アルトサックス もてる。 吹奏楽での楽器の決め方!担当パートの向き・不向きを考える

吹奏楽での楽器の決め方!担当パートの向き・不向きを考える

アルトサックス もてる

ぶっちゃけ、楽器が出来てもモテないやつはモテないw サンボマスターって知ってるかい?日本語ロックとして一世を風靡した。 が、ある番組のコメントで、ちっともモテるようにならないと言っていたよ。 良い歌歌うんだがね。 そういう人と会う機会を増やしたいのであれば、サックスもバイオリンも 一通り出来て、ソレ相応の服装をし、尚且つ社交性にも磨きをかけるべきではないかな。 あるいは、育ちの良い家なら、必ずといっていいほど幼少からの教育でピアノや バイオリンをやっているだろうから、それ以外の楽器だね。 はっきり言って楽器を持っていればもてるというのは幻想です。 3さんの仰るとおり、弦楽器と管楽器では単価がまるで違いますので(プロだと弓だけで百万単位です)、ヴァイオリンを持っている方の方がお嬢様である確率は高いように思います。 そしてヴァイオリンの方が上達が難しいことを逆手にとって、まずヴァイオリンを嗜まれるお嬢様をみつけて、「ヴァイオリンを始めたいんだけど独学じゃ無理なんだって?教えてくれないかな?」と接近するというのはいかがでしょう。 ちなみにサックスもゼロからの独学は難しいですので念のため。 A ベストアンサー サックスにはソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスがあります。 ソニー・クラークはピアノ奏者ですがブルーマイナーはジャッキー・マクリーンがアルトサックスで参加しています テー・サックスに近い低めの音程で。 アルトサックスはテナーサックスに比べると小さいので教習所への持ち運び等の取り扱いに有利です。 同じく小さいので指のポジションも取りやすいので初心者には適していると思います。 いずれのサックスでもマウスとリードが重要ですが、最初はミディアムで練習され、上達されれば自分なりの物を選定出来るようになると思います。 各諧調の音程練習を繰り返し、これを完全にこなせる様になることがその後の上達に繋がります。 腹圧をかけ長く続く腹式呼吸と唇を締める練習も必要です。 運指は自然に身に付くと思います。 音楽的知識をどの程度お持ちかはわかりませんが、自分だけで独学したり、仲間内で練習していては安易な吹き方になってしまい続きません。 ましてジャズにはシンコペーションといって強弱を反対に取る演奏法です。 教習所へ行かれ基礎力を付けることがなによりも重要です。 専門的ではなく、簡単なアドバイスで申し訳ありませんが、独学でテナーサックスをやったことがある者の経験上の話しです。 サックスにはソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスがあります。 ソニー・クラークはピアノ奏者ですがブルーマイナーはジャッキー・マクリーンがアルトサックスで参加しています テー・サックスに近い低めの音程で。 アルトサックスはテナーサックスに比べると小さいので教習所への持ち運び等の取り扱いに有利です。 同じく小さいので指のポジションも取りやすいので初心者には適していると思います。 いずれのサックスでもマウスとリードが重要ですが、最初はミディアム... A ベストアンサー ヴァイオリンがお好きなご様子を 文面から拝見させていただきました。 さて、15万円の予算でボディとのことでした。 この価格帯で、本当に掘り出し物を 見つけたいというのであれば、 時間と労力を惜しまれない事が必要になると思われます。 この問題は、あなたならば苦にならない事でしょう。 小さな工房を数多く、かつ何度も足を運びましょう。 そう頻繁にHITするものではありません。 具体的にお店や工房をご紹介することは 不適切と思われますので ここでは控えさせていただきますが、 東京、横浜、名古屋、大阪、福岡、札幌等であれば、 自分には心当たりがあります。 ですから、根気強くお探しください。 老婆心ながら一言。 その価格帯といって、 量産品に甘んじない事です。 もう一つ、いくら気に入った楽器があっても、 決して即決しない事をお勧めします。 複数回、日時を異にして、 お持ちの弓で何度も吟味される事をお勧めします。 また、書込みさせていただきます。 いい楽器にめぐり合われます事を 心よりお祈り申し上げます。 Q バイオリン 中古はそんなに手入れが大変? こんばんは。 バイオリンを習い始めて半年の者です。 今まで先生の楽器を借りていましたが、そろそろ自分の物を買ったほうが良いとの事で どう選んだらいいか迷っています。 先生は文京楽器さんと親しいので、そちらのものなら紹介できるそうです。 しかし東京に行くたび、色々な弦楽器専門店を訪ねると、 50年前のヨーロッパのバイオリンの音が、深みがあっていいなぁと思いました。 中古は手入れが大変で、初心者は避けたほうが良いとも聞きます。 