紅色hero。 Crimson Hero

まんが王国 『紅色HERO』 高梨みつば 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

紅色hero

紅色HERO のあらすじ 住吉のばらは老舗の割烹料亭「清流」の跡取り娘です。 長身でショートカット、 元気で言葉づかいも乱暴なのばらは いつも料亭の女将である母親にお小言を言われる毎日。 のばらの妹の爽香は真逆の女の子で、 おしとやかな大和撫子に育っています。 そんなのばらはバレーボールが大好きで、 バレーをやるために私立紅野高校に入学しました。 ところが、全国を狙えるバレー部があると 聞いてきたのにもかかわらずそれは男子バレー部の話で、 女子バレー部は弱小すぎて最近廃部になったばかりだったのでした。 落胆したまま家に帰ると 自分の部屋のバレーボール関係のグッズが全て捨てられていました。 母親の仕業です。 高校を卒業したらのばらは料亭の若女将にならなければなりません。 部活なんかしている暇はないのだと言う母親。 実は女バレーを廃部にさせたのも、 のばらの母親が裏で手をまわしていたのです。 最初からテンポが良く面白いですね。 高梨先生の他の作品は読んだ事がありましたが、 この作品を今まで読んでこなかった事を後悔しましたよ。 のばらがバレーに傾倒するようになったのは、 料亭の跡取り娘として小さい頃から厳しく しつけられてきた事に起因するようです。 また、のばらとは対照的な妹と 常に比べられて劣等感があったところに、 バレーだけは友達にもほめられバレーをやっている自分自身を 好きになることが出来たからなんですね。 深いですよ、この作品は。 行った先は母親の妹であるのばらの叔母さんのもとです。 じつは叔母さんはのばらの通う高校の保険医をやっていて、 しかも厳格な母親とは真逆の存在です。 派手な服を着てたばこをふかし、 ちょっと男にだらしないところがあるのです。 彼女を頼って部屋に押しかけると、 叔母さんは考えた末のばらをある場所に連れて行ってくれました。 そこは紅寮という男子バレー部の特待生用の寮でした。 そこで寮母として住み込みで働け、という叔母さん。 家を出てきた以上、帰る場所などないのばらは腹を決めます。 昼間は学校へ行き 授業の合間に女子バレー部復活のための勧誘活動をし、 夜は寮母として寮生の面倒を見るとう日々が始まります。 寮生は全部で4人。 土屋、市葉、熊谷、灰吹です。 熊谷とは入学初日にちょっともめごとを起こし顔見知りでした。 灰吹ものばらの事を知っている様子です。 寮母として頑張るのばらですが、 箱入り娘で育っているので失敗ばかりです。 さらにバレーのスポーツ推薦で入学した特待生である熊谷に 全治2週間のケガを負わせてしまいました。 何一つうまくいかず自分の居場所すらない生活にのばらもかなり落ち込みます。 女子バレー部の勧誘のチラシを配ってもいまだに入部希望者は現れません。 そんな時、母親が紅寮にやってきます。 強制的に連れて帰るつもりなのです。 その時、のばらは高熱を出して寝ているところでした。 熱のさなかでも、絶対に家に帰りたくないと抵抗します。 荷物を抱えて弱々しくいやだ…と首を振るのです。 その様子を見ていた熊谷は思わずのばらを抱えて止めに入ります。 こいつは必死に頑張ってんじゃんよ、親のあんたが恥に思うことなんてねーんだよ! そう言ってのばらの味方をする熊谷。 ちょっと涙ですよ、このシーンは。 のばらが泣きながらバレーがしたいって言うんですけど、 ほんとにその気持ちがひしひしと伝わってくる名シーンだと思います。 ひとまず引き上げる母親ですが、まだまだあきらめた訳じゃない感じです。 そしてまた、のばらは寮母として、 女子バレー部復活のための勧誘活動のために忙しい日々に戻ります。 ひとまずは元女子バレー部キャプテンだった 3年の先輩をくどきにかかりますが、 なかなかうんと言ってくれずまだまだ波乱は続きます。 のばらのキャラが本当に嫌味なく好感がもてますね。 自然と応援したくなっちゃうんですよ。 高梨先生の心理描写がとてもお上手ですねぇ。 続きがむちゃくちゃ気になります。 「紅色HERO」は20巻で完結しています。

次の

Crimson Hero

紅色hero

bimestrale Volumi it. 20 completa Testi it. In i diritti sono stati acquistati dalla , che ha pubblicato il manga dal 13 marzo 2008 al 14 dicembre 2011. Indice• Dopo un'iniziale impasse, col tempo Nobara comincia ad abituarsi alla vita nel dormitorio e ad affezionarsi ai suoi quattro coinquilini. Presto, inoltre, comincia la ricerca delle compagne per fondare un nuovo club di pallavolo, ma viene osteggiata dai compagni del club maschile; Nobara propone quindi loro una sfida a pallavolo tre contro tre, che le ragazze vincono: questo consente loro di rifondare il club femminile. , , 13 dicembrte 2010. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 7 luglio 2012. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 19 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 20 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 20 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 18 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. JA ,. URL consultato il 9 novembre 2016 archiviato dall' url originale il 19 febbraio 2013. URL consultato il 9 novembre 2016. Collegamenti esterni [ ]• JA , su betsuma. shueisha. URL consultato il 3 dicembre 2009 archiviato dall' url originale il 9 dicembre 2009. EN ,.

