パブリック ドメイン と は。 【保存版】パブリックドメイン素材の検索サイト9選 [インターネットサービス] All About

パブリックドメイン(PD)とは

パブリック ドメイン と は

2019年08月08日 07時00分 ひっそりとパブリックドメイン化された膨大な書籍が電子書籍となって無料ダウンロード可能となっている by とは、著作物や発明などについての知的財産権が消滅した状態を指す言葉で、人々はパブリックドメイン化された創作物を自由に入手したり利用したりできます。 アメリカではミッキーマウスのパブリックドメイン化を恐れたディズニーのロビー活動などによって、 歴史がありますが、「大量の書籍が人知れずひっそりとパブリックドメイン化していた」とアメリカメディアの が報じています。 Where to Download the Millions of Free eBooks that Secretly Entered the Public Domain 記事作成時点でのアメリカにおける著作権保護期間は、著作者の生存期間および死後70年までが原則となっています。 そのため、これまでに出版された作品を無料で読むには図書館などを利用する必要がありますが、実はアメリカにおいて「1964年以前に出版された多くの書籍」は、著者の死後70年を待たずにパブリックドメインとなっているとのこと。 1963年以前に出版された書籍の著作権保護期間は公表から28年間とされており、その後の著作権法改正に伴う保護期間延長を適用するためには、著者または出版社が著作権保護期間の延長申請をしなければなりませんでした。 しかし、この手続きを行わなかった著者や出版社は多く、いくつかの書籍は1963年の書籍が出版されてから28年後の1991年までの期間中に、ひっそりと著作権が切れた状態となっていたそうです。 なお、1964年以降に出版された書籍は、1992年からの著作権保護期間の延長対象となり、自動で保護期間が延長されています。 実際にどの書籍が延長申請による著作権保護の対象から外れているのかを調べるのは困難であり、長年にわたって密かにパブリックドメイン化されていた書籍の存在は見過ごされてきたとのこと。 そこで、 は著作権保護対象のカタログ情報をデータ化して解析し、実際の書籍と照合することで、1963年以前に出版された書籍のうち著作権が切れているものを判別しました。 by 大規模な取り組みによって、ニューヨーク公共図書館は全てがパブリックドメインとなっている1922年以前の書籍と、確実に著作権保護の対象となっている1964年以降の書籍を除いた、1923年から1963年の間に出版された書籍の著作権状況を分析。 その結果、調査対象となった書籍のうち実に80%がパブリックドメインとなっていることが判明し、人々が思う以上に多くの書籍がひっそりと無料で入手可能となっていたそうです。 すでに「 」や「 」などのデジタルライブラリは、新たにパブリックドメインだと判明した書籍を電子版で公開し始めています。 また、ロサンゼルスのブロガー兼プログラマーであるレナード・リチャードソン氏は、新たにネット上にアップロードされたパブリックドメイン書籍の情報を発信する アカウント「 Secretly Public Domain」を作成しました。 リチャードソン氏は「パブリックドメインは全ての人のものです」「ポピュラーカルチャーのほとんどが少数の企業によって所有されている世界において、パブリックドメインの創作物は本当に重要です。 あなたはパブリックドメインの書籍を無料で読んだり、自身の創造物に許可なしで利用することができます。 また、誰かがパブリックドメイン作品の電子コピーを公開すれば、著作権のある作品よりもこの世から失われてしまう可能性が低くなります」とコメント。 「あまりにも長すぎる著作権保護期間が古い書籍の『消失』を促進する」という事実は、これまでにも何度か研究者らによって指摘されてきました。 著作権による保護は本の自由な出版の妨げとなり、大衆的な人気を得られなかった古い書籍がどんどん忘れ去られていく結果につながります。 今回のように、パブリックドメイン化された書籍が次々にウェブ上で公開されることで、これまで顧みられなかった古い書籍が現代の視点から脚光を浴びることがあるかもしれません。

