ライン ブロック 解除。 【実験】LINEのブロック解除は相手にバレるのか?結論「バレる」

【解明】LINE(ライン)のブロックを解除する理由は?男性女性別心理10選&確認方法

ライン ブロック 解除

削除をするにはブロック削除と非表示削除があり、 完全に削除をするにはブロック削除をする必要があります。 それぞれのやり方を解説していきます。 ブロック削除をする方法 操作方法はAndroidスマホ&iPhoneほかiOS共通です。 (1)友だちリストから削除したいアカウントを長押し後、表示メニューから 「ブロック」を選択。 関連記事: 非表示削除をする方法 一方、非表示削除をする方法は ブロック削除をする方法の(1)の手順 ここで「ブロック」ではなく 「非表示」を選び「非表示リスト」から削除を行います。 また、LINEアプリのアップデート内容や、Android、iOSなどの状況に応じて、非表示リストからの削除ができないこともあるので注意が必要です。 0では非表示からの削除が利用できないことがありました) Android版LINEアプリのバージョンが「9. 2」以降であれば、 友だちリストのアカウントを長押しで表示されるメニュー内の「削除」をタップすることで友だち削除が可能です。 ブロック削除と非表示削除の違い 基本的にはブロック削除と非表示削除のどちらで削除しても、そのアカウントは友だちリストから消滅します。 しかし、その後のメッセージ受信に関しての挙動が異なってきます。 ・ブロックリストからの友だち削除:相手からのメッセージは受信不可 ・非表示リストからの友だち削除:相手からのメッセージは受信可能 目的がリスト整理であればどちらの方法でも大丈夫です。 メッセージの受信なども必要なく、 完全に友だちリストから削除したい場合は「ブロック削除」する必要があります。 なお、Androidの長押しメニューからの削除も、非表示リスト経由の友だち削除したケースと同じ扱いで、トーク履歴からのメッセージ送信や相手からのメッセージ受信はできます。 LINEの友だちリストを整理する ここまでご紹介してきたブロック削除と非表示削除を利用すれば、増えすぎた友だちリストを整理することができます。 友だちリストの整理の仕方も合わせて見ていきましょう。 不要な公式アカウントは削除する LINEスタンプを無料でもらうために企業の公式アカウントを大量に友だち登録している場合は、まず公式アカウントを整理しましょう。 ブロックをするだけでも通知が来なくなりますがブロックリストにアカウントが溜まっていきます。 ブロックリストまで気にしない人はそのままで問題ありませんが、気になる人は削除までやってしまいましょう。 合わせてトークも削除しておけば、登録していても通知がされないアカウントがはっきりわかり、 本当に情報がほしいアカウントだけを残すことができます。 知らないアカウントが友だちリストにいる理由 LINEでは覚えのない友だちや知らないアカウントが友だちリストに入っていることがあります。 実はスマホのアドレス帳に登録されている情報から、自動で友だちリストに追加されています。 自動追加になっていると仕事で電話番号を交換しただけでLINEの友だちに追加されてしまったりします。 それだけならまだ良いですが、相手のアカウント名が身内にしかわからないような名前になっていた場合に誰のアカウントなのがわからなくなってしまいます。 基本的にはLINEでつながりたい人と友だちになるように自動追加にならないようにしておくのが無難です。 ただし、友だちの自動追加は手動で制御する必要があります。 関連記事: 友だちの名前を変更してわかりやすくする LINEアカウントは本名を入れずに利用できることもあり、誰だかわからない名前を設定している人がいます。 しょっちゅう連絡を取る相手であれば覚えているものの、 たまにしか連絡を取らない相手だと、うろ覚えのアカウントに連絡することになってしまいます。 こんな時は友だちの名前を変更しましょう。 LINEでは友だちの名前を相手に知られることなく変更することができます。 自分だけしか見えない名前なので、自分がわかりやすいように名前を設定して友だちリストを整理しましょう。 関連記事: 友だちリストから削除してLINEを使いやすくしよう 単にトークやメッセージを受け取りたくないだけであれば、非表示やブロックするだけでも十分です。 非表示の場合はトーク内容を残したまま一覧から消すことも可能です。 ブロック削除を対個人に使うと、当然ながら一度ブロックリストに入れる=相手からのメッセージ受信を拒否することになります。 その結果、 相手からすれば「ずっと既読にならない状態」になるほか、 LINEの無料通話も使えない状態となり、場合によってはブロックしていることがバレる可能性があるので注意しましょう。 とはいえ、まったく連絡も取らない相手や企業の公式アカウントは削除してしまうことで、LINEをより整理された状態で使うことができ、利便性も向上します。 削除してしまうアカウントはきちんと整理した上で、LINEを整理してみてはいかがでしょうか。 人気記事.