これはどれ程大変なのでしょうか? が一方で、中古を扱っているお店の人は「それほど大変でもないよ。 中古が深みが合っていいよ」と言います。 残念ながら初心者なので(まだスズキの2巻目・途中。 第一ポジションのみ) まだ満足な試奏もできてないと思いますし、判断できません・・・。 試奏に必要な技術とは何でしょうか? 最低でもサード・ポジションは必要ですか? よろしくお願いします! バイオリン 中古はそんなに手入れが大変? こんばんは。 バイオリンを習い始めて半年の者です。 今まで先生の楽器を借りていましたが、そろそろ自分の物を買ったほうが良いとの事で どう選んだらいいか迷っています。 先生は文京楽器さんと親しいので、そちらのものなら紹介できるそうです。 しかし東京に行くたび、色々な弦楽器専門店を訪ねると、 50年前のヨーロッパのバイオリンの音が、深みがあっていいなぁと思いました。 文京楽器さんのは、弦楽器フェアできいた200万円のものと 今は販売してい... A ベストアンサー そうですか・・・・・委託販売も買取も無く売るだけと成ると・・・・・ 新品40万は後で安値に叩かれそうですね・・・・・。 1.「最初から良い楽器で練習した方がいいよ。 45万円ぐらいのからかなり音が違うから」 2.「40万円~のを買っても、5年ほど経てば飽きてもっと良いものが欲しくなるよ。 今度は100万越えだ! だから、最初は20万ぐらいのにしといて、貯金に励んだほうがいいよ」 1)の意見も2)の意見も両方とも正しいんです。 考え方の違いだけなのです。 ヴァイオリンの世界は上を見たら何千万。 弓も1,000、2,000万も有りますから(冷汗) オーケストラの方が使用して居るのがこのクラスです。 普通の家庭で趣味でやるなら~~「どの位の金額までで 押さえ、止めるか」なんです。 「幾らかけても良い裕福な家庭なら」何も悩む事は無いんです・・・・・。 恐らく、5年位で 彼方は40万のヴァイオリンでも満足出来なく成るかと思います・・・・・。 また、20万のヴァイオリンで教本のどこまで行けるか・・・・・。 良いヴァイオリンは弾き込んで行くと徐々に本体の水分が振動で飛び、響く様に成って来ます。 本当の響きが出るのは10年では無く、50~100年かかる。 だから厳密には「中古」とは言わない。 ただ表面のニスが非常に柔らかく晴れた日の車内では高温で溶けてしまう程。 ですから本体は専用の布か非常に柔らかいベビーガーゼ(今は無いかも)等で軽く拭くだけです。 あと、乾燥に弱い(湿度30%を切ると割れる可能性も有ります) 趣味の範囲だと良い個体で 新品価格で ヴァイオリン120万、弓50万がある意味で限界です。 だから 新品価格で120万位の中古のヴァイオリンを皆さんが欲しがるのです。 話がそれました。 私はたまたま楽器専門店の貸しスタジオでレッスンを受けてるから良いのですが・・・ もし私が、貴方の立場なら・・・・・悩むけど・・・ヴァイオリンは「弓」と「弓の使い方」だから・・・・・ 40~50万以内の良い弓を先生に依頼して買い、ヴァイオリンは20~30万に抑える。 その内にヴァイオリンに限界点が来るから。 その期間内に貯金をして中古の掘り出し物が出たら 買う。 40~50万の弓なら~新品価格120万クラスのヴァイオリンでも余裕ですから。 貴方とは周りの環境が違うので・・・あくまで私の個人的な考えですが・・・・・。 宝くじで50万当たったら~即、45万のあの弓 買うけど・・・・(苦笑) でも、とても家族には本当の値段は言えません。 そうですか・・・・・委託販売も買取も無く売るだけと成ると・・・・・ 新品40万は後で安値に叩かれそうですね・・・・・。 1.「最初から良い楽器で練習した方がいいよ。 45万円ぐらいのからかなり音が違うから」 2.「40万円~のを買っても、5年ほど経てば飽きてもっと良いものが欲しくなるよ。 今度は100万越えだ! だから、最初は20万ぐらいのにしといて、貯金に励んだほうがいいよ」 1)の意見も2)の意見も両方とも正しいんです。 考え方の違いだけなのです。 ヴァイオリンの世界は上を見... A ベストアンサー 演奏する姿勢はチェロの方が自然です。 バイオリンは初心者の場合アゴが痛くなります。 音程はバイオリンの方が弦が短い分、取りやすいです。 どちらの楽器もある程度弾きましたが、どちらが初心者向きということはないですよ。 細かい 音の 動きができる分、バイオリンの方が曲を演奏するには初心者でも楽しめるかもしれません。 この辺りは好みです。 私は音色でチェロの方が好きです。 「小さいころからやっていないと満足に弾く事もできない」というのは、プロを目指すのでなければ迷信と考えて良いです。 ただ、鍵盤を押せばとりあえず音は鳴るピアノに比べると、ある程度曲を弾くまでは両方とも時間がかかります。 そこは鍵盤楽器と弦楽器の個性の違いです。 バイオリンかチェロ。 お好きな楽器を楽しんでください。

