仏壇 真言宗。 真言宗のお盆の迎え方とは?精霊棚の飾り方についても詳しくご紹介|終活ねっとのお坊さん

真言宗

仏壇 真言宗

Contents• 仏壇の基本的な飾り方 仏壇の飾り方は、宗教や住む地域によって多少の違いはあるものの、基本的な飾り方があります。 一番上の段の中央にご本尊を祀ります。 本尊の左右には、宗祖や名号が書かれた掛け軸を飾ります。 上から2段目には、位牌を置きますが、このときに 本尊が隠れないように右か左に置くようにします。 3段目には、中央部分にお供え用のご飯を盛る仏飯器とお茶やお水を入れる湯呑の茶湯器を仏器膳の上に並べます。 その左右にお菓子や果物などお供え物をのせる高月を並べます。 一番下の段に花を供える花立、ろうそくを立てる火立、香を炊く(線香を立てる)香炉、線香さしやマッチ消し、仏様を呼ぶためのリンなどを並べるのが一般的です。 マンション用コンパクト仏壇 マンション暮らしの人や先祖代々の仏壇ではなく故人だけに手を合わせるためのコンパクトな手元供養と呼ばれる仏壇スタイルもあります。 この場合は、本尊や御掛け軸も祀らずに、位牌を中央に置きます。 仏壇を設置する場所 仏壇を設置する場所は、落ち着いて手を合わせることができる場所であり、仏飯を供えたり花の水を変えたりする必要があるため、 目につきやすい場所を選ぶようにすることが大切です。 宗派によっては、 総本山の位置をもとに仏壇を設置する方向を決めることもありますが、毎日手を合わせやすい場所を基準に決めるのが原題では主流となっています。 曹洞宗の飾り方 大谷派の場合、 ご本尊は阿弥陀如来、その向かって左側に九字名号(何無不可思議光如来)、右側に十字名号(帰命尽十万無碍光如来)を飾ります。 他は基本的な飾りと同じですが、位牌は飾りません。 朝仏飯を供えますが、正午には下げるようにします。 基本は本願寺派と同様です。 手を合わせて唱える言葉も「 南無阿弥陀仏」となります。 おわりに 仏壇の飾り方を紹介しました。 宗派によって仏壇のデザインにも違いがあります。 宗派だけでなく、住んでいる地域によっても仏壇の飾り方にも違いがあることがあります。 仏壇を初めて購入する際にわからないことは、お寺や仏壇店に相談するようにしましょう。 何よりも一番大切なのは、仏様を敬い、毎日手を合わせるという気持ちだということを忘れないようにしたいですね。

