刑事 七 人。 律师刑事诉讼格式文书七

交通事故怎么认定刑事责任_陈林律师律师问答

刑事 七 人

「」とは異なります。 刑事7人 ジャンル 脚本 監督 出演者 (S. 2 - ) (S. 4 - ) (S. 4 - ) 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 シーズン1 放送期間 - 放送時間 水曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 9 シーズン2 放送期間 - 放送時間 水曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 9 シーズン3 放送期間 - 放送時間 水曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 10 シーズン4 放送期間 - 放送時間 水曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 10 シーズン5 放送期間 - 放送時間 水曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 10 シーズン6 放送期間 - 〈予定〉 放送時間 水曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 特記事項: S. 1の初回は30分拡大(21:00 - 22:24)。 2の初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。 3の初回、第2回は15分拡大(21:00 - 22:09)。 5の初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。 2019年7月24日は『』放送のため休止。 『 刑事7人』(けいじしちにん)は、から系「」枠(水曜日21時 - 21時54分)で継続的に放送されている日本のシリーズ。 主演は。 本項での「 S. 1」はシーズン1を表す。 タイトルの「刑事7人」はのことで、刑事が7人いるというわけではない。 2は当初8人いたが、永沢が殉職して7人になる。 概要 [ ] 妻子を亡くし長年遺失物センターでくすぶってきた主人公・はある日、「」係長・にひっぱられ12係の刑事として現場復帰。 「時間」に執着を見せる風変わりな性格を武器に、個性溢れるメンバーと共に事件に立ち向かっていく。 同枠で同時期に制作・放送されている『』や『(2018年より『』)』と異なり、各シーズンによって主人公たちの所属や彼らの遭遇する事件が変遷していく点が特徴となっている。 1は「捜査一課12係」の天樹らの活躍を描く一話完結のシンプルな内容だった。 2からはメインライター・プロデューサーの変更と共に主人公の所属部署が「警視庁機動捜査隊」に変更。 刑事総務課の片桐と・・・ら旧12係の面々に加え、新たに配属されたと共に「」として活躍するシリアスな雰囲気へ変貌。 3では「」が結成されると共にメインシナリオが臨海エリア内の出来事に絞られ、これまでの一話完結エピソードに並行し、臨海エリアの大地主として裏社会を牛耳るとの対決を通して妻と娘の死の真相が明らかになる。 さらに、仲間の一人であった山下が天樹達を苦しめていた黒幕と判明した。 また、S. 2-S. 3ではメンバーや刑事達の協力者が惨殺される猟奇的なシーンが増加した。 4から天樹は「刑事資料係」兼「専従捜査班」として、旧メンバーの片桐、水田、青山、堂本に加え新たに集まった、と共に、警視庁刑事資料係と捜査一課12係の合同チームとして資料保管庫に眠るデータを活かし過去の未解決事件の継続捜査や、新たに引き起こされた事件を解明する。 やがて、この活躍を経てS. 5では「」が正式発足する。 2 - S. 3最終話) 兼 警視庁 機動捜査員(S. 3最終話 - ) 兼 (S. 4 - ) 階級: 1969年8月16日生まれ、血液型はA型。 家族は妻・と娘・と清の父・。 事件とは無関係に思われる「時間」に対してこだわりを持っている。 犯人に同情・共感せず、推理後は辛辣な非難・批評で追い打ちをかける。 1が始まる10年前の自身の誕生日に、妻と娘を亡くしている。 天樹が常に身に付けている「『7時12分』を指したまま動かない腕時計」は、亡くなった娘が彼への誕生日プレゼントとして用意していたものであり、娘が遺体として発見された時、彼女の手に握られていた。 その為、天樹は新しい腕時計と買い換えることを拒んでおり(S. 2第1話の開始時点では、既に修理されている)、また、「時間が止まった人」や「家族と死別した人」を見過ごせずにいる。 妻と娘の死因については彼を12係に抜擢したも知らないが、S. 3第1話でがから渡された、天樹の経歴に関する資料には「2005年8月16日、事故()により死亡」と書かれている。 2では機動捜査隊(機捜104)に所属しており、一日の殆どを覆面パトカーでの管轄内の巡回に費やしている。 立ち振る舞いはS. 1とS. 2以降で大きく異なっている。 1ではノーネクタイで態度も飄々としており、妻の遺品の時計が毎回登場していたが、S. 2ではネクタイを締めて態度もクールになり、妻の遺品の時計に拘るシーンも無くなった。 4での立ち振舞いはS. 1に近いものになっているが、第1話の冒頭における健康診断で「老眼」だと診断されてからは、ノートパソコンを使って資料を作成する際などに老眼鏡を使っている。 4から専従捜査班のメンバーと「酒蔵あっけし」で食事をするようになる。 野々村拓海(ののむら たくみ) 演 - (S. 4 - ) 経歴:警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係(S. 4 - ) 兼 専従捜査班(S. 4 - ) 1年前に入庁。 明るく元気な青年。 刑事に憧れているが、落ち着きがなくおっちょこちょいな性分が災いして、内勤である資料係に配属される。 そのため12係として捜査に参加できることを喜んでいる。 父親を4歳の時に病気で亡くし、女手一つで育ててくれた母親も1年前に他界している。 近眼であり、普段はコンタクトレンズをしている。 名前で呼ばれることに嫌悪しており、苗字で呼ぶように再三伝えているが専従捜査班のメンバー達からは『拓海くん』『拓海』と呼ばれている。 片桐正敏(かたぎり まさとし)〈55 〉 演 - 経歴:警視庁刑事部捜査一課12係 係長(S. 4 - ) 兼 専従捜査班 班長(S. 4 - ) 階級:警部(S. 2 - S. 5) 8月12日生まれ。 表向きは警察組織に従っているが、実際は天樹たちと同様に正義感を持っており、彼らの捜査には良く許可を出し、特に上の立場であるために権力者が関わるような事件においては重要役割を担っている。 水田と青山に陰で「狸オヤジ」と呼ばれている。 専従捜査班刑事 [ ] 水田環(みずた たまき)〈28 〉 演 - (幼少期: 〈S. 1 - S. 3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 専任捜査員(S. 4) 兼 専従捜査班(S. 5 - ) 階級:(S. 2 - ) 1987年3月2日生まれ。 家族は父で外交官だったと母の。 高い洞察力と推理力を持つ、留学経験のある、アメリカ帰りの帰国子女。 捜査のパートナーはS. 1からS. 3は沙村で、S. 4からは青山。 チームの紅一点。 3第1話では上の立場にいるの依頼で第11方面本部の監視役となるが、徐々に監視役の仕事自体に疑問を抱くようになり、最終的には島村に反発して監視役を降る。 12係が解散後は、監察官として1年過ごした後、片桐の誘いを受ける形で12係に復帰する。 16年前に出張先のインドネシアから帰国した直後に遺体となって発見された父の純平が機密費流用の疑いを掛けられた際には辞表を片桐に渡したが、専従捜査班の捜査により無実と判明した為、刑事を続ける事に。 片桐と海老沢とかっての上司だった沙村からは『水田』、青山と野々村からは『環さん』と呼ばれている。 天樹からは基本的には『水田さん』と呼ばれているが時々『環さん』と呼ばれる事がある。 青山新(あおやま あらた) 演 - (S. 2 - ) 経歴:警視庁有明警察署刑事課(S. 2第2話 - S. 3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 専任捜査員(S. 4) 兼 専従捜査班(S. 5 - ) 階級:巡査 1985年2月10日生まれ。 臨海エリアで生まれ育つ。 施設出身。 以前はスカウトマンをしていたが、と出会ったことをきっかけに警察官になる。 スタンドプレーが目立つ天樹の監視役となるが、S. 2第1話にて天樹達の捜査で過去の未解決事件の犯人であることを突き止められた上司を殴ったことで謹慎処分を受ける。 その後、沙村の計らいで12係に配属される。 3最終話のラストで交番勤務へ異動となり、1年後に片桐に誘われる形で12係に復帰する。 放任主義の天樹に代わり新人の野々村の子守りを担当することになるが、その事がやんちゃだった性格を変えることになる。 海老沢芳樹(えびさわ よしき) 演 - (S. 4 - ) 経歴:警視庁刑事部捜査一課12係(S. 4) 兼 専従捜査班(S. 5 - ) 階級:警部補 主任。 かつては上昇志向の塊のような排他的だったが、「三億円強奪事件」の捜査に関わった際に、容疑者として浮上したの行動等から「複数犯による犯行」ではないかと考え、上層部に楯突き、訴えていたが、「松原が単独で犯行を起こした」と結論付けた上層部には全く相手にされなかった。 それ以来、出世の道が閉ざされ警察組織に対して強い不信感を抱いており、他の捜査員達との折り合いが悪く人望も薄かったが、片桐に専従捜査班に引き抜かれ天樹らと行動を共にする中で、内に眠っていた正義感が再び目を覚まし始める。 