テレビ アンテナケーブル つなぎ方。 【種類別】テレビアンテナの無線ケーブルの接続方法|室内

テレビの線の種類とつなぎ方

テレビ アンテナケーブル つなぎ方

まずはどんな種類があるのかを見てみましょう。 なので分波器で地上波とBS・CSのケーブルを分けて接続します。 BS・CSをテレビに接続するには屋外に設置してあるBSアンテナとケーブルでつなぎます。 ・直付端子 同軸ケーブルを直接ターミナルに固定するタイプです。 ・フィーダー端子 フィーダー線を直接接続するタイプです。 このタイプはデジタル放送に対応していないので交換することをオススメします。 テレビのアンテナケーブルの接続方法 自分の家の端子がどのタイプか分かったら、テレビアンテナとケーブルの接続方法を見てみましょう。 壁のアンテナ端子の地上波アンテナ端子とテレビ背面にある地上波アンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル2本」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 そして、BS・CSアンテナ端子とテレビ背面にあるBS・CSアンテナ入力をケーブルで接続します。 お部屋の壁のアンテナ端子の地上波のアンテナ端子とテレビ背面にある地上波のアンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 お部屋の壁のアンテナ端子の地上波のアンテナ端子とテレビ背面にある地上波のアンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 直付端子 地上波のみを受信する場合には「直付端子用未加工アンテナケーブル1本」と「テレビプラグ」が必要です。 お部屋の壁のアンテナ端子にケーブルを接続し、テレビに接続する側にテレビプラグを接続して地上波アンテナ入力に接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「直付端子用未加工アンテナケーブル1本」と「テレビプラグ」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 フィーダー端子 地上波のみを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「整合器」が必要です。 お部屋の壁のアンテナ端子に整合器とアンテナケーブルを接続し、テレビ背面にある地上波のアンテナ入力と接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「整合器」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 ここまでの作業に不安があるなら これらは自分でもできる作業ではありますが、配線や端子の接続など、不安を感じている場合はアンテナ業者に依頼する方法が確実です。 失敗のリスクや手間を減らしたいのであれば、見ているだけですべて解決してくれる業者にお任せしてもよいでしょう。 費用が不安、という方はまずは相談も兼ねて、見積りを取っておきましょう。 アンテナやケーブル関連の作業は条件次第で費用には大きな差が出るので、依頼前に見積り金額をしっかり確認しておくことをオススメします。 当サイト・生活110番では、そんなアンテナ業者をお住まいのエリアに沿って、すぐにご紹介。 場合によっては最短即日、業者が対応いたします。 作業前には必ず見積り、それ以降の追加料金は、確認なしにはかかりませんのでご安心ください。 無料電話窓口は24時間・365日受付対応中です。 アンテナやケーブルのことでお困りの方は、いつでもお気軽にご相談ください。 その場合に使用するのが「分配器」です。 分配器は電波を分けることが出来る装置です。 アンテナ端子が一つしかなくてもケーブルで地上波の電波とBS・CSの電波に分けてテレビに接続することができます。 分配器を使ったテレビアンテナとケーブルの接続方法 必要なものは「アンテナケーブル1本」と「分配器」です。 お部屋の壁のアンテナ端子と分配器をアンテナケーブルで接続します。 そして分配器をテレビ背面の地上波・BS・CSのアンテナ入力にそれぞれ接続します。 それでも映らないならアンテナに原因があるかも 上記で紹介したテレビアンテナとケーブル接続の方法を確認してもテレビが映らない場合はアンテナに原因があるかもしれません。 その場合はアンテナレベルの確認をしてみましょう。 アンテナレベルは受信する電波の強度を表したもので、50以上のレベルであれば安定して視聴することが可能です。 (ちなみに最大レベルは72です。 ) 接続不良以外でアンテナレベルが下がってしまう原因としては、まず周辺の住宅環境の変化が考えられます。 家の近くに新しい住宅が建ったり、高層の建物が建設されたりすると、電波の妨害になる可能性があります。 また、他の原因としては台風などの強い風などでアンテナの方向が変わってしまったことなどもあげられます。 テレビが映らない原因はさまざまなことが考えられるため、原因が特定できないときは業者にみてもらい、原因を特定してもらうことも選択肢のひとつとしておすすめです。 まずはトラブルの原因を突き止めれば、その後の対処もしやすくなるでしょう。 まとめ 今回はテレビアンテナとケーブルの接続方法について詳しくみていきました。 自分の家の端子のタイプが分かれば、接続は意外に簡単にできるのが分かっていただけたかと思います。 テレビが映らなくなった場合もまずは端子の接続を確認してみましょう。 それでもテレビが映らない場合は、アンテナに問題がおきているおそれがあります。 自分では対応できないトラブルかもしれないため、業者に相談してみるとよいでしょう。 業者であれば、原因を正しく特定し、対応することができます。 弊社では状況に合わせて対応できるよう、現地調査・見積りが可能な業者ももちろんご紹介しております。 ご依頼前のご相談ももちろん受け付けておりますので、アンテナについてお困りの方はお気軽にご電話ください。 【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】 (この記事は2020年04月17日に加筆・修正しています) アンテナ工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

