってください。 auスマホを利用中の人は、WiMAXを契約すれば毎月のスマホ代が安くなる「auスマートバリューmine」のオプションを利用できます。 そのためauユーザーの人にはWiMAXをおすすめしています。 カシモWiMAXは最安ではない! カシモWiMAXは1,000円台から使えるポケットWiFi、激安で使えるという書き込みを多く見かけますが、 1,000円台で利用できるのは最初の1,2ヶ月だけとなっており、3年間のトータル費用を考えると、もっと安いプロバイダーはたくさんあります。 カシモWiMAX 3年間合計額 130,368円 GMOとくとくBB 3年間合計額 122,660円 上記のとおり、GMOとくとくBBの方が安く使えて、GMOの場合は5,000円キャッシュバックも貰えます。 何も知らずにカシモWiMAXを契約してしまう人が多いので、気をつけてください。 また、 カシモWiMAXは2年契約の受付が終わってしまい、3年契約プランのみとなっております。 カシモWiMAXの2年契約のプランは月額料金も安くおすすめできたのですが、3年契約になると3年目の月額料金が高いため現在はおすすめしておりません。 月額料金を安く、契約期間の縛りをなくすなら「縛りなしWiFi」今大人気! 無制限のWi-Fiを安く使いたいのであれば レンタルWi-Fiの「縛りなしWiFi」が一番おすすめです。 解約金0円、月額料金3,300円で月間無制限のポケットWiFiが利用できます。 レンタルという事で避けられがちですが、 3年契約プラン(縛っちゃうプラン)なら「 月額2,800円」という 訳のわからない激安料金設定となっています。 縛っちゃうプランは契約期間の縛りがあるので無理ですが、縛りなしプラン(月額3,300円)であれば いつ解約しても契約解除料を取られることはありません。 デメリットとしては、端末がレンタルのため、利用終了後は返却しないといけません。 人の使った端末を使いたくないという人にはレンタルは向いておりませんが、これだけ安く使えるのは「縛りなしWiFi」だけです。 月額3,300円で解約費0円という驚異的な安さのレンタルWiFiです。 短期間の利用でもいいですし、長期間使い続けても良いですね! 当サイト経由でもかなりの人がレンタルをしています。 解約金0円の縛りなしWiFiは月額料金3,300円とおすすめです!! 2020年5月 1番安いポケットWi-Fi ネクストモバイル 月20GBの高速通信が月額料金2,400円 ネクストモバイルでは「20GB 2,400円」「30GB 2,700円」と2つのプランを用意しております。 一番安く使える20GBプランは大人気ですが、30GBも料金が安いです。 ポケットWiFiを安く使うならネクストモバイルです。 ネクストモバイルのメリットとして• 2年契約• 月額料金が安い• 月20GB迄高速通信可能• SoftBank回線• 工事不要の最短即日発送 安いWiFiで2年契約と言う事無しのポケットWiFiです。 月20GBじゃ足りないと言う人は、30GBプランという選択も有りです。 しかも、FS030WのモバイルルーターはSIMフリーです。 ネクストモバイルの契約期間が終わったら格安SIMを入れて安く使うことも可能です。 月額料金 2,400円 お支払い方法 クレジットカード(一部のプランは口座振替有) 安いWi-Fiと言えばネクストモバイル月額2,400円!! 月間無制限の安いWiFiはどこ? ネクストモバイルは月20GBの制限がありますが、 WiMAXのギガ放題プランのように月間無制限の安いプロバイダはどこでしょうか。 2年契約のWiFiはネクストモバイルを除いてほぼ終了しましたので、ここからは3年契約のWiFiの紹介になります。 GMOとくとくBB WiMAX(割安プラン) 3年間総支払額:122,660円• Broad WiMAX 3年間総支払額:128,626円• So-net WiMAX,Biglobe WiMAX 3年間総支払額:145,656円• カシモWiMAX(最安級プラン)3年間総支払額:130,368円• hi-ho WiMAX 3年間総支払額:132,080円• UQ WiMAX 3年間総支払額:155,628円• mobile(無制限プラン)3年間総支払額:155,628円• JP WiMAX 3年間総支払額:131,100円(1万円キャッシュバック有) 2018年12月までは、GMOの次に安いのがSo-net WiMAXでしたが、 2019年1月よりSo-net WiMAXの月額料金が3,380円から3,620円に値上がりされたため、 Broad WiMAXの方がSo-net WiMAXよりも安くなりました。 