テンション 類語。 「士気が下がる」の意味・例文・類語!モチベーションとの違いは?

「テンション」と「モチベーション」の意味の違いと使い分け

テンション 類語

「昂る」の意味とは? 「昂る」の類語や言い換え・似た言葉• 「昂る」の言葉の使い方• 「昂る」を使った例文• 「昂る」を使った言葉• 「昂る高ぶる」の対義語• 「昂る」と「高ぶる」の違い 「昂る」の意味とは? 「昂る」の意味は、 「気分が高揚して興奮すること・ハイテンションになって興奮すること」や 「偉そうに尊大な態度を取ること」になります。 昂るの漢字の 「昂 コウ・ゴウ 」は常用漢字にないため、現代では 「高ぶる」の漢字表記の方が一般的になっていますが、 「偉そうに尊大な態度を取ること・奢って横柄な振る舞いをすること」という意味は、厳密には 「高ぶる」という漢字表記を当てる方が望ましい表記になります。 昂るの 「昂」という漢字は、 「高まる・上がるなどの勢いの良さ」を意味する漢字であり、精神状態が興奮・高揚してハイテンションになっている時などに 「昂る」という言葉を使うことができます。 現代では 「昂る」と 「高ぶる」の意味の使い分けは国語辞典でもされていないので、 「昂る」を 「偉そうに尊大な態度を取ること・奢って横柄な振る舞いをすること」の意味で用いても間違いであるとは言えません。 「昂る高ぶる」の対義語 「昂る 高ぶる 」の対義語として、 「謙虚になる・敬意を払う」 「冷静になる」 「落ち込む」 「抑制する・リラックスする」 「安定する」などを上げることができます。 「昂る 高ぶる 」には複数の意味がありますが、 「偉そうな物言いをする・尊大な態度を取る」という 「昂る」の対義語は 「謙虚になる 相手にへりくだる ・敬意を払う 相手を敬う 」ということになります。 心理的に興奮したり高揚したりする 「昂る」の対義語は、精神状態がクールダウンしていくという意味で 「冷静になる・落ち込む・落ち着く」などになります。 程度が激しくなって亢進するという意味の 「昂る」に対する対義語は、 「抑制する・安定する・リラックスする」などになってくるでしょう。

次の

テンションの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

テンション 類語

「感情が高ぶる」について 感情が高ぶるという表現を聞いたことがあるでしょうか。 子供の入学式や卒業式で感情が高ぶる、合格の知らせを聞いて感情が高ぶる、結婚式等において感情が高ぶる、などという経験をしたことがある人もいるかもしれません。 ここでは感情が高ぶるという表現について紹介します。 「感情が高ぶる」の意味とは 感情が高ぶるというのは物事に触発されるなどして気持ちが高まる様子を指しています。 例えば、最近ではテンションが上がるという言い回しがよく使われますが、テンションが上がるという表現は感情が高ぶるという表現とよく似た意味を持っています。 例えば子供が入学式や卒業式に参加するとテンションが上がりますよね。 このような状態を感情が高ぶるというのです。 「感情が高ぶる」の言葉の使い方 感情が高ぶるというのは気持ちが高揚する、興奮状態に陥る、などという意味で使われています。 日常的にもよく使われる表現ですし、ビジネスにおいてもよく使われます。 「感情が高ぶる」を使った例文 ここでは感情が高ぶるという表現の例文を紹介します。 どのような場面で使われるのかぜひ知っておきましょう。 「感情が高ぶる」の例文1 「子供が初めて歩いたときには感情が高ぶりました」 生まれたときには全然動けなかった赤ちゃんが、徐々に床を這うようになり、つたい歩きをし、1人で歩くようになります。 自分の子供が初めて何にも掴まらず、1人で歩いた瞬間を見たときには感情が高ぶったという人もいるのではないでしょうか。 それ以外にも子供が寝返りをした、などという時に感情が高ぶるという人も多いですね。 「感情が高ぶる」の例文2 「親友が自分をかばってくれている姿を見て感情が高ぶった」 人間関係においては、誰かが自分の悪口を言い、誰かが自分に対してネガティブな感情を持つ、ということもありますよね。 誰かが知り合いの悪口を言っている姿を見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。 しかし、もしも誰かが第三者に対して自分の悪口を言っていた時、その人が自分をかばってくれたら感情が高ぶるという人も多いでしょう。 自分を守ってくれる人がいるのは心強いことです。 「感情が高ぶる」の例文3 「文化祭の空気を吸い、感情が高ぶった」 高校の時などには文化祭など様々なイベントがありますよね。 そんな時には準備にも余念がなく、ずっと前から楽しみにするという人も多いのではないでしょうか。 そしていざ当日、その空気を吸うと感情が高ぶったという経験を持つ人もいるでしょう。 また、イベントが終わった時、特に高校3年生でイベントを終えたときには感情が高ぶるという人も多いかもしれませんね。 これはワクワクするという意味であり、気持ちが高ぶるということを表しています。 「感情が高ぶる」の類語や類義表現 ここでは感情が高ぶるという表現の類義語を紹介します。 感情が高ぶるという表現以外にも様々な言い回しをしておきましょう。 「テンションが上がる」 先ほども述べた通り、テンションが上がるという表現は感情が高ぶるという表現の類義語です。 気持ちの面でやる気が出てくることや元気が出ることを指しており、それ以外にも気持ちが高ぶること、気持ちが高揚すること、などという意味を持っています。 「奮い立つ」 奮い立つという表現は心が勇み立つ、それをしようと決意し、勇気を出す、という意味を持ちます。 日常的にはあまり使われる表現ではありませんが、気持ちが高揚するなどという意味も持っています。 気力が溢れる、やる気が高ぶるという意味合いを持ちますので、しっかりと意味を押さえておきましょう。