次の

パブリックドメインの作品について

パブリック ドメイン と は

「パブリックドメイン」ってなに? 東京五輪に使用されるロゴの盗作疑惑が世間を騒がせていますが、これは「著作権」というものに人々の関心が高まっている背景があるのではないでしょうか。 創作活動や表現において過去の作品や素材を参照することは不可欠ですが、やり方を誤ると問題になってしまいます。 あらゆる著作物や発明などの知的創作物については、知的財産権という権利が発生し、その創作者の権利は保護されます。 しかし、知的財産権は保護期間が定められており、この期間が終了したものはパブリックドメインとして一般利用が可能になります。 また、そもそも権利者が知的財産権を放棄する場合もあるので、これについてもパブリックドメインとして利用できます。 映画や音楽、小説などの著作物でパブリックドメインのものを商業利用しても著作権違反に問われることはありません。 今回は「パブリックドメイン」のサイトについてご紹介いたします。 【映画編】世界中から著作物を集める「Internet Archive」 インターネット・アーカイブは世界中の著作物を収集する電子図書館で、映画本編、予告編、さらにテレビ番組が収められています。 また、本や録音データ(音楽バンド等の許可によるライブ公演の録音も含む)も利用可能です。 知っておきたいパブリックドメイン利用時の注意点 著作権フリーの素材を利用をする際に気をつけなければならないことがあります。 それはフリー利用可=パブリックドメインではないということです。 パブリックドメイン以外にも 「クリエイティブ・コモンズ」というものがあります。 「クリエイティブ・コモンズ」とは、様々なコンテンツの作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って良いですよ」と分かりやすく意思表示をするためツール(マーク)のことです。 「非営利マーク」「改変禁止マーク」「継承マーク」の有無によって著作物利用の自由度が異なります。 以下の図はクリエイティブ・コモンズとパブリックドメインの利用をわかりやすく記載したものです。

