履歴書 メール メールアドレス。 履歴書にメールアドレス欄がない場合はどうする? | リクルートエージェント

履歴書にメールアドレスを書いたほうがよい理由とその書き方|携帯・フリーメールアドレスの注意点も解説

履歴書 メール メールアドレス

履歴書データの作り方 履歴書はパソコンで作成したものを 履歴書は、パソコンを使って作ったものを用意するようにしましょう。 「手書きのものを添付してください」と指示がない限りは、パソコンで作ったものをメール添付すべきです。 ぜひ活用してみてください。 写真の撮り方・貼り方のワンポイント 前提として、顔写真は鮮明なものを選びましょう。 オススメなのが、ショッピングモールなどに入っている写真スタジオを使って、プロに証明写真を撮影してもらうこと。 自然で清潔感のある印象の写真を撮ってもらえるはずです。 価格はスタジオにもよりますが、大体数百円~数千円程度。 最近では、撮影した画像データを入れたCD-Rをくれるスタジオも。 プロが撮影したデータを使って履歴書を作れば、採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。 スマートフォンやデジカメを使って自分で証明写真を撮影することもできますが、どうしても写真が曲がってしまったり、不鮮明なものになってしまったりするものです。 採用担当者によっては「志望度が低いのかな……?」と感じる人もいるそう。 自分の印象を左右する写真だからこそ、多少お金はかかっても写真スタジオに頼むのがいいでしょう。 画像データを取り込んだら、履歴書のフォーマットの所定の位置に貼り付けます。 貼り付け方• 証明写真のデータを選択すれば、貼り付け完了 ファイル名のつけ方や、パスワードに関するマナー ここからは、具体的な「履歴書の送り方」をご紹介します。 メールで履歴書を送付する際は、履歴書ファイルにパスワードを設定すると良いでしょう。 個人情報の管理を徹底する会社が増えている今だからこそ、パスワードつきのファイルを送信することで「情報管理がしっかりできる人」という印象を与えることができます。 ファイル名を見た時に誰の書類なのか分かりやすいように、そして後から探しやすいように分かりやすいファイル名をつけておくのがマナーです。 履歴書をメールに添付する方法• メール作成画面を開いて「ファイルの添付」をクリック• 上で保存した履歴書のファイルを選択すれば、メール添付が完了 2. 履歴書を添付するメールの構成 メールの構成について メールは、以下の様な構成で作成しましょう。 志望動機や自己PRは履歴書内にのみ記入し、メールの本文には記入しないでください。 かえってマイナスの印象になります。 あくまで「応募者から履歴書が送られてきたこと」が伝われば良いと覚えておきましょう。 各項目を作成する際のポイントは、以下の記事で紹介していきます。 件名、本文を書く上でのポイント 件名は短くわかりやすく 件名は「何の用で送っているメールなのか」が分かりやすいようにつけましょう。 採用担当者の中には、 1日に 100通以上のメールのやり取りをする人もいます。 また、分かりづらい件名のメールだとスルーされてしまうこともあります。 また、上で設定した履歴書のパスワードは、別のメールで送信します。 メールで履歴書送付をする際は、「履歴書を添付したメール」「履歴書のパスワードを記載したメール」の 2通に分けて送りましょう。 件名に関しては、以下の例を参考にしてください。 また、ビジネスメールですので(株)(財)といった略語は使わずに、「株式会社」「財団法人」と正式な記載をするようにします。 文末にはビジネスメールの基本でもある「署名」を。 以下のメールテンプレートを参考にして、作成すれば簡単です。 メールにて履歴書等の応募書類を送付させていただきますので、 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 なお、履歴書のファイルには念のためパスワードを設定しております。 後ほどパスワードをお送りいたしますので、 併せてご確認をいただけますでしょうか。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認、ご検討をいただき 一度、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 履歴書に設定したパスワードをお送りいたします。 以下のチェックリストにそって確認すれば、抜け漏れもないはずです。 履歴書フォーマットのDLページ に無料の履歴書フォーマット(Excel版)がありますので、ぜひご活用ください。 また、「履歴書の書き方が分からない」「自己PRの書き方の見本がほしい」という方には、下記のページが参考になるかと思います。 ここまでご紹介してきたポイント・マナーを参考にメールを送れば、基本的には問題はありません。 面接への第一歩である「履歴書の提出」。 印象の良いメールを送って、自信を持って次の選考に進んでください!.

