大島 トマト。 フルーツトマトより甘い~大島トマト(キッストマト)~

【楽天市場】【ふるさと納税】※2021年発送分※【糖度8度以上】大島トマト3kg<大島造船所農産G> [CCK005]:長崎県西海市

大島 トマト

GWなどの連休でも、仕事が忙しくなかなか子供を遊びに連れて行けないことってありますよね。 今回、私は西海市の大島トマト狩りに行ってきて良かったので、忙しいあなたに日帰りでも行けるレジャースポットを紹介したいと思います。 おすすめする理由• 親子やカップルで楽しめる• 大島トマトが甘くて美味しい• 西海市の大島トマトについて フルーツトマトと言われており、糖度が一般のトマトの倍以上の8〜10%あるトマトだそうです。 高い時は14%もあるとのことです。 食べたら、今まで食べていたトマトとは全然違う味で甘さが格別です。 トマトの表皮が比較的硬いので、傷つきにくく長い期間でも保存ができるので鮮度と味を保つことができるトマトと言われています。 ハウスの中の大島トマト ハウスの中の気温はちょうど良く快適にトマト狩りができました。 トマトの葉が少し萎れている状態ですが、これは、水分をできるだけ控えてトマトに糖分を凝縮させるからだそうです。 大島トマト狩りをしている様子 はさみとカゴを貸し出してくれて、誰でも簡単に収穫することができます。 靴もスニーカーで入りましたが、足元を注意しないでも汚れませんでした。 1カゴ一杯取り約2kg取りました。 大島トマト農園で販売されていました。 大島トマト農園で作られたジュース 左:ミカンジュース 右:トマトジュース 大島トマト農園で収穫されたトマト 糖度別に販売されていました。 糖度が高いと濃い赤であり、甘い匂いも良く出ていました。 私は糖度9度以上を1袋購入しました。 収穫した大島トマト カゴ一杯取ったトマト(約2kg) まだ大島トマトとしては色が薄いですが、2〜3日経つと赤みが出て甘みが増すので、2〜3日経過して食べる方が私はおすすめです。 大島トマトでカプレーゼを作って食べました 大島トマトはできるだけトマトそのもののうまさを活かすために、モツァレラチーズを使ったカプレーゼで食べました。 今回は購入しました糖度9以上の完熟トマトを使用しました。 糖度が高いためトマトの甘さが際立ち、チーズと合って美味しくいただけました。 まとめ 今回、初めて家族でトマト狩り体験をしましたが、子供はどのように野菜が栽培されているか知ってもらうことや一緒にコミュニケーションを取りながら体験ができました。 子供にとって非日常な農業体験をしてもらうことで、少しでも農業に興味を持ってもらうきっかけになってもらえれば良いかなと思いました。 また、収穫したトマトを一緒に料理することで、親子のつながりを深めることになるのかなぁなんて思ったりしました。 大島トマトはイタリアンレストランでも使われていました。 私が行ったイタリアンレストランでも使われていました。 とても美味しかったです。