次の

【実験】LINEのブロック解除は相手にバレるのか?結論「バレる」

ライン ブロック 解除

appllio. それでは、ブロック中に発信されたメッセージ内容は、ブロック解除後にどうなるのでしょうか。 ブロックした側:ブロック中のメッセージは受信しない 左:ブロックされた側のブロック中のトーク画面。 右:ブロックした側のブロック中のトーク画面。 まず、ブロック中に相手(ブロックされた側)が送ってきたメッセージ等は受信できないため、ブロック解除後もブロックした側は一切見ることができません。 したがって、ブロック中に相手が何かメッセージを送ってきていたのか、あるいは何も送っていないのかは、ブロックされた側のトーク画面を見ない以上、ブロックした側が知ることはできません。 ブロック中に相手がなにかメッセージを送ってきていたとします。 もちろんブロック中なため、そのメッセージは受信されず、相手の画面上では未読の状態です。 ブロックされていたんだな」とブロックの事実がバレてしまう可能性が高まります。 ブロック解除された後に相手にメッセージを送ると、未読だったメッセージにも既読がついた ブロックが解除された後、ブロックされていた側が初めて送ったメッセージが開かれた(ブロック解除していた側が既読にした)瞬間に、ブロック中は「既読」が付いていなかったメッセージにも既読がつきます。 ブロック中のタイムライン・ホーム投稿は解除後こうなる ブロックした相手には、ブロック中の新しい投稿はタイムライン上に公開されません。 ブロック解除後も、さかのぼってタイムラインに投稿が復活することはありません。 ただしブロック中であっても「全体公開」に設定された投稿は例外で、ホーム画面では表示されます。 ブロックを解除した後は、ブロック中の投稿がどの公開範囲設定になっていても、タイムラインの非公開リストにブロックした相手を入れていなければ、ホーム画面では再び公開が復活する仕様になっています。 投稿の公開範囲 全体公開 誰でも見られる(友だちがその投稿をシェアした場合に、友だち以外のLINEユーザーにも表示される) 自分のみ 自分だけが見られる 友だち タイムラインの「友だちの公開設定」において「公開」に設定されている友だちのみ リスト 投稿する時に作成する「リスト」に入れた友だちのみ(タイムラインの友だち公開設定が「非公開」になっている友だちは選べない) 左:ブロックされる前 右:ブロックされた後 上の画像は、ブロックされた側から、ブロックした側のホーム画面を見たときのものです。 ピザの投稿は、「人マーク」がついており、限定公開なことがわかります。 ブロックされる前(左)には表示されていたピザの投稿が、ブロックされた後(右)は、消えていることから、全体公開以外の公開範囲設定(「友だち」や「リスト」など)の投稿はブロック中は表示されません。 なお、ブロック中にも関わらず表示される投稿は、地球マークがついた「全体公開」のもの。 この全体公開設定にされた投稿だけは、ホーム画面からならばブロックされた相手でも見られるようになっています。 ブロックを解除された後に、相手のホーム画面から投稿を確認してみると、ブロックされている間は消えていた「友だち」だけの限定公開の投稿が復活しました。 LINEゲームやスタンプ(着せかえ)のプレゼントなど ブロック解除後は、ブロックした側のツムツムなどLINEゲーム内のランキングに、ブロックされていたユーザーが再表示されます。 また、LINEのトークを介したハートなどのやりとりが再び可能になります。 このほかブロック中は、ブロックされた側がブロックした側へスタンプや着せかえをLINEアプリ内からもLINEストアからも贈ることができませんでしたが、プレゼントがおこなえるようになります。