次の

Crimson Hero (紅色HERO) vol 01

紅色hero

紅色HERO のあらすじ 住吉のばらは老舗の割烹料亭「清流」の跡取り娘です。 長身でショートカット、 元気で言葉づかいも乱暴なのばらは いつも料亭の女将である母親にお小言を言われる毎日。 のばらの妹の爽香は真逆の女の子で、 おしとやかな大和撫子に育っています。 そんなのばらはバレーボールが大好きで、 バレーをやるために私立紅野高校に入学しました。 ところが、全国を狙えるバレー部があると 聞いてきたのにもかかわらずそれは男子バレー部の話で、 女子バレー部は弱小すぎて最近廃部になったばかりだったのでした。 落胆したまま家に帰ると 自分の部屋のバレーボール関係のグッズが全て捨てられていました。 母親の仕業です。 高校を卒業したらのばらは料亭の若女将にならなければなりません。 部活なんかしている暇はないのだと言う母親。 実は女バレーを廃部にさせたのも、 のばらの母親が裏で手をまわしていたのです。 最初からテンポが良く面白いですね。 高梨先生の他の作品は読んだ事がありましたが、 この作品を今まで読んでこなかった事を後悔しましたよ。 のばらがバレーに傾倒するようになったのは、 料亭の跡取り娘として小さい頃から厳しく しつけられてきた事に起因するようです。 また、のばらとは対照的な妹と 常に比べられて劣等感があったところに、 バレーだけは友達にもほめられバレーをやっている自分自身を 好きになることが出来たからなんですね。 深いですよ、この作品は。 行った先は母親の妹であるのばらの叔母さんのもとです。 じつは叔母さんはのばらの通う高校の保険医をやっていて、 しかも厳格な母親とは真逆の存在です。 派手な服を着てたばこをふかし、 ちょっと男にだらしないところがあるのです。 彼女を頼って部屋に押しかけると、 叔母さんは考えた末のばらをある場所に連れて行ってくれました。 そこは紅寮という男子バレー部の特待生用の寮でした。 そこで寮母として住み込みで働け、という叔母さん。 家を出てきた以上、帰る場所などないのばらは腹を決めます。 昼間は学校へ行き 授業の合間に女子バレー部復活のための勧誘活動をし、 夜は寮母として寮生の面倒を見るとう日々が始まります。 寮生は全部で4人。 土屋、市葉、熊谷、灰吹です。 熊谷とは入学初日にちょっともめごとを起こし顔見知りでした。 灰吹ものばらの事を知っている様子です。 寮母として頑張るのばらですが、 箱入り娘で育っているので失敗ばかりです。 さらにバレーのスポーツ推薦で入学した特待生である熊谷に 全治2週間のケガを負わせてしまいました。 何一つうまくいかず自分の居場所すらない生活にのばらもかなり落ち込みます。 女子バレー部の勧誘のチラシを配ってもいまだに入部希望者は現れません。 そんな時、母親が紅寮にやってきます。 強制的に連れて帰るつもりなのです。 その時、のばらは高熱を出して寝ているところでした。 熱のさなかでも、絶対に家に帰りたくないと抵抗します。 荷物を抱えて弱々しくいやだ…と首を振るのです。 その様子を見ていた熊谷は思わずのばらを抱えて止めに入ります。 こいつは必死に頑張ってんじゃんよ、親のあんたが恥に思うことなんてねーんだよ! そう言ってのばらの味方をする熊谷。 ちょっと涙ですよ、このシーンは。 のばらが泣きながらバレーがしたいって言うんですけど、 ほんとにその気持ちがひしひしと伝わってくる名シーンだと思います。 ひとまず引き上げる母親ですが、まだまだあきらめた訳じゃない感じです。 そしてまた、のばらは寮母として、 女子バレー部復活のための勧誘活動のために忙しい日々に戻ります。 ひとまずは元女子バレー部キャプテンだった 3年の先輩をくどきにかかりますが、 なかなかうんと言ってくれずまだまだ波乱は続きます。 のばらのキャラが本当に嫌味なく好感がもてますね。 自然と応援したくなっちゃうんですよ。 高梨先生の心理描写がとてもお上手ですねぇ。 続きがむちゃくちゃ気になります。 「紅色HERO」は20巻で完結しています。

次の