昼行灯の片桐に代わり、専従捜査班の陣頭指揮を執っている。 こっそり昇進試験を受けたが、不合格となった。 娘が4人いてもうすぐ孫も生まれる予定 だったが無事、孫が生まれる。 東都大学医学部 [ ] 堂本俊太郎(どうもと しゅんたろう)〈65 〉 演 - (少年期: 〈S. 5第7話〉) 法医学者で東都大学医学部長。 天樹の義父。 の父での祖父。 1最終話ではアメリカのとある大学から法医学のアドバイザーとして招待され、が殺害された事件が解決した後に渡米する。 その後、S. 2第1話にて帰国する。 3で第11方面本部準備室と管轄・司法解剖担当となる。 警察関係者 [ ] 沙村康介(さむら こうすけ)〈49 〉 演 - (S. 1 - S. 5最終話) 経歴:警視庁刑事部捜査一課12係(S. 2 - S. 3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 専任捜査員・指揮官(S. 5最終話) 階級:(S. 2 - ) 1965年10月15日生まれ、血液型はB型。 家族は妻・(S. 3の1年前に離婚 )と娘・。 正義感が強く、情熱的で、天樹と同様に犯人に同情や共感はしない。 学生時代はアメフト部に所属しており、S. 1では刑事部屋で筋力トレーニングをしていることがあった。 リーダーとしてチームを指揮していたが、山下の件で責任を取らされ所轄に異動となる。 しかし、 2年後に警視庁捜査一課の管理官として本庁に復帰。 かっての仲間である専従捜査班を捜査から外すなど、専従捜査班の捜査を阻む行動に出たが、実際は水田を守る為であった。 松田健吾 演 - (S. 1第1話・第4話・第5話) 鑑識主任。 小田六郎 演 - (S. 2第1話・第3話) 警視庁刑事部長。 岩下千治(いわした かずはる) 演 - (S. 3第1話・第2話・第9話・最終話) 警視庁第1方面本部長。 権力のある馬久根と繋がっており、彼の指示で関わる事件が表面化しないように配慮している。 島村唄子 演 - (S. 3第1話・第6話・第9話・最終話) 監察官。 監察対象になっている第11方面本部の内偵をするようにに指示するが、物語が進むにつれて詳しい調査報告は聞けず、最終話では意見の衝突により環から反発される。 森山 演 - (S. 4最終話)、 (S. 5第1話) 首席監察官。 同僚だった水田に頼まれ監察の情報を教えている。 小岩純一 演 - (S. 5最終話) 警視庁捜査一課長。 笹岡祐二 演 - (S. 5第1話・最終話) 警視庁刑事部長。 名前はS. 5第1話の劇中の新聞では「石倉」になっている。 殉職者 [ ] 永沢圭太(ながさわ けいた)〈38 〉 演 - (S. 1 - S. 家族は父・と母・。 2第4話では過去に起きた父の死の真相とそれに関連する別の事件の真実を独断で調べていたが、最後は事件の黒幕であるが差し向けた実行犯のによって殺害される。 主要メンバーの親族 [ ] 永沢和子 演 - (S. 2第4話・第5話) の母。 圭介の妻。 永沢圭介 演 - (S. 2第5話) 永沢圭太の父。 殉職した元刑事、殉職前の階級は警部補。 30年前のの被疑者であるから無実を訴えられ、再捜査をしようとしたが、最後は事件の真犯人であるによって口封じのために殺害される。 天樹清(あまぎ さやか) 演 - (S. 5第5話) の妻。 聖の母。 2005年8月16日、聖のピアノのレッスンが終わったために家に帰ろうとしたが、最初の殺人で傷を負ったばかりのを目撃してしまい、最後は彼を通じての依頼を受けたの手により口封じのために事故に見せかけられて殺害される。 12年前、天樹に内緒でと不倫をしていた。 天樹聖(あまぎ みづき) 演 - (S. 5第5話)、 (S. 5第5話) 天樹と清の娘。 堂本俊太郎の孫。 2005年8月16日、殺人を犯した楠城誠也の姿を母親と共に目撃してしまい、その口封じのために母親と共に事故に見せかけられて殺害される。 生前はピアノを習っていた。 沙村清美 演 - (S. 3第9話) の妻。 3では沙村と離婚している。 沙村康江 演 - (S. 3第9話) 沙村康介と清美の娘。 両親の離婚後は清美と暮らしている。 水田純平 演 - (S. 5最終話) の父。 生前は外交官で外務省要人外国訪問支援室の室長だった。 16年前の夏、出張先のインドネシアから帰国した日に千葉の港で転落死体として発見される。 実は外交官仲間のとが結託して巨額な機密費を横領しようと画策。 金は、佐伯から別の人物達へ横流しされ、その金で、フリースクールやスナック経営が開始。 その真相を明らかにしようとして山口と佐伯に殺害されたが当時の上層部は事故死として処理する。 証拠は、山口のIDで作成された機密費の改竄データ。 それをフロッピーにして環へのプレゼントのぬいぐるみの中に隠して、死亡する直前に自宅へ送っていた。 水田美月 演 - (S. 5最終話) 水田環の母。 純平の妻。 臨海エリアの住人 [ ] 馬久根恒義(ばくね つよし) 演 - (S. 3第1話・第2話・第6話・第9話・最終話) 馬久根家の18代目当主で、元大地主。 臨海エリアの中心人物として臨海エリアに戦後期から根を張っており、政財界にも影響を及ぼしている。 また、報恩と報復を家訓としており、自分の頼みを引き受けた者にはそれなりの報酬を用意するが、反面では自分に対して害になる者は徹底的に排除する。 犯罪の揉み消しなど、犯罪の片棒を担ぐような仕事もしており、また犯人が別にいると気付かれないよう、自分とその犯人との繋がりが明らかにならないように用意周到なやり方で物事を治める等の計算高く、知略的である。 過去にと組んでいた刑事・前田優太をある事件絡みから始末したことがあるようで、彼からは「宿敵」として敵視されている。 3第1話で起きたある事件に関与して以降は天樹たち12係と対峙するようになるが、最終話では自身に恨みを抱いていた介護士の林敬子によって殺害される。 林敬子 演 - (S. 3第1話・第2話・第6話・第9話・最終話) 「あすなろ介護相談センター」から馬久根家に派遣されている介護士。 馬久根の孫娘である涼子(本編未登場)からいじめを受け、更には愛犬までも殺されたことで激怒したが、当時から権力のあった馬久根のせいで学校や両親が事実に目を瞑ってしまい、結果として馬久根に恨みを抱くようになる。 その後、復讐計画を手助けした御厨一豊の指示に従って介護士として馬久根の懐に忍び込んだが、最終話では御厨から殺しの指示が下った為に馬久根を殺害する。 その後、全てを暴いた天樹たちに逮捕され、大人しく全てを自供する。 3第6話・第9話) 臨海商工出版の社長だが、正体は馬久根の関係者の事件師である。 馬久根に忠実で、どんな命令にも従う。 「ロクさん」と呼ばれているが、自身も馬久根のことは「ネーバクさん」と呼んでいる。 また、任務を必ず遂行しており、馬久根からの信頼は厚く、仕事を頼まれた際の手段についてはほぼ任されている。 第9話では天樹達に素性と居場所を知られ、本拠地である臨界商工出版社に乗り込まれたが、直後に馬久根に関する秘密保持の為に天樹らの目の前で服毒自殺した。 久喜鉄平 演 - (S. 4第8話〈回想〉) と同じ施設出身の旧友で情報屋。 普段は移動販売のケバブ屋を営んでおり、婚約者の菅谷美也子と暮らしている。 青山に情報を提供し続け、第9話では馬久根の手先であるロクの情報を青山に伝えたが、その日の夜にロク本人の襲撃を受ける。 彼が持ってきた美也子の首を見たことで激昂し、仇討ちのためにロクに襲い掛かるも返り討ちに遭って殺害され、翌日に死体として発見される。 菅谷美也子 演 - (S. 3第6話・第9話) 久喜鉄平の婚約者。 久喜と一緒にケバブ屋をやっており、久喜との間に出来た子を身籠っている。 第9話で買い出しに出ている途中で久喜に対する報復の為に馬久根の手先であるロクに殺害されたが、見せしめの為に首だけは切り取られて久喜の目の前に見せ付けられ、翌日には久喜の死体と共に警察に発見される。 宮本あかり 演 - (S. 3第2話・第6話・第9話) の通うジムのインストラクター。 第9話ではロクに金で雇われて沙村を誘き寄せるための人質になるが、自分を助ける為に必死になっていた沙村を見たことで自分の行いを反省し、最終的には彼を助ける。 その後、警察に保護され、前述の事を天樹達に打ち明けた後は警護されたまま帰宅する。 犯人(被疑者・被告人・服役囚等) [ ] 山下巧(やました たくみ)〈42 〉 演 - (S. 1 - S. 5第1話 ・最終話〈回想〉) 経歴:警視庁刑事部捜査一課12係(S. 2 - S. 3最終話) 兼 警視庁第11方面本部準備室 鑑識(S. 4第3話 - ) 階級:巡査部長 1973年1月25日生まれ。 ハッカーとしての腕前もそれなりに優秀で、情報収集も得意としている。 また、「この山下にお任せを」を口癖にしている。 検索エンジン「リトル・ヤマシタ」を構築する。 「リトル・ヤマシタ」のログインパスワードは「DY1KNAMSA2」。 を逮捕しても裁くことは出来ないという歪んだ正義感から警察の代わりに自分が馬久根を裁くために「御厨一豊」という架空の人物に成りきり、S. 3第1と2話で馬久根が関与している事件の容疑者を裏で操って馬久根を追い詰め、更には馬久根の関係者に拉致されたフリをすることで姿を消しながら天樹たちの行動を監視する。 第9話で頃合いを見て天樹たちと合流し、最終話ではを使って遂に馬久根の殺害に成功するが、天樹に全てを暴かれたことで御厨を名乗って行動した経緯を明かし、最後は持っていた拳銃で自殺を図ったが 、S. 4第3話でに拘留されており、現在は自分の行いを反省している。 5第1話では新聞で事件のことを知り、専従捜査班にメッセージを送って捜査に協力している。 丸藤遼平 演 - (S. 3第9話 ) 経歴:警視庁青砥警察署地域課(S. 3第9話) 階級:巡査 警視庁青砥警察署地域課の巡査。 殺人事件の真犯人であるから「(永沢を)動かないようにしてくれ」と依頼され 、の再捜査を始めたを「山笠団地」で殺害する。 