ピティナ 全国 大会。 ピティナF級、全国大会決勝での審査 : まさひろ瓦版

第41回ピティナピアノコンペティション全国大会&表彰式&祝賀会

ピティナ 全国 大会

この「ドングリの背比べ」というのは、あまり良い意味ではない。 で、私が聞いた印象は非常に良く弾けているので、「どんぐり」というよりは、宝石に例えてあげたかった。 同時に比較することは難しい状況。 これを関本くんは「レベルが低い」と言っていたから、音楽の道は厳しい。 小林仁先生はバロックの弾き方についての、参加者たちの意志というか、解釈というか、全く見えてきていないと言われていた。 武田先生も然り。 「斎藤さんは?」と聞かれたが、私はその現世では誰も見ることができないバロックの真実とかにはあまり興味はない。 「まあ確かに古典はね、難しいから」みたいなことを言いつつ、本当はドビュッシーのエチュードに問題があると思っていた。 基本的に毒のあるような妖しい曲なので、まともなタッチでキチンと弾かれても、そんなの0点みたいなものだ。 それを中学生に求めるのもどうかと思ったり。 私の採点はこの優秀な人が集中する中で、はっきり入賞できる人をセレクトしなければいけないという、いつもながら無理してつけている採点。 80点以下はあまりつけないようにと言われているから、ほとんどの人が80点。 そうしないと誰を評価しているのかがわからないでしょ?要するにイエス・ノーでつけている。 当日不調だったのか、プラス解釈が間違えていたので、70点台が二人出してしまったけど、もちろんこのお二人も上手なことは間違いない、もう少し楽譜をきちんと読み込む必要はあると思う。 90点台は演奏がより安定していたり、解釈に説得力があったりした人。 95点の二人は個性を感じさせてくれた。 私はこの子たちは採点が割れるかもしれないと予想していたけど、個性と説得力は演奏家の第一条件だし「君は上手だったよ」ということもメッセージで送りたかったので、高い点をつけた。 すばらしいことに、他の審査員も同じ意見だったらしく金・銀になった、めでたしだ。 さらに金銀銅に関しては関本くんと全く同じ95、95、90だったので笑ってしまった。 審査は大当たり。 もちろん90点をつけたけど下の方になってしまった子も1人、2人いたようなだが、それも地獄耳の私が上手いと思ったんだから、大丈夫 爆笑。 この道はがっかりなんかしないで頑張るしかない。 それは我々も含めての話。 新情報やコンサート企画等。

次の

概要

ピティナ 全国 大会

ピティナの予選通過の割合 ピティナコンクールも全国各地区で予選大会が開催され 地区本線、全国大会へとすすみます。 A2級 だいたい半分くらいです。 A1級以上 3分の1~3分の1弱くらいで、開催場所によっては 4分の1程度の時もありましたが、 最低で30パーセントくらいでしょう。 難易度の高いコンクールではありますが審査員の好みなど 地区によってさまざまなな事が違うので 精一杯自分の演奏を心がけましょう。 ピティナ予選通過レベル ピティナコンクールの本選は、地区予選と違って 出場者のミスもとても少なくて完成度が高いので レベルがとても高いので予選の時よりも ピリピリしている雰囲気があります。 予選を併願している子も多く、早い時期にある予選は、 早く決めたい子が遠方からも来る為 コンクール自体のレベルも難易度高くなります。 ピティナコンクール本選の常連さんは、 予選の時点で本選曲を練習していることがとても多いです。 全国大会 地区本線から全国決勝に進む割合は、大体30人に1人位です。 50人の大型地区でも2人位しか進むことができないとても狭き門です。 決勝に行ける子はかなりそれなりの練習を時間をかけているでしょう。 全国を真剣に狙うのなら、簡単だと思う位の曲を選ぶ事がポイントです。 余裕を持って弾ける曲は、とても審査員には聞きやすく かつ表現も伝わりやすいので、カット数にも少なくなります。 決勝レベルになると、上下カットの点数で8. 8位とってます。 学びとまとめ ピティナコンクールは本選に進むのはかなり難しいだけあって、 かなり独特な表現力をもつ子が評価されていたりします。 初めてピティナコンクールに参加される子は 独特の雰囲気に負けそうになるくらいですが 練習の成果を出すことを目標に、頑張って弾き切りましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の

渡部由記子ピアノ教室の詳細情報|ピアノ教室紹介

ピティナ 全国 大会

奨学金 奨学金100万円を福田靖子賞(第1位)受賞者に授与• 最終選考後、福田靖子賞原則1名を選出。 受賞者は、海外で勉強する目的・渡航先・期間等を明確にし、公益財団法人福田靖子賞基金事務局へ報告することが義務づけられる。 2位以下の3名程度にも、奨学金が与えられる場合がある。 これらは、賞金としてではなく、海外のアカデミー・研修会・音楽祭等への渡航費・滞在費補助として、実際の渡航が決定した際に支給される。 補助対象となるアカデミー・研修会は、公益財団法人福田靖子賞基金事務局で、内容・意義・規模・主催者その他の要素を考慮し、その都度審査または紹介して、支給の可否を決定する。 福田靖子賞及び入賞者の奨学金授与は、実用英語検定(英検)3級以上を取得している者(またはそれに準ずる英語力を確実に有する者)を対象とする。 (選考会参加の時点で取得している必要はないが、奨学金授与には資格が必要) 2 レッスン 25分以上30分以内の自由なプログラム。 詳細は書類選考通過者に案内する。 演奏曲目提出は、2019年7月上旬頃を予定。 演奏時間は、最初の音が出た時点より通しで計測し、曲間を含む。 制限時間の著しい過不足は失格となる場合があるので注意すること。 レッスンで指導を受けた曲以外の作品を含めてもかまわない。 楽曲の抜粋方法、選曲と演奏順序、その他、プログラミングのあらゆる要素が、審査の考慮対象となりうる。 演奏曲は現在または過去に出版されたことのある作品のみとし、審査員より楽譜閲覧の希望があれば対応する。 弦や楽器本体など、鍵盤以外に接触することによって発音させる、いわゆる現代奏法の類を含む作品を禁ずる。

次の