次の

各宗派の仏壇・仏具・掛軸等の選び方 > 真言宗

仏壇 真言宗

真言宗の仏壇と仏具 宗 祖 弘法大師(空海)(774〜835) 唱 名 南無大師遍照金剛(なむたいしへんじょうこんごう) 総本山 高野山真言宗 金剛峯寺 和歌山県伊都郡高野山大字高野山 真言宗山階派 勧修寺 京都市 真言宗善通寺派 善通寺 香川県善通寺市 真言宗醍醐派 醍醐寺 京都市 真言律宗 西大寺 奈良市 真言宗泉涌寺派 泉涌寺 京都市 東寺真言宗 教王護国寺 京都市 真言宗大覚寺派 大覚寺 京都市 真言宗御室派 仁和寺 京都市 真言宗智山派 智積寺 京都市 新義真言宗 根来寺 和歌山県岩出町 真言宗豊山派 長谷寺 奈良県桜井市 教 義 真言とは仏の真の言葉、それを心と体で体得し即身成仏を説く教え。 すべての仏教は欲望を断つことを説いていますが、煩悩即菩薩、現実の世に仏になることを教えています。 経 典 日経、金剛頂経、理趣経、般若心経 例: お位牌やお供物がお祀りしやすいように 段廻りが二段または三段造りになっています。 金箔仏壇もあります。 真言宗のお仏壇のお飾り ご本尊 (ごほんぞん) 真言宗のご本尊は大日如来です。 脇侍 (わきじ) ご本尊に向かって右側に弘法大師のお掛図、または木像をおまつりします。 ご本尊に向かって左側に不動明王のお掛図、または木像をおまつりします。 吊灯籠 (つりとうろう) お宮殿の両側に一対つるし、ご本尊のお姿を明るく照らすために用います。。 瓔珞 (ようらく) 仏像の頸(くび)や腕、ひじ、脚などを飾る珠玉や貴金属で編んだ装身具のことですが、宮殿の装身具として使われます。 省略されることもあります。 仏器 (ぶつき) お仏飯を盛る器をいいます。 朝のおつとめの後にお供えし、正午にはお下げいたしましょう。 普段は1つで、丁寧な場合は3つまでお供えします。 茶湯器 (ちゃとうき) お茶、お湯、お水をお供えする器です。 普段は1つで、丁寧な場合は3つまでお供えします。 打敷 (うちしき) 長方形の織物です。 昔お釈迦様のお座所を飾ったといわれています。 お正月・お盆・お彼岸・報恩講・年忌法要などの重い法要の時のみ用います。 高坏 (たかつき) 足の高いお皿にあたるものです。 ご仏前の左右においてお菓子や果物をお供えします。 燭台 (しょくだい) 火立、ローソク立のことです。 正式には一対でお飾りします。 花瓶 (かひん) 花瓶は、古来インドで香水を入れるのに用いた宝瓶をかたどってあります。 生花または金蓮華をお飾りします。 玉香炉 (たまこうろ) 香をたく器です。 香合 (こうごう) お香を入れる入れ物です。 お位牌 (おいはい) お位牌は、亡くなった人の戒名(かいみょう)や死亡年月日を記して、お仏壇におまつりする、いわば個人のシンボル(象徴)に当たるものです。 白木の野位牌は、四十九日までに塗りの本位牌をつくり、忌明けからは本位牌をお仏壇におまつりします。 五十回忌が過ぎたら祖霊に合祀されるとよいでしょう。 本位牌を新たにお仏壇におまつりする時は、天眼法要(てんげんほうよう)や開眼法要(かいげんほうよう)といって、お寺のお坊さまに入魂のお経をあげていただきます。 過去帳・過去帳台 (かこちょう) (かこちょうだい) 過去帳は、亡くなった人の戒名(かいみょう)や俗名・死亡年月日などを記しておく記録帳です。 霊膳 (れいぜん) 法要などで一汁三菜の精進料理を仏さま・ご先祖さまにお供えするときに使うものです。 御霊膳は法事・命日・お盆・お彼岸・お正月などにお供えします。 前香炉 (まえこうろ) お線香立のことです。 お線香は、仏様の前に出るときに心身とも清浄にするためのものです。 少量でも、良質のものを使いましょう。 鈴 (りん) チーンと打ち鳴らすカネの音は八万四千のほとけの世界に届きますようにと念を込めて鳴らします。 また人々の邪念を払うと共に、読経の時に打つ事が指示されている重要な荘厳具です。 鈴棒・撥 (りんぼう・ばち) リンを打つ棒で、おつとめの時以外はりんの中に正面を向けておきます。 鈴台 (りんだい) 鈴を置く台を鈴台といいます。 木魚 (もくぎょ) 木魚は、読経用の打楽器です。 表面に玉鱗(一身二頭の竜頭)が彫られています。 魚は常に目を開けているので、それにちなみ怠惰をいましめるために魚板を叩いたことから、変形して木魚になりました。 経机 (きょうづくえ) お経の本や香炉あるいは鈴を置く机のことです。