次の

履歴書にメールアドレスを書いたほうがよい理由とその書き方|携帯・フリーメールアドレスの注意点も解説

履歴書 メール メールアドレス

履歴書のメールアドレスはgmailも使って良い? 履歴書のメールアドレスにはgmailやyahooメールなどの フリーメールアドレスを使っても良いのでしょうか。 結論から言えば、 もちろん問題ありません。 フリーメールは今や個人用メールとして使うことが当たり前になっていますし、履歴書にgmailなどのアドレスを記入してくる人は多いです。 連絡が取りやすいフリーメールアドレスを記入しておきましょう。 ですが面接である以上、その アドレス名には少し注意が必要です。 あまりにも 個性的な内容や 趣味が含まれたもの・もしくは 幼稚すぎるアドレス等は出来るだけ避けた方が良いでしょう。 もし就活用という事であれば新たにメールアドレスを取得しておくのも有効です。 面接官に見られても恥ずかしくないメールアドレスを用意しておきたいですね。 またフリーメールを利用するのであればやはり gmailがお勧めです。 保存できる容量も大きいですし迷惑メール等のフィルタも強力で不正アクセスにも強いメリットがあります。 無料で利用できて、何よりGoogleのサービスなので長く利用できるのも利点と言えます。 これからメールアドレスを作成する方はGmailを利用してみるのが良いかもしれませんね。 履歴書のメールアドレスがはみ出す場合は? 履歴書のメールアドレスが はみ出してしまう場合はどうすれば良いでしょうか。 確かにアドレス欄はさほど大きくはないですから、長さによってははみ出してしまう人もいる事でしょう。 メールアドレスに関わらず、履歴書枠からはみ出して記入をするのはあまり 良いとは言えません。 枠からはみ出して記入をしていると、 「まとめる能力がない」「ルールを守れない人」の印象を与えてしまう可能性もあります。 また何より枠からはみ出すと少し 見づらくなりますし、メールアドレスのように細かい文字は 読み違えを起こしてしまう事もあるでしょう。 そのためまずは 下書きをしてみる事をお勧めします。 あらかじめ下書きをすれば、本番で文字がはみ出してしまう事はないでしょう。 またメールアドレスの枠が小さいようであれば、履歴書にも編集できる 様々なフォーマットがありますのでダウンロードして使用するのも良いかと思います。 中には枠からはみ出して記入をするほど「やる気が伝わる」と勘違いしている方もいるようですが、基本的にははみ出しは マナー違反と判断されやすいので注意をしておきたいですね。 履歴書のメールアドレスは空欄で出しても良い? 履歴書のメールアドレス欄を 空欄で出すことはどうでしょうか。 確かにアルバイト面接など、アドレス欄を何も書かずに提出する人もいます。 ですがやはり出来れば メールアドレス欄は記入をしておくべきと言えます。 電話番号の他にも 連絡手段が1つ増えることになりますし、もし電話が 繋がらなかった場合には採用担当者がメールを送ってくれる可能性もあります。 また資料の送付など、メールアドレスがあれば データのやりとりも可能になりますし、何より いつでも連絡内容が確認できるのも利点です。 メールアドレスがないという方もいるかと思いますが、フリーアドレスでも良いのでこの機会に作ってみるのはいかがでしょうか。 携帯のキャリアアドレスを記入するのはどう? 携帯電話のキャリアアドレスを履歴書に記入するのはどうでしょうか。 例えば以下のようなものがあります。 スポンサーリンク 学校のメールアドレスを履歴書に記入するのは? 学校で用意されたメールアドレスを履歴書に記入するのはどうでしょうか。 大学など生徒さん向けにアドレスを用意してくれて、大学指定のメールアドレスを持っている人も多いかと思います。 学校で用意されたメールアドレスを履歴書に記入することは 問題ありません。 むしろ大学が用意したアドレスには 学校名が含まれているので、企業側も 就活生のメールだと判別しやすくなるので好ましいとも言えます。 学校指定のアドレスを使用するのは、普段のプライベート用と切り分けをしたいという方にも向いています。 履歴書にメールアドレス欄がない場合は? 履歴書に メールアドレス欄がないものもあります。 メールアドレス記入欄がない場合、そのままアドレスを記入しないまま提出をする方もいます。 ですがもしアドレス記入欄がない履歴書の場合でも、できれば メールアドレスくらいは記入しておいた方が良いでしょう。 採用担当者としても連絡が付きやすくなりますし、メールアドレスを記入しておく事は上記で挙げたようなメリットもあります。 そのためもし履歴書にアドレス記入欄がない場合には、現住所記入欄の下にある別の 「連絡先記入欄」にメールアドレスを記入しても良いかと思います。 履歴書の中にはメールアドレス欄がないものもありますが、出来るだけ記入をしておくようにしたいですね。 履歴書のメールアドレスを間違えた? もし履歴書のメールアドレスを 書き間違えてしまった場合はどうすれば良いでしょうか。 結論から言えば履歴書は正式な書類であるため、出来るだけ 修正は控えるべきと言えます。 中には修正液や修正テープを使用して直す人もいるようですが、これはよくありません。 修正箇所が多いと履歴書としての 印象も悪くなってしまいますし、履歴書情報の 改ざんを疑われる可能性もありますのでやめておきましょう。 また人によっては「訂正箇所に二重線を引いて訂正印を押す」という対処をする人もいるかもしれませんが、これもあまり見栄えが良いものではありません。 やはり履歴書は下書きをする等して間違いがないように丁寧に記入をしておきたいですね。 履歴書のメールアドレスはgmailを使って良い?まとめ 履歴書のメールアドレスでgmail等のフリーアドレスを使うケースなど幾つか挙げてみました。 現在ではメールの利用は当たり前になっていますし、フリーアドレスを記入しておく事ももちろん問題ありません。 また採用担当者・応募者の両方の立場からしても、メールアドレスが記入してあった方が何かと便利です。 メールアドレスがない方はこの機会に作っておくのも良いかもしれませんね。 今回は履歴書のメールアドレスにgmailを記入するケース等について挙げてみました。