上記のように安いWiFiのプロバイダは日々変化していきます。 今日安いのがGMOでも明日はわかりません。 損をしないためにも購入前に料金をチェックしましょう。 3年契約 月間無制限の安いWiFiは「GMOとくとくBB WiMAX」 高額キャッシュバックで有名なGMOとくとくBBですが、実は キャッシュバックを無くした 月額料金が安いプランもあります。 GMOとくとくBBの割安プランは• 初月 月額2,170円の日割• 1ヶ月目~2ヶ月目 2,170円• 3ヶ月目~36ヶ月目 3,480円 上記の通り、安くポケットWiFiを利用する事ができます。 GMOとくとくBBの割安プランのメリットとして• ギガ放題プラン• au 4G LTE無料• 機種代金無料• 送料無料• 最短即日発送(平日15:30,土日祝日14:00迄)• auスマートバリュー適用可能• 20日以内キャンセルOK 他社と比較するとサービス内容も充実していて、 GMOとくとくBB以外の選択肢ってまず有り得ません。 注意点としては、3年契約が終わる時に解約をしないと自動で3年契約が更新されてしまいます。 4年目以降の月額料金は4,263円と高くなってしまうため、必ず3年で解約するようにしましょう! GMOとくとくBBのネット上の評判は悪かったりもしますが、充実したサービスと月額料金の安さはWiFi業界トップクラスです。 GMOとくとくBBなら最初の 2ヶ月間2,170円の3ヶ月目以降も3,480円と格安で月間無制限のWi-Fiが利用できます! 3年契約 月間無制限の2番目に安いWiFiは「Broad WiMAX」 2019年に入ってから各社が値上げをする中で、以前と同じ月額料金でギガ放題が使えるBroad WiMAXです。 気づいたら 3年契約の中で2番目(GMOの次)に安いWiFiとなっていました。 さっそくBroad WiMAXの月額料金を見ていきましょう!• 初月2,726円の日割り• 1~2ヶ月目 月額2,726円• 3~24ヶ月目 月額3,411円• 25ヶ月目以降 月額4,011円 25ヶ月目以降は4,011円と月額料金が少し高いですが、 3年の総支払額で見ると安いWiFiです。 Broad WiMAXのメリットとしては• 他社WiMAXからの乗り換え時にBroad WiMAXが違約金負担• 8日以内なら初期契約解除制度有• 渋谷・秋葉原・大宮・梅田の店舗で当日受取可能• 最新機種はもちろん全端末無料• PC・タブレットのセット販売有 乗り換え時の違約金負担や、ノートパソコンセットの販売等、他社では行っていないサービスが多いのがBroad WiMAXの特徴です。 Broad WiMAXを申込みお客様で多いのが、GMOとくとくBBはちょっと嫌だなという人が申し込む傾向にあります。 GMOよりは少し高いですが、他社と比較すれば安く使えます。 WiMAXのプロバイダで2番目に安いBroad WiMAX。 他社からの乗換えなら一番お得です! 完全無制限WiFiで安いのは「ポケモバクラウド」 ポケモバクラウドは今流行りの無制限WiFiの中で、月額料金最安値で利用できます。 制限なしのWiFiと言えば「どんなときもWiFi」でしたが、どんなときもWiFiは通信障害を度々発生したため、新規受付を停止しております。 なお、料金面でもポケモバクラウドの方が月額3,250円と格安で利用できます。 そのため「 安いポケットWiFiを探している」という人におすすめできます。 本当に無制限に使えるか当サイトで検証を行った結果、月に300GB使用しても高速通信が使えているのを確認しています。 毎日動画を視聴したい、ゲームで利用したい、携帯の通信料金を安くしたいという人におすすめのポケットWiFiです。 月々2,760円で月20GB迄使えるWiFiは今まで存在していません。 それ程お得なキャンペーンということです。 なお、毎月20GB以上利用予定の人は、無制限のポケットWiFiを選んだほうが間違いありません。 「」のページにて、無制限のポケットWiFiはどれを選んだら一番お得かを説明しております。 さらに格安のWiFiを求めるならWi-Fiのレンタルを使おう!! ポケットWiFiのレンタルならWiMAXのギガ放題プランが月額3,200円で利用できたり月25GBプランが2,500円となっており、 プロバイダと契約するよりも安くWi-Fiを使う事が可能です。 WiFiレンタルのメリットとして• 契約期間の縛りが無い• 月額料金が安い• 自然故障なら端末交換無料 となっており、一度レンタルした事ある人は、購入よりもレンタルをおすすめする傾向にあります。 理由としては月額料金が安いということです。 レンタルにはデメリットもありますので気をつけてください。 