次 世代 住宅 ポイント 申請 窓口。 次世代住宅ポイント制度

パナソニック商品の証明書・納品書について

次 世代 住宅 ポイント 申請 窓口

(注)1申請あたり、2万ポイント未満の場合は、ポイント発行申請できません。 申請に関する詳しい情報は、「次世代住宅ポイント事務局ホームページ」()をご覧ください。 <送り先> 〒115-8691 赤羽郵便局 私書箱10号 次世代住宅ポイント 申請受付係 窓口申請の場合はこちら 次世代住宅ポイント「対象製品証明書」と「次世代住宅ポイント専用納品書」の記入注意事項について 次世代住宅ポイント申請の高効率給湯器 エコジョーズ の「対象製品証明書」には、「次世代住宅ポイント専用納品書」を添付することが必要です。 「対象製品証明書」には、製品型番をフリガナ付きで正確に記入する必要があります。 弊社では、製品ごとに製品型番とフリガナを記載した「対象製品証明書」と「次世代住宅ポイント専用納品書」 フリガナ不用 をエクセルファイルでご用意しました。 より該当製品ごとにダウンロードしてください。 ガス事業者ショップなどで、機器の販売と施工を同じ会社で行う場合で、本社を販売会社とすることが難しい場合は、販売会社としてショップの販売部門名までと責任者の記入、施工業者及び納入先には、工事部門名までと担当者を記入してください。 納入先 工事施工業者名または、施工邸名 納入元 発行日、納入元の名前・住所・電話番号、発行者印 2.製品型番 次世代住宅ポイント事務局に登録された「製品型番」を にてご確認のうえ、「製品型番」を正確に記入して納入先へお渡しいただくようお願いします。 弊社では、製品ごとに製品型番とフリガナを記載した「対象製品証明書」と「次世代住宅ポイント専用納品書」 フリガナ不用 をエクセルファイルでご用意しました。 より該当製品ごとにダウンロードしてください。 次世代住宅ポイントの申請方法 手順1 「太陽熱利用システムの性能証明書(以下 性能証明書)」の発行依頼をする 『ソラモ(SOLAMO)』、『ソラージュ(SOLAJU)』の製品は、「性能証明書」が必要です。 下記バナーをクリックしてをダウンロードし、 必要事項をご記入のうえ、対象貯湯ユニットの 定格銘板の写真を貼付して弊社までファックスまたはメールで依頼してください。 <送り先> 〒115-8691 赤羽郵便局 私書箱10号 次世代住宅ポイント 申請受付係 窓口申請の場合はこちら 次世代住宅ポイント「対象製品証明書」と「次世代住宅ポイント専用納品書」の記入注意事項について 次世代住宅ポイント申請の浴室乾燥機の「対象製品証明書」には、「次世代住宅ポイント専用納品書」を添付することが必要です。 「対象製品証明書」には、製品型番をフリガナ付きで正確に記入する必要があります。 弊社では、製品ごとに製品型番とフリガナを記載した「対象製品証明書」と「次世代住宅ポイント専用納品書」 フリガナ不用 をエクセルファイルでご用意しました。 より該当製品ごとにダウンロードしてください。 ガス事業者ショップなどで、機器の販売と施工を同じ会社で行う場合で、本社を販売会社とすることが難しい場合は、販売会社としてショップの販売部門名までと責任者の記入、施工業者及び納入先には、工事部門名までと担当者を記入してください。 納入先 工事施工業者名または、施工邸名 納入元 発行日、納入元の名前・住所・電話番号、発行者印 2.製品型番 次世代住宅ポイント事務局に登録された「製品型番」を にてご確認のうえ、「製品型番」を正確に記入して納入先へお渡しいただくようお願いします。 弊社では、製品ごとに製品型番とフリガナを記載した「対象製品証明書」と「次世代住宅ポイント専用納品書」 フリガナ不用 をエクセルファイルでご用意しました。 より該当製品ごとにダウンロードしてください。