その後、永沢の殺害現場に来た天樹達を案内したが、後に真相を知った天樹達によって身柄を拘束される。 黙秘を続けていたが、山路が逮捕されたことにより自身も書類送検され、死刑囚として収監される。 3第9話での手引きによって東京拘置所から脱走する。 脱走後、を使ってを呼び出し、永沢巡査部長殺害事件の身柄拘束時、沙村に絞め落とされた屈辱からリベンジのために脱走したことを明かす。 接戦の末に沙村を後一歩の所まで追い詰めるが、あかりの邪魔が入ったことで隙を突かれ、沙村に絞め落とされる形で倒される。 再び身柄を拘束されたが、変わらずに黙秘を貫く。 金子正信(土神建設 作業員) -• 安藤紗季(東活撮影所 清掃員) -• 高田浩一郎(法務大臣・元警視庁副総監) -• 岡本正義(警視庁刑事部長) -• 安倍俊也(高田の秘書) -• 中嶋健介(彩香の夫) -• 江尻孝之(修一の息子) - (19歳: )• 内田涼子(グラビアアイドル) -• 橋本(世田谷東警察署 刑事) -• 安藤聡子(紗季の娘) -• 有村依子(歯科医院スタッフ) -• 朝倉美代子(英仙女子小学校 教諭) -• 土屋富雄(所轄刑事・1996年当時19歳の江尻孝之を逮捕しようとした) -• 浅田一也(涼子の元彼) -• 高田真奈美(英仙女子小学校 児童・高田の孫娘) -• 中嶋彩香(フリーライター) -• 江尻修一(元大蔵大臣・故人) - 第2話「氷の殺人」• 安積隆秀(日本理科大学 低温物理学研究室 助教授) -• 香田正美(日本理科大学 低温物理学研究室 助教授) -• 川村秀則(日本理科大学 低温物理学研究室 教授) -• 坂上洋一(坂上水道工房 社長) -• 岩渕紀夫(投資家) - 第3話「逃亡親友」• 笹岡圭介(ベルフラワー生命 営業課長) -• 小畑章枝(喫茶「クコの実」店主・弥生の義母) -• 永井弘士(ベルフラワー生命 社員) -• 小畑弥生(ピアニスト・失明の少女) -• 大野吾郎(ベルフラワー生命 営業部長) -• 河野理恵(笹岡の元妻) -• 井上芳樹(喫茶「クコの実」店員) -• 増田憲一(ベルフラワー生命 社員) -• 川崎洋一(東京アイバンク スタッフ) -• 笹岡奈美子(笹岡の妹・故人) - 第4話「忘れた男」• 高杉賢吾(高杉法律事務所 弁護士) -• 高杉真琴(高杉の妻) -• 添島修一(木戸ホールディングス 顧問弁護士) -• 奈良岡(木戸ホールディングス 専属運転手) -• 木戸宏子(木戸ホールディングス 会長・清三郎の妻) -• 木戸明信(木戸ホールディングス 社長・清三郎と宏子の息子) -• 木戸清三郎(木戸ホールディングス 前会長・故人) -• 下川実(高杉法律事務所 元事務員) - 第5話「母と息子」• 前田尚紀(大平重工 研究員・前田と和美の息子) - (幼少期: )• 前田和美(かなで洋裁店 店主) -• 西岡民代(かなで洋裁店 店員・和美の友人) -• 大沼和樹(大平重工 所長・尚紀の上司) -• 羽田美樹(大平重工 社員) -• 富樫(青葉金属工業所 社長・前田金工 元職人) -• 石川剛(大平重工 社員) -• 中村(大平重工 社員) -• 前田伸雄(前田金工 元社長・故人) - 第6話「真夏の復讐殺人!? 残1時間の命」• 高堂隼人(ワイドショーのコメンテーター・元最高裁判事) -• 西沢淳一(西沢運輸 元社長) -• 三輪友里(キャスター) -• 田中優奈(スタイリスト) -• 亀井(警視庁みなとまち交番 巡査) -• 成瀬博之(殺人の前科者) -• 高堂由美子(高堂の妻) -• 新垣(成瀬の会社の上司) -• 高堂愛理(看護師・高堂と由美子の娘) -• 西沢涼子(西沢の妻・故人) -• 西沢真菜(西沢と涼子の娘・故人) - 第7話「自首した男 容疑者0の殺人!! 木島義男(無職・元タクシー運転手) -• 溝口智也(洋菓子店「パティスリー ラ・ジェム」メインパティシエ) -• 溝口幸恵(「パティスリー ラ・ジェム」オーナー・溝口の妻) -• 井上幹夫(雑誌「ベストスイーツ」記者) -• 小石川美砂(「パティスリー ラ・ジェム」パティシエ見習い) -• 田所真弓(「パティスリー ラ・ジェム」パティシエ見習い) -• 小石川久志(菓子職人・美砂の父) - 第8話「釈放直前!! 8990円で脱走した女」• 上山淑子(北関東女子刑務所 刑務官) -• 野口あゆみ(北関東女子刑務所 服役囚・夏波の実母) -• 小林匠(ウィンテル微細加工所 所長 兼 北筑波大半導体研究室チームリーダー・夏波の養父) -• 小林真奈(夏波の養母) -• 小林夏波(野口の娘) -• 浅野圭一(覚醒剤売人) -• 吉永美香子(北関東女子刑務所 元服役囚・故人) - 最終話「真っ白な遺言と10年の空白!! 吉岡清(泰夫の父) -• 吉岡泰夫(神代興産 日雇い作業員) - (中学生:吉澤天純)• 徳山英治(神代興産 日雇い作業員) -• 近藤大輔(神代興産 日雇い作業員・居酒屋「福」元店長) -• 新田公司(神代興産 社長) -• 小野翔子(下総屋食堂 店員) -• 中津川(調布中央運送 社員) -• 小松(居酒屋「福」店長・泰夫の友人) -• 仲野(警視庁杉並南警察署 刑事) - シーズン2(2016年) [ ] 第1話「警視庁最強のスペシャリスト集団、始動!」• 道上慎之助(警視庁捜査一課 管理官) -• 赤石貴志(有明警察署 副署長) -• 飛駒英太(大学院生) -• 飛駒(英太の母) - 栗田よう子• 石田(小田の秘書) -• 黒田(教授・監察医) -• 田口 -• 筧里緒奈(財務官僚の娘・臨海運河女性死体遺棄事件の被害者) -• 品田ゆり(警察官僚の娘・江東区女子大生死体遺棄事件の被害者) - 第2話「都知事特設秘書が謎の転落死!? 疑惑の8000万円の行方!」• 中原雅美(帝都テレビのキャスター) -• 岡田憲一(東京都知事) -• 野口ゆり子(掃除婦) -• 安斉享(「帝生会」事務局長) -• 市川誠司(東京都知事特設秘書) -• 尾野毅(帝都テレビのスタッフ) -• 佐田浩一(週刊タイムリー 記者・ゆり子の隣人) -• 並木圭介(帝都テレビのスタッフ) -• 和久井裕介(東京都知事特設秘書・元厚生労働省職員) -• 富岡昌弘(帝都テレビのカメラマン) -• 樋口健太(警察官) -• 磯崎(クラブのスタッフ) -• 渡辺宗(ホームレス) - 第3話「タイムリミットは2時間…!正義のために人を殺せるか!? 横田芙美代(横田化学工業 社長) -• 高坂信彦(資産家・心臓病を患っている) -• 加地遼一(「ヒルズスカイビル」警備員・横田化学工業 元社員) -• 若杉洋一(東京国際医療病院 医師・高坂の主治医) -• 西原朋子(高坂のヘルパー) -• 横田(横田化学工業 前社長・芙美代の父) - 第4話「警視庁捜査一課12係 永沢 殉職!」• 村山茂(殺害の被疑者) -• 木下あずさ(「山笠団地」315号室の入居者) - (S. 2第5話にも出演)• 中西健二(「山笠団地」204号室の入居者) -• 森川直子(「山笠団地」402号室の入居者) -• 野間紗代(「山笠団地」207号室の入居者) -• 中村一哉(「山笠団地」511号室の入居者) -• 小林健太(警察官・の同僚) - (S. 2第5話にも出演) 第5話「なぜ仲間は死んだ?刑事たちの弔い合戦、完結編!」• 山路史郎(ヤマジ警備保障 2代目社長) - (20歳: )• 三窪厳(の被疑者で今は刑期を終え出所) - (30年前: )• 小早川卓(ヤマジ警備保障 元社員) -• 北田吾郎(川口 横丁婦女暴行殺人事件を指揮した刑事・の元上司) -• 広田信子(喫茶店店員) -• 藤堂かずさ(都市清掃活動団体「すずかぜクラブ」代表・藤堂コンサルティング 社長) -• 工藤雅夫(「すずかぜクラブ」メンバー) -• 深田孝臣(「すずかぜクラブ」メンバー・深田不動産 社長) -• 木村和久(「すずかぜクラブ」メンバー) -• 日吉景子(保険外交員・あきらの母) -• 渋川おさむ(ヤンキー集団「ブラックブラッド」元メンバー) -• 工藤麻子(工藤の妻) -• 植村剛(「ハンター事件」第1被害者・覚醒剤の売人・「ブラックブラッド」元幹部) -• 中島翔(「ハンター事件」第2被害者・恐喝の常習犯・ヤンキー集団「ホワイトサタン」元幹部) -• 白川エイジ(「ハンター事件」第3被害者・無職) -• 日吉あきら(「ブラックブラッド」元メンバー・脊髄損傷で車椅子生活) - 第7話「国ぐるみのリコール隠しで殺人!? 赤松達夫(帝都電機研究所 所長) -• 松原敏雄(経済産業省産業技術環境局 次長) -• 森岡直樹(帝都電機研究所 東南アジア統括部長) -• 西島あおい(帝都電機研究所 研究員) -• 飯沼太郎(警視庁科学捜査研究所 研究員) -• ルーク・ビンセン(帝都電機セラビア製造工場 工員) - (なつうみ)• 太田守(帝都電機カスタマーセンター 室長) -• 久保恭子(帝都電機カスタマーセンター 社員) -• 足立健司(警視庁東中野警察署生活安全課 刑事) -• 西村(コンビニ「プラネマート」店員) -• 中田美千代(帝都電機研究所 研究員) -• 富田麻子(帝都電機研究所 研究員) - 第8話「「俺は人を殺した」死んだ男が衝撃自白!交換殺人のその先の秘密」• 柳静香(ホテルグループ「柳ロイヤルリージェンシー」副社長・光太郎の腹違いの妹) -• 田沼孝雄(柳家の執事) -• 伊吹響子(俊也の妻) -• 五十嵐正治(「柳ロイヤルリージェンシー」社長秘書兼運転手・前社長の右腕) -• 柳光太郎(「柳ロイヤルリージェンシー」社長) -• 寺井信介(ヤナギRG社員寮の管理人・「柳ロイヤルリージェンシー」元専務) - 工藤俊作• 伊吹俊也(画家・前科者) -• 柳美幸(光太郎の妻) - 田村友里• 柳隆一(「柳ロイヤルリージェンシー」前社長・静香と光太郎の父・故人) - 最終話「最終決戦!連続殺人を予告する男、天樹への挑戦状!」