初期費用が高い業者がある• キャッシュバック等のキャンペーンが無い• 端末が故障した場合弁済金を請求される場合がある• 最新機種が使えない、端末が選べない• 在庫に限りがあるため使いたいときにレンタルできない場合がある 上記のようにレンタルでは基本的に端末を選ぶ事ができません。 もし壊してしまったら、自然故障以外の場合は弁償しなければいけなかったりとリスクもあります。 それでも、激安でWiFiが使えるようになるので、WiFiのレンタルも考えてみてはどうでしょうか。 「」にてレンタルのWiFiを比較しておりますのでぜひご覧ください。 一番安くWiFiを使いたいのであれば、レンタルWiFiを検討してください。 但し端末が故障したときに弁償するというリスクはついてきますので覚えておいてください。 例えば格安SIMで有名な楽天モバイルで契約した場合、 端末代(MP01LN)10,800円(分割も可能)が発生しますが、 月額料金は「3GB 900円」「5GB 1,450円」「10GB 2,260円」と格安でWiFiを持つことができます。 何故10GB以下は格安SIMがおすすめかというと、 格安SIMは月20GB以上になると料金が高額になります。 楽天モバイルでは「20GB 4,050円」となっており、ネクストモバイルの20GB 2,400円と比較する圧倒的ネクストモバイルが安いのがわかります。 楽天モバイルでは、ポケットWiFiのプロバイダでは行っていない「 余ったデータ通信料を翌月に繰り越し」できるサービスを行っております。 毎月上限まで使う人は少ないと思いますので、今月はデータ通信たくさん使いそうと言う月まで繰り越しておくのもいいですね。

次の

【2020年最新】プロが選ぶモバイルルーターのおすすめ機種はコレだ!

ポケットwi-fi 2年

外出先でも場所を選ばず、高速のネット環境を楽しめる 「ポケットWi-Fi」。 できるだけ速くて安いポケットWi-Fiがいいけれど、 「たくさんサービスがあって選べない」 「1社ずつ比較して選ぶのは大変…」 など、ポケットWi-Fi選びでお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、• ポケットWi-Fi提供会社への聞き取り調査• ポケットWi-Fi販売員への聞き取り調査• ポケットWi-Fi利用者へのアンケート調査 をもとに、 主要ポケットWi-Fi5社を徹底比較して、編集部おすすめのポケットWi-Fiをご紹介します。 あわせて、 「 おすすめのルーター」や 「各社の料金プラン」についても詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 先に、おすすめのポケットWi-Fiが知りたい方は、「」をご覧ください。 なおこの記事では、 ポケットWi-Fiに関する知識について専門家に監修を頂いています。 1のポケットWi-Fiは 「WiMAX」です。 上の表にある通り、WiMAXの魅力は何と言っても、主要ポケットWi-Fi5社の中でも、 最速のネット通信を無制限プランでたっぷり使えること。 さらに、20社以上あるWiMAXプロバイダの中で、 実質月額が最安の「GMOとくとくBB」から申し込めば、どこよりもお得にWiMAXを利用することができますよ。 GMOとくとくBBってどんな会社?• 契約前には対応エリアもチェック! この記事でご紹介しているポケットWi-Fi5社はいずれも、 幅広いエリアでのネット通信に対応しています。 しかし、自分がポケットWi-Fiを利用する場所がネットに繋がりやすくなければ、 いくら対応エリアが広くても意味がありません。 そのため、ポケットWi-Fiの契約前には、 「自宅やよく行く場所が対応エリアに含まれているか」を必ずポケットWi-Fi各社の公式サイトで確認するようにしてくださいね。 通信速度 WiMAX 1,237Mbps Y! ただし、各社が公表している最大通信速度は理想的な環境が整ったときに出せる最大値で、 実際の通信速度はその10分の1以下(数Mbps~数十Mbps程度)になることがほとんどです。 ポケットWi-Fiの通信速度は、 利用エリアや回線の混雑状況などの通信環境によっても大きく変わってきます。 しかし、 最大通信速度が速いほど実際の通信速度も速くなるのが一般的なので、通信速度にこだわりたい方は、 ・WiMAX ・Y! mobile ・ソフトバンク の3社の中から選ぶのがおすすめです。 一方で、 「NEXT mobile」「どんなときもWiFi」はルーターのスペックが低いため、上記3社と比べると通信速度はやや劣ります。 