エクセル シート切り替え。 エクセル(Excel)のシートの移動・追加におけるショートカットキーの使い方とは?

キーボードの操作でシートやウィンドウを切り替える:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

エクセル シート切り替え

ブックやシートを切り替えて作業するのが面倒! 普段の業務でExcelをよく使うという人でも、Excelだけをパソコンで開いて作業しているという人は少ないですよね。 多くの人は、Excel以外にもメールやWebブラウザーなど、さまざまなアプリを起動した状態で仕事をしていると思います。 また、複数のシートが保存されたブックで、それぞれのシートを行ったり来たりしながら作業をすることも多いのではないでしょうか。 普段Excelのブックやシートを切り替える際にマウスを使っているなら、今回の記事は必見です! 今回は、Excelのブックやシートを簡単に切り替えられるショートカットキーを3つ解説します。 この3つを覚えておけば、表示したいブックやシートにすぐに移動できます。 いちいちマウスに手を伸ばす必要がなくなるので、作業のスピードが落ちることはありません。 さっそくこれらのショートカットキーを使ってみましょう。 このように[Ctrl]キーを押したまま[PageUp]キーを押していくと、先ほどとは反対に、アクティブシートを右から左へ順々に切り替えることができます。 その場合は、[Ctrl]+[Fn]+[PageUp]や[Ctrl]+[Fn]+[PageDown]というように、[Fn]キーも押す必要があります。 [Fn]キーはノートパソコンや横幅の狭いキーボードにあるキーで、他のキーと組み合わせることで、1つのキーの2つの機能を切り替えられるようになっています。 ただし、[Fn]キーがない機種や、[Fn]キーと組み合わせて使う機能が違っている場合もあるので、説明書などで確認してみてくださいね。 このように[Ctrl]+[Tab]キーを押すと、開いているExcelのブック間で表示を切り替えることができます。 ところで、「別のブックに表示を切り替える」と聞いて、[Alt]+[Tab]キーを思い浮かべる読者も多いかもしれません。 確かに[Alt]+[Tab]キーでも別のブックに切り替えることはできます。 ただし、この[Alt]+[Tab]キーはWindowsのショートカットキーで、起動しているすべてのアプリ間で表示を切り替えることができるキーです。 したがって[Alt]+[Tab]キーを押した場合は、Excelだけでなく起動している他のアプリもすべて切り替えの対象になります。 Excelのブック間だけで表示を切り替えたい場合は、今回解説したショートカットキーを使ったほうがスムーズに行えますよ。

次の

エクセルでシートが表示されない

エクセル シート切り替え

Excelでシート切り替えタブが表示されないときの対処方法を紹介します。 1.問題点 Excelを起動したとき、通常であれば画面下に「シート切り替えタブ」が表示され、これをクリックすることでシートの切り替えが可能です。 が、仕事で引き継いだExcelファイルを開くとシート切り替えタブが表示されなくなっていました。 シート切り替えタブを表示させたいのですが方法が分かりません。 2.シート切り替えタブが表示されないときの対処方法 「ファイル」の「オプション」をクリック。 「詳細設定」をクリック。 「次のブックで作業するときの表示設定」にある「シート見出しを表示する」をチェックして「OK」をクリック。 これでシート切り替えタブが表示されるようになります。 [1]• [2]• [1]• [1]• [7]• [1]• [3]• [1]• [10]• [1]• [1]• [1]• [2]• [1]• [28]• [1]• [1]• [1]• [6]• [2]• [2]• [5]• [1]• [1]• [1]• [1]• [29]• [6]• [16]• [33]• [1]• [1]• [1]• [16]• [3]• [8]• [4]• [1]• [1]• [1]• [1]• [8]• [5]• [28]• [19]• [1]• [26]• [47]• [2]• [6]•

次の

【エクセル】シートやタブが表示されない時の6つの復元方法

エクセル シート切り替え

バージョン2013・2016でワークシートを移動する 下の図のように、ワークシートを複数用意している場合は、 左下の矢印をクリックすることで、ワークシートの表示を移動させることができます。 必要なワークシートの名前が表示されたら、その ワークシートをクリックします。 また、 「・・・」の場所をクリックした場合は、 表示されているワークシートの左端もしくは、右端のワークシートに移動できます。。 しかし、大量のワークシートを用意した場合は、目的の場所へ移動するのが大変だったりします。 そんな時は、 左の矢印の場所で右クリックしましょう。 ワークシートの一覧が表示されるので、目的のシートへ簡単に移動ができますよ。 ショートカットキーでワークシートを移動する方法 ワークシートをショートカットキーで移動する場合は、• この「PageUp」と「PageDown」のキーが下のように用意されているキーボードだと問題ないのですが、 最近の小さめのキーボードだと 省略されている場合が多くあります。 そんな時は、右側のテンキーに用意されていることがありますよ。 名前は短く「PgUp」、「PgDn」になっていると思います。 こちらの場所は、通常では数字が入力される場所なので、 「NumLock」キーを押して、キーの下に書いてある機能を使用できるようにする必要があります。 「NumLock」キーを押して、上にある「NumLock」のランプが消えたのを確認してから、 「Ctrl」を押しながら、「PgUp」、「PgDn」を押してみてください。 まとめ 複数ワークシートの移動方法を紹介しました。 後半に説明した、ショートカットでの移動ですが、エクセルでは通常右側のテンキーは数字の入力で頻繁に利用します。 この「NumLock」を一時的にでもOFFにするのはお勧めしにくいです。 元から「PageUp」と「PageDown」のキーが用意されていない場合は、 右クリックの一覧から移動を使用した方が良いと思いますよ。

次の