次の

次世代住宅ポイント制度が延長 申請期間、対象者、注意点など

次 世代 住宅 ポイント 申請 窓口

消費税増税対策の一環として始まった「次世代住宅ポイント制度」は、所定の条件を満たす住宅を新築、リフォームをした場合にポイントが付与され、そのポイントをいろいろな商品に交換できるというお得な制度です。 ただし、住宅を新築・購入・リフォームすれば自動的にポイントが付与されるのではなく、自分でポイント発行の申請をしなくてはなりません。 そうなると、ポイント発行の申請に何が必要なのか、手数料はかかるのかと心配になりますよね。 「どうやって申請すればいいの?」と困っている方のために、次世代住宅ポイントの申請方法や、申請時の費用について解説します。 次世代住宅ポイントの申請に必要なものは? まずひとつ注意したいのが、通常のポイント発行の申請については、2020年3月31日に受付が終了しているということです。 現在次世代住宅ポイント発行の申請ができるのは、新型コロナウイルス感染症の影響で工事や契約が申請期限に間に合わなかった方のうち、2020年4月7日~8月31日の間に契約を済ませた方に限られます。 ポイント発行の申請には、以下のような書類が必要です。 ・ポイント発行申請書 ・工事請負契約書など、住宅取得に係る書類 住宅を新築したのか、リフォームしたのか、すでに入居済みかなど、契約内容や現在の状況によって必要書類が異なります。 次世代住宅ポイント制度の公式サイトに、簡単な質問に答えるだけで自分の申請タイプをチェックできるフォームがあるので、申請タイプがわからない方は使ってみましょう。 ・申請タイプチェックは 申請書の提出場所は? ポイント発行の申請書類の提出方法には、「郵送」と「窓口に提出」の2パターンがあります。 郵送で提出する場合は、必要書類をそろえて以下の住所に送付しましょう。 〒115-8691 赤羽郵便局 私書箱27号 次世代住宅ポイント【新型コロナウイルス感染症対応】 申請受付係 また、申請書類には多くの個人情報が記載されており、折り曲げ厳禁となっているため、追跡可能なレターパックや書留で送るのがおすすめです。 窓口に提出する場合は、次世代住宅ポイント制度の公式サイトで最寄りの窓口を検索し、申請書類を持参しましょう。 ・最寄りの窓口検索は 窓口で申請書類を提出する場合は、担当者不在の場合があるので、事前に来店予約をしましょう。 また、書類のチェックに時間がかかる場合があるため、時間に余裕があるときに行くのがおすすめです。 ポイント発行の申請期限は、「2020年8月31日」となっています(予算に達すると期限前でも受付終了)。 窓口に提出する場合でも、書類に不備があると間に合わなくなる可能性があるので、早めに申請を済ませるようにしましょう。 申請書のダウンロードはこちら! ポイント発行申請書は、次世代住宅ポイント制度の公式サイトでダウンロードできます。 申請書のダウンロードは 住宅の種類などによって書式が異なるので、先に自分の申請タイプをチェックしておきましょう。 申請タイプのチェック結果の画面からでも、申請書のダウンロードが可能です。 次世代住宅ポイントの申請費用は? 次世代住宅ポイント発行の申請では、基本的に費用は発生しません。 ただし、提出書類をコンビニなどでコピーする場合はコピー代、郵送で提出する場合は切手代やレターパック代などがかかります。 郵送申請で書類の送り忘れや不備があると、次世代住宅ポイントからのお知らせを待って、再度申請書類を提出しなおさなくてはなりません。 何度も郵送することになると、その分通信費がかさむので、書類の送り忘れや不備がないようにしっかりと確認をしましょう。 また、次世代住宅ポイント発行の申請の際には、申請タイプに応じて住宅証明書や住宅設備の性能証明書などの書類を提出する必要があります。 こうした書類は契約した業者に作成してもらう必要がありますが、業者によっては数万円の発行手数料がかかることがあるので、事前に費用について確認しておきましょう。 次世代住宅ポイントの申請手数料はかかる? 次世代住宅ポイント発行の申請の際に、申請手数料などがかかることはありません。 窓口で申請書類を提出するときにも、これといって料金はかからないので、安心して利用してくださいね。 まとめ 2020年6月1日より、新型コロナウイルス感染症の特別対応対象者のポイント発行の申請受付が開始されました。 申請期限は2020年8月31日までなので、対象になっている方はポイントをもらい損ねないように早めに手続きを済ませましょう。 申請書類の提出方法には「郵送」と「窓口に提出」の2パターンがありますが、どちらの方法でも申請手数料が発生することはありません。 また、申請時にこれといった費用がかかることも基本的にはありませんが、郵送で申請書類を提出する場合は通信費がかかるほか、業者によっては住宅証明書などの書類の発行に料金がかかります。 必要書類の発行料金について心配な方は、事前に業者に確認しておきましょう。 jisedai-points. jisedai-points. pdf.

