アメリカ 株式 市場 時間。 米国株式市場の取引時間は?【冬時間23:30、夏時間22:30〜】

米国株式市場の取引時間は?【冬時間23:30、夏時間22:30〜】

アメリカ 株式 市場 時間

FXの取引時間 - 時間帯ごとの市場の特徴を押さえよう! FXの取引時間 - 時間帯ごとの市場の特徴を押さえよう! ひとこと要約 point1 FXは平日24時間取引可能 point2 スプレッドが広がりやすい時間帯に注意! point3 各時間帯の値動きの特徴を抑えよう! FXの大きな特徴の1つとしてその取引時間の長さが挙げられます。 国内株式の取引では基本的には証券取引所の開いている平日の9時から15時の間しか取引ができません。 そのうち11時半から12時半は休場なので実質5時間しか取引できません。 一方 FXでは、平日24時間取引をすることが可能です。 しかし24時間取引ができる分、時間帯によって特徴が変わってきます。 「FXを始めようとしているけど、時間帯ごとの特徴とかはいまいちよく分かっていない…」という方は一定数いるのではないでしょうか。 そこで今回はFXの取引時間と、各時間帯の特徴について説明していきたいと思います。 FXにおいて各時間帯の特徴を抑えることは、自分のトレードスタイルを決めるのにも、コストを抑えるためにも大変役立ちます。 FXは平日24時間取引が可能! なぜFXは24時間取引可能なのか 冒頭でも説明したように、FXでは 平日24時間取引が可能になっています。 なぜFXでは24時間取引が可能なのでしょうか?それは、 FXは世界中のトレーダー達が同時に取引しており、世界中の外国為替市場が開いているからです。 国内株式の取引は証券取引所が開いている時間しか取引できません。 しかしFXでは、基本的に取引所があるわけではなく、「 インターバンク市場」といわれる世界中の銀行による外国為替取引のためのネットワークがあるため、 24時間、 世界のどこからでも取引ができるようになっています。 しかし、土日は世界のほとんどの国の為替市場が閉まっているため取引をすることはできません。 具体的な市場の移り変わりは後述する「」で詳しく説明します。 取引は月曜の何時から金曜の何時まで? FX取引は基本的に平日24時間可能ということは理解できたと思います。 それでは、FX取引は 月曜日の何時から金曜日の何時まで可能なのか、詳しく見ていきましょう。 まず、月曜日の取引開始時間です。 FX会社によって多少のバラつきはありますが、基本的に 午前7時前後から取引が可能というFX会社が多いです。 次に、金曜日の取引終了時間をみていきましょう。 金曜日の取引終了時間は 翌朝(土曜日)の午前6時前後に設定されていることが多いです。 主なFX会社の取引可能な時間は以下のようになっています。 冬時間の場合クローズが1時間遅くなります。 FX取引ができない例外の日がある? 平日であれば基本24時間取引可能なFXといえど、例外も存在します。 主な例外は「 クリスマス」と「 大晦日・お正月」です。 まずはクリスマスについて見ていきましょう。 クリスマス クリスマス当日、 海外ではほとんどのFX市場が閉まっています。 そんな中 1つだけ開いているFX市場があります。 それは 日本のFX市場です! 12月25日が平日の場合には東京外国為替市場が開いている 7時から15時まで取引ができるFX会社もあります。 しかし、海外の市場は閉まっており市場参加者が少なくなるので、 値動きには注意が必要です。 また、クリスマス当日と土日が重なった場合には、FXの原則通り取引できませんので覚えておきましょう。 大晦日・お正月 海外の国がクリスマスを重視する一方、日本では大晦日やお正月を重視する傾向にあります。 そのため 大晦日の取引は各FX会社によって取引できる時間帯が変わってきます。 そのため、自分が利用しようとしているFX会社の大晦日の取引時間は確認するようにしましょう。 続いて元日の取引時間について説明していきます。 結論からいうと元日は平日であっても取引をすることはできません。 なぜなら、日本だけでなく海外の市場も休場になるからです。 元日の翌日からは、ほとんどのFX会社で通常通り取引が可能になります。 その他の祝日 その他の祝日の取引の可否はどうなっているのでしょうか。 まず 日本では祝日であっても土日と被っていない限り取引が可能です。 しかし、 国によっては祝日に市場が休場となる場合があります。 以下のページからいつどの国の金融市場が休場になるか確認できるので是非活用してみてください。 