ピロリ ジジン アルカロイド。 食品中のピロリジジンアルカロイド類に関する情報:農林水産省

ピロリジジンアルカロイド : Mag's DiaryⅢ

ピロリ ジジン アルカロイド

昔から、人々は痛みを和らげ病気や病気を取り除くために薬草成分を使用してきました。 しかしながら、成分組成の研究、すなわちそのような効果を有する化合物の単離は、科学としての化学の広くて大規模な発展、すなわち17世紀から始まって初めて可能となった。 それから、植物有機体の深部で、そして今やいくつかの動物でさえも、彼らは窒素含有有機化合物を発見し、それはそのような広い治療効果を与えた。 1819年以来、この物質群の一般名はアルカロイドです。 薬剤師であり医者であるV. Meisnerによって提案された。 アルカロイドとは 現在、アルカロイドは環または側鎖に1個または数個の窒素原子を含有する環状化合物であり、化学的性質によりアンモニアのような弱アルカリの性質を示すと考えられている。 以前、ピリジン窒素塩基の誘導体としてのこれらの物質の定義について述べられていました。 しかしながら、後にこの群の多数の化合物が発見され、それはこの解釈が全く真実ではなくそして全種類のアルカロイドを網羅しないことを示した。 りんご• ワイン• シュウ酸。• エースなど 純粋な物質が塩から分離されている場合、アルカロイドは固体の結晶性粉末の形態で得ることができ、またはそれは液体構造(ニコチン)の形態であり得る。 この場合と他の場合 - それはアルカリ化合物であり、適切な化学的性質を示す。 すなわち、アルカロイドの化学は知られておりそして研究されている。 例えば、植物材料からそれらを単離することが可能である方法が定義されている。 純粋な形ではこれらの化合物はほとんど水に溶けないので、それらは水中のアルカロイド塩の溶解度に基づいているが、それらは完全に有機溶媒中でそれをする。 そのような化合物の単離および研究が行われる一連の反応はアルカロイドと呼ばれる。 降水量 沈殿する不溶性アルカロイド塩の生成に基づく反応。 これは次の成分が使用される場合に行うことができる:タンニン、ピクリン酸、リンタングステン酸またはモリブデン酸。• 降水量 アルカロイド化合物の関与による錯錯塩の形成に基づく反応 試薬:塩化水銀、ヨウ化カリウムまたはヨウ化ビスマス。• ぬりえ。 これらの反応では、アルカロイドの種類が変化し、それが全体的な組成で目立つようになります。 作用原理 - 複素環への影響、色の見え方。 試薬:硝酸、硫酸、新たに沈殿した水酸化銅(II)。 アルカロイドの複素環式組成はタンパク質分子のそれと類似しているので、多くの場合、染色反応は正確な結果をもたらさない。 したがって、それらは同じ効果を与えます。 アルカロイド分類 どのカテゴリーがこの群の全ての既知の化合物に分けられるかは、アルカロイドの種類、その化学構造を決定する。 この分類は、学者A. Orekhovによって作成されたもので、窒素原子を含む複素環の種類と構造に基づいています。 ピロリジン、ピロリジジンおよびそれらの誘導体 platifillin、sarracin、senecifyllinなどのアルカロイドは、このグループに属する可能性があります。 この構造は、互いに結合した複雑な五員複素環に基づいており、それらは窒素原子を含む。• ピペリジンおよびピリジン、それらの誘導体 代表者:アナバシン、ロベリン。 基本は窒素との六員環複合環である。• キノリジジンとその化合物 このグループに含まれるもの:パヒカルピン、サーモプシーなど。 窒素と相互連結した複雑な六員複素環化合物の化学的基礎• キノリン誘導体 - キニーネ、エキノプシン。• 非常に一般的なアルカロイドの重要なグループはイソキノリン化合物です。 サルサリン、モルヒネおよびパパベリンは医学で広く使用されています。 メギ植物のアルカロイド、キャノーラおよびセランジンもここに含まれることができます。• 化学的に非常に複雑な構造、トロパンの誘導体 - ヒヨスチアミン、アトロピン、スコポラミン。 その構造は、複雑に絡み合って絡み合ったピロリジンおよびピペリジン環によって表される。• インドールとその化合物 - レセルピン、ストリキニーネ、ビンブラスチンなど。 構造内に窒素原子をもつ5員環および6員環の複雑な組み合わせ。• 食品産業および薬品の主なアルカロイドは、茶葉およびコーラ植物の種子からのカフェインです。 プリン誘導体 - 組成物中の異なる複素環といくつかの窒素原子からの錯体化合物 - を指す。• エフェドリンとその化合物 - スフェロフィジン、コルヒチン、コールハミン。 エフェドリンの化学名は、その複雑な構造を反映して、フェニルメチルアミノプロパノールは複雑な有機芳香族アルコールです。• 最近では、ステロイドグループのいくつかの物質 - コルチコステロイドと性ホルモン - をアルカロイドに分泌するのが通例です。 人体への取り組み アルカロイドは人体や動物に強い影響を与える物質です。 影響は何ですか?• 神経系、神経細胞の終末、シナプス、および神経伝達物質のプロセスに大きな影響を与えます。 アルカロイドの異なるグループは、体のこれらの部分に鎮静剤、向精神薬、反射薬、鎮咳薬、興奮薬、麻薬、鎮痛薬として作用します。 厳密に計量され、正確に医療目的で適切に使用されるとき、これらの効果は有益です。 しかし、ごくわずかな過剰摂取は非常に深刻で悲しい結果を招く可能性があります。• 心血管系への影響は抗不整脈、血流の改善、鎮痙、低血圧、胆汁分泌促進です。 アルカロイドをベースとする製剤が不適切にまたは必要な投与量を順守しないで使用された場合、以下の結果が起こり得る。 