暗黒 デッキ。 【デッキ】暗黒の祝福

【シャドバ】暗黒ウィッチのローテーション最新デッキレシピと立ち回り【シャドウバース】

暗黒 デッキ

どうも、最近はヒキョリくんのサクセスチームとの対戦で少し招き猫事情が潤っているトワツユです 元々招き猫持ってくる確率も悪くなかったですし、特に複数枚消費が開始してからはサクセスチームも良く出るようになったので美味しいですね 私事ですが1月は王座決定戦で粘っていたのとその後も円卓野手育成にハマっていたため中旬にしてストアの招き猫が枯渇する事態に陥っていたため今月は大切に使っていきたいですね さて今回は、鳴響投手育成について書いていきたいと思います 今更かよ…と思われそうですが、以前までは津乃田もそうですが投手育成においては前イベのキャラクターがあまり良いキャラがいなくて苦労してたんですよね ようやくまともにデッキが組めそうなので最近育成に着手しましたが、今回は育成記事を上げる前にデッキ編成における候補となるイベキャラについて考察していきたいと思います 立ち回りと実際の育成の様子については次回以降の記事で詳しくまとめていきます 目次• 228件のビュー June 8, 2020 に投稿された• 138件のビュー December 10, 2018 に投稿された• 37件のビュー October 11, 2019 に投稿された• 36件のビュー December 11, 2018 に投稿された• 34件のビュー June 10, 2020 に投稿された• 31件のビュー April 8, 2020 に投稿された• 30件のビュー December 16, 2018 に投稿された• 25件のビュー April 20, 2019 に投稿された• 23件のビュー March 14, 2020 に投稿された• 23件のビュー June 9, 2020 に投稿された.

次の

「ストラクチャーデッキ-混沌の三幻魔-」3箱で作る【三幻魔】デッキを紹介!!

暗黒 デッキ

W・ブレイカー このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに自身の墓地に置く。 このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、相手は自身の手札をすべて捨てる。 に代表されると、を離れた時にを撃つという、豪快で強力なを持つ。 ためと共に奇襲をかけられるのも利点。 なので、なしにを送りにできる。 にはがいるため、もう1つのののは軽減できる。 他にもや、など相性のいいは多い。 にも強力なを持つ、を持つなどが存在し、登場当初とは段違いにが恵まれている。 された時に放つも見逃せない。 うかつにするとを全て叩き落とすので、相手の反撃を封じ込めることができる。 少なくともをためらわせることができるので、耐性としても期待できる。 ただし、相手の場に既に大型が揃ってしまっていると焼け石に水という場合も少なくない。 やはり、可能な限り素早くしたいところ。 また、には普通にされるので、見かけほどの突破力は無い。 事前にしておけるといいだろう。 不安定ながらも強力なとして、を組む価値はまだまだあるだろう。 専用デッキについては「」を参照のこと。 安定性は低いが、2ターン目に、3ターン目になどの4マナのと繋げることで、4ターン目にすることができる。 2ターン目になどを使えばマナカーブ的にも上手くつながり、尚且つアドバンテージ稼ぎにもなるが、そこまで来ると相当な運が必要となるので適当な軽量獣をゼキラで破壊して進化するのが妥当か。 リメイク版にがある。 の条件が緩くなるなど使いやすくなっているが、やの関係でこちらにも十分価値があるだろう。 収録時は5周年マークがついているが、他のは右下にマークがあるのに対し、このはその場所にである事を示すがあり、その邪魔になると思われたのか、の左下にマークが記されている。 このほかやなども同じような扱いを受けている。 のでイラスト枠が惑星型に変わった。 の胸のあたりにが吸収されているのが見える。 映画でものに使用されており、関連性がある。 また、絵師によると「はと胸」らしい。 やが強化されていた為、大分召喚しやすくなっていたが、の登場によって一層出しやすくなった。 進化元の用意がほぼ必要なくなり、《ジュヴィラ》自身も進化条件を達している為、非常に相性が良い。 漫画「デュエル・マスターズ」では、が戦で使用。 とを進化元に召喚され、勝舞が2枚ので追加したをし、ダイレクトアタックも決めた。 番外編でもが使っており、「デュエル・マスターズFE」でもが何度か使用。 デュエルマスター・トーイ戦では両者が使用し、となっている。 初登場時はにとどめを刺したクリーチャーという触れ込みで登場した。 収録時よりも昔の環境でこいつがいれば勝利に勝てたのも分かる気がする。 アニメでは「デュエル・マスターズ ゼロ」にて、登場以降は敵キャラクター達が度々使用。 「VSR」ではザキラのの効果により、墓地のとをにされ、とハンデス効果によりバサラを苦しめた。• なお原作での使用イメージが強いため感じにくい人もいるだろうが、アニメではザキラが登場した原作や時期の都合上、不死鳥編〜戦国編の惑星型フェニックスやゴッド関係、ロマノフ一族などの大型クリーチャーに移行していたため、デスフェニックスが切り札として使用されるのはアニメではほぼ初めてである。 (正確には「チャージ」第51話の回想シーンでも登場しているがザキラ自体はこの時点ではを切り札としていた)• では、映画オリジナルキャラクターのが持つ2枚の切札のうちの1枚(もう1枚は)。 とをにされる。 によって暴れたが、最終的にによってされる。 映画の関係で、ゲーム「ロックマンエグゼ5」にバトルチップ「デスフェニックス」としてゲスト出演している。 彼方では相手のチップを使えなくするような相当の効果ではなく(その効果を持ったチップは「」である)、「直前に使ったナビチップをもう1度使える」という、当時デュエマにはなかったに相当する効果となっている。 他作品において、それも間接的にではあるものの、実際にができるよりも先に、デュエル・マスターズでの概念を初めて扱ったのはこの《デス・フェニックス》だったのである。 [ ] の。 固有のと、場を離れた時の何らかのを持つ。 《暗黒王デス・フェニックス》• 関連カード [ ]• 背景ストーリーのラスボス [ ]• Prev:• Next:• 収録セット [ ]• illus. illus. 参考 [ ]•