次の

【解明】LINE(ライン)のブロックを解除する理由は?男性女性別心理10選&確認方法

ライン ブロック 解除

今回は、LINEで友だちをブロックしたらどうなるかを説明します。 しつこく内容のないトークを送ってくる人、以前は仲が良かったけれどもう連絡を取りたくない人、スタンプをゲットして不要になった公式アカウント……。 我慢してトークを受け取っているくらいなら、ブロックしてしまうとスッキリするかも。 LINEで相手をブロックするとき、その事情はケースバイケースですよね。 はっきりと絶縁宣言したい場合は、ブロックしたことを相手に知られてもいいのですが、さりげなく距離を置きたい相手には、ブロックしたことをうやむやにして穏便に済ませたいもの。 でも心配は無用です。 LINEをブロックしても、相手に「ブロックされた」という通知は届きません。 自分のLINEでブロックした相手は、「友だち」画面に表示されなくなります。 相手とのトークルームは「トーク」画面に残りますが、相手からトークが来ても通知は自分に届かず、相手から新たに送られてくるトークの内容も読めなくなります。 ただし、同じグループトーク内では、ブロック前と同様、ブロックした自分のトークもブロックされた相手のトークも表示されます。 もしブロックした人のトークを絶対に読みたくないという人は、グループを退会しましょう。 ブロックした相手とのトークルームは残りますが、「ブロック中」と表示されます。 ブロックしている間に送られてきたLINEのトークを見ることはできません LINEでブロックされた相手から見ると…… LINEでブロックされた人から見た場合、新たに送ったトークは「未読」のまま。 ブロックされた人からブロックした人への通話はできなくなり、ブロックした人のタイムライン投稿も表示されなくなります。 同じグループに入っている場合は、ブロックした人のメッセージも表示されます 自分がブロックされているか確認するには? LINEで友だちから自分がブロックされているか確認する方法のひとつとして、相手にスタンプをプレゼントする方法があります。 ブロックされている相手にスタンプをプレゼントすると、「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されます。 ただし、相手がすでにそのスタンプを持っている場合も同様のメッセージが表示されるため、あくまで「相手にブロックされている可能性がある」という推測の域を出ません。 このほか、相手のタイムラインを確認する方法もあります。 相手のタイムラインが「まだ投稿がありません」となっている場合、ブロックされている可能性があります。 ブロックされているか確認する方法については、別記事で詳しく解説しています。 LINEで相手をブロックする方法 友だちをブロックするには、まずLINEの「友だち」画面を開き、iPhoneの場合はブロックしたい相手を左にスライドします。 すると「ブロック」メニューが表示されるので、それをタップします。 Androidの場合はブロックしたい友だちを長押しすると、「ブロック」メニューが出てきます。 「友だち」画面でブロックしたい友だちを左にスライドします• 「ブロック」をタップします ブロックを解除するには 一度ブロックしたものの、その相手と再度つながりたい場合は、「ブロック解除」することができます。 LINEの「その他」にある設定から、「友だち」をタップすると、「ブロックリスト」が出てきます。 ブロックリストを表示し、ブロックを解除したい友だちの「編集」ボタンをタップ。 すると「削除」か「ブロック解除」という選択肢が出てくるので、「ブロック解除」を押せばブロックを解除できます。 そこで「削除」を選んでしまうと、ブロックを解除できなくなり、あらためてID検索など「友だち追加」の作業が必要となります。 「その他」画面で「設定」を開き、「友だち」画面で「ブロックリスト」をタップします• ブロック解除するアカウントの「編集」をタップし、「ブロック解除」をタップします また、ブロックした相手のトークルームは自分の「トーク」画面に残ります。 相手のトークルームを「トーク」画面に残しておけば、ブロックした相手のトークルームから、ブロック解除や通報が可能です。 ブロックした相手のトークルームから、ブロック解除ができます LINEでブロックした人を完全に削除する LINEでブロックしたアカウントは、LINEで「設定」の「友だち」の欄にある「ブロックリスト」で確認できます。 LINEから完全に消してしまいたいときは、「ブロックリスト」で相手の「編集」をタップし、「削除」を選べば削除完了です。 ブロックリストから削除しても、相手に伝わることはありません。 詳細は別記事を参照してください。 LINEでブロックできないアカウントもある LINEでブロックできないアカウントも存在します。 たとえば、LINEがセキュリティのために運営する特殊アカウント「LINE」はブロックできません。 また、LINEに凍結されたスパムアカウントをブロックしようとすると、「ブロックに失敗しました」または「正常に処理できませんでした」といったダイアログが表示され、ブロックできないことがあるようです。 詳細については、別記事で解説しています。 予めご了承ください。 関連記事•

次の