視力障害、聴覚障害• 呼吸不全、胸部圧迫感。• めまい、吐き気、嘔吐。• 血圧の急激な増減• 死を伴う重度の中毒 人間に対する生理学的効果におけるアルカロイドの重要な部分は、強力で、痙攣と死を引き起こす(ストリキニーネ、モルヒネ、ベラドンニン)毒物です。 他の部分は中毒性の麻薬化合物です。 心理的、感情的、そして身体的(ニコチン、カフェイン、コカイン)。 したがって、これらの化合物を使用すると、非常に慎重に行動し、医師の助言と処方にのみ使用する必要があります。 医学での使用 この分野では、アルカロイドを含む植物は、多くの広域スペクトルの薬物の基礎であり、逆に言えば、高度に専門化されたものです。 そのような原料に基づいて、キャンドル、チンキ剤、錠剤、アンプル溶液が得られる。 アクションは、心血管疾患、呼吸器、神経系や結末、精神障害の治療を目的としています。 また、消化器系の治療のために、避妊薬として、癌の病気のために、アルコール依存症の排除のために、そしてもっと多くの他の分野。 アルカロイドは自然界のどこにありますか? 自然条件下では、アルカロイドには薬草や植物が含まれています。 今日、これらの物質の約1万の名前が知られており、それらのほとんどすべてがそのような原料から抽出されています。 真菌の一部では、バクテリア、藻類、そしてエキノデマルアルカロイドの細胞は検出されませんでした。 アルカロイド化合物はいくつかの動物の細胞から抽出されたが、それらは少ない。 したがって、医療目的、人間の生活、産業のためのこれらの物質の無尽蔵な供給源である主な供給元は、アルカロイドを含む植物であることがわかります。 薬用植物 これらの植物は何ですか? 彼らは、実際には、すべてを言うには多すぎます。 ただし、最も一般的でよく使用される人を呼び出すことができます。 グラウンドブックの平らな葉 - アルカロイドのプラチフィリンとセネシフィリン - の身体に対する鎮痙効果と鎮静効果は、適切な薬を作るために使われます。• Paslenov家のジュニパーの常用者。 薬用植物にとって非常に重要です。 アルカロイドベラドンナ - アトロピンとベラドンニン。 ベラドンナ成分に基づく調剤は、中枢神経系を興奮させ、精神的および身体的活動を刺激し、効率と持久力を高めます。 それらは鎮痙作用および鎮痛作用を有する。 薬用滴、チンキ剤および蝋燭はこの植物のエキスに基づいて作成されます。• ヘレンブラック。 完全に有毒な植物、そのすべての部分は危険です。 アルカロイド - ヒヨスチアミンとスコポラミン。 神経系の病気や船酔いの治療に使われます。• Celandineは大きいです。 私たちの国では非常に一般的な植物。 しかし、それはキノリジジンアルカロイド、パヒカルピン、サポニン、サーモプシンなどを含んでいます。 不適切に使用すると非常に有毒です。• ケシ科の植物のアルカロイドは20ダースで計算されます。 これらには、アヘン、モルヒネ、ナルコチン、パパベリン、テバイン、コデイン、および他のイソキノリン誘導体が含まれる。 彼らの行動と価値は別々に考えられます。• パッションフラワー赤身の肉。 インドール由来の一連のアルカロイドを含みます。 それは強い鎮静作用があります。• うん ライムギ作物を破壊するこの寄生虫真菌の特別に作られた培養は、最も強いアルカロイドを生産するのに用いられます。 これらはエルゴタミンとエルゴメトリン、そしてさらに18の品種です。 医学(特に婦人科)で使用されます。• Rauwolfiaヘビ - この植物の根は高血圧を含む心血管疾患を治療するために使用される50以上のアルカロイドを含んでいます。 薬草や植物は現代医学の非常に重要な分野です。 結局のところ、ほとんどの薬は天然原料に基づいて合成されています。 それらは古代から使用されており、今日人間との関連性を失っていません。 それどころか、時間とともに、人々はますます重要な何か、多くの難病の問題を解決するのを助けるようなものを見つけるためにそのような植物の成分組成を発見し研究しようとしています。 最も一般的なアルカロイド これはアヘン - コデインの派生物であると考えられています。 それはモルヒネからの特別な化学反応によって区別することができます。 後者と比較して、効果が柔らかいので、使用する方が安全です。 しかしながら、鎮痛薬、鎮咳薬、鎮静薬としての有効性は、モルヒネまたはアヘン自体のそれよりも悪くない。 それ故、コデインに基づく製剤は医学において非常に広く流通されておりそして全ての国の人々により使用されている。 唯一の制限は投与量です。 それは推薦にそして医者の監督の下でだけ適用されるべきです。 アヘンとそのアルカロイド 医学と化学のように、アヘンは、そこから単離されそしてその基礎に基づいて合成されることができるすべてのそれらのアヘンアルカロイドと呼ばれます。 これらの化合物は何ですか? 残念ながら、今日それらは広く聞かれていて、いつも良い名声を持っているわけではなく、価値がある、正しいアプリケーションを見つけていません。 これらはアルカロイドです:• モルヒネ• パパベリン• ヘロイン• コデイン。 医学では、これらの物質は鎮咳薬、鎮痛剤、鎮静剤として使用されています。 コデインに基づいても子供の風邪のための薬の数を作成しました。 しかし、アヘンやヘロインなどの化合物は、医療目的だけではなく、重厚な麻薬としても使用されています。 それらは人体のひどい依存を引き起こします、そして、時間がたつにつれて健康に、さらには人々の命にさえ重大な害を引き起こすことができます。