スプレッドが広くなりやすい時間帯にご用心! ここまで、FX取引が可能な時間帯と、例外的に取引ができない時期、時間帯について解説してきました。 ここで取引ができない時期と合わせて押さえておきたいことがあります。 それは海外の市場が休場の時や、クリスマス明け、早朝など、市場全体の取引が閑散としているときには、市場参加者が少なく、実質的なコストであるスプレッドが広がりやすくなることです。 スプレッドはFXにおける「 実質的なコスト」になります。 そのスプレッドが広がるということは、コストが多くかかってしまうことを意味します。 できることなら、コストはなるべく抑えたいですよね。 そのためには「 FX取引における各時間帯の特徴」を頭の中に入れておく必要があります。 時間帯ごとに値動きの特徴を解説! ここからはFXの取引時間のうちどの時間帯にどこの市場が開いているのか、その時間帯の特徴とポイントと合わせて説明していきたいと思います。 特に為替の三大市場といわれている「 東京、ロンドン、ニューヨーク」の市場が開いている時間の特徴はしっかりと理解するようにしましょう。 それでは早速オセアニア時間と呼ばれる6時から8時の時間帯から順に見ていきます。 【オセアニア時間】6時〜8時 6時〜8時の時間帯では、ニュージーランドのウェリントン市場やオーストラリアのシドニー市場が主に開いています。 基本的には 市場参加者が少なく、ほとんど 値動きのない時間帯です。 そのため スプレッドが広がりやすい傾向にあるので取引をする際は注意しましょう。 しかし、ニュージーランドの経済指標が発表されたり、週末に大きなニュースがでた後の月曜日の早朝は価格が乱高下する可能性があるので注意が必要です。 【東京時間】8時〜15時 日本や香港、シンガポールなどの市場が開き アジア地域に住んでいる人が取引に参加してくる時間帯です。 特に ゴトウビ日といわれる5と0のつく日は、日本企業の決算日であることが多く、海外への支払いのために ドルが多く買われる傾向にあります。 そのため仲値が決まる 9時55分まではドル円の値動きが活発になります。 しかし、 10時過ぎになると 穏やかな値動きになることが多いです。 そのほかに注意すべき点としてはオーストラリアや中国の経済指標の発表が挙げられます。 そのため欧州通貨の値動きが静かな一方で、 オセアニア通貨は比較的動きやすい傾向にあります。 補足としてゴトー日以外にも連休や大型休暇の前には、旅行のためのドルを用意するためにドルがよく買われることがあります。 【欧州時間】15時〜21時 この時間帯では、欧州の市場が開くに従って 取引が活発になってきます。 特に欧州における取引の大半を占めるロンドン市場の開く 17時からは市場参加者も増加し、 一気に値動きが出てきます。 主にユーロやポンドなどの 欧州通貨が活発に取引され、ユーロ圏の経済指標が発表されると値動きは特に大きくなります。 しかし、 19時頃になると欧州勢はお昼休みに入るため、 値動きは落ち着いてきます。 そのため短期的なトレンドができていた場合でも19時を境に緩んでくる傾向にあります。 【ニューヨーク時間】21時〜6時 21時過ぎになるとニューヨーク市場も開き、アメリカからの参加者も加わることで為替の 値動きはピークを迎えます。 ロンドンとニューヨークの2つの市場が開いている 21時〜2時は最も取引が活発になります。 さらに、東京の仲値に相当する「ロンドンフィックス」が午前0時(冬時間の場合は午前1時)に当たる為、月末になるとユーロやポンドの値動きが激しくなります。 また、ロンドンフィックスは投信設定にも利用されるので、ドル円にも動きが出てくることがあります。 午前2時過ぎになると、欧州の株式市場が終了となるため、 やや値動きが落ち着きます。 しかし夜中に要人発言があったり、米国の金融政策が発表される日になると2時過ぎの深夜であっても大きな値動きが見られる場合もあります。 ここまでの時間帯ごとの値動きの特徴をまとめると以下のようになります。 どの時間帯はどの通貨が動きやすいのか、取引が活発な時間、少ない時間はいつなのかをしっかりと抑えるようにしましょう。 各地域の時間帯一覧 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶFX』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについては、、、、、の評価をもとにランキングを作成しています。