次の

真言宗の仏壇の配置、飾り方

仏壇 真言宗

(仏具や掛軸の設置は含みません。 )不要の段ボールは、後片付けして持ち帰ります。 23号サイズ以上の大きな仏壇や、お一人でお住まいの方、女性やお年寄りの方のお住まいにはおすすめのサービスです。 (20号サイズの仏壇は、種類によって異なりますが15〜25キロ位の重さがあります。 )唐木仏壇・金仏壇・モダン仏壇、それぞれのカテゴリの商品の一番下に、サービス商品として紹介してあります。 店長からのご挨拶(プレゼントのお知らせ) 当店も、インターネット販売を始めて10年となりました。 最近は、半数以上の方がリピーターや紹介によるお客様となりました。 紹介までいただくことが当店の理想でもありました。 今後も少しずつ口コミで、当店の名前が広がっていくことを願っています。 ご協力よろしくお願いします。 お釈迦様の教えや、すぐれた仏教者の教えの中には、学ぶべきことがたくさんあります。 宗派にこだわらず仏教を広めていきたいと思っています。 そのためにも、誰でもが金銭に不安を感じるることなく、安心して求めることのできる仏壇仏具の提供を心がけます。 現在、皆様も一流ホテルを中心にご覧になったことがあろうかと思いますが、仏教聖典(普及版)を無料プレゼントさせていただいています。 在庫に限りもありますが、ご希望者の方は当店までご連絡くださいませ。 尚、PCからはスマホサイトは閲覧できません。 真言宗 真言宗の仏壇・仏具・掛軸について 仏壇・・・・、どの仏壇でも構いません。 ただし、浄土真宗などで使用する金仏壇はほとんど使用しません。 仏具・・・(花立・火立・香炉)が基本です。 続いて(花立・火立・香炉・仏器・茶湯器)です。 三具足や五具足が2個セットになったものや、線香差し、マッチ消しがついたりします。 仏膳椀は、ご先祖の命日に位牌を本尊の前に祀って供えます。 本尊・掛軸・・・真言宗の本尊は、大日如来ですが、信仰している仏様があったら、それを祀っても構わないということになっています。 真言宗のお寺でも、ご本尊が、阿弥陀如来というお寺さんもあります。 なぜなら、すべての神仏は大日如来が姿形を変えた応化身と考えているので、各寺の本尊も観音さま、お不動さま、お地蔵さんと様々です。 (下線部分は、法蔵館出版 「仏壇のはなし」から引用) また、当店は、白木(桧)のを、9450円(定価22785円)で紹介しています。 仏像を、お祀りになる方も多くなりました。 電話・FAX・メールでご連絡ください。 掛軸・・・通常は仏壇の大まかなサイズが記載されています。 上段から天井までの長さと掛軸の長さで選びます。 掛軸の紐の部分等余裕をもったサイズでお選びください。 上置き用で、高さ65cm位まで、または、台付で高さ130cm位までは、ほとんどが20代(長さ20cm)の掛軸となります。 ミニ仏壇でも20代の掛軸が収納できるように作られています。 仏像は、掛軸の長さと、仏像の総高さがほぼ同じものを揃えます。 仏具・・・仏具のセットは花立の高さで表記されています。 上置き用で、高さ65cm位まで、または、台付で高さ130cm位までは、花立の高さが7.5cmか9cmのものを選びます。 仏壇の高さが165cm以上の大型仏壇であれば、花立の高さが12〜15cmでお選びください。 位牌・・・位牌の標準サイズは4.0号(寸)で総高さ約20cmです。 ただし、掛軸や仏像よりも大きくならないようにします。 また、ご先祖様の位牌がすでにある場合には、ご先祖様の位牌より大きくならないようにします。 掛軸の長さに対して、8割程度の位牌の総高さがバランスが良いようです。 : 色をお選びください。 : 数量: 定価 955,500円 販売価格 305,800円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : スライド式経机付にするかしないかお選びください。 : 仏壇の設置サービス付き: 数量: 定価 オープン価格 販売価格 1,100円 サイズをお選びください。 : 掛軸を飾るための仏具をお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 1,100円 サイズをお選びください。 : 掛軸を飾るための仏具をお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 1,100円 掛軸をお選びください。 : サイズをお選びください。 : 掛軸を飾るための仏具をお選びください。 : 法名軸への書き代(手書き・毛筆・楷書): 数量: 定価 37,800円 販売価格 11,000円 サイズをお選びください。 : 金泥書きの有無(衣の上を金泥でなぞる): 数量: 希望小売価格 18,360円 販売価格 1,836円 サイズをお選びください。 : 名入れの方法(金文字の楷書): 家紋を入れる場合は選択してください。 : 戒名の連絡方法を選択してください: 数量: 定価 オープン価格 販売価格 16,500円 具足の数をお選びください。 : 六具足の場合の花立ての高さをお選びください。 : 八具足の場合の花立の高さをお選びください。 : 十一具足の場合の花立の高さをお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 935円 サイズをお選びください。 (皿の直径): 色をお選びください。 : 数量: 定価 1,500円 販売価格 495円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : 数量: 定価 31,200円 販売価格 11,000円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : 数量: 定価 販売価格 3,240円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : 吊灯篭用コードを付ける場合は、付けるを選択してください: 吊燈篭、瓔珞用クリップ(2個セット)をつける場合は、付けるを選択してください: 数量: 定価 販売価格 4,000円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : 精進料理(フリーズドライ)をご希望の方は、ご選択下さい。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 2,160円 色をお選びください。 : サイズをお選びください。 (長さ): 数量: 定価 販売価格 2,700円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください: 数量: 定価 オープン価格 販売価格 10,800円 サイズをお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 3,290円 サイズをお選びください。 : 玉の色をお選びください。 (1680円): 御詠歌その他経本をお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 807円 色をお選びください: 数量: 定価 オープン価格 販売価格 11,000円 風雲リンのサイズをお選びください: 六角フトンの色をお選びください: リン棒の色をお選びください: リン棒台(幅8cm)の有無をお選びください: 数量:.

次の