データ通信量(月) WiMAX 無制限/7GB Y! mobile 無制限/7GB NEXT mobile 30GB/20GB ソフトバンク 50GB どんなときもWiFi 無制限 多くのポケットWi-Fiのデータプランは、 「無制限プラン」と 「容量別プラン」の2つに分かれます。 このうち、編集部のおすすめは、 月間データ通信量を気にせず使える「無制限プラン」です。 上の表にある通り、 主要ポケットWi-Fi5社の中で無制限プランがあるのは、 ・WiMAX ・Y! mobile ・どんなときもWiFi の3社で、動画の視聴やネットゲームなど、 データ容量が大きいサービスも安心して楽しめます。 一方で、「NEXT mobile」「ソフトバンク」には無制限プランがないため、 月間データ通信量を超えると月末まで速度制限されてしまうため注意が必要です。 速度制限 WiMAX あり(短期制限) Y! そのため、 月間データ通信量を超えると月末まで速度制限されてしまいます。 この月間制限は、 月末までと期間が長く、通信速度も128Kbpsと非常に低速で、動画の視聴が難しくなるなど、ほとんどネットが使えない状態になってしまうので注意しましょう。 一方で、「WiMAX」「Y! mobile」の無制限プランには月間制限はありませんが、 直近の3日間で10GB以上使うと短期的に速度制限がかかってしまいます。 ・WiMAXの短期制限 …翌日18時から翌々日2時まで約1Mbpsに速度制限 ・Y! mobileの短期制限 …翌日18時から翌々日1時まで約1Mbpsに速度制限 しかし、1MbpsはYouTubeの標準画質レベルが視聴可能な速度で、制限される時間も8時間程度と短いので、 「WiMAX」「Y! mobile」の速度制限はそこまで気にする必要はありません。 唯一、主要ポケットWi-Fi5社の中で、 「どんなときもWiFi」だけは月間制限も短期制限もないので、速度制限を全く気にすることなく利用することができますよ。 実質月額 WiMAX 3,577円(無制限プラン) Y! 上の表にある通り、無制限プランを実質月額3,600円以下で利用できる 「WiMAX」が最安で、次いで「どんなときもWiFi」が割安になります。 一方で、「NEXT mobile」「ソフトバンク」は、 データ通信量に対して実質月額が割高になってしまうので注意しましょう。 WiMAXならスマホとのセット割でさらにお得に! WiMAXプロバイダの中には、 auやUQ mobileのスマホとセットで使うことで、毎月のスマホ料金が割引されるセット割を提供している会社もあります。 ・ auスマートバリューmine … auのスマホ料金が毎月最大1,000円割引 ・ギガMAX月割 …UQ mobileのスマホ料金が毎月300円割引 セット割を使えば毎月の通信費をカットできるので、 auやUQ mobileのスマホをお使いの方はセット割にも注目してみてくださいね。 結論!おすすめNo. 1のポケットWi-Fiは「WiMAX」です。 高速のネット通信を、データ通信量を気にせずリーズナブルな料金で利用できるため、 これからポケットWi-Fiを契約する方には最適です。 なお、WiMAXを契約する際は、 20社以上あるプロバイダの中でも実質月額が最安になる「GMOとくとくBB」から申し込めば、最もお得にWiMAXを利用することができますよ。 ・3大キャリアのLTE提供エリアで通信可能 ・利用エリアに合わせて最適な回線を自動選択 など、 通信可能エリアがとても広いため、出張先や旅行先でも安心して利用することができます。 通信速度の最大値はWiMAXに劣りますが、実測値は数Mbps~数十Mbps程度であることが多く、 安定した通信を利用できます。 また、どんなときもWiFiの無制限プランには、 「3日間で10GB以上使うと速度が遅くなる」といった速度制限もないので、データ通信量が大きい動画やネットゲームなども安心して楽しむことができますよ。 SIMカードを挿入して電源を入れるだけの簡単設定です。 ルーターの設定はとても簡単で、ルーターが届いたら、 同梱されているSIMカードをルーターに挿入して電源をオンにします。 これで、 ルーター側の設定は完了です。 あとは、 PCやスマホの無線LAN接続画面でルーターに同封されているセキュリティキーを入力するだけで、すぐにポケットWi-Fiを利用することができるようになります。 なお、詳しい設定方法については、 ポケットWi-Fi各社の公式サイトで解説されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 まとめ いかがでしたか。 この記事では、 主要ポケットWi-Fi5社を徹底比較してきました。 最後に、一覧でまとめておきますので、ぜひ参考にしてください。

次の