タークス ff7。 【FF7リメイク】タークス・ルードとティファの関係が辛すぎる

キャラクター/【イリーナ】

タークス ff7

メンバーの一員。 語尾に「~ぞ、と」をつける癖がある。 赤毛のツンツン髪でチンピラ風の外見。 額にはゴーグルをつけている。 で「お花、踏まないでね、だと…」とか花を踏んだ後に気づいたりと、 どこかすっとぼけていてなかなか憎めないキャラだぞ、と。 教会に落っこちてきた時にはすでにスタンバっている。 でも空気のよめる大人なので話し掛けても「もう少し、時間をやるぞ、と」とか言ってくれる。 寧ろ隠れているレノさんに話し掛けるクラウドがどうかしているぞ、と。 語尾の他にも「~だぞ」という口調が何故か定着しているが、 本編では、「遅かった、と」「あまえるなよ、と」など、「~だぞ」という口調はそこまで使われていない。 いつも制服をだらしなく着崩しているが、仕事と私事にきっちり線引きをして、オフの時には一行を 見逃してくれたりする、独特の価値観を持っているキャラクター。 7番街及び崩壊のきっかけとなる時限爆弾スイッチを押した実行犯。 罪の無い一般人を大量虐殺したという事を忘れてはならない。 でのオフの時に漏らしていた「タークスの仕事は辛いこともある」 というのはこれのことかも?• あくまでも主導はであり、タークスの面々ではない。 もちろん彼が加担したのも事実であり彼に負い目が無くなる訳でもないが。 レノが命令を拒否しても他の誰か ツォンかルードとか がやるだけであり、土壇場で裏切ればレノ自身が神羅カンパニーと元同僚となるタークスの面々に追われ制裁を受け 殺され るだけである。 飄々としているものの、彼にとっても命懸けの選択なのだ。 オフの時はクラウドを見逃すのもそれ故かもしれない。 良心の呵責かただの厄介事を減らすためか不明だが、本人も無用な殺生は避けたいようだ。 街中でクラウドと闘うことは否応なく無関係の人間に危害を与えるため。 描かれていない部分を顔面補正で好意的に解釈してしまうことを避けると、ジェシーやビッグス&ウェッジの殺害に関与という憎めない敵役とするには少々厳しい部分があるのも事実• お話の都合で敵対する「敵役」ではなく、主人公であるクラウドたちと敵対する重大な理由のある純然たる「敵」。 プレイヤーから見れば憎めないところもあるが、クラウドやバレット、ティファからすれば許せないところしかないだろう。 ユフィイベントの際に揉めなかったり、ミッドガルでの最後の戦いを互いにやり過ごしたりも可能なのでそれ程の禍根を残してはいないと思われる。 仇として最も憎いプレジデントは既にこの世にはおらず、旅の中でアバランチの行ってきた行為について見つめ直してきたパーティーにとっては立場上敵対している相手に留まるのだろう。 と言うか、では主人公達もどっこいどっこいである。 武器や魔法や耐性を見ればわかるとおり、電撃がお好きな模様。 金属製の警棒 ナイトロッド を用いて攻撃する。 警棒の柄の部分に神羅と書いてあるらしい。 さらに、ロッドからはを放つことができる。 中々高性能なブツである• 鎮圧 無力化 を好む模様。 その後の粛清 処刑 を期待していたとは思いたくないのだが 人体の抵抗値を考えれば落雷級でもなければ即殺は不可能。 プレート支柱での戦闘の後、あろうことか支柱から飛び降りる。 恐らく下でツォンのが待機していたのだと思われるが、良く考えて欲しい。 上からヘリ目がけて飛び降りた場合最初に待っているのは高速回転するローター部分である。 どうやって乗ったんだ。 まさかそこで怪我したんじゃないだろうな? ウェッジも支柱の最上部から落下したが一応生きてはいた。 クラウドもあちこちで物凄い落ち方をするが結局無傷。 タークスなら鍛え方も半端じゃなかろうし、案外大丈夫だったんじゃ? ACを見る限りではのようである。 ていうか、本編でのバトルにおいても普通に左手でロッドを持って攻撃している。 クラウドから「裏では色々と汚いことをしている」とタークスについて聞かされた際に、エアリスから「そんな顔してるね」と評価されてしまっている。 最も、タークスに何度も狙われている彼女からすれば当然のことだろうが。 髪の色はああだしな…。 スーツも着崩してるしめっちゃ典型的な不良なイメージw プレート支柱では「」「」、では「」「」、では「」「」、では「タークス光線」「電気ロッド」を使用する。 