• 山崎晃(国際帝都大学大学院 元助手) -• 和田恒徳(IT企業「デジタルライブ」副社長) -• 上野良政(元警察官・の同期) -• 宮川奈美(博の妻) -• 藤岡伸行(第1の事件 被害者・IT企業「デジタルライブ」社長) -• 宮川博(第2の事件 被害者・会社員) -• 矢野智(第3の事件 被害者・無職) -• 矢野剛(智の父・学習塾経営) -• 矢野祐子(智の母・剛の妻) -• 宮川真里(博と奈美の娘) - シーズン3(2017年) [ ] 第1話「開戦」• 桜田春樹(元警視庁警備部第三機動隊 巡査部長・の先輩で元相棒) -• 丸山政男(警視庁臨海警察署 刑事課 刑事) -• 中林輝元(シマノ化学第一工業 社長) -• 新沼孝(警視庁臨海警察署 署長) -• 西島伸樹(シマノ化学第一工業 社員) -• 和木(元刑事・桜田の相棒だったが襲撃され退官) -• 野本浩司(シマノ化学第一工業 社員) -• 紀藤和成(臨海クリーンサービス 社員) -• 小泉竜二(弁当宅配業者) -• 桜田(桜田の妻・自宅の火災で死亡) - 第2話「最愛」• 四谷貴子(あすなろ介護相談センター 所長) -• 藍田浩之(IT企業「ソーシャル・レーン」CEO) -• 五頭伸治(東京拘置所 死刑囚) -• 小川零士(元アナーキスト・仙波法務大臣邸を占拠した4人のテロリストの1人) -• 浜浦文太(元暴力団員・仙波法務大臣邸を占拠した4人のテロリストの1人) -• 広瀬文子(元化学研究員・仙波法務大臣邸を占拠した4人のテロリストの1人) -• 小野田良夫(元エースエンジニア・仙波法務大臣邸を占拠した4人のテロリストの1人) -• 仙波清(第2次田中内閣 法務大臣・心臓に持病を抱えている) - (S. 3第9話にも出演)• 仙波好江(清の妻) -• 野村修一(法務大臣邸 警戒員・巡査) -• 横光利夫(IT企業「ソーシャル・レーン」元CEO・藍田の元共同経営者・3年前殺害) - 第3話「慈愛」• 佐々木奈月(クリーニング店員・真人の母) -• 大友勝正(勝海警察署地域課 巡査部長・1週間後定年) -• 北川誠一郎(大臣) -• 工藤正彦(第2の被害者・クドウ文具店 店主) -• 岡部省吾(第3の被害者・塾講師) -• 小川紗絵(第1の被害者・女子高生) -• 武田文雄(東京都教育委員会 学校支援係) -• 西本雅也(第5の被害者・民友党 都議会議員) -• 米沢郁恵(私立国修院学園 学長) -• 金井真由美(第4の被害者・池尻第一中学校 英語教師) -• 佐々木真人(私立国修院学園中等部 元生徒・2年前に飛び降り自殺) -• 北川史也(北川の息子・真人をいじめていた同級生) -• 石川(西本雅也事務所 事務員) -• 山辺(勝海警察署 警察官・大友の同僚) -• 大竹静香(池尻第一中学校 バスケ部顧問) - 第4話「死味」• 吉原浩作(湾岸区役所 職員・川上の元家庭教師) - (17歳: )• 入川裕二(先進工学研究センター 教授・産学連携のプロジェクトチームのリーダー) -• 川上勇人(先進工学研究センター 研究員・産学連携のプロジェクトチームのロボット技術の開発者) -• 川上しのぶ(川上の妻) -• 西田勝男(バー店員) -• 吉原(吉原の妻) -• 吉原(吉原の娘) - 第5話「追想」• 馬場節子(12年前に稲留が住んでいたアパートの近所の老女・視覚障害者) -• 稲留純一(12年前に火災事故で死んだはずの男・偽名「田中一郎」) -• 福田英明(帝耀地所都市開発部 部長) -• 井上浩史(帝耀地所 常務) -• 馬場研治(節子の夫) -• 三好(安全安心ステーション スタッフ) -• 有川陽子(東京都収用委員会 委員・弁護士・福田の愛人) -• 吉岡(稲留が田中として働いていた職場の同僚) -• 太田聡(帝耀地所 顧問弁護士) - 第6話「家路」• 工藤優樹(洋菓子屋店員・12年前のの不倫相手) -• 楠城誠也 (チェロ奏者) -• 牛島繁利(建築現場作業員・の証言者) -• 金沢由香(2005年7月25日失踪・ショートボブの女) -• 稲場愛香(2014年10月13日失踪・ショートボブの女) - 第7話「因縁」• 川添雄二(舞台「因縁」のオーディションを受けている男) -• 泉千穂(「シャインエージェント」所属女優・舞台「IKIRU」主演〈富樫弘美の代役〉・本名「下村秋絵」) - (中学生:)• 笹本豊(辰川不動産 社員・弘美の元ストーカー) -• 富樫栄子(弘美の母) -• 下村早苗(「Flower shop 下村」店主・秋絵の母) - 松井紀美江(若き日: )• 富樫弘美(舞台女優・舞台「IKIRU」主演・7年前に失踪し白骨死体で発見される) -• 岩瀬厚一郎(舞台「IKIRU」スタッフ) -• 山路(辰川不動産 社員) -• 篠原(「シャインエージェント」社員) - 第8話「悪女」• 原咲希(個人投資家・パーティー参加者・本名「馬渕富江」) - (幼少期: )• 伊藤真理子(「SAマーケティング」CEO兼社長・パーティー参加者) -• 上戸礼子(「SAマーケティング」シニアマネージャー・パーティー参加者) -• 森谷桃子(「PLU Life生命」保険外交員・パーティー参加者) -• 井村遼(「SAマーケティング」ジェネラルマネージャー・咲希の婚約者・パーティー参加者) -• 鈴木完 (森谷桃子の契約者・1年前の2016年8月27日 急性心不全で死亡) -• 小林勇祐(森谷桃子の契約者・半年前の2017年2月28日 急性心不全で死亡) -• 川端健三(マンガ家・パーティー参加者) -• 藤野ひとみ(ネイルサロン経営・パーティー参加者) -• 金子翼(映像クリエイター・パーティー参加者) -• 中原亜衣(モデル・パーティー参加者) -• 塩田優(タレント・パーティー司会者) -• 馬渕(富江の父) - 第9話「血戦」、最終話「正義」• 船木隆一(元自衛官・馬久根恒義の暗殺未遂犯) -• 羽賀和之(元警察官・馬久根恒義の暗殺未遂犯) - (最終話のみ) シーズン4(2018年) [ ] 第1話「再集結!! 3億円強奪事件の衝撃真相!! リベンジ開始」、第2話「7年前から殺害予告!! 3億円事件真犯人の裏の顔…!! 野崎勇一郎(真一郎の父親) -• 鳥塚栄介(鳥塚鐵工場 社長・自治会長) -• 松原祐二(7年前の3億円強奪事件の犯人・刑期を終えて武蔵野刑務所を仮出所) -• 高野みさき(アパレル会社社長) -• 浅倉雄大(ホームレス・元ホスト) - 西興一朗• 野崎真一郎(走高跳の選手・7年前に松原が撃った流れ弾に当たり足を負傷) -• 栗原直樹(「SYSTEM GATE SECURITY SERVICES」警備員) -• 佐野隆(「SYSTEM GATE SECURITY SERVICES」警備員) -• 望月幹雄(管理官) - (第1話のみ)• 相良幹夫(保護司) - (第1話のみ) 第3話「違法捜査!? 東京タワーと母の涙」• 森下康子(正隆の母親) -• 浅倉真司(開応大学経営学部 3年生・正隆の同級生) -• 森下正隆(開応大学 3年生・半年前自殺) -• 吉岡毅彦(振り込め詐欺のメンバー) -• 石川(警視庁組織犯罪対策二課 刑事) -• 真鍋翔太(浅倉の友達) -• 柏木純平(浅倉の友達) -• 高田勝将(公益財団法人「高田財団」代表) - 第4話「時効成立の罠… 23年前の母の声」• 大森正一(小岩中央警察署地域課 元巡査部長) -• 井上真由(東京自然博物館 学芸員) - (5歳: )• 門田恵子(スナックのママ) -• 杉村加奈子(東京自然博物館 学芸員) -• 大村花子(恵子のアパート大家) -• 町山茂樹(真由のストーカー・工場作業員) -• 里中恵理香(恵子の娘・真由の幼馴染) - (5歳: )• 井上春樹(真由の父・23年前刺殺) -• 井上和美(真由の母・23年前刺殺) -• 佐山(刑事) -• ルミ(スナックのホステス) - (ノンクレジット) 第5話「再捜査の女 白いスーツの男の謎」• 田畑亮介(ナイトクラブ「レインボー」元ボーイ・昭和33年自首・現在漁師) - (20歳: )• 円城寺正雄(円城寺綜合警備 会長・元郵便局員) - 浜田晃(60年前: )• 長田健太郎(緑島中学校 元国語教師) - (60年前:)• 上田伸江(ナイトクラブ「レインボー」元ダンサー) - (60年前: )• 木下喜一(ナイトクラブ「レインボー」元ボーイ長) - (60年前:)• 亀井咲子(ナイトクラブ「レインボー」元ダンサー・昭和33年〈60年前〉絞殺) -• 加納優美(ブティック経営者・咲子の孫・貴子の娘) -• 川谷和彦(川谷総合調査 所長) -• 5歳の貴子(咲子の娘) - 第6話「白骨死体にスキャンダル!? 胃の中からのメッセージ!! 濱野洋子(昭義の長女・シングルマザー) - (幼少期: )• 前橋晃(第四次田中改造内閣 国土交通大臣) -• 桜木翔(鷹山興業 代表取締役) -• 中島隆(EBISU中島法律事務所 代表弁護士) -• 長谷川克彦(清明出版 社会部記者) - 吉見幸洋• 濱野昭義(林業従業者・個人情報を不正に利用される) - 針原滋• 上野大輝(帝経大学大学院 商学研究科専攻・個人情報を不正に利用される) - 尾関陸• 三枝真奈美(清明出版 記者・長谷川の元恋人) - 一双麻希• 松下滋(お好み焼き屋「だるまちゃん」店主・個人情報を不正に利用される) -• 濱野(洋子の息子・2歳) - (0歳: ) 第7話「生きていた20年前の女子高生失踪 あの日の禁断の秘密」• 皆本治(あずみの父親) -• 皆本春子(あずみの母親・皆本の妻) -• 阿久津秀夫(徳礼会病院 理事長) -• 藤沢仁美(あずみの親友) - (17歳:)• 皆本あずみ(20年前失踪した女子高生・当時17歳) -• 沼田篤史(暴力団に出入りしているチンピラ) -• 田口(20年前に沼田と一緒に恐喝で逮捕された男) - 第8話「3人の約束 僕たちがやりました」• 熊谷二郎(児童養護施設「きぼうの里」施設長) -• 火浦陸(ヨツバ輸送 配達員・児童養護施設「きぼうの里」出身) - 少路勇介(少年期:)• 墨田賢(墨田賢法律事務所 弁護士・児童養護施設「きぼうの里」出身) - (少年期: )• 天草泉(司書・児童養護施設「きぼうの里」出身) - (少女期:)• 鶴岡浩介(日雇いアルバイト) -• 牛島宏(児童養護施設「きぼうの里」児童指導員・1993年転落死) -• 牛島佐知子(牛島の姉) - 第9話「模倣犯から挑戦状!? 