アメーバ ブログ。 アメブロ(アメーバブログ)のメリットとデメリット

アメブロへブログをお引越ししよう!

アメーバ ブログ

お引越しは3ステップで完了• アメブロの特徴• お引越しできるブログと注意点• こんな人が利用しています!• その他の注意事項• 必ず各ブログの注意点を確認してからお引越し手続きをしてください。 お引越しをすることで元のブログ内容が消えることはありません。 元のブログ名は反映されません。 アメーバで登録したブログ名となります。 他社ブログ側の状態により、記事を移行できない場合がございます。 上記以外の他社ブログサービスをお使いの方は、お引越し対象外となります。 ブログ開設をする場合は、新規でアメーバ会員登録をお願いします。 何かご不明な点がありましたらからお問い合わせください。

次の

Ameba(アメーバ)ブログとは|特徴・評判・メリット・デメリット

アメーバ ブログ

概要 [ ] 各種調査によると、日本で第1位の規模のブログサービスである。 アメーバ全体の会員数は2012年時点で2000万人。 その他の調査でも三強と言われている。 女性の比率が高い(約7割)といわれているが、実際の男女比率は5:5である。 2011年6月末時点で、会員数1,645万人が登録している。 などクロスメディアの手法を使ってと連携し、ユーザーやページビューを増やしてきた。 『』や『』はブログが書籍化され、後にテレビドラマ化された。 芸能人や有名人などタレントブロガーの多さも売り物である。 のブログ、芸能事務所ごとのブログスペースなどを設け、管理している。 また、原宿アメーバスタジオを持ち、毎回著名ゲストを呼んで公開生放送によるWEB配信を行ない、ブログと連動させている。 マイページ [ ] アメーバブログの管理ページに、マイページというものがある。 そこで、ブログのランキング、読者登録したブログの記事などを確認できる。 2012年5月15日、新マイページに強制移行。 沿革 [ ]• - サービス開始。 当初は賞金付きのランキングを売りにしていた。 ameblo. 既存会員の場合は自動的に新URLにリダイレクトされる。 - の『ヤフー・インターネット・ガイド』主催の""サービス部門で1位。 2006年12月 - ブログの普及に貢献した著名人を表彰する「」を開始。 2011年度をもって一旦終了したが、2015年度より再開されている。 3月 - 『』との「YS・アメブロ乙女学院」を開催。 10月 - を受賞。 2月 - 当サービスを同年に常時化(常時)化することを発表。 - 新機能「こえのブログ」をスマートフォンブラウザで先行リリースした。 機能・仕様 [ ] 通常のブログ更新機能の他に、利用者相互のコミュニティを図るために、様々な機能が用意されている。 機能のあるページは全てマイページよりアクセス可能。 ペタ [ ] 自分が記事を読んだことをブロガーに対して伝える方法である。 一度クリックするだけで自分のIDが名簿に追加される。 登録ユーザー達が作り出したコミュニケーションの中に、ペタのお礼として自分も相手の記事を読みペタを返すという方法が流通している。 ペタは自身のアカウントにもつける事が出来る。 ペタ帳のキャラクターは次のとおり。 1級:• 2級:• 3級:• 4級:• 5級:• 6級:• 7級:• 8級:• 9級:• 10級:• 11級:• 12級:• 13級:すんも(オリジナルキャラクター) 読者登録 チェックリスト [ ] 読者登録に関しては、自分が気に入ったブログを相手にメッセージを添えて読者になるという機能で、こちらも登録ユーザーが作り出した読者登録返しのコミュニケーションも頻繁に行われている。 また、読者機能と同じようなチェックリスト登録だけというのもある。 また、アメブロ以外にも更新状況を配信しているブログやニュースもお気に入り登録することができ、更新情報も届くようになるなどの機能もある。 アメンバー [ ] 記事や画像や動画を特定の人に限定公開する機能である。 