次の

コンフリーの毒性

ピロリ ジジン アルカロイド

分子は環(左)と環(右)を含む。 アルカロイドの大半はやを持つ。 他の多くの天然化合物の分類群と比較して、アルカロイドは大きな構造的多様性を持つことが特徴で、アルカロイドに関する統一的な分類は存在しない。 最初の分類法は歴史的にアルカロイドを共通の天然資源(例えば植物種)によって組み合わせてきた。 この分類はアルカロイドの化学構造に関する知識の欠如によって正当化されていたが、現在は時代遅れと考えられている。 より最近の分類は炭素骨格の類似性(例えば様、様、様)あるいは生成前駆体(、、、等)に基づいている。 しかしながら、これらはどちらとも決めにくい場合には妥協を必要とする。 例えば、の断片はに、部位はオルニチンに由来し 、ゆえにどちらの分類群にも割り当てることができる。 アルカロイドはしばしば以下の主要な群に分類される。 真正アルカロイド 真正アルカロイド true alkaloid は、にを含み、に起源を持つ。 代表例は、、である。 この分類群には、窒素複素環に加えて(例: エボニン )や(例: )断片を含むアルカロイドもある。 また、アミノ酸起源でないにもかかわらず 、ピペリジンアルカロイドであるやコニセインもこの分類群に含まれる。 不完全アルカロイド 不完全アルカロイド protoalkaloid は、真正アルカロイドと同様に窒素を含み、アミノ酸に起源を持つが 、複素環を持たない。 例としては、、がある。 ポリアミンアルカロイド 、、の誘導体。 ペプチドおよびアルカロイド 偽アルカロイド 偽アルカロイド(擬アルカロイド, プソイドアルカロイド, pseudo-alkaloid)は、窒素源がに由来するのではなく、アンモニア性窒素に由来するアルカロイド様化合物である。 この分類群は、テルペン様アルカロイドや様アルカロイド 、、、といったを含む。 一部の研究者はやといった化合物を偽アルカロイドに分類している。 これらはアミノ酸であるに起源を持つが、窒素原子はアミノ酸からではなくによって獲得している。 一部のアルカロイドは分類群に典型的な炭素骨格を有していない。 例えばおよびホモアポルフィン類は断片を含んでいないが、一般的にイソキノリンアルカロイドとされる。 単量体アルカロイドの主要な分類を以下の表に示す。 Andreas Luch 2009. Springer. The "Gold Book". Compiled by A. McNaught and A. Wilkinson. Blackwell Scientific Publications, Oxford 1997 :• Manske. The Alkaloids. Chemistry and Physiology. Volume VIII. — New York: Academic Press, 1965, p. 673• Robert Alan Lewis. CRC Press, 1998, p. Meyers Encyclopedia of Physical Science and Technology — Alkaloids, 3rd edition. Leland J. Cseke Second Edition. — CRC, 2006, p. William Johnson , Jones and Bartlett, 1999, p. 433• Raj K Bansal. 4th Edition, New Age International, 2004, p. 644• 110• In the penultimate sentence of his article [W. 25, pp. Hesse, pp. 1—3• 接尾辞 "ine" はギリシャ語の女性父称を作る接尾辞であり、「〜の娘」を意味する。 すなわち、は「Atropa(ベラドンナ)の娘」を意味する。 Hesse, p. 182• Hesse, p. 338• Hesse, p. 350• Hesse, pp. 313—316• Hesse, p. 204• Begley, Natural Products in Plants• Orekhov, p. Aniszewski, p. 109• 307• Hesse, p. 223• Aniszewski, p. 108• 381• Gournelif, Gregory G. Laskarisb and Robert Verpoorte 1997. Nat. Prod. Rep. 14 1 : 75—82. Aniszewski, p. Plemenkov, p. 246• 382• Hesse, pp. 44, 53• 224• Orekhov, p. Hesse, p. Aniszewski, p. Plemenkov, p. 229• Blankenship JD, Houseknecht JB, Pal S, Bush LP, Grossman RB, Schardl CL 2005. Chembiochem 6 6 : 1016—1022. Faulkner JR, Hussaini SR, Blankenship JD, Pal S, Branan BM, Grossman RB, Schardl CL 2006. Chembiochem 7 7 : 1078—1088. Schardl CL, Grossman RB, Nagabhyru P, Faulkner JR, Mallik UP 2007. Phytochemistry 68 7 : 980—996. Plemenkov, p. 225• Aniszewski, p. Orekhov, p. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. Aniszewski, p. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. Joseph P. Michael 2002. Nat. Prod. Rep 19: 458—475. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. Dewick, p. 310• Aniszewski, p. Aniszewski, p. 227• 107• Plemenkov, p. 228• Aniszewski, pp. 77—78• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 3. — London: The Chemical Society, 1973, p. 122• Hesse, p. Bentley 1997. Nat. Prod. Rep 14 4 : 387—411. Hesse, p. Hesse, p. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 3. — London: The Chemical Society, 1973, p. 164• 236• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 3. — London: The Chemical Society, 1973, p. 163• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 3. — London: The Chemical Society, 1973, p. 168• Hesse, p. Hesse, p. 241• Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 35. — Academic Press, 1989, p. 261• Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 35. — Academic Press, 1989, pp. 260—263• 242• Begley, Cofactor Biosynthesis• John R. Lewis 2000. Nat. Prod. Rep 17 1 : 57—84. Aniszewski, p. 106• 105• Richard B. Herbert; Herbert, Richard B. ; Herbert, Richard B. 1999. Nat. Prod. Rep 16: 199—208. Plemenkov, pp. 231, 246• Hesse, p. Plemenkov, p. 231• 114• Orekhov, p. 205• Hesse, p. 232• Orekhov, p. 212• Aniszewski, p. 118• 112• 113• Hesse, p. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. 467• Dewick, p. 349-350• 119• Hesse, p. Hesse, pp. 23—26• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. 169• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 5. — London: The Chemical Society, 1975, p. 210• Hesse, pp. 17—18• Dewick, p. 357• 104• Hesse, p. Hesse, p. Dewick, p. 396• Hesse, p. Aniszewski, p. Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 23. — Academic Press, 1984, p. 376• Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 23. — Academic Press, 1984, p. 268• Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 23. — Academic Press, 1984, p. 231• 243• Begley, Natural Products: An Overview• Atta-ur-Rahman and M. Iqbal Choudhary 1997. Nat. Prod. Rep 14 2 : 191—203. Hesse, p. Dewick, p. 388• Plemenkov, p. 247• 131• Spiller , CRC Press, 1997• Fattorusso, p. Thomas Acamovic, Colin S. Stewart, T. Pennycott 2004. CABI. 362. Fattorusso, p. XVII• Aniszewski, p. Orekhov, p. Hesse, p. Grinkevich, pp. 122—123• Orekhov, p. Aniszewski, pp. 110—111• 116• 132• Grinkevich, p. Grinkevich, pp. 132—134• Grinkevich, pp. 134—136• 253• Plemenkov, p. 254• Plemenkov, p. 255• Dewick, p. 305• Hesse, pp. 91—105• Aniszewski, p. 142• Hesse, pp. 283—291• Aniszewski, pp. 142—143• Hesse, p. 303• Hesse, pp. 303—309• Hesse, p. 309• Dewick, p. 335• 21—22• Veselovskaya, p. Hesse, p. Veselovskaya, p. 136• Geoffrey A. Cordell The Alkaloids: Chemistry and Biology. Volume 56, Elsevier, 2001, p. Veselovskaya, p. Veselovskaya, pp. 51—52.