次の

世界の金融市場(株式市場・為替市場)の取引時間まとめ

アメリカ 株式 市場 時間

2つの市場の違いについては後ほどご説明いたします! アメリカ市場の取引時間は? 2つとも取引時間は 9:30〜16:00となっており、昼休みはありません。 日本時間では、以下の様になります。 23:30〜翌朝6:00• 22:30〜翌朝5:00(サマータイム:3月の第2日曜日から11月第1日曜日まで) また、米国株では上記の取引時間の前後に開かれる「プレ・マーケット」と「アフター・マーケット」というものもあり、時間は以下の通りです。 【プレ・マーケット】 現地時間 8:00〜9:30 日本時間 22:00〜23:30、21:00〜22:30(サマータイム) 【アフター・マーケット】 現地時間 16:00〜20:00 日本時間 6:00〜10:00、 5:00〜9:00(サマータイム) 2つの市場の違いは? ニューヨーク証券取引所(NYSE) あの有名な ニューヨーク市のウォール街にある世界最大の株式市場です。 みんな大好き『コカ・コーラ』• 大手投資銀行の『ゴールドマン・サックス』• アメリカ最大級のスーパー『ウォルマート・ストアズ』 など名だたる大企業ばかりです! 日本企業では、• ソニー• トヨタ• 三菱UFJフィナンシャル・グループ が米国預託証券(ADR を発行する方式で上場しています。 ナスダック(NDAQ ナスダックとは、アメリカ合衆国の 新興企業向けの株式市場のことです。 新興企業向けの株式市場としては世界最大の規模を誇ります。 ナスダックの上場企業には成長力があるIT企業が多く、• アルファベット GOOG• アマゾン AMZN• アップル AAPL• フェイスブック FB• ネットフリックス NFLX など皆さんにも馴染み深い超人気企業が多いです! LINE公式アカウントでは、記事の更新情報や今話題のニュース解説などを配信しています! また、友達登録すると限定記事もご覧いただけます。 アメリカの代表的な株価指数 アメリカには主な株価指数として以下の3つがあります。 NYダウ• ナスダック総合指数• アメリカで上場している企業から成長性や投資家の関心の高さなどを踏まえて、ダウ・ジョーンズ社が選んだ30銘柄で構成される株価指標です。 日経平均とイメージが近いですね。 構成銘柄は、マクドナルドやアップル、マイクロソフトなどです。 ダウ平均は2020年2月現在、 高値を更新し続けています。 ナスダック総合指数 ナスダック総合指数はナスダックに上場している全銘柄と対象としており、1971年2月5日の時価総額を基準として、その値を100として算出しています。 近年のIT企業の爆発的な成長の裏付けもあり、 2020年2月に最高値を更新し9,714に到達しました。 ダウ平均とは違い、両市場の500社をカバーしている分散性から『アメリカの株式市場の状態』として世界から参照される指数になります。 こちらも最高値を更新し続けています。 ADR(米国預託証券)とは? ADRとは米国以外の企業の株式を米国で取引できるように、預託機関によって原株式を裏付けに発行された証券です。 ADRの売買方法は、一般の米国株式と同様であり、最近ではブラジル、インドといった新興国の優良企業の上場も増えています。 ADRの仕組みは、以下の様になっています。 徐々にあいまいになる境界線 先述したように、アメリカの2つの市場では 大企業を中心とした「オールドエコノミー」はNYSEに、 新興企業を中心とした「ニューエコノミー」はナスダックに、という具合に役割を明確に分ける暗黙の了解がありました。 しかし近年では、以下の株式時価総額ランキングをみても、Apple、Google、Amazonといった新興の成長企業の方がかつての大企業を圧倒し始めています。 NYSEとしては、ニューエコノミーを自陣営に取り込まないと先細ってしまう危機感を持つようになりました。 そのため、両取引所の競争は一層激しくなり、それまで明確に分けていた境界線は徐々にあいまいになってきています。 その結果、現在NYSEにはニューエコノミーの• Twitter• アリババ• Salesforce. com 等が上場しています。 当メディアは 株 インベストメントブリッジによって運営されています。 株 インベストメントブリッジは中立した立場で、企業と投資家の架け橋として活動をしております。 運営会社についての詳細はをご覧ください。 また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。 当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。 Please Follow us!