2007年8月29日開始。 フォト [ ] 画像や動画をアップロードして、色んな人やアメンバーに公開する機能。 アップロードした画像をブログにも貼り付けることができる。 ただし、画像が正常に読み込めない、タイトルの編集を行おうとすると必ず一度は失敗する等、その他様々な不具合が発生しやすいという仕様になっている。 ランキング [ ] アクセス数などに基づいた、ブログランキングを実施。 月間ランキングの上位に入賞したブロガーには、報酬が支給される。 報酬の支給は、当初は現金(一部ランキングは賞品)だったが、後に換金可能なに改められた。 終了した機能・仕様 [ ] Amebaなう [ ] TwitterのようなAmeba用つぶやきサービス。 12月にスタート。 11月6日をもってサービス終了。 なう速アプリ [ ] Amebaなう用のスマホアプリ。 5月にスタート。 11月6日をもってサービス終了。 プロフィールの質疑応答欄 [ ] アメブロのプロフィールページには、長らく自己紹介用の質疑応答欄が設けられていた。 しかし、4月18日にプロフィールページが大幅にリニューアルされて簡素化。 これに伴い、質疑応答欄は全て撤廃された。 Amebaグルっぽ [ ] 2009年4月よりスタートしたコミュニティ機能。 2019年3月27日をもってサービス終了。 タレントブログの管理について [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年2月) タレントブロガーの多さが売り物のアメーバブログでは、専門の検閲・監視チームが24時間体制で彼らのブログの管理にあたり [ ]、の原因となりうるコメントの削除やタレントが投稿した記事のチェックを行っている [ ]。 以下にアメーバブログでのコメント管理にまつわる主な事例を挙げる。 2008年5月29日、アメーバブログの利用者の一人でメンバーのが、自身のブログに「アメブロってコメント欄を勝手に削除してないか?」という記事を投稿。 自身のブログに書き込まれたコメントが、アメーバブログ側によって管理されていることを伝えた。 2008年8月14日、100kg級日本代表であり、アメーバブログで自身のコメントを綴っていたに対する批判コメントが、試合終了直後大量に削除されるという事態が発生した。 スポーツ選手のブログに関してはプレー批判も削除対象であるため 、試合展開について感想を述べたコメントも削除された。 フリーアナウンサーのが生前書いていたアメーバブログにて、彼女の自殺後に応援コメントが大量に書き込まれた。 自殺に関するコメントはアメーバブログ側が一律削除していたが、それらの不自然なコメントはしばらくの間残された。 アメーバブログ側は、コメントの自動書き込みについては否定している。 2009年5月31日付の記事に対して誹謗のコメントを書き込まれたは、翌6月1日付の記事で怒りをあらわにし、6月2日付の記事で「これからは嫌なコメントは消してもら(う)」と記している。 タレントのは2010年4月3日付のアメンバー限定記事でコメント自動削除の存在、良心的なコメントがなんらかの理由で削除されることについて説明し、自分がなにもできないことを謝罪し、理解を要求した。 政治家・作家のは、2010年6月にアメーバブログの一般ブログから「政治家ブログ」に移行したところ、コメントが監視チームにより勝手に削除されるケースが多発し、コメント欄での議論が成り立たなくなる事態に発展したため、「自分のブログのコメントは一切削除しないように」とアメーバ事務局に申し入れている。 芸能人ブログの情報流出 [ ] この節は更新が必要とされています。 この節には古い情報が掲載されています。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 反映後、このタグは除去してください。 ( 2010年3月) 2010年1月1日未明に、アメーバブログ内の芸能人ブログ約450件のID、パスワードなどが外部に流出した。 