お言葉に甘えて 敬語。 「お言葉に甘えて」の意味は?敬語や類語にビジネスメールの送り方も

「帰社」の意味と使い方!敬語表現と「退社」「退勤」との違いも

お言葉に甘えて 敬語

スポンサーリンク 社会人を長くやっていると必ず出会う言葉があります。 それは「 お気遣い」と「 お心遣い」という言葉。 なんだか似たような言葉ですよね。 でも、「遣い」という言葉は共通でも、「気」と「心」という漢字は違う漢字です。 ということで今回はこのいっけん似たような言葉の「お気遣い」と「お心遣い」の 意味の 違い。 そしてこの2つの言葉の 目上の人や 上司に対しての 使い方も紹介します。 この2つの言葉の微妙な意味の違いを理解しておくことは、社会人になるあなたにきっと役立ちますよ。 逆にこの2つの言葉の意味を知らずに間違った使い方をすると、社会人になったときに相手から低い評価をされるかもしれません。 それではこの間違いやすい2つの言葉についてみていきましょう。 「お気遣い」と「お心遣い」の違い 社会人として取引先や相手に対し細かな気遣いは、最低限守るべきことです。 たとえば、お客様が来られたらお茶をお出しする。 お客様が来られる前に、エアコンで室温を調整しておく。 これらは相手からしたら「お気遣い」になります。 誰だって社会人としてこのくらいのことはおこなって当然の行為なんです。 気を使うことを「もっと神経つかいなさい。 」なんて言います。 ですので「お気遣い」は「細かく神経を使う」ことになります。 「お心遣い」はあなたの優しい、相手のことを心から思うことから発せられる行為のことなんです。 「お気遣い」は社会人なら誰でもできなくてはいけません。 しかし「お心遣い」は社会人だからといって誰でもできることではありません。 たとえば、相手にお茶を出すことは誰でも気がつきます。 ではこうなったらどうでしょうか。 お茶を出す時に相手の好きなお茶菓子を調べておいて、利害ではなく相手に喜んでほしくてそのお茶菓子を用意する。 そのお茶菓子に合うお茶も用意する。 これは相手に対しての優しい思いやりの心があってこそできることです。 「細かく神経を使う」ことが「お気遣い」なら「お心遣い」は「人としての優しい心」から行う行為なんです あなたが社会人になったなら、まず「お気遣い」ができるようにならなくてはいけません。 「お気遣い」が自然にできるようになった後、「お心遣い」ができるようになるかどうかはあなたの「心」次第です。 「お気遣い」は社会人として最低限必要なことですが「お心遣い」は誰にでもできることではありません。 あなたが相手に対し「お心遣い」が自然にできるようになったなら、あなたがセールスマンならきっとトップセールスマンになれると私は思います。 目上の人への使い方を例文で紹介 それでは「お気遣い」と「お心遣い」を、目上の人や上司にどう使うのかをわかりやすく例文でみていくことにしましょう。 2つの言葉は「細かく神経を使う」と「優しい、相手のことを心から思う心」ですから、それぞれの使い方をみていくことにしましょう。 この2つの言葉を目上の人や上司に使う時には「気遣い」「心遣い」ではだめですよ。 必ず接頭辞の「お」をつけることで敬語になることをお忘れなく。 お気遣いの使い方 スポンサーリンク まとめ 「お気遣い」と「お心遣い」は似ているようで、まったく使い方が違う言葉です。 「お気遣い」とは「 相手があなたに対して心をくだいてくれて、あなたに気を使ってくれたときに使う言葉。 」 そして「お心遣い」とは「 相手があなたに対して優しい思いやりの心をもって、あなたになにかをしてくれたときに使う言葉。 」 「お気遣い」は社会人なら最低限身につけないといけない相手にたいして細かく神経を使うこと。 「お心遣い」はあなたの優しい、相手のことを心から思うことから発せられる行為のことなんです。 あなたが社会人になったなら相手に「お心遣い感謝します。 」と言ってもらえるようになって一人前の社会人です。 普通の人なら相手の心のこもった思いやりや優しさには、利害関係抜きで感謝します。 そしてその感謝の心を忘れることはないでしょう。 社会人になるのならこの2つの言葉の違いを日々かみしめて行動しませんか。