次の

吹奏楽での楽器の決め方!担当パートの向き・不向きを考える

アルトサックス もてる

Contents• ストラップの役目 そもそもサックス用のストラップとはどんな物なのか、どんな役目があるのか知っておきましょう。 腕への負担がかからない様にする 当然ですが、楽器はタイプによって相当重たいのもありますが、これを腕と指だけの力で常に支えるというのは、過酷すぎます。 (ソプラノサックスであれば多少耐えられるかも) それを、補ってくれるのがストラップです。 演奏補助 ストラップ一本で楽器を支えてくれるので、我々プレイヤーが自由に指を動かせるのです。 上記にも書きましたが、ストラップがない状態で、演奏するには相当の気合と筋力が入ります。 その上、指を早く動かす(運指操作)と言うミラクルな動きは基本出来ません。 その為に、ストラップが腕の代わりに楽器を支えてくれているのです。 楽器の種類にあった長さを選ぶ ストラップには、それぞれ楽器の種類によって長さが異なります。 中には、全てにおいて使用できる物も御座いますが、 基本的には、「アルト・テナー用」とか「テナー・バリトン用」としているので 購入前に確認しておきましょう。 ストラップのタイプ選び ストラップには3つのタイプがあります。 用途に合わせて選ぶ様にしましょう。 サックス用ストラップの中で一番ポピュラーな物で、楽器購入時の付属品としてもついているタイプです。 メリット• 手軽に装着できる• 価格も比較的安い• 演奏中の動きが自由になる• 種類が多いのでデザイン性にこだわりがもてる デメリット• 片方の肩にかけるタイプと両肩にかけるタイプがあります。 メリット• 首の負担がなくなる デメリット• 片方の肩にかけるタイプでは、バランスが偏ってしまうので、演奏中の姿勢に歪みがでたりする可能性がある• 演奏中の動きに制限がある• また、演奏中の呼吸のしやすさなどにおいても非常にスムーズに行えます。 メリット• 首や肩への負荷を分散してくれる• 演奏中の呼吸のしやすさも上がる• ホールド感があるので、楽器が固定出来る• 楽器の重量感が嘘の様に軽く感じる デメリット• 比較的高い• 演奏中の動きに制限がある• このフックにも素材が2種類あります。 「プラスチック」でできている物 「金属」でできている物 それぞれの違った特徴があるので用途に合わせて選ぶ様にしましょう。 プラスチック製 一般的に多く使われているのが「プラスチック製」になります。 メリット• (金属製に比べて)楽器に傷を付けにく• 安価 デメリット• 壊れやすい(私も何度か壊れてしまった経験あります。 高い楽器を購入しても付属される物はあっけなく壊れるケースが良くあります)• 音色が落ちる(金属に比べサックスの振動が伝わりにくい為) 金属製 響きを重視される方にはこちらがおすすめ メリット• サックスの振動が伝わりやすい金属では、音の響きがプラスチックに比べて良くなるとされています。 (素人が聞いても解らないと思いますが、サックス歴が長くなるにつれプレイヤー側としては違いはわかってきます。 壊れにくい(私の経験上、壊れた事が無い) デメリット• 金属剥き出しのタイプであれば、錆びる可能性がある• 価格は高め• 楽器を傷つけやすい(カチンと楽器に当たる度に焦る) フックスの形状を選ぶ フックにもいくつか形状があります。 「S字」形状 「スナップ」形状 こちらも、用途に合わせて選んでください。 おすすめは、「スナップ形状」 S字形状 S字形状に比べて、引っ掛けてロックできるので装着製は多少面倒ではありますが、 楽器を落とすリスクを減らしてくれるという点では、特に初心者にはおすすめです。 おすすめ ご説明した種類から私がおすすめするタイプをご紹介 演奏中の稼働においても自由が効く事と、胸元への圧迫感が少ない事を考慮すると こちらの商品がおすすめです。 実際私も愛用しています。 形状・素材・タイプ・デザイン この中で、ご紹介した物は本当に一部です。 プレイヤーのスタイルに合わせて持っていただければいいと思いますが やはり、「2本持ち」は必須です。 おわり 良いサックス人生を 独学の人にはこちらもおすすめしています。 カテゴリー: 、.

