万博 記念 公園 アスレチック。 世界最大規模のアスレチックタワー「万博ビースト」大阪・万博記念公園に、120種類のアトラクション

【公式】万博BEAST(ビースト)|BAMPAKU BEAST

万博 記念 公園 アスレチック

受付:9:30~15:10 施設オープン時間:10:00~16:30 125cm以上、小学生以上、120kg以下のお客様がご利用いただけます。 スマートフォン・携帯電話の持ち込みは禁止です。 サンダル、ハイヒールではご利用いただけません。 動きやすい運動靴でお越しください。 利用には、同意書の記入が必要です。 下記の方は、利用制限があります。 18歳未満の方は、保護者の同意書が必要です。 小学生以下のお子様は、18歳以上の付き添いが必要です。 140cm未満の方は、安全器具の操作が難しいため、140cm以上の 付き添いの方が必要です。 飲酒されている方はご利用できません。 スタート前の安全説明でご説明したルールを守れない方はご利用いただけません。 利用には、同意書のサインが必要です。 18歳未満のお客様がご利用の場合は、保護者の方のサインも必要です。 18歳未満のお客様が保護者の方といっしょにご来園されない場合は、 保護者の方のサインをして同意書をお持ちください。 更衣室はありません。 ロッカーには大きな荷物は入りません。

次の

【公式】万博BEAST(ビースト)|BAMPAKU BEAST

万博 記念 公園 アスレチック

太陽の塔 「万博」と言えば「太陽の塔」と言ってもいいくらい有名なこのモニュメントは、ご存知、岡本太郎氏の代表作。 万博記念公園の入口から入るとすぐ正面に見えます。 高さ約70mもあるこの塔は、大きな像と言った方がいいかもしれません。 中は空洞になっていて、万博開催当時は展示場として使われていました。 サイケ調のデザインが当時斬新的で大きな話題を呼びました。 太陽の塔には、未来を象徴する「黄金の顔」、現在を表す「太陽の顔」、そして塔の裏側に描かれた、過去を示す「黒い太陽の顔」という3つの顔があり、それぞれの意味をたどっていくと「天照大神」につながっていくそうです。 過去・現在・未来を貫いて生成する万物のエネルギーの象徴として、40年以上たってもその壮大さは失われていません。 現在は修理と耐震化工事のため公開されていませんが、近々の公開に期待が高まりますね。 expo70-park. 日本庭園 万博記念公園内にある日本庭園は会場の北側にあります。 東西約1300m、南北約200mにおよぶ広大な庭園で、万博当時、日本の出展物のひとつとして建造されました。 その頃はまだ、一般的な意味での日本庭園の良さは世界的に知られていませんでしたから、万博はその良さを知ってもらうための良い機会でした。 庭園は、平安時代、江戸時代、明治以降と3つの時代の庭園様式に基づいて作られ、京都の庭園や岡山の後楽園など、日本の有名な庭園で使われている様式をすべて見ることができる貴重な場所です。 この日本庭園には茶室やレストランなどがあり、休憩しながら散策ができます。 四季折々の植物を楽しみたいなら、この日本庭園は見逃せません。 自然文化園 万博で使われたパビリオンは万博閉会後に撤廃されましたが、その跡地の人工地盤の上に樹木や草花を植え再生した森が「自然文化園」です。 「太陽の塔」西側の森からだんだん里へ向かってなだらかに傾斜していくようなデザイン。 塔の東側には芝生を敷き詰めて平原の雰囲気が作り出されています。 園内には「森の舞台」「春の泉」などのユニークなエリアがあります。 森の舞台エリアは直径約42mの円形の芝生でできていて、その上に12支の動物を表す石が12個並べられています。 木の高さと同じくらいに建てられた「ソラード」という展望台にも登ってみましょう。 万博記念公園の敷地のほとんどは日本庭園と自然文化園で占められており、この2つの園は散策を楽しむのにぴったりです。 散策用のマップを見ながら自分に合ったコースを楽しんでくださいね。

次の

万博に続々新スポット!3月14日には巨大立体アスレチック迷路「迷宮の砦」オープン!

万博 記念 公園 アスレチック

施設の利用料金・営業時間 利用料金一覧表 種別 料金 制限時間 大人(中学生以上) 3,500円 60分 子ども (小学生以下) 3,000円 60分 空中回廊(展望台) 500 円 大人(中学生以上)は一人3,500円、子ども(小学生以下)は一人3,000円となります。 制限時間は60分で、完全入れ替え制となっています。 展望台(空中回廊)のみの利用は、一人500円(4歳以上)となっています。 (3歳以下は利用不可) なお、別途万博記念公園への入園料 大人260円、小中学生80円 が必要となります。 詳しくは をご覧ください。 小学生未満のお子さまは利用できません。 (展望台は4歳以上なら利用可能) また小学生・身長140cm未満の方が利用する場合でも、 必ず18歳以上の付き添いが必要となります。 (付き添いの方も料金が必要) 中学生や高校生などの18歳未満の方が利用する場合も、 親の同意書が必要となります。 その他、施設を利用する上での注意点などは、実際に体験した様子を写真付きで詳しくご紹介しています。 施設をご利用前に参考になさってください。 施設を利用するには、直接現地で料金を支払ったうえで整理券をもらう必要があります。 整理券は予定数に達し次第、配布は終了となります。 土日祝日や、春休み・GW・夏休みなどは混雑が予想されるため、利用される方は早めに現地に行きましょう。 なお、インターネットや電話での事前予約はできません。

次の