テヘラン 会談。 ヤルタ会談時の世界の軍事情勢

テヘラン会談とは

テヘラン 会談

概要 [編集 ] 主な参加者は、、ソ連議長、(アメリカ、ルーズベルトの顧問)、(イギリス外相)、(ソ連外相)など。 に引き続き、奪回作戦、上陸作戦、地中海作戦といった連合国側の諸作戦における各国間の調整事項やの確定、降伏後のソ連の対日参戦などについて話し合われた。 主な合意 [編集 ]• でドイツ軍と戦う共産に対し、物資や兵器の補給による支援、側面支援作戦などの支援をすることが言及された。 が年内に連合軍側で参戦することが望ましいという合意がなされた。 トルコがドイツの侵攻を受ければ、ソ連が支援することになった。 会談中の11月30日、南フランスのに対する作戦と結合させて、北フランスへの上陸作戦であるを5月に開始することが首脳たちの間で留意された。 米英ソ三大国の軍参謀がこれ以後緊密に連絡を取り合うことが合意された。 イギリスとアメリカはスターリンに対し、西ヨーロッパに軍を送ることを約束し、その時期は春と合意された。 スターリンの主張に基づき、戦後のは西は、東はとすべきだという事が決定した。 機能停止状態となっているから、への移行。 参考文献 [編集 ]• 『米軍が記録した日本空襲』 - (1995年、ISBN 9784794206107)• 『共産中国はアメリカがつくった-G・マーシャルの背信外交』 - (2005年、ISBN 9784880861920)• 『第2次世界大戦がよくわかる本』 - 太平洋戦争研究会(2006年、ISBN 9784569665818) 関連項目 [編集 ]• - 会談に臨むルーズベルト大統領を乗せて中東に向かった。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

カイロ宣言(会談)をわかりやすく。ソ連が参加せず中国が参加した理由

テヘラン 会談

概要 [ ] 主な参加者は、、ソ連議長、(アメリカ、ルーズベルトの顧問)、(イギリス外相)、(ソ連外相)など。 に引き続き、奪回作戦、上陸作戦、といった連合国側の諸作戦における各国間の調整事項やの確定、降伏後のソ連の対日参戦などについて話し合われた。 主な合意 [ ]• でドイツ軍と戦う共産に対し、物資や兵器の補給による支援、側面支援作戦などの支援をすることが言及された。 が年内に連合軍側で参戦することが望ましいという合意がなされた。 トルコがドイツの侵攻を受ければ、ソ連が支援することになった。 会談中の11月30日、南フランスのに対する作戦と結合させて、北フランスへの上陸作戦であるを5月に開始することが首脳たちの間で留意された。 米英ソ三大国の軍参謀がこれ以後緊密に連絡を取り合うことが合意された。 イギリスとアメリカはスターリンに対し、西ヨーロッパに軍を送ることを約束し、その時期は春と合意された。 スターリンの主張に基づき、戦後のは西は、東はとすべきだという事が決定した。 機能停止状態となっているから、への移行。 参考文献 [ ]• 『米軍が記録した日本空襲』 - (1995年、)• 『共産中国はアメリカがつくった-G・マーシャルの背信外交』 - (2005年、)• 『第2次世界大戦がよくわかる本』 - 太平洋戦争研究会(2006年、) 関連項目 [ ]• - 会談に臨むルーズベルト大統領を乗せて中東に向かった。 この項目は、に関連した です。

次の

映画『動物農場』公式サイト

テヘラン 会談

第二次世界大戦を勝利に導き、戦後世界の見取り図を描いたのは、ルーズベルト、スターリン、チャーチルのビッグスリーであったことは、既に定説と化して久しい。 その当たり前のことを書いた本を、今更、何故わざわざ取り上げる必要があるのか。 誰しも、そう思うだろう。 その答えは簡単だ。 「圧倒的な」肉声、ディテールの積み重ねによって、三人の指導者の人となりが鮮やかに蘇るからだ。 ここにいるのは、伝説のリーダーではない。 私たちと同じく、強みも弱みも併せ持った血の通った生身の人間なのだ。 しかも、三人が目の前を歩いているような錯覚さえ覚えてしまう。 面白くないはずがないではないか。 二巻の大作だが、あっという間に読めてしまうだろう。 物語は、三巨頭が初めて一堂に会したテヘラン会談の晩餐から始まる。 スターリンがチャーチルを挑発する。 ルーズベルトはスターリンの肩をもつ。 ロシア熊とアメリカ・バッファローの間の小さな驢馬、「それがただひとり、帰り道を知っていたのだ」とチャーチルは書く。 三巨頭は戦後の枠組みを作るのに五年を要したが、決定的な始まりは、四一年八月の大西洋憲章の調印だった。 初めてルーズベルトに会うチャーチルが如何に緊張していたか、微笑ましいくらいだ。 無理もない。 ここで大統領の好意を得ることに大戦の帰趨がかかっていたのだから。 大統領は戦後世界の枠組みに関心があり、首相は大英帝国の権益保護に執着する。 スターリンを含め三人で話し合わないと埒があかないと入れ込んだ大統領はテヘランに飛ぶ。 四三年一一月、やっと三巨頭会談が実現した。 四四年一〇月、二度目にモスクワに飛んだチャーチルは、密かに東欧の分割案をスターリンに持ち掛ける。 ルーズベルトが知れば激怒しただろうが、大統領は病身を押して四選を目指す選挙戦の最中だった。 時間がないルーズベルトはクリミアに赴く。 四五年二月、三巨頭が再びヤルタで見(まみ)えた。 ここで戦後世界の運命が決まった。 病身の大統領が、「肝心なときに鋭さを欠いていたということを示す証拠はない」。 ルーズベルトはベストを尽くしたのである。 四五年四月、大統領は死んだ。 四五年七月のポツダム会談は、選挙に敗れたチャーチルも退場し、新顔二人がスターリンに対峙したのである。 本書が優れているのは、脇役の彫琢(ちょうたく)がまた素晴らしいことだ。 英米同盟の構築者で大統領の側近、ハリー・ホプキンス。 大英帝国軍参謀総長のアラン・ブルック。 二人の表情や身のこなしまで想像できそうだ。 そして、登場回数こそ少ないものの強烈なオーラを放つ蒋介石夫人、宋美齢。 主役も脇役も揃いも揃って強烈な個性が、虚々実々の駆け引きを行うのだ。 将来を予見させるド・ゴールの一徹さも印象的だ。 人間好きな読者にはたまらないだろう。

次の