次の

About: ピロリジジンアルカロイド

ピロリ ジジン アルカロイド

分子は環(左)と環(右)を含む。 アルカロイドの大半はやを持つ。 他の多くの天然化合物の分類群と比較して、アルカロイドは大きな構造的多様性を持つことが特徴で、アルカロイドに関する統一的な分類は存在しない。 最初の分類法は歴史的にアルカロイドを共通の天然資源(例えば植物種)によって組み合わせてきた。 この分類はアルカロイドの化学構造に関する知識の欠如によって正当化されていたが、現在は時代遅れと考えられている。 より最近の分類は炭素骨格の類似性(例えば様、様、様)あるいは生成前駆体(、、、等)に基づいている。 しかしながら、これらはどちらとも決めにくい場合には妥協を必要とする。 例えば、の断片はに、部位はオルニチンに由来し 、ゆえにどちらの分類群にも割り当てることができる。 アルカロイドはしばしば以下の主要な群に分類される。 真正アルカロイド 真正アルカロイド true alkaloid は、にを含み、に起源を持つ。 代表例は、、である。 この分類群には、窒素複素環に加えて(例: エボニン )や(例: )断片を含むアルカロイドもある。 また、アミノ酸起源でないにもかかわらず 、ピペリジンアルカロイドであるやコニセインもこの分類群に含まれる。 不完全アルカロイド 不完全アルカロイド protoalkaloid は、真正アルカロイドと同様に窒素を含み、アミノ酸に起源を持つが 、複素環を持たない。 例としては、、がある。 ポリアミンアルカロイド 、、の誘導体。 ペプチドおよびアルカロイド 偽アルカロイド 偽アルカロイド(擬アルカロイド, プソイドアルカロイド, pseudo-alkaloid)は、窒素源がに由来するのではなく、アンモニア性窒素に由来するアルカロイド様化合物である。 この分類群は、テルペン様アルカロイドや様アルカロイド 、、、といったを含む。 一部の研究者はやといった化合物を偽アルカロイドに分類している。 これらはアミノ酸であるに起源を持つが、窒素原子はアミノ酸からではなくによって獲得している。 一部のアルカロイドは分類群に典型的な炭素骨格を有していない。 例えばおよびホモアポルフィン類は断片を含んでいないが、一般的にイソキノリンアルカロイドとされる。 単量体アルカロイドの主要な分類を以下の表に示す。 Andreas Luch 2009. Springer. The "Gold Book". Compiled by A. McNaught and A. Wilkinson. Blackwell Scientific Publications, Oxford 1997 :• Manske. The Alkaloids. Chemistry and Physiology. Volume VIII. — New York: Academic Press, 1965, p. 673• Robert Alan Lewis. CRC Press, 1998, p. Meyers Encyclopedia of Physical Science and Technology — Alkaloids, 3rd edition. Leland J. Cseke Second Edition. — CRC, 2006, p. William Johnson , Jones and Bartlett, 1999, p. 433• Raj K Bansal. 4th Edition, New Age International, 2004, p. 644• 110• In the penultimate sentence of his article [W. 25, pp. Hesse, pp. 1—3• 接尾辞 "ine" はギリシャ語の女性父称を作る接尾辞であり、「〜の娘」を意味する。 すなわち、は「Atropa(ベラドンナ)の娘」を意味する。 Hesse, p. 182• Hesse, p. 338• Hesse, p. 350• Hesse, pp. 313—316• Hesse, p. 204• Begley, Natural Products in Plants• Orekhov, p. Aniszewski, p. 109• 307• Hesse, p. 223• Aniszewski, p. 108• 381• Gournelif, Gregory G. Laskarisb and Robert Verpoorte 1997. Nat. Prod. Rep. 14 1 : 75—82. Aniszewski, p. Plemenkov, p. 246• 382• Hesse, pp. 44, 53• 224• Orekhov, p. Hesse, p. Aniszewski, p. Plemenkov, p. 229• Blankenship JD, Houseknecht JB, Pal S, Bush LP, Grossman RB, Schardl CL 2005. Chembiochem 6 6 : 1016—1022. Faulkner JR, Hussaini SR, Blankenship JD, Pal S, Branan BM, Grossman RB, Schardl CL 2006. Chembiochem 7 7 : 1078—1088. Schardl CL, Grossman RB, Nagabhyru P, Faulkner JR, Mallik UP 2007. Phytochemistry 68 7 : 980—996. Plemenkov, p. 225• Aniszewski, p. Orekhov, p. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. Aniszewski, p. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. Joseph P. Michael 2002. Nat. Prod. Rep 19: 458—475. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. Dewick, p. 310• Aniszewski, p. Aniszewski, p. 227• 107• Plemenkov, p. 228• Aniszewski, pp. 77—78• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 3. — London: The Chemical Society, 1973, p. 122• Hesse, p. Bentley 1997. Nat. Prod. Rep 14 4 : 387—411. Hesse, p. Hesse, p. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 3. — London: The Chemical Society, 1973, p. 164• 236• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 3. — London: The Chemical Society, 1973, p. 163• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 3. — London: The Chemical Society, 1973, p. 168• Hesse, p. Hesse, p. 241• Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 35. — Academic Press, 1989, p. 261• Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 35. — Academic Press, 1989, pp. 260—263• 242• Begley, Cofactor Biosynthesis• John R. Lewis 2000. Nat. Prod. Rep 17 1 : 57—84. Aniszewski, p. 106• 105• Richard B. Herbert; Herbert, Richard B. ; Herbert, Richard B. 1999. Nat. Prod. Rep 16: 199—208. Plemenkov, pp. 231, 246• Hesse, p. Plemenkov, p. 231• 114• Orekhov, p. 205• Hesse, p. 232• Orekhov, p. 212• Aniszewski, p. 118• 112• 113• Hesse, p. Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. 467• Dewick, p. 349-350• 119• Hesse, p. Hesse, pp. 23—26• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 1. — London: The Chemical Society, 1971, p. 169• Saxton The Alkaloids. A Specialist Periodical Report. Volume 5. — London: The Chemical Society, 1975, p. 210• Hesse, pp. 17—18• Dewick, p. 357• 104• Hesse, p. Hesse, p. Dewick, p. 396• Hesse, p. Aniszewski, p. Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 23. — Academic Press, 1984, p. 376• Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 23. — Academic Press, 1984, p. 268• Arnold Brossi The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology, Volume 23. — Academic Press, 1984, p. 231• 243• Begley, Natural Products: An Overview• Atta-ur-Rahman and M. Iqbal Choudhary 1997. Nat. Prod. Rep 14 2 : 191—203. Hesse, p. Dewick, p. 388• Plemenkov, p. 247• 131• Spiller , CRC Press, 1997• Fattorusso, p. Thomas Acamovic, Colin S. Stewart, T. Pennycott 2004. CABI. 362. Fattorusso, p. XVII• Aniszewski, p. Orekhov, p. Hesse, p. Grinkevich, pp. 122—123• Orekhov, p. Aniszewski, pp. 110—111• 116• 132• Grinkevich, p. Grinkevich, pp. 132—134• Grinkevich, pp. 134—136• 253• Plemenkov, p. 254• Plemenkov, p. 255• Dewick, p. 305• Hesse, pp. 91—105• Aniszewski, p. 142• Hesse, pp. 283—291• Aniszewski, pp. 142—143• Hesse, p. 303• Hesse, pp. 303—309• Hesse, p. 309• Dewick, p. 335• 21—22• Veselovskaya, p. Hesse, p. Veselovskaya, p. 136• Geoffrey A. Cordell The Alkaloids: Chemistry and Biology. Volume 56, Elsevier, 2001, p. Veselovskaya, p. Veselovskaya, pp. 51—52.

次の