複数の芸能人ブログに「お年玉」画像が表示され、そのリンク先にて当該情報が記されたファイルが配布されていた。 不正アクセスで5万人が退会状態 [ ] 2011年12月24日、第三者による不正アクセスによってブログ利用者の5万人のIDが退会状態になった。 それに伴い、ブログが消えてしまう、更新できないなどといった被害が発生した。 なお、サイバーエージェント側は不正使用や個人情報の漏洩はないと主張している。 殿堂入りブログ [ ] アメーバブログ側の審査を通過し「オフィシャルブログ」として登録されている著名人のブログについては、 から見ることができる。 殿堂入りしたブログはランキングの対象外となる。 - 殿堂入り第1号。 殿堂入り当時のブログは削除しているため、現在は殿堂入りの一覧には掲載されていない。 - アクセス数で認定。 現在は殿堂入り2号。 現在はに移行したため、殿堂入りの一覧には掲載されていない。 2009年7月17日にブログから移転、その日のうちに殿堂入り。 殿堂入り3号である。 - 殿堂入り第4号。 - 殿堂入り第5号。 2016年6月から。 MVB [ ] 殿堂入りと似た「MVB」(Most Valuable Blogger、当初はMost Valuable Blog)というものがあり、これに認定されたブログは殿堂入りと同じくランキングの集計対象外となるが、ランキングの上部に表示されるようになる。 - 初代MVB。 - 没後、夫である市川海老蔵に続き2人目のMVBとなる。 遺族と相談のもと、読者がコメントを残せるようにブログは継続公開される。 関連番組 [ ]• - アメーバブログの女性タレントブログランキングを放送している。 - ユーザーである、が司会を務める当ブログを取り扱う制作の番組。 現在は既に終了しており、アンタッチャブルのがのブログを使用している。 脚注 [ ] []• 2016年12月22日閲覧。 - サイバーエージェント 2009年4月7日• BlogFan. org 2009年. 2010年1月9日時点のよりアーカイブ。 2010年1月2日閲覧。 Google Ad Planner 2009年. 2010年1月2日閲覧。 Unique visitors users• Japan. Internet. com 編集部 2009年4月2日. 2010年2月21日時点のよりアーカイブ。 2009年12月27日閲覧。 サイバーエージェント. 2010年8月20日時点のよりアーカイブ。 2019年1月4日閲覧。 サイバーエージェント 2004年9月16日. 2006年2月10日時点のよりアーカイブ。 2019年1月4日閲覧。 - サイバーエージェント 2008年10月8日• サイバーエージェント. 2019年6月20日閲覧。 - JCN Newswire(Infoseek NEWS)2007年8月30日• スタッフブログ. 2018年12月7日閲覧。 スタッフブログ. 2018年12月7日閲覧。 Amebaスマホ スタッフブログ. 2018年12月7日閲覧。 スタッフブログ. 2020年5月10日閲覧。 asahi. com 朝日新聞社. 2008年8月22日. の2008年8月23日時点におけるアーカイブ。 - 日刊スポーツ 2008年5月28日• - 新世紀のビッグブラザーへ・2010年6月17日• MSN産経ニュース 産経新聞社. 2010年1月2日. の2010年1月4日時点におけるアーカイブ。 - マイコミジャーナル 2010年1月2日 [ ]• 日テレNEWS24 日本テレビ. 2010年1月2日. の2010年3月25日時点におけるアーカイブ。 スタッフブログ. Ameba 2016年6月1日. 2019年4月18日閲覧。 2014年4月17日. 2019年4月18日閲覧。 プレスリリース , サイバーエージェント, 2017年7月3日 , 2019年4月18日閲覧。 関連項目 [ ]• (配信サービス)• (当サービス利用者を表彰するコンテスト) 外部リンク [ ]•