次の

履歴書にメールアドレスを書くのを忘れました。現在、就職活動中です。本当に...

履歴書 メール メールアドレス

転職活動でメールアドレスを使う場面は多い。 転職エージェントとのやり取り、スカウトメールの受信等、転職活動中はいろんなメールを受信することになるはずだ。 そのため、メールアドレスの用意は必須である。 また、連絡手段がメール中心の企業も中にはあり、選考等に関する重要な案内がメールでなされることもある。 そのため、採用担当がいつでも自身のメールアドレスを確認することができるように、履歴書にメールアドレスを記入しておくと親切だ。 そこで本記事では、履歴書にメールアドレスを記載する際の注意点等について説明をしたいと思う。 1.必須ではないがメールアドレスの記入はしておこう 履歴書にメールアドレスを記入することは必須ではない。 むしろ、メールアドレス記入欄が設けられていない履歴書もあるくらいだ。 だが、連絡手段としてメールは便利だ。 電話だとスレ違いが起こる可能性があるが、メールは一方的に用件を伝えることができる。 選考日程等の連絡は、メールだけでも十分だろう。 そのため、なるべく履歴書にメールアドレスを記入しておくことをおすすめする。 メールアドレス記入欄が設けられていない履歴書の場合は、連絡先記入欄にメールアドレスを書いておいてもいいだろう。 連絡先欄にメールアドレスを記入する場合 2.使用メールアドレスの注意点 メールアドレスを履歴書に記入する際、いくつか注意して欲しい点がある。 以下に4つの注意点を記載した。 以前は、フリーメールのアドレスは避けるべきという風潮があったが、フリーメールの使用が一般化した現在で問題となることはほぼないだろう。 だが、フリーメールを履歴書に記入する際に注意しておきたいのは、「連絡が取れるメールアドレス」を記入するという点だ。 だが、履歴書にメールアドレスを記載するのは、採用担当があなたに連絡を取れるようにするためだ。 その点を考えると、捨てアドレスを記入することは不適切であることが分かるだろう。 また、パスワードを忘れてログインができないようなアドレスも当然NGだ。 だが、稀に採用担当から添付ファイル付のメールが送られてくることもあるだろう。 そのことを考えると、PCメールを設定しておいた方が便利だ。 特に、添付ファイルをダウンロードして編集しなければいけないような時は、なおさらだ。 なぜなら、メールの送受信履歴が現職企業において記録されている可能性があるからだ。 それに、実は管理者であれば、メールの内容を確認することは簡単にできる。 そのため、現職の企業規模に関わらず、転職活動で現職企業のメールアドレス使用は絶対に避けるべきだ。 3.受信できるような状況にしておこう 履歴書にメールアドレスを記載する際、そのメールアドレスにおいて採用企業のメールを受信できるように設定しておくべきだろう。 採用企業からのメールが迷惑メールとして分類されてしまったら、メールの受信に気づかないということもあり得る。 重要な内容を見落とすことにも繋がりかねない。 メールの受信設定は使用しているサービスによっても異なるので、「使用サービスの名称 メール受信設定」等のキーワードでGoogleで検索すれば、設定方法を確認することができるだろう。 4.まとめ 以上、履歴書にメールアドレスを記載する方法について説明させてもらった。 履歴書へのメールアドレスは必須ではなく、記載されていなかったとしても選考でマイナス評価に繋がるということはない。 そのため、記載を忘れたからといって不安になることはない。 むしろ、必要な場合は採用企業の方から求めてくるだろう。 だが、記載しておいて損することでもないので、特段理由がなければ記載しておこう。 参考リンク:.

次の