テレビの線の種類とつなぎ方

テレビ アンテナケーブル つなぎ方

まずはどんな種類があるのかを見てみましょう。 なので分波器で地上波とBS・CSのケーブルを分けて接続します。 BS・CSをテレビに接続するには屋外に設置してあるBSアンテナとケーブルでつなぎます。 ・直付端子 同軸ケーブルを直接ターミナルに固定するタイプです。 ・フィーダー端子 フィーダー線を直接接続するタイプです。 このタイプはデジタル放送に対応していないので交換することをオススメします。 テレビのアンテナケーブルの接続方法 自分の家の端子がどのタイプか分かったら、テレビアンテナとケーブルの接続方法を見てみましょう。 壁のアンテナ端子の地上波アンテナ端子とテレビ背面にある地上波アンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル2本」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 そして、BS・CSアンテナ端子とテレビ背面にあるBS・CSアンテナ入力をケーブルで接続します。 お部屋の壁のアンテナ端子の地上波のアンテナ端子とテレビ背面にある地上波のアンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 お部屋の壁のアンテナ端子の地上波のアンテナ端子とテレビ背面にある地上波のアンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 直付端子 地上波のみを受信する場合には「直付端子用未加工アンテナケーブル1本」と「テレビプラグ」が必要です。 お部屋の壁のアンテナ端子にケーブルを接続し、テレビに接続する側にテレビプラグを接続して地上波アンテナ入力に接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「直付端子用未加工アンテナケーブル1本」と「テレビプラグ」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 フィーダー端子 地上波のみを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「整合器」が必要です。 お部屋の壁のアンテナ端子に整合器とアンテナケーブルを接続し、テレビ背面にある地上波のアンテナ入力と接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「整合器」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 ここまでの作業に不安があるなら これらは自分でもできる作業ではありますが、配線や端子の接続など、不安を感じている場合はアンテナ業者に依頼する方法が確実です。 失敗のリスクや手間を減らしたいのであれば、見ているだけですべて解決してくれる業者にお任せしてもよいでしょう。 費用が不安、という方はまずは相談も兼ねて、見積りを取っておきましょう。 アンテナやケーブル関連の作業は条件次第で費用には大きな差が出るので、依頼前に見積り金額をしっかり確認しておくことをオススメします。 当サイト・生活110番では、そんなアンテナ業者をお住まいのエリアに沿って、すぐにご紹介。 場合によっては最短即日、業者が対応いたします。 作業前には必ず見積り、それ以降の追加料金は、確認なしにはかかりませんのでご安心ください。 無料電話窓口は24時間・365日受付対応中です。 アンテナやケーブルのことでお困りの方は、いつでもお気軽にご相談ください。 その場合に使用するのが「分配器」です。 分配器は電波を分けることが出来る装置です。 アンテナ端子が一つしかなくてもケーブルで地上波の電波とBS・CSの電波に分けてテレビに接続することができます。 分配器を使ったテレビアンテナとケーブルの接続方法 必要なものは「アンテナケーブル1本」と「分配器」です。 お部屋の壁のアンテナ端子と分配器をアンテナケーブルで接続します。 そして分配器をテレビ背面の地上波・BS・CSのアンテナ入力にそれぞれ接続します。 それでも映らないならアンテナに原因があるかも 上記で紹介したテレビアンテナとケーブル接続の方法を確認してもテレビが映らない場合はアンテナに原因があるかもしれません。 その場合はアンテナレベルの確認をしてみましょう。 アンテナレベルは受信する電波の強度を表したもので、50以上のレベルであれば安定して視聴することが可能です。 (ちなみに最大レベルは72です。 ) 接続不良以外でアンテナレベルが下がってしまう原因としては、まず周辺の住宅環境の変化が考えられます。 家の近くに新しい住宅が建ったり、高層の建物が建設されたりすると、電波の妨害になる可能性があります。 また、他の原因としては台風などの強い風などでアンテナの方向が変わってしまったことなどもあげられます。 テレビが映らない原因はさまざまなことが考えられるため、原因が特定できないときは業者にみてもらい、原因を特定してもらうことも選択肢のひとつとしておすすめです。 まずはトラブルの原因を突き止めれば、その後の対処もしやすくなるでしょう。 まとめ 今回はテレビアンテナとケーブルの接続方法について詳しくみていきました。 自分の家の端子のタイプが分かれば、接続は意外に簡単にできるのが分かっていただけたかと思います。 テレビが映らなくなった場合もまずは端子の接続を確認してみましょう。 それでもテレビが映らない場合は、アンテナに問題がおきているおそれがあります。 自分では対応できないトラブルかもしれないため、業者に相談してみるとよいでしょう。 業者であれば、原因を正しく特定し、対応することができます。 弊社では状況に合わせて対応できるよう、現地調査・見積りが可能な業者ももちろんご紹介しております。 ご依頼前のご相談ももちろん受け付けておりますので、アンテナについてお困りの方はお気軽にご電話ください。 【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】 (この記事は2020年04月17日に加筆・修正しています) アンテナ工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