最後の殺人を止めろ!! 右川義雄(町医者・50年前に中山の精神鑑定を担当した犯罪心理学者) -• 和田健一(ホストクラブ「HAREM」勤務) -• 中山俊夫(故人・50年前の広域重要指定第108号事件の犯人) - (5歳: )• 古川月子(古川の母・シングルマザー) -• 宮川(刑事) -• 三好達也(警視庁北新宿警察署地域課 巡査長) -• 太宰(刑事) - 栗原寛孝• 上野麗華(シングルマザー) -• 藤井(ネットカフェ住人) - 飯田隆裕• 比留野勝(公園の守衛) -• 西本明文(タクシー運転手) - 最終話「嘘つき女現る!! 20世紀最後の未解決事件」• 寺山章吾(警視庁警務部 部長・18年前は警視庁深幸警察署 副署長) -• 中澤皐月(18年前は八百屋の店主・九頭竜商店殺人事件の目撃者) -• 藤堂明(暴力団「鷲羽組」組長) -• 広岡健吉(警視庁深幸警察署 刑事・18年前失踪後、薬物の過剰摂取により死亡) -• 鍋島勇治(警視庁深幸警察署 署長・18年前は警視庁深幸警察署 刑事課長) - 新納敏正• 江口豪(元暴力団「鷲羽組」構成員) - 潟山セイキ• 馬宮幸一(九頭竜商店 店主・18年前刺殺) -• 下村仁(18年前に深幸商店街で商売をしていた男性) - 岸博之• 馬宮京子(馬宮の妻・18年前刺殺) -• 紺野(交番巡査・の元同僚) -• 馬宮和文(バッティングプラザ「Big Spring」センター長・馬宮と京子の息子) - シーズン5(2019年) [ ] 第1話「再集結!! 加賀昭一(産業廃棄物処理作業員・元区役所職員・皐月の父) -• 高岡学(東京地検 検事) - 矢島健一• 渡辺郁夫(東京地検 検事) -• 笠松望(ゲームプログラマー・皐月の婚約者) -• 本郷健一(国会議員・元弁護士) -• 加賀美枝子(皐月の母・加賀の元妻) -• 加賀皐月(穂乃花殺害の容疑者・冤罪を訴え獄中自殺) -• 大貫敦(警視庁七蔵警察署 巡査部長) -• 間宮静香(クラブ「明凛」経営者) -• 川北真琴(皐月の高校の同級生) -• 坂本洋太(警視庁七蔵警察署 刑事) -• 佐藤穂乃花(3年前にホテルニューアルカイドで絞殺されたホステス) -• 三島保(個人タクシー運転手) -• 川北勇一(真琴の夫) - (第1話のみ )• 大貫和子(大貫の妻) - (第1話のみ)• 三島理恵(三島の妻) - (第1話のみ )• 渡辺由美(渡辺の妻) - (第2話のみ)• 田宮映子(スナック「Sand Moon」経営者) - (18歳:)• 神崎裕一(飲食店「Bellissimo」経営者) - 浜田学• 中原由莉(料理教室経営者) -• 神崎美穂(神崎の妻) -• 山下栞(4年前の豊島区OL失踪事件の被害者) - (10歳: )• 山下早苗(栞の養母・山下の妻) -• 増沢育子(瀧谷高等学校 美術教師) -• 木下和成(木下和成法律事務所 弁護士) - 長谷川朝晴• 富岡忠司(3年前に海老沢が逮捕した東京拘置所の死刑囚) -• 池添貴久(俊也の父) -• 野田晴美(野田弘の妻) -• 田所伸介(工場の社長・洋一の弟) -• 池添久美(俊也の母・貴久の妻) -• 池添俊也(瀧谷高等学校 生徒) -• 田所洋一(信一の父・1年前に青酸カリで一家心中) - 古川康• 田所史恵(信一の母・洋一の妻・1年前死亡) -• 田所信一(瀧谷高等学校 生徒・1年前死亡) -• 太田宏(育子の教え子) - 第5話「天樹の命を救えー!タイムリミットは24時間、休日の惨劇」• 宗片幸一(立てこもり犯・宗片工務店 社長) -• 佐々岡弘介(高級高齢者施設「グレートフォレスト多摩」理事長) -• 真中邦夫(蒲田中央警察署刑事課 警部補) -• 荒岩勇次(アイーズ都市開発 社長) - 松尾英太郎• 宗片あけみ(高級高齢者施設「グレートフォレスト多摩」介護士・宗片の娘・1年前殺害) - (幼少期: )• 坂木圭太(宗片工務店 大工見習い・あけみの婚約者・1年前死亡) -• 高橋(人質・ダイナー「グッドマンズ」店長) -• 末次隆文(人質) - 山中雄輔• 友井弘樹(友井ハウジング 社長) - 西沢仁太• 柳井牧子(人質・柳井の妻) -• 柳井智之(人質) -• 大野春子(高級高齢者施設「グレートフォレスト多摩」入居者) -• 大野明夫(春子の息子) -• 石川節子(坂木の叔母) -• 前田凜(高級高齢者施設「グレートフォレスト多摩」介護士) -• 取手(バーテンダー) - 稲健二• 梶真由美(人質・ダイナー「グッドマンズ」店員) -• 宮本洋子(人質・末次の恋人) -• 扇原博光(人質・ダイナー「グッドマンズ」店員) -• 竹沢茜(瞳の母) - (幼少期:)• 大田黒敬一(新安電業 社長・元巡査部長) - 菅原大吉• 和田幸雄(フリーライター・10年前に衝突事故を起こした加害者) -• 池松亮(湘北警備保障 警備員) -• 竹沢瞳(遷延性意識障害の入院患者) - (6歳: )• 河村和子(フレットプラム医科大学病院 看護師) - 菅井玲• 八重樫慎吾(週刊誌の副編集長) -• 竹沢繁之(瞳の父・茜の夫・10年前ベランダから飛び降り自殺) -• なお(スーパーの娘) - 第7話「被害者は2度殺された!? 国境を越える死亡時刻の謎」• 金田健太郎(元生物物理学者・健介の祖父・の親友) - (少年期:戸井田竜空 )• 谷沢果鈴(健介の恋人) -• 松永修一(IT企業「PIN3 APPLICATIONS」経営者) -• 尾中勝也(松永の共同経営者) - 阿部亮平• 春日正人(清掃業「竹澤商会」従業員) -• 松永真由美(松永の妻・元恋人の春日からストーカー被害を受けている) -• 金田健介(10年前にシドニー郊外で起きた未解決殺人事件の被害者) -• 木下香織(IT企業「PIN3 APPLICATIONS」秘書) -• 菅原充子(アポ電詐欺の被害者) -• 一戸琢也(警視庁堀ノ塚警察署地域課 元巡査・偽名「工藤」) - 金井勇太• 森川京一郎(長津市副市長) -• 津島卓(長津市役所高齢者支援課 課長) -• 元宮洋祐(札付きのワル) -• 高野(警視庁堀ノ塚警察署地域課 署員) -• 馬場(元宮の仲間) -• 岩倉祥子(アポ電詐欺の被害者〈未遂〉) -• 小野田金治(寝たきり老人) - (71年前:)• 松井章(現代アーティスト) -• 吉井理(訪問介護センター「いのちの木」有期雇用契約社員) -• 貴田竜介(企業コンサルタント) -• 平原正通(テンペラ画家・71年前の帝金事件の容疑者) -• 村野真(エンジェル投資家) -• 山口敏也(外務省外務審議官) -• 佐伯健吾(フリースクールあさがお学園 代表・元外交官) -• 沖野恵子(スナック「恵子」経営者) -• 岡崎誠(無職・元海外コーディネーター) -• 水沢徹(警視庁捜査一課 刑事) -• 各シーズンの主要メンバー7人は下記の表を参照。 各シーズンの主要メンバー7人 シーズン 名前 S. 1 S. 2 S. 3 S. 4 S. 5 S. 6 警視庁刑事部捜査一課12係 一度配属されたら二度と表舞台に戻ることはできない刑事の墓場とも揶揄される部署。 シーズンごとに部署の名前を変更している。 第11方面本部準備室時代に、メンバーの1人だった山下がとある事件の黒幕だった事を受けて、一旦解散となるが、1年後に復活。 やがて、その1年後に警視庁刑事資料係との合同チームという形で専従捜査班となる 別動捜査隊 警視庁刑事部捜査一課12係の現、旧メンバーたちの総称。 第11方面本部準備室 犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する部署。 室長は片桐、係長は沙村。 マリンサイドスクエア改装崩落事故の真相が明らかになる。 ずっとチームを苦しめていた黒幕がメンバーの1人であった山下だったという事が判明し2017年9月に班は解散となった。 専従捜査班 警視庁刑事資料係と捜査一課12係の合同チームとして2018年7月に結成されたチームだったが、複雑化する凶悪犯罪を迅速に解決するために、刑事資料係長・片桐を班長に、海老沢を主任として2019年7月1日に正式に発足。 組織にとらわれずに独自の判断で自由に捜査でき、司法取引の権限も与えられた警視庁独自の正式な組織で、。 超凶悪犯罪と難解な未解決事件に特化し早期解決を目指す警視庁独自の部署として正式に発足。 川口 横丁婦女暴行殺人事件 1986年6月2日午前6時頃(30年前)、埼玉県川口市赤木2丁目43番5号のスナック2階の住居で窒息死したを発見。 被疑者は当日の客で利沙子に片思いをしていた当時20歳の整備工・。 捜査関係者は、埼玉県警川口警察署刑事課 警部、警部補(所属は当時のもの)。 マリンサイドスクエア改装崩落事故 2005年8月16日午後7時頃、東京都江東区明崎2-1-1で改装作業中の足場の一部が破損して落下、真下にいたとが死亡。 スタッフ [ ]• 脚本 - (S. 1・S. 2)、(S. 1・S. 2)、(S. 1 - S. 3)、伊藤洋子(S. 1・S. 2)、(S. 1 - S. 5)、(S. 2)、(S. 3 - S. 5)、和佐野健一(S. 3)、(S. 4)、(S. 4)、香坂隆史(S. 4)、(S. 4)、(S. 5)、(S. 5)、及川拓郎(S. 音楽 - (S. 1 - S. 4)、(S. 3第5話 - )• 監督 - 、新村良二、、、、森本浩史、星野和成、安養寺工• プロット協力 - 寺田敏雄(S. 4最終話)• 2 - )• 1 - )• プロデューサー• テレビ朝日 - 山田兼司(S. 東映 - 和佐野健一(S. 1 - )、(S. 2)、井元隆佑(S. 3 - )• 放送日程 [ ] シーズン1 [ ]• 2015年7月15日 - 9月9日、全9話。 