次の

【2020年】NY株式市場の取引時間・休みの日は?米国株(ニューヨークダウ)・日本株市場のカレンダーを解説

アメリカ 株式 市場 時間

FXの取引時間 - 時間帯ごとの市場の特徴を押さえよう! FXの取引時間 - 時間帯ごとの市場の特徴を押さえよう! ひとこと要約 point1 FXは平日24時間取引可能 point2 スプレッドが広がりやすい時間帯に注意! point3 各時間帯の値動きの特徴を抑えよう! FXの大きな特徴の1つとしてその取引時間の長さが挙げられます。 国内株式の取引では基本的には証券取引所の開いている平日の9時から15時の間しか取引ができません。 そのうち11時半から12時半は休場なので実質5時間しか取引できません。 一方 FXでは、平日24時間取引をすることが可能です。 しかし24時間取引ができる分、時間帯によって特徴が変わってきます。 「FXを始めようとしているけど、時間帯ごとの特徴とかはいまいちよく分かっていない…」という方は一定数いるのではないでしょうか。 そこで今回はFXの取引時間と、各時間帯の特徴について説明していきたいと思います。 FXにおいて各時間帯の特徴を抑えることは、自分のトレードスタイルを決めるのにも、コストを抑えるためにも大変役立ちます。 FXは平日24時間取引が可能! なぜFXは24時間取引可能なのか 冒頭でも説明したように、FXでは 平日24時間取引が可能になっています。 なぜFXでは24時間取引が可能なのでしょうか?それは、 FXは世界中のトレーダー達が同時に取引しており、世界中の外国為替市場が開いているからです。 国内株式の取引は証券取引所が開いている時間しか取引できません。 しかしFXでは、基本的に取引所があるわけではなく、「 インターバンク市場」といわれる世界中の銀行による外国為替取引のためのネットワークがあるため、 24時間、 世界のどこからでも取引ができるようになっています。 しかし、土日は世界のほとんどの国の為替市場が閉まっているため取引をすることはできません。 具体的な市場の移り変わりは後述する「」で詳しく説明します。 取引は月曜の何時から金曜の何時まで? FX取引は基本的に平日24時間可能ということは理解できたと思います。 それでは、FX取引は 月曜日の何時から金曜日の何時まで可能なのか、詳しく見ていきましょう。 まず、月曜日の取引開始時間です。 FX会社によって多少のバラつきはありますが、基本的に 午前7時前後から取引が可能というFX会社が多いです。 次に、金曜日の取引終了時間をみていきましょう。 金曜日の取引終了時間は 翌朝(土曜日)の午前6時前後に設定されていることが多いです。 主なFX会社の取引可能な時間は以下のようになっています。 冬時間の場合クローズが1時間遅くなります。 FX取引ができない例外の日がある? 平日であれば基本24時間取引可能なFXといえど、例外も存在します。 主な例外は「 クリスマス」と「 大晦日・お正月」です。 まずはクリスマスについて見ていきましょう。 クリスマス クリスマス当日、 海外ではほとんどのFX市場が閉まっています。 そんな中 1つだけ開いているFX市場があります。 それは 日本のFX市場です! 12月25日が平日の場合には東京外国為替市場が開いている 7時から15時まで取引ができるFX会社もあります。 しかし、海外の市場は閉まっており市場参加者が少なくなるので、 値動きには注意が必要です。 また、クリスマス当日と土日が重なった場合には、FXの原則通り取引できませんので覚えておきましょう。 大晦日・お正月 海外の国がクリスマスを重視する一方、日本では大晦日やお正月を重視する傾向にあります。 そのため 大晦日の取引は各FX会社によって取引できる時間帯が変わってきます。 そのため、自分が利用しようとしているFX会社の大晦日の取引時間は確認するようにしましょう。 続いて元日の取引時間について説明していきます。 結論からいうと元日は平日であっても取引をすることはできません。 なぜなら、日本だけでなく海外の市場も休場になるからです。 元日の翌日からは、ほとんどのFX会社で通常通り取引が可能になります。 その他の祝日 その他の祝日の取引の可否はどうなっているのでしょうか。 まず 日本では祝日であっても土日と被っていない限り取引が可能です。 しかし、 国によっては祝日に市場が休場となる場合があります。 以下のページからいつどの国の金融市場が休場になるか確認できるので是非活用してみてください。 