次の

【オセロニア】呪いと竜のコンビネーション!暗黒竜デッキの戦術・おすすめレシピ

暗黒 デッキ

《暗黒の魔王ディアボロス》は 2018年3月10日発売のストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-で登場しました。 2007年3月8日発売のストラクチャーデッキ-暗闇の呪縛-で登場した《魔王ディアボロス》のリメイクカードでもあり、ランキングデュエル2019 — 1st -で配布されたデュエルフィールドにもなっています。 カード名となっているディアボロスはラテン語で悪魔という意味があり、《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》のイラストなどからその名の通り 暗黒世界の魔王であることが分かります。 暗黒の魔王ディアボロスの効果やステータス解説 ここからはステータスや効果やステータス、分類について詳しく見ていきましょう。 1 :このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。 3 :自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。 相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。 暗黒の魔王ディアボロスの使い方解説 レベル8、闇属性、ドラゴン族の効果モンスターとなっており、《トレード・イン》のコストや《エクリプス・ワイバーン》による除外ゾーンを経由したサーチ、《復活の福音》による蘇生など、非常に多くのドラゴン族サポートカードに対応している優秀なモンスターです。 その他にも《ドラゴン・目覚めの旋律》によるサーチも行えることから手札にも加えやすく、様々なデッキで活躍が期待出来ます。 (1)の効果について 自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に手札・墓地から自身の特殊召喚を行う効果は誘発効果です。 対象を取らず、ダメージステップでの発動は行えません。 裏側表示の自分フィールドのモンスターがリリースされた場合にも、元々の属性が闇属性であれば効果の発動を行えます。 リリースはコストや効果などを問わないため、アドバンス召喚のためのリリースや儀式魔法などのリリース、 《幻想召喚師》などの効果によるリリースなども全て有効です。 また、リリースを行って発動された効果処理によって自身が手札に加わった場合においても効果の処理後に効果の発動を行うことができますが、墓地へ送られている場合は効果の発動が行えないため注意しましょう。 (2)の効果について モンスターゾーンに存在する限り相手はリリース出来ず効果の対象にもできない効果は永続効果です。 相手からリリースをされないことから 《海亀壊獣ガメシエル》などの壊獣モンスターにも強く、対象を取らない効果か戦闘でしか除去されない点は非常に強力です。 リリースと対象に出来なくなるのは相手だけなので 《痛み分け》などの相手プレイヤーにリリースを強要するルール介入型のカードには弱い点に注意しましょう。 また、リリースができないのは相手だけなので、自分が儀式召喚やアドバンス召喚を行う際にリリースすることが可能な点も忘れないようにしておきましょう。 (3)の効果について 自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動出来る効果は起動効果です。 ハンデスを行いますが、手札に戻すカードは相手が選び、デッキの一番上または下かも相手が選びます。 ハンデス効果のための自身のリリースをトリガーに自身の特殊召喚効果の発動を行うことはできませんが、同名モンスターが手札か墓地に存在していれば特殊召喚を行う効果の発動が行えるため複数枚 《暗黒の魔王ディアボロス》を採用している場合には積極的に効果を使用していきたいところです。 暗黒の魔王ディアボロスと相性の良いカード 暗黒の魔王ディアボロスは闇属性モンスターのリリースをトリガーとするため、 《ジュラゲド》や 《リンクリボー》などの能動的にリリースを行うことができるカードと好相性です。 闇黒世界-シャドウ・ディストピア-を利用することで自身の効果で相手モンスターをリリースしながらハンデス効果に繋げられるだけでなく、後続の同名カードの特殊召喚にも繋げられるなど複数枚採用しておいても腐りにくいカードでもあります。 闇属性、ドラゴン族となっていることから 《妖醒龍ラルバウール》とも相性が良く、《金華猫》などの効果で《妖醒龍ラルバウール》を特殊召喚しつつ《暗黒の魔王ディアボロス》をサーチできます。 その後フィールドの《金華猫》と《妖醒龍ラルバウール》をリリースして《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を特殊召喚することで自身の特殊召喚に繋げつつランク8のエクシーズモンスターの展開も行うことができます。 《妖醒龍ラルバウール》は《リンクリボー》のコストにも利用できるため、合わせて採用しておきたいカードとなっています。 まとめ 汎用除去手段として多くのデッキで採用されている壊獣モンスターに強く、専用の構築を行うことで容易に展開することができる強力なモンスターです。 リンクリボー以外のエクストラデッキのカードをあまり利用しないことから自由度も高く、扱いやすいカードとなっています。 攻撃力も3000と高くアタッカーとしても活躍し、展開力の高さを活かして繰り返し手札・墓地から展開を行いましょう。 《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》との併用で除去性能も向上するためアドバンテージも得やすく、リリースを行うギミックを採用した闇属性主体のデッキにおいては積極的に採用しておきたいモンスターです。 今後登場する闇属性モンスターやリリースカードによっては更なる活躍が見込めるカードとなっています。

次の