次の

サックス|楽器/楽譜|山野楽器

アルトサックス もてる

サックスの種類 まず、サックスはどのようなものがあるのでしょうか。 サックスの種類によって価格差もあるのでしっかり見ていきましょう。 音域別の種類 サックスは基本的に出せる 音域別に種類が細かく分かれています。 中でも一般的な物として 4種類のサックスがあります。 それぞれの特徴を見ていきましょう。 ソプラノサックス ソプラノサックスは、一般的な4種類のサックスの中でも、 最も高音域を出すことができるサックスです。 形状は一般的にイメージされるU字のサックスのものもありますが、 ストレートなタイプが主流です。 ソプラノサックスは、サックスのアンサンブルなどで、他のサックスをリードするような役割を担当することが多いです。 有名メーカーの新品のサックスを参考にすると 25~150万円ほどの価格です。 アルトサックス アルトサックスはサックスの中でも最も一般的に演奏されることが多く、音域も 中音域で幅広い演奏が可能です。 そのため、初心者の方にも扱いやすく、流通量も多いので価格も 初心者向けの安価なものが多くあります。 有名メーカーの新品のサックスを参考にすると 14~200万円と仕様に合わせて幅広くなっています。 テナーサックス テナーサックスはアルトサックスより音域は下ですが、こちらも 中音域のサックスで、アルトサックス同様に 幅広い演奏に用いることができ、人気のサックスです。 流通量としてもアルトサックスに並び一般的なので、価格が安い 初心者向けのものも多くあります。 有名メーカーの新品のサックスを参考にすると 20~250万円ほどの価格です。 バリトンサックス バリトンサックスは一般的に用いるサックスの中では、 最も低い音域のサックスです。 そのため本体も大きく、サックスを支える 体力や肺活量も必要とします。 流通量も 比較的少ないサックスです。 有名メーカーの新品のサックスを参考にすると 50万~180万円ほどの価格です。 その他のサックス 一般的な4種類のサックスの他に、ソプラノより高音域に ソプラニッシモサックスと ソプラニーノサックス、バリトンサックスより低音域に バスサックス、 コントラバスサックス、 サブコントラバスサックスがあります。 これらのサックスは 一般的に個人で所有したり、使用する人は少ないです。 そのため、ソプラニッシモサックスやソプラニーノサックスで 50~150万円ほどの価格になり、コントラバスサックスやサブコントラバスサックスは世界や国内にも数本しかない貴重な楽器のため 300~500万円もの値段が付きます。 サックスの種類による値段の差 サックスは基本的に 音域が低くなるにつれて、本体そのものが大きくなっていきます。 本体が大きくなるということは金属や塗料など使用される材料も多くなっていきます。 そのため 低い音域のものは高くなる傾向があります。 しかし、サックスの価格は材料の多さだけでなく、 希少性や 需要も関係しています。 一般的に量産されているソプラノ・アルト・テナー・バリトンサックスは初心者向けの安価な物もありますが、それ以外のサックスは安価な物は少なく価格帯も高くなっています。 レベル別のサックスの値段 サックスの種類と価格帯について知識が深まったことでしょう。 では、次に初心者用のものから上級者向けのものまでどのぐらいの価格帯のものが主流なのでしょうか。 レベル別に見ていきましょう。 初心者向けのサックス 各楽器メーカーから出ている 初心者向けのサックスとしては、 数万円程度のものから20万円前後のものが多いでしょう。 しかし、品質で考えれば数万円前後のものは、それ相応の品質になります。 しっかりと始めて、これからも長く続けるのであれば、保障やメンテナンスがしっかりしたYAMAHAやYANAGISAWAなどの有名メーカーの20万円前後のものを購入するのが良いでしょう。 中級者向けのサックス 中級者向けのサックスは初心者向けのサックスより少し高くなります。 価格帯としては 30万円前後から60万円程度のものが主流でしょう。 初心者向けのサックスより少し高くなる中級者向けのサックスですが、余裕があれば初心者であっても、いずれ中級者になることを見越して、中級者向けのサックスを購入するのも良いでしょう。 上級者~プロ向けのサックス 上級者やプロのサックス奏者は、どのぐらいの価格のサックスを使っているのでしょうか。 有名サックスメーカーが上級者、プロ向けとして販売しているのは 80万円前後から200万円前後のモデルが多いです。 一般的でないサックスが必要な場合もあるので、種類によっては、さらに高いこともあるでしょう。 