第1話は30分拡大(21時 - 22時24分)。 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 第1話 2015年 7月15日 最後の時効 大石哲也 猪崎宣昭 11. 残1時間の命 真野勝成 長谷川康 09. 伊藤洋子 新村良二 08. 8990円で脱走した女 徳永富彦 猪崎宣昭 09. 大石哲也 10. 2016年7月13日 - 9月14日、全9話。 第1話は15分拡大(21時 - 22時9分)。 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 第1話 2016年 7月13日 警視庁最強のスペシャリスト集団、始動! 真野勝成 長谷川康 10. 疑惑の8000万円の行方! 大石哲也 9. 八津弘幸 及川拓郎 11. 2017年7月12日 - 9月13日、全10話。 第1話、第2話、最終話は15分拡大(21時 - 22時9分)。 各話 放送日 サブタイトル ラテ欄 脚本 監督 視聴率 第1話 2017年 7月12日 開戦 スペシャリストが東京臨海に再結集!! 史上最強の敵…決戦開幕!! 真野勝成 及川拓郎 11. 72時間以内に死刑囚69人を釈放せよ!! 吉本昌弘 兼崎涼介 12. V字の傷痕の謎!! 徳永富彦 10. 臨海に潜む老夫婦の秘密 和佐野健一 森本浩史 10. これは復讐なのか 真野勝成 及川拓郎 13. 人気女優の裏の顔と謎の男…!! 吉本昌弘 長谷川康 8. 仲間の死衝撃の真実 真野勝成 及川拓郎 10. 2018年7月11日 - 9月12日、全10話。 第1話、第2話、最終話は15分拡大(21時 - 22時9分)。 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 第1話 2018年 7月11日 再集結!! 3億円強奪事件の衝撃真相!! リベンジ開始 寺田敏雄 及川拓郎 11. 3億円事件真犯人の裏の顔…!! 東京タワーと母の涙 徳永友一 星野和成 12. 胃の中からのメッセージ!! 徳永友一 及川拓郎 10. 最後の殺人を止めろ!! 徳永富彦 及川拓郎 13. 20世紀最後の未解決事件 吉原れい 吉本昌弘 12. 2019年7月10日 - 9月18日、全10話。 第1話・最終話は15分拡大(21時 - 22時9分)。 7月24日は『』放送のため休止。 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 第1話 2019年 7月10日 再集結!! 最強チームが挑む謎…7日連続殺人事件からの挑戦状 吉本昌弘 兼崎涼介 13. 国境を越える死亡時刻の謎 吉本昌弘 安養寺工 11. 及川拓郎 12. 2020年8月5日 - 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 第1話 2020年 8月5日 平均視聴率(視聴率は調べ、・世帯・リアルタイム) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 現実には警視庁刑事部刑事総務課の課長は警視正の階級にある者が就くポスト。 現実には警視の階級にある者が警視庁本部の係長に就くことは有り得ない。 片桐階級章• 現実には警視庁警務部の監察官は警視の階級にある者が就くポスト。 その為、S. 4第3話からは第7話は不在。 2第4話は写真のみ。 ただし、いじめを行った涼子本人はすぐにで亡くなっている。 D=堂本、Y=山下、K=片桐、N=永沢、A=青山、M=水田、S=沙村、A=天樹、1と2=12係、のイニシャルを組み合わせたもの。 本編上は画面がブラックアウト後に銃声が2発鳴り響くという演出になっているが、沙村が先に引き金を引き、自殺を止めた。 ノンクレジットでS. 3第5話の天樹の回想シーンに出演。 読み方「なわしろ まさや」• 読み方「すずき ひろし」• 5第2話に声のみ出演。 2第4話で殉職。 2 - S. 3はゼネラルプロデューサー。 2 - S. 4はプロデューサー。 オープニングタイトル後に表示• 該当各日 信濃毎日新聞 テレビ欄• 2015年7月15日. 2015年9月18日閲覧。 2018年6月5日. 2018年6月6日閲覧。 2015年7月22日. 2019年7月24日閲覧。 2016年5月26日. 2019年7月24日閲覧。 2017年5月25日. 2019年7月24日閲覧。 2018年6月5日. 2019年7月24日閲覧。 2019年7月17日. 2019年7月20日閲覧。 - テレビ朝日• ORICON STYLE 2015年5月25日. 2016年1月21日閲覧。 2018年8月8日. インタビュー. 2018年8月8日閲覧。 - テレビ朝日• - テレビ朝日• 2016年8月24日. インタビュー. Smartザテレビジョン. 2016年8月28日閲覧。 - ウォーターブルー• ORICON STYLE. 2016年6月23日. 2016年6月23日閲覧。 2016年9月7日. インタビュー. Smartザテレビジョン. 2016年9月7日閲覧。 2017年7月7日. 2017年8月30日閲覧。 - テレビ朝日• - クラージュキッズ• - テレビ朝日• 2016年8月3日. インタビュー. Smartザテレビジョン. 2016年8月5日閲覧。 2019年9月11日. インタビュー. 2019年9月14日閲覧。 - 劇団ヨロタミ• - アンフィニー(アーカイブ)• - Twitter 2019年7月12日• - Twitter 2018年9月2日• - テレビ朝日• 2015年9月2日. インタビュー. Smartザテレビジョン. 2016年5月27日閲覧。 ORICON STYLE 2016年8月3日. 2016年8月5日閲覧。 ORICON STYLE 2016年8月10日. 2016年8月13日閲覧。 - クラージュキッズ• - bamboo(アーカイブ)• - フォセット・コンシェルジュ• - テレビ朝日• 2017年8月30日. インタビュー. 2017年8月30日閲覧。 2018年7月23日. 2018年7月23日閲覧。 2019年7月8日. 2019年7月15日閲覧。 ORICON STYLE 2016年7月27日. 2016年8月3日閲覧。 2017年8月31日. 2017年9月17日閲覧。 - ブルーシャトル(アーカイブ)• - 劇団スーパー・エキセントリック・シアター• - アルファセレクション• - ギュラマネージメント(アーカイブ)• - Twitter 2015年7月22日• - 太田プロダクション• - ヒラタオフィス(アーカイブ)• - 今井事務所(アーカイブ)• - 青柳尊哉オフィシャルブログ 2015年7月28日• - アンセム• - ヒラタオフィス(アーカイブ)• - ステッカー• - 黒岩司ブログ 2015年8月6日• Smartザテレビジョン 2015年8月12日. 2016年5月27日閲覧。 - テアトルアカデミー(アーカイブ)• - SET• - ジャスティスジャパンエンターテイメント• - オフィス松田• - 兼松若人オフィシャルブログ 2015年8月14日• - 高田里穂オフィシャルブログ 2015年8月24日• - フォセット・コンシェルジュ• - 石田佳央ブログ 2015年9月8日• - 今井事務所• - サイアン• - 恒吉梨絵オフィシャルブログ 2016年7月12日• - Twitter 2016年7月13日• ORICON STYLE 2016年7月20日. 2016年7月22日閲覧。 - Twitter 2016年7月20日• - Twitter 2016年7月26日• - ホリエージェンシー• - ラッキーリバー• - 南伊オフィシャルブログ 2016年8月1日• - area• - 文学座 News Blog 2016年8月30日• - Twitter 2016年8月10日(アーカイブ)• ORICON STYLE 2016年8月24日. 2016年8月28日閲覧。 - 川籠石駿平オフィシャルブログ 2016年8月19日(アーカイブ)• - Twitter 2016年8月24日• - 文学座 News Blog 2016年8月24日• - Twitter 2016年8月12日(アーカイブ)• ORICON STYLE 2016年8月31日. 2016年9月7日閲覧。 - エアーズロック• - えりオフィス• - 小柳美李ブログ 2016年8月26日• - ヒラタオフィス• ORICON STYLE 2016年9月7日. 2016年9月11日閲覧。 - area• ORICON STYLE 2016年9月14日. 2016年9月15日閲覧。 - 片岡礼子 オフィシャルサイト• - タモト清嵐• - ニチエンプロダクション(アーカイブ)• - Twitter 2017年7月11日• - area• - Twitter 2017年7月19日• - 橋爪淳 Official Site 月の魚(アーカイブ)• - ニチエンプロダクション(アーカイブ)• - Twitter 2017年7月21日• - Twitter 2017年7月21日• - 東宝芸能• - Twitter 2017年7月31日• - ケイエムシネマ企画• - 白川朝海ブログ 2017年8月3日(アーカイブ)• - サラ リレーブログ 2016年8月14日• - Twitter 2017年8月9日• - Twitter 2017年8月16日• - レプロエンタテインメント 2017年8月22日(アーカイブ)• - サイトウルーム• - 松橋純子ブログ 2017年8月25日• - Twitter 2017年8月22日• - クラージュキッズ(アーカイブ)• - 戸田真紀子オフィシャルブログ 2017年8月31日• - サイアン(アーカイブ)• 2018年7月12日. 2018年7月23日閲覧。 - ケイエムシネマ企画• - ケイエムシネマ企画• - トライストーン・エンタテイメント• - Twitter 2018年8月22日• - YGエンターテインメント• - アライジン オフィシャルブログ 2018年8月9日(アーカイブ)• - Twitter 2018年8月8日• - Twitter 2018年8月3日• - クラージュキッズ• - ウォーターブルー• - 高岡事務所 Official Website 2018年8月8日• - Facebook 2018年8月14日• - 一双麻希 オフィシャルブログ 2018年8月15日• - enchante• - ボックスコーポレーション• 2018年8月27日. 2018年9月5日閲覧。 - Heureuse ウルズ 2018年8月28日• - 映美くらら オフィシャルブログ 2018年8月29日• - ウォーターブルー• - Twitter 2018年9月5日• - BLUE LABEL• - Instagram• - 山本南伊 オフィシャルブログ 2018年8月31日• 2018年9月11日. 2018年9月28日閲覧。 - SRプロダクション• - アンセム• 2019年7月11日. 2019年7月15日閲覧。 - Twitter 2019年7月11日• - Twitter 2019年7月13日• - クラージュキッズ• - 藤岡正明 オフィシャルブログ 2019年8月4日• - ソニー・ミュージックアーティスツ 2019年8月6日•

次の

未成年人刑事诉讼特别程序研究

刑事 七 人

当今社会,未成年人犯罪率急剧上升,危害程度越来越大。 因此,未成年人的犯罪行为具有较大的盲目性,多数行为都是由于一时感情冲动或者意志薄弱而引发的,其主观恶意并不深,具有较大的可塑性,易于接受教育改造。 每个未成年人都是社会的希望,作为成人的我们有责任给予未成年人更加特殊的关爱,有责任在他们人生低潮的时候提供更多的帮助。 特别是对进入刑事诉讼程序这一特殊界域中的未成年被告人的诉讼权利给予更多的特殊保护。 在2013年1月1日实施的新的刑事诉讼法中规定了诉讼程序特别程序,将未成年人的诉讼程序单独列为一章,这是在保护未成年人权利上一个巨大的进步,但是在某些方面还是不能充分的保护未成年人的权利,笔者从未成年人刑事诉讼特别程序的不同视角谈谈自己的看法提出意见,希望能对未成年人的权利保护起到一点积极的作用。 我国现行的《刑事诉讼法》,其中关于对未成年刑事诉讼程序特别保障的的条款有了三个重大的突破:一是规定了附条件不起诉制度;而是确立了犯罪记录封存制度;三是明确了讯问和审判时合适成年人到场制度。 这三个制度的确立对于充分保障未成年犯罪嫌疑人的合法权利、消除犯罪污点以及使之尽快回归社会无疑具有重大的进步意义。 但是,笔者仔细阅读了这些规定,发现确实还存在一些问题值得研讨。 一、建立完全的全面调查制度 我国《刑事诉讼法》第268条规定:公安机关、人民检察院、人民法院办理未成年人刑事案件,根据情况可以对未成年犯罪嫌疑人、被告人的成长经历、犯罪原因等情况进行调查。 该条确实是在一定程度确立了全面调查制度。 笔者认为这一点极大的消弱了该条保护未成年人的宗旨。 不可否认,很多情况下必须要给予法官相对的自由裁量权,否则案件确实无法进行,但是在这里笔者要探讨的是全面调查的决定权利是否应该由法官决定。 在审判实务中,基层法官负责的案件数量非常庞大,这就要求法官必须要尽快的结案,这种情况全国都有—案多人少,刑事案件也是如此。 现实情况还有结案率、结案数量等各种因素的存在,法官再敬业也不可能做到每个案件都去调查具体情况,然后再审判。 这就凸显了一个矛盾,笔者认为大多数未成年人的成长经历、犯罪原因都是需要去调查了解的,因为只有充分的了解才能切实清晰未成年人犯罪嫌疑人、被告人犯罪的最根本原因,而只有知悉了原因才能真正教育、感化未成年人犯罪嫌疑人、被告人,而法官的案件数量与时间的一定性决定了每个案件都去调查的不现实。 另外在实践中,都是由司法局对未成年人犯罪嫌疑人进行调查,并不是由法院指派人员进行。 根据以上情况,笔者认为,可以在人民法院内部设立未成年人调查组,专门负责调查未成年人犯罪嫌疑人的成长经历、犯罪动机等等,这绝对不是小题大做,当今是独生子女的年代,一个孩子是一个家庭的生命,而且每一个孩子都是我们祖国的未来,高度重视未成年人犯罪嫌疑人、被告人会最大程度的保障我国人才的连续性。 二、未成年人适用强制措施条件具体化 我国现行《刑事诉讼法》对侦查程序中法定强制措施的规定有拘传、拘留、取保候审、监视居住、逮捕五种。 对于进入侦查阶段的未成年人,国际和国内法律都倡导应当严格限制和尽量减少使用强制措施,但事实上,我国无论是在立法层面还是在操作层面,未成年人和成年人在适用强制措施条件上基本上都是一致的,并未具体规定在哪种情况下可以对未成年人实施哪种强制措施,哪些情况下绝对禁止对未成年人采取强制措施,难以起到保护未成年人的作用。 现行《刑事诉讼法》第269条规定:对未成年犯罪嫌疑人、被告人应当严格限制适用逮捕措施。 人民检察院审查批准逮捕和人民法院决定逮捕,应当讯问未成年人犯罪嫌疑人、被告人,听取辩护律师的意见。 由此可见,我国严格限制的强制措施只有逮捕,其余四种并没有规定严格使用,但是根据我国国情,这也代表着一种观念的进步。 与国际上相比,我国对于未成年人诉讼权利的特别保护力度远远不够。 根据未成年人身心发育不成熟,心理承受能力差的特点,司法机关应严格限制所有种类的强制措施的使用,同时结合教育、感化、挽救的方针,尽量采取学校教师,家庭亲友,或者社区负责人看管的方式解决,以利于未成年人的教育和挽救。 另外,我国《刑事诉讼法》规定了五种强制措施的最长时限,并没有对未成年人单独设立标准。 笔者认为,首先要对未成年犯罪嫌疑人、被告人慎用强制措施(五种全部在内),并且在特别程序这一编中单独设立一章规定未成年人强制措施的具体内容,明确每一种强制措施的适用条件及最长时间,与成年人区分开,这是在侦查阶段对未成年人刑事诉讼程序的最大方面的保护。 三、正式确立律师到场制度 《刑事诉讼法》第270条规定:对于未成年人刑事案件,在讯问和审判的时候,应当通知未成年犯罪嫌疑人、被告人的法定代理人到场。 无法通知、法定代理人不能到场或者法定代理人是共犯的,也可以通知未成年人犯罪嫌疑人、被告人的其他亲属,所在学校、单位、居住地基层组织或者未成年人保护组织的代表到场,并将有关情况记录在案。 到场的法定代理人可以代为行驶未成年犯罪嫌疑人、被告人的诉讼权利;到场的法定代理人或者其他人员认为办案人员在讯问、审判中侵犯未成年人合法权益的,可以提出意见。 讯问笔录、法庭笔录应当交给到场的法定代理人或者其他人员阅读或者向他宣读。 这一条基本上确立了合适成年人到场制度。 讯问一般是发生在采取强制措施之后,但是根据国际现行法律,在未成年人犯罪嫌疑人第一次讯问或者采取强制措施时,就应当通知律师到场。 从这方面看,笔者认为该条规定的有些模糊不清,应当明确规定是在第一次采取强制措施时或讯问、审判时,应当通知法定代理人到场。 2、本条同样规定了未成年人犯罪嫌疑人、被告人的法定代理人无法、不能、不应该到场的情况下的替代措施。 但是笔者认为有两点不妥:(1),虽然规定的替代法定代理人的单位、组织很多,但是笔者认为合适成年人到场制度不仅仅是保护未成年人不受暴力、威逼、诱供等侵扰,也是想要达到合适成年人能够维护未成年人犯罪嫌疑人、被告人应有的权利的目标。 但是在实践中,很少有法定代理人或者其他的合适成年人真正懂得法律程序,不懂得法律程序就无法切实维护未成年人犯罪嫌疑人、被告人的合法权益,为他们争取最大程度的保护。 所以笔者认为,简单的合适成年人到场制度并不能起到完全保护未成年人犯罪嫌疑人、被告人的作用;(2)没有规定未成年人对法定代理人和合适成年人的选择权。 合适成年人到场制度之所以能够实现未成年人的保护功能,关键在于合适成年人对于未成年人利益的真诚关心、倾力维护,以及未成年人对合适成年人的信任。 所以笔者认为,可以赋予未成年人一定的选择权,如同我国指定辩护一样,这样才能最大程度的保障未成年人的权利。 3、该条第二款规定了合适成年人的意见权。 但是合适成年人提出意见对未成年人犯罪嫌疑人、被告人的权利是否能起到积极作用,本条没有规定。 换句话来说就是,合适成年人可以提意见,但是之后的事情就与他没有关系了,该规定躲避了合适成年人提出意见之后,司法机关应当履行的职责。 另外,讯问笔录、法庭笔录合适成年人只是有权阅读或者被宣读,无权核实、签字。 第二款这样规定的后果就是,合适成年人根本无法保护未成年人程序、实体的权利。 笔者建议,引进英美法系的律师到场制度,该制度可以妥善的解决上述的三个问题。 合适成年人这一制度并不排斥律师到场制度,例如英国就建立了适当成年人委员会,专门帮助进入司法程序的未成年人 包括未成年人被害人 ,在第一次讯问未成年人时,适当成年人就应当与律师一样到场,这样既能从身心保护未成年人也能维护未成年人的法律权益。 从国际上看,合适成年人到场制度与律师到场制度并存也是一种大势所趋。 律师具备专业的法律修养,具备一定的职业素质,可以为未成年人犯罪嫌疑人、被告人争取合法的权利,而且由于律师的职业操守就是为当事人的利益决定了律师一定是站在未成年人犯罪嫌疑人的角度,完全替未成年人着想的,所以完全可以获得未成年人犯罪嫌疑人、被告人的信任,切实保护未成年人的合法权益 根据我国立法,犯罪嫌疑人在第一次讯问之后或者采取强制措施之日起方有权委托辩护人,即第一次讯问时是不允许律师到场的;而对于未成年人刑事案件,在讯问和审判时,应当通知未成年人犯罪嫌疑人、被告人的法定代理人到场。 这两条规定在一定程度上有竞合现象,应用到未成年人犯罪嫌疑人、被告人程序上就是:讯问时通知合适成年人到场;讯问后允许律师到场;采取强制措施之日起,允许律师到场,合适成年人不确定;审判时,律师与合适成年人到场。 笔者建议,讯问时、第一次采取强制措施后、审判时,律师与合适成年人都应当在场。 确立以律师到场为法律保障,以合适成年人到场为情感保障的在场制度更符合国际潮流以及未成年人的特点。 