次の

パブリック・ドメイン(ぱぶりっくどめいん)とは

パブリック ドメイン と は

Advertisement 先日、シカゴ美術館が収蔵している作品から、するなど、いま世界中で歴史的名作のデジタル・アーカイブ化の流れが進んでいます。 今回は、 世界の名画を無料ダウンロードできる美術館サイトをまとめてご紹介します。 著作権の消滅したパブリックドメインの作品が中心なので、クレジット表記なしで 無料ダウンロード、二次創作での利用が可能です。 紹介するサイトを合わせると、合計550万枚近くの貴重な資料や作品を網羅しています。 このリストは、随時アップデート予定となっています。 【2020年版】世界の名画を無料ダウンロードできる美術館サイト一覧• 406,000枚• 754,000枚• 45,000枚• 400,000枚• 23,000枚• 130,000枚• 1,023,000枚• 2,000,000枚• 100,000枚• 60,000枚• 数千枚• 25,000枚• 52,000枚• 40,000枚• 40,000枚• 4,000枚• 320,000枚• 35,000枚• 10,000枚• およそ348,000枚 1. メトロポリタン美術館 アメリカ・ニューヨークにある世界最大級の。 提供されているのは、同美術館が収蔵している美術品406,000点で、クレジット表記の必要もなく、商用利用も可能な高画質イメージデータとなります。 歌川国芳など日本の作品も数多く、世界的にここでしか見ることのできない名画をたくさん見つけることができます。 すべてのダウンロードは、 ページから行うことができます。 年代や地域別のほか、アートスタイルなど細かく分別できるフィルタ機能が実装されているので、目的の一枚を見つけやすいように工夫されています。 Image via• 参考URL:• ライセンス: 個人、商用利用可能• 公開枚数: 406,000枚 2. ニューヨーク公共図書館 ニューヨーク公立図書館(英: New York Public Library)が公開している、88万枚を超えるデジタル資料をダウンロードできる「」。 歴史的に価値の高い書物や写真、原稿、地図、楽譜などの画像は、どれも高解像度でスキャンされており、無料で利用できます。 もちろん、日本文化に関するデータもたっぷり。 ためしに検索フォームに「Japan」と入力すると、2300枚を超える資料が見つかりました。 歌川広重の東海道五十三次コンプリートのほか、江戸時代に描かれた浮世絵や、源氏物語なども。 参考URL:• ライセンス: 個人、商用利用可能• 公開枚数: 889,000枚 3. アムステルダム国立美術館 アムステルダム国立美術館(蘭: Rijksmuseum Amsterdam)では、オランダに関連するアーティストを中心に、400,000枚の世界的名画をパブリックドメインとして公開しており、個人および商用利用にも対応しています。 Facebook IDでログインできたり、お気に入り機能を使って自分だけのギャラリーを作成できたり、さらには気に入った作品をポスター印刷できるサービスまで揃うなど、コレクションのデジタル化と無料開放を積極的に進めている美術館のひとつ。 Image via• 参考URL:• ライセンス: 個人、商用利用可能• 公開枚数: 400,000枚 4. ナショナル・ギャラリー・オブ・アート ナショナル・ギャラリー・オブ・アート(英: National Gallery of Art、略称はNGA)は、アメリカ・ワシントンにある国立美術館で、コレクションのデジタル無料公開の波にのって、45,000枚の作品を無料公開しています。 ゴッホやモネ、アンリ・ルソーなど19世紀ごろのアーティストの作品が数多く公開されている点もポイント。 Image via• 参考URL:• ライセンス: 個人、商用利用可能• 公開枚数: 45,000枚 5. ロサンゼルス・カウンティ美術館 アメリカ西海岸で最大級規模の (英: Los Angeles County Museum of Art、通称LACMA )では、現在23,000枚を超える世界的名画がデジタル公開されています。 検索するときに、「Show public domain images only」にチェックを入れることで、パブリックドメインの作品のみを探すことができます。 歌川広重や葛飾北斎などの日本画も、多数収蔵されています。 Image via• 参考URL:• ライセンス: 個人、商用利用可能• 公開枚数: 1,023,000枚 8. バイオダイバーシティ遺産図書館 は、英米の10の自然史博物館図書館・植物園図書館・研究機関が協同で構築した、生物多様性(biodiversity)に関する文献をデジタル化してオープンアクセスで提供しており、その数はなんと2百万枚を超えています。 18世紀から19世紀に発行された航海記録、動物誌や植物誌など、自然に関するイラストが中心に公開されています。 公開されている作品は、どれも 著作権が消滅したパブリックドメインとなっているので、どんな用途でもお好みで利用することができます。 Oil painting. Image via• 参考URL:• ライセンス: CC-BY 3. 