【種類別】テレビアンテナの無線ケーブルの接続方法|室内

テレビ アンテナケーブル つなぎ方

ブースターはこんなときに活用できる 先ほども説明しましたが、テレビのブースターとはテレビ放送の受信電波を増幅する機器のことです。 テレビの映りが悪い、もしくはテレビが映らないときにブースターを使うことで、トラブルを解決できるかもしれません。 しかし、そもそもなぜテレビの受信電波は弱くなってしまうのでしょうか。 ここではテレビの受信感度が弱くなる原因をご紹介します。 電波基地局から遠い テレビの放送電波は、電波基地局から発信されています。 お住まいの地域が電波基地局から遠ければ遠いほど、電波の受信感度が弱くなってしまいます。 障害物 電波基地局とアンテナの間に障害物がある場合にも、テレビの受信電波が弱まってしまいます。 自宅の近くに大きな建造物ができたことが原因で、受信感度が弱まってしまうこともあるようです。 分配器を使う場合 分配器とは、受信した電波を複数にわける機器です。 1つのテレビ端子から複数のテレビに接続できるため、非常に便利ですが、分配器を使うことによって受信電波は弱くなってしまいます。 このような場合に、テレビの受信電波は弱くなってしまいます。 もし心当たりがある場合は、テレビのブースターの取り付けを検討しましょう。 ブースターの取り付け方 では、テレビのブースターはどのように取り付けるのでしょうか?ここでは、テレビのブースターの取り付け方を紹介します。 まずは、テレビのブースターとアンテナ、テレビをつなぐ同軸ケーブルを準備しましょう。 同軸ケーブルとは、アンテナとテレビなどの周辺機器を接続するためのケーブルです。 【ブースターの取り付け方法】 ブースターのふたを開けて、同軸ケーブルを接続する端子を確認する 屋外設置型の場合、防水用に取り付けられたカバーを開けて接続する端子部分が見えるようにしてください。 同軸ケーブルにコネクターを取り付け 同軸ケーブルにF型接栓などのコネクターが取り付けられていない場合は、取り付けてください。 同軸ケーブルを接続 アンテナからのケーブルなどを、ブースターに書かれている場所へと接続します。 ブースター電源部から分配器へ同軸ケーブルを接続する ブースターの場所と電源が分かれている場合は、同軸ケーブルを利用して接続をおこないます。 電源ケーブルを接続 ブースターのコンセントプラグを接続し、電源の供給をおこないましょう。 アンテナレベルを見ながら利得を調整 テレビには「アンテナレベル」を確認する機能が搭載されているため、それを見ながらブースターの利得のつまみを調整しましょう。 なお、利得が大きすぎる場合でもアンテナレベルが低下することがあることから、少しずつ調整して最適な利得にするのがポイントです。 もし受信感度が改善されない場合や、接続方法がわからない場合はアンテナ工事のできる業者に相談してみましょう。 