四、将附条件不起诉制度扩大化 《刑事诉讼法》第271到273条规定了附条件不起诉制度的适用条件、监督以及撤销等问题,基本形成了附条件不起诉制度,贴切国际立法潮流。 但是仔细探究,发现此项制度在我国当前适用的空间过于狭窄,实践中很难利用起来。 我国的附条件不起诉制度对适用条件规定的十分苛刻,在《刑事诉讼法》第271条中规定,对于未成年人涉嫌刑法分则第四章、第五章、第六章规定的犯罪,可能判处一年有期徒刑以下刑罚,符合起诉条件,但有悔罪表现的,人民检察院可以做出附条件不起诉的决定,人民检察院在做出附条件不起诉的决定以前,应当听取公安机关、被害人的意见。 纵观《刑法》很少有罪名既符合该条设定的罪名又符合一年有期徒刑以下刑罚的,虽然设定该制度的本意是为了给危害程度不大、知道悔改的未成年人犯罪嫌疑人、被告人一个机会,但是该条的适用程度很低,可操作性很低。 笔者建议,应当适当放松对罪名和刑罚最高点的标准,可以规定除了造成极大的社会危害性或者手段极其残忍的罪名外,其他的罪名都可以使用附条件不起诉。 而刑罚最高点,可以设置在3年有期徒刑以下刑罚,首先是因为我国《刑法》中对3年的规定十分之多,另一方面也是因为3年有期徒刑以下刑罚代表着罪行不是特别严重,考虑到未成年人的心智及判断力,笔者认为3年有期徒刑以下刑罚既符合未成年人身心特点又符合法律的公平正义性。 五、审判不公开的进一步探究 现行《刑事诉讼法》第274条规定:审判的时候被告人不满十八周岁的案件,不公开审理。 但是,经未成年人被告人及其法定代理人同意,未成年被告人所在学校和未成年人保护组织可以派代表到场。 对未成年人案件实行不公开审理,主要考虑的是维护未成年人名誉,防止公开审理对其造成精神创伤而导致不利于教育改造的不良后果。 从这个意义上讲,对未成年人案件审理不公开也是教育、感化、挽救方针在司法程序上的体现。 该条比之未修订的刑事诉讼法相比,增加了两个经过许可可以来法庭听审的团体。 笔者认为这样规定是切合实际的,因为首先学校对学生的了解程度绝对要多于法官,这样有助于实现之前谈论到的全面调查原则,切实保护未成年人的利益。 另一方方面,未成年人保护组织的到场也确实有助于审判公正。 但是需要注意的是上述两个团体能够参加的前提是经未成年人被告人及其法定代理人同意。 笔者认为,在实务中,未成年被告人不管是否犯罪,大多都不会同意学校或者未成年人保护组织前来听审,所以尽管对未成年人有帮助,但是仅有法定代理人的同意根本达不到法定条件。 因此在这个问题上,笔者建议加大法官的自由裁量权,由法官最终决定是否请未成年人被告人所在学校和未成年人保护组织前来,当然期间可以与未成年人被告人及其法定代理人商量,但是最终决定权握在法官手中,因为法官的态度是最中肯的。 另外,根据我国《刑事诉讼法》第96条的规定:宣告判决,一律公开进行。 显而易见,即使是不公开审判的未成年人犯罪案件,也要必须公开宣告判决。 笔者认为,这一规定违背了实行不公开审理原则的初衷。 从其他国家的法律规定看,未成年人犯罪案件的判决,一般也不公开宣告。 如德国《未成年人刑法》第四十八条规定,对于未成年人刑事案件,进行审判的法庭不得公开进行审理和宣判。 法国法律规定,宣告未成年人犯罪案件,不得公开犯罪人的姓名。 因此,笔者认为为巩固审理成效,将对未成年人被告人不利的因素减少到最低限度,我国应在立法上明确规定,对于不公开审理的未成年人案件应不公开宣判。 六、用刑事污点取消制度替代犯罪记录封存制度 《刑事诉讼法》第275条规定:犯罪的时候不满十八周岁,被判处五年有期徒刑以下刑罚的,应当对相关犯罪记录予以封存;犯罪记录被封存的,不得向任何单位和个人提供,但司法机关为办案需要或者有关单位根据国家规定进行查询的除外。 依法进行查询的单位,应当对被封存的犯罪记录的情况予以保密。 该规定确立了我国的犯罪记录封存制度。 这是我国刑事诉讼法在未成年人犯罪领域的一次进步,对未成年人前科的不利后果进行了明确具体的措施。 但是,五年有期徒刑以下刑罚才能适用犯罪封存制度还是过于保守,应该设定的更加宽泛一些,主要根据未成年人被告人的社会危害性以及手段来判断,而不应该单纯根据刑罚。 法国、德国、俄罗斯、日本、澳大利亚、我国台湾地区的司法和立法实践表明,刑事污点取消制度对于预防未成年人犯罪和重新犯罪具有明显的效果。 因此,笔者认为,在借鉴其他国家立法经验的基础上,建立符合我国国情的未成年人刑事污点消灭制度,既顺应了世界刑事立法潮流,也将会完善我国刑事法律体系,充实未成年人的刑事司法制度,当然,刑事污点取消制度的条件一定要设置的很严格、完整。 七、专业化审理未成年人案件 1984年上海市长宁区人民法院建立了我国内地第一个少年刑事案件合议庭,1988年起,我国在全国范围内推广少年法庭的做法。 尽管当前我国基层人民法院和中级人民法院基本都设置了少年法庭,专门办理未成年人刑事案件,最高人民法院和各高级人民法院也都设立了少年法庭指导小组。 但是而从司法实践看,单个的少年法庭一般一年办理的未成年人刑事案件并不多,这样,既分散了审判力量,又不利于加强和提高对未成年人刑事案件的审判以及审判经验的积累;另外,由于实际原因,少年法庭的法官为完成其一年中的工作量,还不得不去承办其它案件,造成具体承担未成年人刑事审判工作的审判人员很难安心于少年法庭的审判工作,这对于发展和完善我国未成年人刑事审判程序极为不利。 例如,美国在1899年设立第一个少年法庭后,到1925年除了两个洲外所有各洲都成立了少年法院。 在德国,1908年在科隆建立了第一个少年法院,接着法兰克福也建立了少年法院。 日本在1948年公布的少年法规定设立家庭裁判所,将其作为下级法院的一种。 笔者认为,虽然我国目前没有足够的条件去建立少年法院,但是有必要将少年法庭真真正正单独出去,区别于普通刑事案件,培养专业从事未成年人刑事犯罪的审判人员,高度重视未成年人审判工作的重要性,形成未成年人审判工作专业化。 只有专业化、时间充足才能够做到不是审判而是真正的感化、教育。 只有做到了这一步,我们才能慢慢跟上国际趋势,设立少年法院,做到预防未成年人犯罪以及教育未成年人。 青少年的未来就是国家的未来,高度重视未成年人工作必定会对我国的各方面发展起到良好的促进作用。 (作者单位:天津市西青区人民法院).

次の

警視庁南平班〜七人の刑事〜

刑事 七 人

《》第一百三十三条规定:违反交通运输管理法规,因而发生重大事故,致人重伤、死亡或者使公私财产遭受重大损失的,处三年以下或者;交通运输肇事后逃逸或者有其他特别恶劣情节的,处三年以上七年以下有期徒刑;因逃逸致人死亡的,处七年以上有期徒刑。 根据有关司法解释,符合下列情形之一的,即可定: 1、死亡1人或者重伤3人以上,负事故全部或者主要责任的。 2、死亡3人以上,负事故同等责任的。 3、造成公共财产或者他人财产直接损失,负事故全部或主要责任,无能力赔偿数额在30万元以上的。 注意,此处的30万元以上的数额,不是指事故本身造成的财产损失数额,而是指行为人无力赔偿的数额。 按此标准,财产直接损失数额不到30万元,或者损失虽远远超过30万元但赔偿后不足30万元的,都不构成本罪。 4、致一人以上重伤,负事故全部或者主要责任,并具下列情形之一的: 1 酒后、吸食毒品后驾驶机动车辆的。 2 无驾驶资格驾驶机动车辆的。 3 明知是安全装置不全或者安全机件失灵的机动车辆而驾驶的。 4 明知是无牌证或者已报废的机动车辆而驾驶的。 5 严重驾驶的。 6 为逃避法律追究逃离事故现场的。 上述其他特别恶劣情节,是指具有下列情形之一: 1 死亡2人以上或者重伤5人以上,负故全部或者主要责任; 2 死亡6人以上,负事故同等责任的; 3 造成公共财产或者他人财产直接损失,负事故全部或主要责任,无能力赔偿数额在60万元以上的。 在一般的中死亡的受害者家属在诉讼中,常会提出让肇事方承担刑事责任的请求。 相比赔偿款,剥夺自由无疑是更加严酷的惩罚,可是,并不是造成交通事故就会触犯刑法规定,要构成交通肇事罪,需符合法律具体规定。 交通肇事罪是违反交通运输管理法规造成重大人身伤亡或财产损失的事故,最高可判处七年以上有期徒刑。 法律依据 交通事故,是我们在日常生活中经常听见的法律和社会新闻,轻者造成财产的损失,重则可能使涉案人员受到身体伤害甚至死亡。 交通事故离我们的生活非常近,我们应该对他涉及的问题,尤其是刑事问题有所了解。 今天我们来谈一谈,交通事故中致人死亡,会承担什么样的刑事责任? 根据我国刑法的规定,违反交通运输管理法规,因而发生重大事故,致人重伤、死亡或者公私财物遭受重大损失的,处三年以下有期徒刑或者拘役;交通运输肇事后逃逸或者有其他特别恶劣情节的,处三年以上7年以下有期徒刑;因逃逸致人死亡的,处七年以上有期徒刑。 你看,低则会处三年以下有期徒刑或者拘役,高则可能会被判处七年以上有期徒刑。 本律师在此提醒各位驾驶朋友,一定要遵守道路交通法规,谨慎驾驶。 《刑法》第133条 违反交通运输管理法规,因而发生重大事故,致人重伤、死亡或者公私财物遭受重大损失的,处三年以下有期徒刑或者拘役;交通运输肇事后逃逸或者有其他特别恶劣情节的,处三年以上7年以下有期徒刑;因逃逸致人死亡的,处七年以上有期徒刑。 《最高人民法院关于审理交通肇事刑事案件具体应用法律若干问题的解释》(2000年11月21日) 第一条从事交通运输人员或者非交通运输人员,违反交通运输管理法规发生重大交通事故,在分清事故责任的基础上,对于构成犯罪的,依照刑法第一百三十三条的规定定罪处罚。 第二条交通肇事具有下列情形之一的,处三年以下有期徒刑或者拘役: (一)死亡一人或者重伤三人以上,负事故全部或者主要责任的; (二)死亡三人以上,负事故同等责任的; (三)造成公共财产或者他人财产直接损失,负事故全部或者主要责任,无能力赔偿数额在三十万元以上的。 交通肇事致一人以上重伤,负事故全部或者主要责任,并具有下列情形之一的,以交通肇事罪定罪处罚: (一)酒后、吸食毒品后驾驶机动车辆的; (二)无驾驶资格驾驶机动车辆的; (三)明知是安全装置不全或者安全机件失灵的机动车辆而驾驶的; (四)明知是无牌证或者已报废的机动车辆而驾驶的; (五)严重超载驾驶的; (六)为逃避法律追究逃离事故现场的。

次の