次の

大島トマトジュース1本箱 無塩・無添加100% 糖度9℃

大島 トマト

「地域と共に」をモットーに、「船」から「トマト」まで。 「大島トマト」は、長崎県西海市大島町にある大島造船所で作っています。 多くの人が、「どうして造船所がトマトを?」と思われるのではないでしょうか。 大島造船所は、「地域と共に」をモットーに企業活動をおこなっています。 「地域と共に」をモットーに30年以上トマト一筋で栽培を続けてきました。 「大島トマト」は、「ファースト」という日本で昭和10年頃から栽培されているポピュラーな大玉品種です。 「ファースト」は、昭和60年(1985年)に「桃太郎」という品種が作られるようになるまでは主要品種でした。 しかし、「ファースト」は、保存性が悪く、傷みが早いため、市場から敬遠されるようになってしまったのです。 ただし、近年、「ファースト」の酸味が穏やかで甘みに富んだ味が注目され、『元祖フルーツトマト』として人気を集めています! 形が、かわいいハート型のため、男女問わずプレゼントや贈答用にも大変人気です! 私たちは、形・味ともに魅力的な「ファースト」にポテンシャルを感じ、毎年毎年、改善を重ね30年以上作ってきた結果、西海市を代表する特産品になりました。 甘みと酸味のバランスが取れた爽やかな「大島トマト」をぜひご賞味ください。 「大島トマト」5つのこだわり 1)独自の微生物農法による土壌づくり 海のミネラルを多く含んだ大島独自の土壌環境を壊さないよう、オリジナルの発酵有機肥料を投入し、土中の有用微生物を増やし、環境負荷の軽減に配慮した微生物農法による土壌づくりにこだわっています。 こうすることにより植物の免疫力を高めることができます。 さらに、必然的に農薬を減らすことができ、安心・安全でおいしいトマトを皆様へお届けすることができます。 2)トマトの自己防衛本能を引き出し、旨みをぎゅっと濃縮! 「ファースト」は、普通に育てるとソフトボールほどに大きくなってしまうのですが、水を極限まで抑えながらじっくり育てると、みかんほどの小さな果実になります。 元々、トマトは、南米アンデスの高地に自生し、雨の少ない荒れ地にも育ちます。 そうした条件が悪い土地で、子孫を残そうと必死で実をつけるので、おいしい果実ができます。 温度差が激しく土地が乾燥した原産地南米アンデス山地。 その厳しい自然環境に限りなく近づけようと、農地に適さぬ高台のビニールハウスで育てられる「大島トマト」。 「大島トマト」は、肥料や水を制限した厳しい環境で、トマトの自己防衛本能により甘さや栄養を引き出す栽培をしています。 本来500gを超えるような大きな果実に蓄えるはずの糖分・旨み成分・ビタミン・有機酸などを、節水ストレスを与えることで80〜100gの小さな果実に濃縮するため、甘みが強く、酸味もしっかりしています。 最小眼の水と肥料しか与えられないため、必死に吸収して育ちます。 ややしおれて見える茎や葉には、 やがて「うぶ毛」のような細かい毛がいっぱい生えてきます。 アンデスの山肌で霧を吸って育ったように、空気中のわずかな水分をその毛で吸い取り、燦燦と注ぐ大島の太陽を浴びて、成長します。 「大島トマト」の完熟した深い味わいは、トマトの成長期における厳しい試練の賜物です。 与えられるものが少ないがゆえにそれを最大限に活かそうとする生命のけなげさ。 そうした植物の自生本能をうまく引き出した証として、「大島トマト」は、トマト本来の旨みを『濃縮』した濃厚で、甘さと酸味が絶妙なおいしさとなるのです。 また、一般のトマトは、果実内部に空洞や気泡などを含むため、水に浮くのですが、「大島トマト」は、果実が良く締まっているため内部に空洞がほとんどなく、含有成分の濃度も高いため水に沈むのです。 3)カリッとした歯ごたえ 濃縮された果実を守るために表皮も厚くて硬くなるため、一般のトマトに比べるとカリッとした歯ごたえのある硬めの食感が特徴です。 4)手間暇を惜しみなく 農園では総勢30名のスタッフが、『愛情』をたっぷり込めて、1本ずつ手入れや水やり管理しております。 収穫の際は、我が子のようにひとつひとつを大切に収穫しています。 5)大量生産はできません 1年間のうち4ヵ月間(2月〜5月)しか収穫することができません。 しかも、できた全てのトマトが、「大島トマト」にはなれません。 独自に糖度基準を設けており、【糖度8度】以上のトマトだけが、「大島トマト」として出荷されます。 きちんと糖度基準をクリアしたトマトだけが「大島トマト」として呼ばれるのです。 まさに選ばれし『エリートトマト』です。 この5つのこだわりで、ただ甘いだけではなく、「ファースト」が持つ独特の酸味とコク、粘質でしっかりした歯ごたえがあるおいしい「大島トマト」ができるのです。 栄養満点!笑顔満点! 「大島トマト」は、一般のトマトに比べ、たくさんの栄養成分が含まれています。 お客様からのお声を一部ご紹介します! どの感想も大変ありがたいのですが、あくまでも個人の感想のため、ご了承ください。 配送日時についてのご注意 寄附申込時にお受け取り日時の選択が必須です。 寄附申込日から8日目以降を選択ください。 例)2020年4月21日(火)寄附申込日の場合、2020年4月29日(水)以降指定可能。 大島トマトの収穫時期が限られておりますので、毎年3月1日〜4月末日のお届けとなります。 2020年4月22日(水)までにお申し込みの場合、2020年4月中にお届けできます。 2021年4月23日(木)以降にお申し込みの場合、2021年3月1日〜4月末日のお届けとなります。

次の

「大島メロン」が発売決定!大島トマトに次ぐ新名物を目指して

大島 トマト

GWなどの連休でも、仕事が忙しくなかなか子供を遊びに連れて行けないことってありますよね。 今回、私は西海市の大島トマト狩りに行ってきて良かったので、忙しいあなたに日帰りでも行けるレジャースポットを紹介したいと思います。 おすすめする理由• 親子やカップルで楽しめる• 大島トマトが甘くて美味しい• 西海市の大島トマトについて フルーツトマトと言われており、糖度が一般のトマトの倍以上の8〜10%あるトマトだそうです。 高い時は14%もあるとのことです。 食べたら、今まで食べていたトマトとは全然違う味で甘さが格別です。 トマトの表皮が比較的硬いので、傷つきにくく長い期間でも保存ができるので鮮度と味を保つことができるトマトと言われています。 ハウスの中の大島トマト ハウスの中の気温はちょうど良く快適にトマト狩りができました。 トマトの葉が少し萎れている状態ですが、これは、水分をできるだけ控えてトマトに糖分を凝縮させるからだそうです。 大島トマト狩りをしている様子 はさみとカゴを貸し出してくれて、誰でも簡単に収穫することができます。 靴もスニーカーで入りましたが、足元を注意しないでも汚れませんでした。 1カゴ一杯取り約2kg取りました。 大島トマト農園で販売されていました。 大島トマト農園で作られたジュース 左:ミカンジュース 右:トマトジュース 大島トマト農園で収穫されたトマト 糖度別に販売されていました。 糖度が高いと濃い赤であり、甘い匂いも良く出ていました。 私は糖度9度以上を1袋購入しました。 収穫した大島トマト カゴ一杯取ったトマト(約2kg) まだ大島トマトとしては色が薄いですが、2〜3日経つと赤みが出て甘みが増すので、2〜3日経過して食べる方が私はおすすめです。 大島トマトでカプレーゼを作って食べました 大島トマトはできるだけトマトそのもののうまさを活かすために、モツァレラチーズを使ったカプレーゼで食べました。 今回は購入しました糖度9以上の完熟トマトを使用しました。 糖度が高いためトマトの甘さが際立ち、チーズと合って美味しくいただけました。 まとめ 今回、初めて家族でトマト狩り体験をしましたが、子供はどのように野菜が栽培されているか知ってもらうことや一緒にコミュニケーションを取りながら体験ができました。 子供にとって非日常な農業体験をしてもらうことで、少しでも農業に興味を持ってもらうきっかけになってもらえれば良いかなと思いました。 また、収穫したトマトを一緒に料理することで、親子のつながりを深めることになるのかなぁなんて思ったりしました。 大島トマトはイタリアンレストランでも使われていました。 私が行ったイタリアンレストランでも使われていました。 とても美味しかったです。

次の