ブースターを使う際の注意点とは? テレビのブースターの取り付け方をご紹介しましたが、取り付ける際にいくつか注意点があります。 ブースターを設置する場所 ブースターは、アンテナの近くに設置するようにしましょう。 分配器やケーブルの近くに設置すると、電波が干渉することや、雑音が発生してしまうおそれがあります。 ブースターは電波を増幅させるものであるため、雑音も増幅されてしまいます。 また、ブースターを置く場所はアンテナの真下がよいといわれています。 ただし、その場合は雨や風の影響を受けないよう、防水性のブースターを選択する必要があります。 屋外用か屋内用か ブースターには屋外用と室内用があります。 屋内用のテレビブースターは容易に設置できるほか、価格が比較的安いことが特長ですが、ブースターとしての効果は屋外用と比べると劣るといわれています。 そのため、屋内用のテレビブースターは「少しだけ受信感度を高めたい」という場合に使うことをオススメします。 「テレビが全く映らない」という状況の場合は、より効果の高いが屋外用テレビブースターを設置するようにしましょう。 アンテナが不調の原因になっていることも テレビのブースターを取り付けても、テレビが映らないというケースもあります。 そのような場合は、テレビアンテナ自体に問題があるかもしれません。 テレビのアンテナに不具合がある場合は、素人で対処することは難しいため、アンテナ工事のできる業者に相談してみましょう。 なかには自分でアンテナを調整する方もいますが、あまりオススメはできません。 一般的なテレビアンテナは高所に設置することが多いため、作業には危険を伴います。 アンテナ工事のプロであっても、安全面を考えて複数人で作業をおこなう業者も多いほどです。 また、アンテナの設置、配線には専門的な知識も必要です。 無理な作業をおこなうことで、テレビアンテナが破損してしまうことも考えられます。 そのため、テレビアンテナのことでお悩みがあれば、アンテナ工事のプロに相談することをオススメします。 まとめ 今回は、テレビのブースターの取り付け方をご紹介しました。 テレビのブースターとは、受信した電波を増幅する機器のことです。 電波の受信感度が弱い場合にテレビブースターを取り付けることで、改善することができます。 また、テレビブースターを設置する場所はアンテナの近くにすることで、より高い効果を発揮するほか、雑音を防ぐこともできます。 ブースターの取り付け方は比較的簡単ですが、ご自身での作業に不安がある方は、アンテナ工事のプロに依頼することをオススメします。 経験豊富なプロに依頼することで、素早く丁寧にテレビのトラブルを解決してくれますよ。 アンテナ工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の