0 クレジット表示することで個人、商用利用可能• 公開枚数: 100,000枚 10. ニュージーランド国立博物館 英: Museum of New Zealand Te Papa Tongarewa は、太平洋諸島の歴史的な美術品や現代美術品を所蔵している、1998年開館の国立博物館です。 デジタル・アーカイブとして公開されている作品のおよそ半分、およそ14,000点に関しては、クレジット表記することで個人利用可能となっており、17,000点は著作権の消滅したパブリックドメインで、どんな用途にも自由に利用できます。 Five cats, late 18th century, China, by Zhu Zhanji, Liang Tongshu, Lv Huang. Gift of Dr and Mrs Daniel Yu-Tang Lew, 1960. Te Papa 1960-0006-1• 参考URL:• ライセンス: 14,000枚 パブリックドメイン 17,000枚• 公開枚数: 60,000枚 11. アメリカ議会図書館 (英: Library of Congress)は、蔵書の数や毎年の予算額、職員数などすべての点で、世界最大規模の図書館で、1800年にワシントンD. に設立されました。 数百万点におよぶコレクションを閲覧することができ、そのなかでも作品を個人、商用にかかわらず自由に利用できる「」コーナーが設けられ、無料でダウンロードすることが可能となっています。 このコーナーは、カテゴリー別に細かく分類されているので、はじめて訪れたひともお好みの作品を見つけやすいでしょう。 Where the Americas meet. Image via• 参考URL:• ライセンス: 一部作品は個人、商用利用可能• 公開枚数: 数千枚 12. コペンハーゲン国立美術館 (英: The National Gallery of Denmark 通称SMK)は、デンマークにある美術館で、15世紀ごろに描かれたアンドレア・マンテーニャの「贖い主としてのキリスト」など、世界的にも歴史的にも貴重な、ヨーロッパを中心とした作品が数多く収蔵されています。 作品のデジタルパブリック化に対しても積極的で、現在25,000枚の名画が高解像度のJpegファイル形式でされています。 作品は、どれもパブリックドメインとなっており、用途に限らず自由に利用、改変することができます。 検索フィルター機能を用いることで、より手軽に作品を探すことができる点もポイントです。 Image via• 参考URL:• ライセンス: パブリックドメイン 個人、商用利用可能• 公開枚数: 52,000枚 14. スミソニアン博物館 アメリカ・ワシントンDCにある(英:The Smithsonian)は、科学、産業、技術、芸術、自然史など19の博物館から構成され、その収蔵物は1億4200万点を超えるとも言われている、世界的にも有名な博物館のひとつです。 その中でも、日本画を含むアジア・アートとアメリカ・アート合計40,000枚近くを閲覧でき、その多くがJpegファイル形式で無料ダウンロードできます。 クレジット表記することで、個人及び非商用での利用を行うことができます。 作品の個別ページの詳細に、Save this imageと書かれていればダウンロード可能で、幅4,200pxを超える高解像度も魅力です。 Ukie Edo Ryogokubashi noryo no zucitation by 渓斎英泉. Image via• 参考URL:• ライセンス: クレジット表記で個人および非商用利用可能• 公開枚数: 40,000枚 15. オスロ国立美術館 (ノルウェー語: Nasjonalmuseet for kunst)は、ノルウェーの首都オスロにある美術館で、1800年~1900年代のノルウェーの画家の作品などおよそ40万点が収蔵されています。 特に、エドヴァルド・ムンクのコレクションが有名で、4枚あると言われている「叫び」の1枚が公開されています。 デジタル・アーカイブ化の無料開放によって、ムンクの叫びも含む、合計3万枚の名画を無料ダウンロードすることができます。 個人および非商用での利用が可能ですが、利用の際にはクレジット表記をお忘れなく。 Image via• 参考URL:• ライセンス: クレジット表記で個人および非商用利用可能• 公開枚数: 40,000枚 16. ゴッホ美術館 (英: Van Gogh Museum)は、オランダのアムステルダムにある、日本人にも特に人気な、フィンセント・ファン・ゴッホの作成を中心とした美術館で、コレクションには油彩画200点以上、素描画約500点、書簡約750点が含まれます。 これらのコレクションを通して、ゴッホの生涯と業績を辿ることができます。 世界各地で行われているゴッホの展示会でも見ることができない、ゴッホの妻への手紙など、歴史的に貴重なお宝、名画をたっぷり収蔵した美術館と言えます。 公開されている画像は、どれも無料ダウンロードできますが、商用利用に関しては、専用のリクエストフォームを送信する必要があります。 Image via• 参考URL:• ライセンス: 個人利用可能(商用利用は専用フォームよりリクエスト送信が必要)• 公開枚数: 4,000枚 17. クレジット表記なしで商用利用も可能な完全オープンソース化となっています。 