次の

次世代住宅ポイントとは? 制度終了が間近? どんなメリットがある?

次 世代 住宅 ポイント 申請 窓口

次世代住宅ポイント制度にポイント発行申請を行った場合、申請完了の通知ハガキが届くことになっています。 発行されたポイントは商品などと交換が可能ですが、ポイントを使う際に通知ハガキに記載されている情報が必要なため、手元に届くのを心待ちにしている方もいるのではないでしょうか? この記事では、次世代住宅ポイントの申請完了のお知らせである通知ハガキについて、到着の時期や紛失した場合の手続きの方法などについてご説明します。 新型コロナウイルス感染症の対応として、申請期限が延長されている点も含めてまとめましたので、ポイント申請をこれから行う予定の方も、一度最後まで読んでみてください。 次世代住宅ポイントの通知ハガキとは? 次世代住宅ポイントの通知ハガキは、正式には「次世代住宅ポイント発行・審査完了のお知らせ」というハガキのことです。 次世代住宅ポイント制度に申請を行った際、審査が完了した後無事にポイントが発行されたお知らせとして、申請者のもとへハガキが郵送されます。 通知ハガキを返送する形で、ポイントの商品交換の申請が可能です。 また、オンライン上からポイントの商品交換を申請する場合は、通知ハガキに記載されている個人情報がログイン時に必要になるため、通知ハガキは大切に扱ってください。 新型コロナウイルス感染症対応として、条件に当てはまる場合には、新たなポイント発行申請期限が設けられているので注意が必要です。 ただし、新型コロナウイルス感染症対策のため、2020年3月から5月にかけて次世代住宅ポイント制度事務局での作業人員を削減して対応しており、通常よりも時間がかかることは念頭においておきましょう。 ポイントが発行された後の交換申請期限は決まっているため、ポイント申請から数か月経っても通知が届かない場合、一度問い合わせて確認しておくと安心です。 通知ハガキが届くのが遅い場合 通知ハガキがなかなか手元に届かない場合、事務局に問い合わせて状況を確認することもできます。 しかし、下記の通りであるため、通知ハガキに関する問い合わせは極力避けた方がいいかもしれません。 通知ハガキが届いてすぐにポイント交換申請ができるよう、商品交換申請の方法を確認し、交換する商品を決めておきましょう。 次世代住宅ポイントの通知ハガキを紛失してしまった場合の対処法とは? ポイント交換申請のためマイページにログインする必要があり、初めてログインする際に個人IDとパスコードを入力します。 これらの情報は通知ハガキに記載されていますが、通知ハガキをなくしてしまった場合は、ログインができなくなってしまうため、再発行を依頼する必要が出てきます。 しかし、通知ハガキを紛失する前に一度ログインをし、パスコードを変更している場合は、新しいパスコードでログインが可能です。 ログイン情報が手元に残っておらず、かつ通知ハガキを紛失してしまった場合には、再発行を依頼しましょう。 通知ハガキの再発行の方法 通知ハガキを紛失した場合の再発行依頼は、ログイン画面から行います。 (ログイン画面のURL: ページ下部にある「ハガキ再発行依頼」をクリックして次に進みます。 氏名や対象住宅の住所など、必要な個人情報を入力して、最後の再発行依頼をクリックすれば再発行依頼の手続きが完了です。 まとめ 次世代住宅ポイント制度の申請を受け付けた、という通知ハガキ(ポイント通知)は、申請からおよそ2〜4か月で届く予定となっています。 予定期間を過ぎても通知ハガキが届かない場合は、最終手段として事務局への問い合わせを検討しましょう。 ただ、窓口への問い合わせの電話をかける際には、通常よりも対応に時間がかかる可能性が高いことを念頭において連絡してください。 また、万が一通知ハガキを紛失してしまった場合は、マイページからハガキの再発行を依頼することができます。 新型コロナウイルス感染症の影響で、ポイント申請期間や交換受付期限が延長されており、条件によってはポイント申請や商品交換の締め切りが先送りされているので、確認してみましょう。

次の