スプレッドが広くなりやすい時間帯にご用心! ここまで、FX取引が可能な時間帯と、例外的に取引ができない時期、時間帯について解説してきました。 ここで取引ができない時期と合わせて押さえておきたいことがあります。 それは海外の市場が休場の時や、クリスマス明け、早朝など、市場全体の取引が閑散としているときには、市場参加者が少なく、実質的なコストであるスプレッドが広がりやすくなることです。 スプレッドはFXにおける「 実質的なコスト」になります。 そのスプレッドが広がるということは、コストが多くかかってしまうことを意味します。 できることなら、コストはなるべく抑えたいですよね。 そのためには「 FX取引における各時間帯の特徴」を頭の中に入れておく必要があります。 時間帯ごとに値動きの特徴を解説! ここからはFXの取引時間のうちどの時間帯にどこの市場が開いているのか、その時間帯の特徴とポイントと合わせて説明していきたいと思います。 特に為替の三大市場といわれている「 東京、ロンドン、ニューヨーク」の市場が開いている時間の特徴はしっかりと理解するようにしましょう。 それでは早速オセアニア時間と呼ばれる6時から8時の時間帯から順に見ていきます。 【オセアニア時間】6時〜8時 6時〜8時の時間帯では、ニュージーランドのウェリントン市場やオーストラリアのシドニー市場が主に開いています。 基本的には 市場参加者が少なく、ほとんど 値動きのない時間帯です。 そのため スプレッドが広がりやすい傾向にあるので取引をする際は注意しましょう。 しかし、ニュージーランドの経済指標が発表されたり、週末に大きなニュースがでた後の月曜日の早朝は価格が乱高下する可能性があるので注意が必要です。 【東京時間】8時〜15時 日本や香港、シンガポールなどの市場が開き アジア地域に住んでいる人が取引に参加してくる時間帯です。 特に ゴトウビ日といわれる5と0のつく日は、日本企業の決算日であることが多く、海外への支払いのために ドルが多く買われる傾向にあります。 そのため仲値が決まる 9時55分まではドル円の値動きが活発になります。 しかし、 10時過ぎになると 穏やかな値動きになることが多いです。 そのほかに注意すべき点としてはオーストラリアや中国の経済指標の発表が挙げられます。 そのため欧州通貨の値動きが静かな一方で、 オセアニア通貨は比較的動きやすい傾向にあります。 補足としてゴトー日以外にも連休や大型休暇の前には、旅行のためのドルを用意するためにドルがよく買われることがあります。 【欧州時間】15時〜21時 この時間帯では、欧州の市場が開くに従って 取引が活発になってきます。 特に欧州における取引の大半を占めるロンドン市場の開く 17時からは市場参加者も増加し、 一気に値動きが出てきます。 主にユーロやポンドなどの 欧州通貨が活発に取引され、ユーロ圏の経済指標が発表されると値動きは特に大きくなります。 しかし、 19時頃になると欧州勢はお昼休みに入るため、 値動きは落ち着いてきます。 そのため短期的なトレンドができていた場合でも19時を境に緩んでくる傾向にあります。 【ニューヨーク時間】21時〜6時 21時過ぎになるとニューヨーク市場も開き、アメリカからの参加者も加わることで為替の 値動きはピークを迎えます。 ロンドンとニューヨークの2つの市場が開いている 21時〜2時は最も取引が活発になります。 さらに、東京の仲値に相当する「ロンドンフィックス」が午前0時(冬時間の場合は午前1時)に当たる為、月末になるとユーロやポンドの値動きが激しくなります。 また、ロンドンフィックスは投信設定にも利用されるので、ドル円にも動きが出てくることがあります。 午前2時過ぎになると、欧州の株式市場が終了となるため、 やや値動きが落ち着きます。 しかし夜中に要人発言があったり、米国の金融政策が発表される日になると2時過ぎの深夜であっても大きな値動きが見られる場合もあります。 ここまでの時間帯ごとの値動きの特徴をまとめると以下のようになります。 どの時間帯はどの通貨が動きやすいのか、取引が活発な時間、少ない時間はいつなのかをしっかりと抑えるようにしましょう。 各地域の時間帯一覧 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶFX』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについては、、、、、の評価をもとにランキングを作成しています。

次の