次の

アメーバブログ

アメーバ ブログ

通称「アメブロ」ことアメーバブログ。 芸能人の公式ブログとしてよく使われています。 携帯ユーザーも多いようで、絵文字の使用もでき、一般ユーザーが楽しく利用できることを重視したつくりになっています。 いわゆる足跡機能や、フレンド機能もあり、アメブロユーザー同士が一種のSNSのような集まりになっていると言えます。 みん評のクチコミを見てみますと、利用者が多いので、友達をつくれるなどといった点が評価されているようです。 使い勝手については賛否両論。 表示される広告が大きい、機能が豊富すぎて重い、サポートの対応が今いち、といった声もありました。 インポートFC2ブログ、ココログ、Seesaaブログ、livedorrブログ お金を払ってアメブロアクセスアップサービスに申し込みましたが、アクセス数が全く上がりません。 契約の前はいいことばかり言って、実際にお金を支払ったら途端に塩対応です。 問合せは無視だし、専用のメッセージ送信画面からは、毎回メッセージが送れないようになっていて、非常に悪質です。 返金対応ありとのことですが、それに関しては申請画面すらなく、問合せ専用ページからメッセージが送れないため、アメブロアクセスアップの公式ブログからメールアドレスを見つけて問い合わせてみましたが、一切返信がありません。 これから申し込むことを検討されている方にはお勧めできません。 ちなみに、アクセスアップ解除の専用ページがあるのですが、こちらも送信できないようになっていて、解除すらできません。 本当に悪質です。 アメブロ アクセスupサービスを検討中の方へ。 前回、アメブロ アクセスアップサービスに申込みしたと投稿した者です。 集客のために申込みましたが、アクセス数が全然上がらず、お金をかけましたが全く効果がありませんでした。 問い合わせをしても返信がなく、ついには問い合わせフォームからメッセージが送信できなくなったので、アメブロ トップページの問い合わせより連絡したところ、アメブロ側はこのサービスについて全く関与していないので直接会社に連絡をしてくださいという回答でした。 アメブロ アクセスupサービス を提供しているのは、株式会社Luxsurge という会社です。 こちらに直接連絡しましたが、やはり返信はなく、電話も通じません。 (問い合わせはメールからお願いします、とHPにも記載されています) このサービスは返金対応があるとのことですが、問い合わせに対応していただけないので、返金されない可能性があります。 支払いは、銀行振込みで数ヶ月分まとめて支払いか、もしくはPayPalにて1ヶ月毎の決済になります。 振込みをしてしまった方は返金が難しいかもしれませんが、PayPalなら可能性はあるかもしれないです。 私はPayPalで月払いにしたので、次の支払いを停止にして、PayPalに事情を相談中です。 数ヶ月利用していますが、アメブロ アクセスupサービス に書いてあるようなアクセス数にはなりません。 いっても数百がいいところで、二桁の日もあります。 ある日は、純粋なアクセス数の方が多いこともありました。 (翌日、純粋なアクセス数を確認できます) 最初の月からサービスに記載されているような結果になっていないので、数ヶ月分の全額を返金してほしいのが希望ですが、どうなるかはわかりません。 アメブロ アクセスupサービス について検索するとHPと サクラのような内容のブログしかヒットしないので、ご検討中の方の参考になればと思います。 アメーバブログについて 芸能人に限らず、利用者が多いというのは、魅力的。 ただ、残念な点が結構ある。 まず、スタッフの対応があまりにも杜撰すぎ。 メンテナンスが、隔週火曜深夜に6時間と決まってるのだが、利用者の評判が芳しくなく、 スタッフブログ宛に苦情が書き込まれても、対応する気配がない。 そのスタッフブログに、他の提供しているサービスに関してのエラー等に関しても、同様。 また、コメントの削除、訂正も不可。 掲示板形式のグルっぽでも、 出会い系と思われる内容が跋扈しており、芸能人の公式のものは、アメーバ自体が対応してるんだが、全くの後手後手。 利用者が多いのに、こういう感じだと、先が思いやられる。 おごりのない応対を期待したいものだ。 実際にアメーバでブログを書いているユーザーです。 書ける文字数が4000文字以内ですが写真も含むので5~10枚載せると 文字数制限でアップできません。 すぐに書いている内容が消えます。 前日よりも閲覧した人が増えても朝11時くらいにならないと更新されません。 アメーバピグ内のゲームも実際にルールを知らないバイトの大学生がプログラムをしているそうで、ルールを知っている者からするともどかしいものです。 動きも遅くガチャやくじの当たる確率もかなり低いです。 全体的に見ても注意書きもわかりずらくおすすめできません。 とんでもなく我慢強い人でなければ使えないと思います。 始めてブログを書く方にはお勧めできません。 にほんブログ村とかFC2ブログとかで書くほうがいいと思います。 うーん、あまり好きではない。 不愉快な罵詈雑言ブログを見つけた時にはいつも google personal blocklist で検索から外して以降絶対目にしないようにするのですが、 アメブロの場合、 これをやるとアメブロ全体をブロックしてしまう・・ アメブロは ameblo. 同じ不具合があって好きじゃないのはライブドアブログなんかがありますね。 かつてのOptimize googleだったらこの心配はないのだけど。 あとFC2の場合は、ユーザー名が先に来ているのでユーザーごとにブロックすることが可能。 ユーザー名. blog. fc2. 仕様変えて欲しいですねー。

次の