次の

「昂る」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

テンション 類語

気分が高揚する、気分高まる、緊張感が高まる、気分が弛緩する、気分が緩む、緊張感が緩む、いろいろ表現できると思います。 ただ気になるのは、気分とか緊張感という言葉は古い言葉ではなくてい、今でも、また誰でも使っている日本語です。 だから、私だったら「テンションって古い言葉で表現するとなんでしょうか?」とは聞かずに、「テンションって日本語で表現するとなんでしょうか?」と質問しますね。 「テンションが上がる」と言っている方の可笑しさ、次の歌の可笑しさに重なりますね。 京の五条の オン ザ ブリッジ ビッグ ボーイの弁慶が ロング長刀ふりまわし 牛若目掛けてカット イン 前やバックやライト レフト ヒヤーと思えばまたゼアー スワローのような早業で デビルの弁慶 アイム ソーリー A ベストアンサー こんにちは。 真剣に考えると中々一筋縄ではいかない問題ですね。 最近ではマスコミなどでも良く用いられるようになった「テンション」は「気分」というような意味で使われていることが多いです(こうした外来語は「日本語」の一つとなってしまった時点で元の意味からずれてしまっていることが殆どですね)。 「気分」の中でもその「高揚感」のような部分を指していると思って頂いても良いかと思います。 「テンションが高い・低い」は「気分に高揚感があるか・ないか」、つまり「気分が盛り上がっているか・いないか」ということを意味している場合が多いからです。 「モチベーション」なども殆ど同じような意味に使われることもありますが、どちらかというと(何かに臨む際の)「やる気」に属するものを指して使われることが多いかもしれません。 比べると「テンション」のほうはそういった目的性とは無縁であることも多いように思います。 言い回しがわかり難かったらすみません。 A ベストアンサー はじめまして。 ご質問1: <これはどちらが どちらも? 正しいのでしょうか。 > どちらも正しいです。 ご質問2: <「やも」は昔からある言葉ですと書かれていました> その通りです。 ご質問3: <昔からっていつからなんでしょう?? > 万葉集の時代(奈良時代)には、既にこの用法の「や」は存在していたようです。 1.この「や」は係助詞「や」になります。 (1)終助詞「や」の用法も考えられますが、「~やもしれぬ」と、文末が連体形で止まる用法から来ていることから、「係助詞+連体形」の文法規則から、係助詞と判断できるのです。 (2)この用法は 1)疑問の意を表す 2)問いかけの意を表す 3)反問・反語を表す などの用法が、前後文脈や状況によって使い分けられます。 > その方は昔の方か、時代劇をよくご覧になっている方ではないでしょうか? 1.現代口語では上記で説明した係助詞「や」は、「か」にとって変わられています。 2.現代口語でこの用法の「や」の名残が残るのは、「~するや否や」の「や」などに若干残る程度で、それ以外は詠嘆や呼びかけを表す間投助詞の働きなどに限定されます。 3.また、係助詞の用法の「や」を使って「~やもしれぬない」という語法を取る人は、古語の「や」と現代語の「ない」を組み合わせていますから、バランスがとれた語法とはいえません。 「や」を使うなら、否定語も「ぬ」と古語でバランスをとるべきです。 例: 「~やもしれぬ」 4.ご質問にある「~やもしれない」は、こうした古語と現代語のミックスした使い方で、昔の言い方を踏襲している方か、時代劇をよくご覧になっている方が、現代語風に使った意い方と推察されます。 5.ただ個人的には、聞く側としてはそれほど違和感はなく、特に気になるほどの間違い、とも思いません。 以上ご参考までに。 はじめまして。 ご質問1: <これはどちらが どちらも? 正しいのでしょうか。 > どちらも正しいです。 ご質問2: <「やも」は昔からある言葉ですと書かれていました> その通りです。 ご質問3: <昔からっていつからなんでしょう?? > 万葉集の時代(奈良時代)には、既にこの用法の「や」は存在していたようです。 1.この「や」は係助詞「や」になります。 (1)終助詞「や」の用法も考えられますが、「~やもしれぬ」と、文末が連体形で止まる用法から来ていることから、... Q 最近、PS2のソフト『アマガミ』というギャルゲーがやりたくなりまして…… PS3でもできるのかなぁと思いまして質問しました。 PSPバージョンは持っているのですがどうしてもPS2ソフトバージョンがやりたいのです。 それで、友達に聞いたところによるとPS3の初代ではPS2ソフトもできたらしいのですが、今のPS3だとできないらしくて… でも、どうしてもPS3やりたいんです。 僕は今、PS2もPS3も持っていないので……できれば新しい型でプレイしたいのです どうしたらよいでしょうか?? PS3を買ってプレイステイションストアからダウンロードするとPS2のソフトでもPS3でできますかね?? 下手くそな質問内容ですいません。 回答をお願いします。 A ベストアンサー 今販売されているPS3でPS2のソフトを使うことは出来ませんよ 初期型のPS3はPS2のチップを搭載していたので使用できましたが、今のPS3はコストカットの為そのチップを搭載するのを辞めたのです なので、絶対に使うことが出来ません ですが、最近になってようやくPS2ソフトのダウンロード版が発売されてきました 欲しいソフトがあればPS3本体にダウンロードすることでプレイできます なので、欲しいソフトのダウンロード版があればPS3を買えばいいし、なければPS2本体を中古で買うなりすればいいのです 質問を読む限り、PS2で特別遊びたいソフトがアマガミ以外ないように思えます それならPS3を買えばいいです 一度PS3で遊んでしまうと画面がキレイすぎてPS2のゲームはプレイしたくなくなりますよ 自分も3買ってから一度もPS2のゲームは起動すらしたことないですので A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の