次の

「帰社」の意味と使い方!敬語表現と「退社」「退勤」との違いも

お言葉に甘えて 敬語

贈り物のお礼• とても気に入りました。 ありがとうございます。 先日はお心のこもったプレゼントを頂きましてありがとうございます。 日頃は私どもの方こそお世話になっておりますのに、ご丁重なお品をお送りいただき恐縮です。 この度はお心づくしの品をお送りいただき、ありがとうございました。 この度はお心のこもったお品をいただき、ありがとうございました。 お心づかいに感謝• いつもながらのお心づかいに、感謝しております。 いつもながらのお心づかいに恐縮するばかりです。 このようなお心づかいをいただき、恐縮です。 「お中元、お歳暮のお礼」• 結構なお中元の品を賜り、ありがとうございました。 これから夏本番の暑さとなりますが、ご無理をされず、ご自愛ください。 ご丁寧なお中元をお贈りいただき、誠にありがとうございました。 この度は、ご丁寧[テイネイ]にお中元(お歳暮)を頂戴し、ありがとうございました。 この度は、ご丁重[テイチョウ]なるお歳暮(中元)をお贈りいただきまして、誠にありがとうございました。 先だっては、結構なものをどうも。 お正月を迎えるのに、なによりの品でございます。 この度は、お心尽しの品をお贈りいただき、まことにありがとうございました。 いつもお心にかけていただき、恐縮しております。 お中元(お歳暮)のご挨拶ならびに結構なお品を頂戴いたしまして、本当にありがとうございました。 先日はお中元(お歳暮)を贈っていただき、ありがとうございました。 子供達も大変喜び、家族みんなで美味しくいただきました。 本日はお心のこもったお品を頂き、誠にありがとうございました。 この度は結構なお中元の品を頂戴いたしましてありがとうございました。 「食べものお礼の言葉」• 素敵なおすそわけをいただき、ありがとうございます。 めったに口にできないものをいただき、ありがとうございます。 遠慮なく頂戴[チョウダイ]します。 家族で美味しくいただきました。 結構なものを頂戴[チョウダイ]しまして、ありがとうございます。 とても美味しかったです。 めったに口にできないものを頂戴し、家族一同、喜んでおります。 いつも気にかけていただき、ありがとうございます。 早速、主人ともども美味しくいただきました。 早速、主人と娘と3人で賞味させていただきました。 家族一同大喜びで、早速美味しくいただきました。 お心遣い、誠に恐縮に存じます。 過分なお心遣いを頂戴し、誠にありがとうございます。 お土産のお礼• 今日はお土産まで頂戴[チョウダイ]して、本当にありがとうございました。 これは、ごていねいに、ありがとうございます。 思いがけない贈り物、ありがとうございます。 お心配り、感謝いたします。 いつもよくしてくださって、本当にありがとうございます。 お気遣いいただき、ありがとうございます• 素敵なお土産をいただき、恐縮しています。 これは、結構なお品をいただきまして、ありがとうございます。 思いがけず、お土産までいただき、恐縮です。 頂いき物のお礼です。 お心遣いありがとうございます。 ご丁寧に、恐れ入ります。 とても美味しかったです。 いただきものをしてありがとう。 旅行のお土産のお礼• ご旅行中にもかかわらず、お心にかけていただき、ありがとうございます。 素敵なお土産、本当にありがとうございました。 けっこうなものを頂戴いたしまして、ありがとうございます。 結構な物を頂きましてありがとうございました。 「お祝いのお礼の言葉」• この度は、結構なお祝いの品をいただき、誠にうれしく思います。 大変光栄に存じます。 過分なお祝いを頂戴いたしまして、まことにありがとうございました。 いただきましたお祝いで、新しい生活に必要なものを購入させていただきます。 この度は、私たちの結婚お祝いを頂きありがとうございました。 今後ともとうぞ末永 くよろしくお願い申し上げます。 心温まるお祝いをいただきまして、本当にありがとうございました。 「結構なものへのお礼の言葉」• 結構なものをちょうだいしまして、ありがとうございます。 結構なお品を賜[タマワ]りまして、ありがとうございます。 たいへん重宝しております。 素晴らしいお品なので、使わせていただくのがもったいないほどです。 けっこうな品物、ありがとうございました。 いつもけっこうなものをいただき、ありがとうございます。 この度は、たいへん珍しい品を頂戴[チョウダイ]いたしまして、ありがとうございます。 「ごていねいに」• ご丁重[テイチョウ]なる餞別[センベツ]をいただき、誠にありがとうございました。 ごていねいにお届けいただきまして、ありがとうございます。 お心づかいをいただきまして、ありがとうございます。 お心遣いをいただきまして、恐縮[キョウシュク]です。 お気づかいいただき、ありがとうございます。 せっかくですから、ありがたく頂戴[チョウダイ]いたします。 この度は温かいお心遣いをいただき、ありがとうございます。 過分なお心遣いをいただき、恐れ入ります。 ご丁寧[テイネイ]に、恐れ入ります。 ご丁寧なお餞別[センベツ]をいただき、本当にありがとうございました。 ご丁寧に送っていただいて、ありがとう。 過分なお心遣いをいただき恐れ入ります。 ありがたく頂戴いたします。 お心遣いをいただきまして、恐縮[キョウシュク]です。 「欲しかった」• たいへん重宝[チョウホウ]しております。 毎日使えるものですので、たいへんありがたいです。 ずっと前から欲しかったの。 ありがとう。 ありがとう。 これからのシーズンにピッタリね。 ありがとう。 とても重宝[チョウホウ]に使わせていただいています。 その他• ありがとうございます。 遠慮なく頂きます。 遠慮なく頂戴[チョウダイ]いたします。 こんなにたくさんいただいて、よろしいのですか?• さっそく使わせていただきます。 ありがとう。 肌身離さず、大切にします。 さっそく愛用させていただいております。 いつもながらのお心づくし、誠にありがとうございます。 ご丁重[テイチョウ]なる記念品を、頂戴[チョウダイ]し、心から御礼申し上げます。 ありがたく、頂戴[チョウダイ]いたします。 これは先日いただいたおすそわけのお礼です。 ありがとうございます。 それではお言葉に甘えて頂戴いたします。 せっかくのお気持ちですので、今回だけは頂戴いたします。 まあ素敵!ありがたく頂戴します。 ありがとう!• このようなお気遣いは、困ります。 嬉しいわ、本当にもらっていいの?• かわいい贈物をありがとうございます。 たいへんなおもてなしをいただきましたうえ、お土産まで頂戴[チョウダイ]いたしまして、ありがとうございました。 ご家族皆様でお召し上がりください。 ありがとうございます。 大切にしたいと思います。 ほんのお礼の気持ちですから、受け取ってください。 今日はお土産まで頂戴[チョウダイ]して、本当にありがとうございました。 お品を賜り、ありがたく拝受しました。 美味しく頂きます。 過分なお心遣いをいただき、恐れ入ります。 お品を賜り、ありがたく拝受しました。 ほんの御礼の気持ちとして。