サックスに必要なアイテムと値段は? サックスを始めるにあたって、サックス本体以外にも必要なものがあります。 これらの費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。 また、消耗品など定期的にかかる費用はないのでしょうか。 マウスピース サックス本体に息を吹き込むのに必要なのが マウスピースです。 マウスピースは使用頻度にもよりますが、摩耗したり、リードとの相性を考えたりして交換が必要な場合があります。 そうした場合には別途購入することとなるでしょう。 マウスピースは一般的なもので 安くて約5,000円から、高いもので5万円ほどのものがあります。 リード リードは、振動してサックスの音を発生させている薄い板のようなものです。 このリードも、使用するごとに消耗していきます。 音の元になっているので、しっかりとメンテナンスして悪くなれば交換しなければいけません。 10枚や5枚など複数本セットで販売されていて、 安いもので10本2,000円ほど、高いもので5本5,000円ぐらいの価格です。 リガチャー リガチャーは、リードをマウスピースに固定するための金具です。 このリガチャーはあまり消耗することはありませんが、リードやマウスピースとの相性によって変えることもあります。 価格帯としては 3,000円から高いもので2万円ぐらいの価格です。 ストラップ サックスを持つ際は、 ストラップをつないで首にかけて持ちます。 1,000円程度のものから2万円前後の価格帯で販売してあります。 自身が持ちやすく、負担の少ないストラップを選びましょう。 コルクグリス コルクグリスは、マウスピースをネックに取り付ける際の滑りをよくしたり、マウスピースとネックをしっかりと密着させて、息を漏らさない役割があります。 価格としては 500円程度です。 ケース 楽器を持ち運ぶ際や保管する際に必要なのが、 ケースです。 種類もソフトケースやハードケースがありデザインも様々です。 価格も 5,000円前後から5万円ほどの幅があります。 メンテナンス用品 楽器を綺麗な状態で保つためには、 メンテナンス用品も必要です。 サックスは表面に、ほこりや汗などの汚れが付いたり、管楽器なので管の中に水分が溜まります。 使用した後はしっかりと クロスや ブラシ、 給水シートなどを使ってよく拭いて、 ポリッシュや オイルを使ってメンテナンスしましょう。 どれも1,000円ほどで購入できます。 サックスの練習にかかる費用 サックスや周辺アイテムを購入して、これから始めようとする場合に問題になるのが、 練習に掛かる費用です。 近隣の迷惑にならない家であれば問題ありませんが、サックスは生音が大きい楽器であるために、 騒音にならないよう気をつけて練習しなければいけません。 練習アイテムの値段 自宅で練習しようとする際に必要になってくるのが、サックスの音を抑える ミュートと呼ばれるアイテムです。 サックスの音が出るベルの部分に取り付けて使うタイプのものや、サックスを本体を覆うケースのようなタイプのものなどがあります。 ベルに取り付けて使用するミュートは、 おおよそ1~5万円で購入することができます。 サックスを覆うタイプのミュートは 約5万円ぐらいで購入できます。 また、練習アイテムとして 教本や 楽譜、 メトロノームもあるとよいでしょう。 特にスクール等に通わずに独学で弾きたい曲を練習しようと考えるのならば、 数千円ほどで楽譜や教本を購入するのが良いでしょう。 練習場所にかかる費用 自宅以外で練習する際にかかる費用はいくらぐらいでしょうか。 自宅以外に騒音対策ができている室内となると 貸スタジオや カラオケになります。 どちらも 1時間1,000円ほどで利用できます。 また、 近隣の公共施設を利用することも考えられます。 こちらの方が安く練習できる場合も多いので、近くに楽器練習が可能な施設がないか確認してみましょう。 スクールに通う費用 最も上達のスピードも速く、しっかりした基礎が身につくのは、専門の講師の方がいる スクールに通うことでしょう。 スクールはおおよそ 1時間4,000円ほどで通うことができます。 スクールによっても練習内容やサックスのレンタルサービスの有無など内容は違うので、よく確認して自分に合ったスクールを見つけましょう。 自分のレベルと好みに合ったサックスを選ぼう サックスは様々な種類があり、品質や仕様によって価格も様々です。 そうした中で、適正な価格とトータルでどのぐらいの費用が掛かるかを理解して、今後大切にして気持ちよく練習できるような、自分に合ったサックスを選びましょう。

次の