公開されている画像は、歴史的価値の高い作品ばかり15万点以上で、クレジット表記なしで無料ダウンロード、二次創作での利用が可能なライセンス付きのパブリックドメイン。 参考URL:• ライセンス: CC0ライセンス 商用利用可能 パブリックドメイン• 公開枚数: 320,000枚 18. クリーブランド美術館 (英:The Cleveland Museum of Art)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド市にある全米有数の規模の総合美術館。 美術館のおよそ半分に当たる30,000点を超えるアートワーク作品が公開されており、それらは6万個以上のタグ入力によって細かく分別されています。 公開されている作品はどれもCreative Commons 0ライセンス付きのパブリックドメインで、自由に利用することができます。 Image via• 参考URL:• ライセンス: CC0ライセンス 商用利用可能 パブリックドメイン• 公開枚数: 35,000枚 19. もともと研究者や学生のリサーチ用に公開されており、キーワードや年代、カテゴリ等によって絞り込み検索を行うことが可能。 参考URL:• ライセンス: CC0ライセンス 商用利用可能 パブリックドメイン• 公開枚数: 10,000枚 20. 番外編 ここでは、著作権が消滅したパブリックドメインの作品を集めている、無料ウェブサイトをいくつかご紹介します。 セレクションがどれも素晴らしく、しかも無料ダウンロードもできるなど、デザイナーのアイデア出しにもオススメですよ。 デザイン制作に活用してみてはいかがでしょう。 rawpixel は、素敵なデザイン素材を配布しているサイトで、その中にある「」では、パブリックドメインとなっている作品をさまざまなカテゴリーで分別、セレクションしています。 さらに、色調補正を行うことで、より魅力的な色合いで表現されている点もポイントです。 日本の木版画を集めた「」の項目を開いてみると、どれも素晴らしい作品ばかりがまとめられているのが分かります。 The Public Domain Review さまざまなウェブサイトや美術館などから、著者自らのセレクションでパブリックドメインとなった写真やイラスト、世界的な名画について詳しく解説している。 2011年から続く人気老舗ブログで、扱っている作品のほとんどが無料ダウンロードでき、見ているだけで新しい発見があります。 Old Book Illustration サイト名の通り、古い書物に挿絵として使われているイラストや、アンティークなスケッチ画などを高解像度でスキャンし、集めている。 スタイル別に別れているので、より手軽に目的のデザインを探し出すことができます。 世界の名画をオンラインで鑑賞、閲覧できるサイトまとめ 以下は、世界中から集められた作品を、オンライン上で鑑賞できるバーチャルギャラリーサイトを一緒にまとめています。 資料や素材のダウンロードはできませんが、航空券を買って直接美術館を訪れなくても、世界中の名画に手軽にふれることができます。 世界各地の美術館、なんと1,600館に所蔵されている作品をパソコンやスマホで鑑賞できるサービス。 日本からはしています。 、撮影したセルフィーに似た作品を探してくれたり、色から作品を探してくれるまで。 1920年頃にドイツで誕生し、モダンデザインの基礎として、今なお世界中の建築やデザインなどさまざまな分野に影響を与えている「バウハウス(Bauhaus)」。 そんなバウハウスの世界最大級のコレクション、およそ30,000枚。 アンディ・ウォーホルのフィルムネガなど貴重な作品も。 20世紀を代表する彫刻家・デザイナーのひとりイサム・ノグチ(1904—1988)自身の手で1985年に創設された、ニューヨークにある美術館。 彫刻はもちろん、写真やデジタル化されたイラストなどおよ60,000点の作品を閲覧できます。 「モダンアートの殿堂」、ニューヨーク近代美術館に収蔵されている20万点の作品の中から、およそ80,000点を高解像度で閲覧できます。 アメリカを代表する625人のアーティストの、約1,700枚の作品を高解像度のデジタル・アーカイブとして無料提供しています。 38,000点を超える貴重なデザインを、高解像度画像で閲覧でき、より拡大できるズーム機能にも対応。 (英: Whitney Museum of American Art) アメリカアートが好きな人はたまらない、23,000枚の名画コレクション。 ダウンロードできますが、解像度サイズがやや小。 (英: The Tate) イギリスを代表する近現代美術を多く収蔵しており、その中からおよそ70,000点がデジタル化されています。 クレジット表記でシェア可能で、個人および非商用で利用できます。 書き残した全手稿のうち約3分の2が失われ、現存するのは約5000ページと言われています。 大英博物館がデジタル化したとナショナル・アート図書館がを合わせた、「アトランティコ手稿」の完全デジタルコレクション。 (サイト右下「EN」で英語に切り替え、ページ上部「Explore the Codex」ボタンよりどうぞ。 ) 無料のイラストや写真素材をお探しのひとへ。 「もっと無料で利用できる素材を探したい。 」、そんなひとは以下の記事も参考にしてみると良いでしょう。 フリー写真やイラスト素材を無料ダウンロードできるサイトをまとめています。

次の