次の

「感謝の気持ち」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

お言葉に甘えて 敬語

「お言葉に甘えて」の類語として、「ご厚意に甘えて 」・「ご好意に甘えて」・「お気持ちに甘えて」 ・「 ご親切に甘えて 」・「 お情けに甘えて」 ・「 お心遣いに甘えて」などがあります。 どれも意味としては相手の親切・厚情を感謝しつつ受け入れる言葉として使います。 例えば「今晩我が家で夕食を一緒にどうかな」と誘われた場合に「それではご好意に甘えて」という言葉を「お言葉に甘えて」と同じ意味として使うことができます。 相手に促され謝意を表しつつ行う 『お言葉に甘えて、抱かせて頂きます。 』と小説のタイトルにもなっている「お言葉に甘えて」という言葉ですが、相手の言葉を進んで受け入れて「抱かせて頂きます」という官能的な言葉としても用いることができます。 『お言葉に甘えて、抱かせて頂きます。 』の内容は、ヒロインであるお嬢様を溺愛する執事の恋愛モノです。 誰かにお世話されているお嬢様が一人前になるために一人暮らしをはじめようとするのですが、専属の執事がついてくることで同棲生活がスタートします。 2人の関係が恋愛関係と進んでいくストーリーなので、お嬢様が執事に恋をし体を許すことで、執事が「お言葉に甘えて、抱かせて頂きます。 」と快く受け入れる展開が予想されます。 いただきます 「お言葉に甘えて」の例文として「恐縮ですが」という言葉を文章にプラスした使い方を紹介します。 すでに「お言葉に甘えて」という言葉自体で恐縮した様を伝えていますが、さらに恐縮している表現を強めるために「大変恐縮ですが、お言葉に甘えさせていただきます」という使い方があります。 「恐縮ですが」という言葉は、相手に対して悪い気持ち、申し訳なく思っている様子を表す言葉になります。 相手の好意に甘える意味では「お言葉に甘えて」と似ている部分がありますが、「恐縮ですが」は謝罪の気持ちを強く持っている様子がよくわかる言葉です。 失礼のないよう相手に遠慮している気持ちもしっかり伝えつつ、好意に甘える場面などでうまく使用していきましょう。 お休みをいただきます 「お言葉に甘えて」の意味と使い方・敬語・類語・例文について紹介していきましたが、理解できたでしょうか。 使い方などわかった方は、類語なども取り入れ、ビジネスシーンでどんどん活用してみましょう。 「お言葉に甘えて」という言葉は他人を信頼し頼ることができます。 また相手も頼ってもらえたことを嬉しく感じお互いの関係を良好にしていく鍵にもなるでしょう。 必要に応じて他人に甘えることは、壁を作らない意味でも人間関係をスムーズにしていきます。 ただ場合によっては、相手の様子や言葉の真意をよく観察し「お言葉に甘えて」を使いすぎないようにもしましょう。 あまりにも甘えすぎてしまうと「図々しい」という印象になります。 空気を読むのが苦手な方は一度遠慮して断るなど様子をみていく姿勢もプラスするようにしましょう。

次の