プレート支柱でのみ電「磁」ロッドになっており、コンガガやゲルニカで使用する電気ロッドは雷属性魔法へのカウンター攻撃として使用する。 特に「電気ロッド・マーク2」は見たことがない人もかなり多いだろう。 FF7R オリジナル版同様にタークスの構成員として登場。 CVはAC同様。 FFシリーズにおいては最後の出演作となった。 で初登場。 オリジナル版と異なりお花を踏まないように戦いを避けるような男ではなかったため警備兵を数体倒すと戦闘になる。 因みに戦闘前に教会入り口までいくとオリジナル版同様に待ってくれていることがわかる。 クラウドのクラス1stを聞いた際には笑っていた。 クラウドも弱くないとはいえ全盛期のセフィロス達のことを知っていれば笑いたくもなるのだろう。 ソルジャーのスカウトもタークスの任務の一つであり、特に1stにもなるとエリート中のエリート、レノも割と昔から仕事しているわけで、全名簿くらいは記憶しているだろう。 当然名簿にクラウドが載っているはずはなく、「ソルジャー1stだ? このコスプレ野郎」くらい口に出そうなもの。 しかしながら制服は本物、おまけに魔晄を浴びた目をしており身体能力もそれなり、あながち嘘とも言い切れない。 偽者なのだろうが完全に否定しきる要素もないという意味で、笑い飛ばすに留めたのではないだろうかと思われる。 エアリスを捕まえようとするも姿の見えないに邪魔されてしまい撤退。 そしてプレート破壊の際に再登場。 初めはルードと一緒にヘリコプターで襲ってくるが、最上部で再度生身で戦うこととなる。 おそらくだがフィーラーが妨害したのはレノではなくクラウドの方。 もしレノがあの場面でクラウドに倒されてしまった場合(状況的にクラウドは充分可能だった)、少なくとも七番街支柱での場面でレノとルードの二人掛かりで満身創痍だった上、フィーラーの妨害が入ってやっと爆破に成功している状況。 ルード一人で成功していたとは考えられないし、ツォンに至っては気色悪いくらいエアリスに夢中で作戦に参加すらしていない。 レノもまた、後の展開に必要なファクターなのである。 プレートを破壊する役自体はオリジナル版と変わらないが本人としてはかなり不本意だったようで、破壊作戦のあとは落ち着かない様子がかかれている。 人間としてはの次に戦うボスであり、素早く隙のない攻撃パターンをもつ強敵。 ローチェも剃るような素早い動きをしてきたが、こちらも電光石火の勢いで移動する。 下手に攻撃を仕掛けるとカウンター攻撃をしてくるため、ガードで弾いたり、ブレイブモードのカウンター攻撃で仰け反らせて攻撃するといい。 電磁ショットはガード不可のためこれは回避。 ある程度削ると電磁機雷をばら蒔くようになる。 電磁機雷に捕まえられると行動不能になるため電磁機雷を先に落としてしまおう。 因みにプレート戦でもそうだが、ボスにしては珍しく弱点属性がない。 プレートの時は連続攻撃やお馴染みピラミッドで拘束してくる。 ピラミッドは攻撃で破壊可能。 やはりカウンター攻撃が有用なのでクラウドで対応するといい。 BCFF7 主要キャラとして登場、タークス1のスピードを誇る。 プロ意識を持ち仕事もきっちりこなすが、ルードにができた情報を聞くと尾行したり、 心酔する主任が殺されると感情を露わにしたりと仲間を彼なりに大切に思っている。 そしてやっぱりのにボロ負けする。 結局リベンジさせてもらえなかった。 ルードが恋人とデートしている時にこっそり尾行したり、に任務と偽ってルードを尾行させたり、1人では勝てなかったがルードと2人でシアーズを退けたりと色々と仲間思い。 彼と任務を行うときにたまに放つには多くの人が おぉ… と思ったはず。 そのほかにも主人公が任務に失敗して、監禁されている時にはたまに助けに来てくれる。 でマテリアが送られてこない時、たまに送ってくれる。 ランクがエース以上になると、トレーニングキャラとして2000RPで追加出来るようになる。 LV40・経験値80・マテリア経験値4。 また、レノ章をクリア後にトレーニングで上記のLV40を倒すとLV99のレノと戦えるようになる。 更にLV99のレノを倒すと最強タッグと戦ってみるか、と聞かれ「はい」を選ぶと LV99のレノ&ルードのタッグと戦える。 マテリア援護は、他プレイヤーがアプリから援護出来ない選択肢を選んだ場合、 収容所から救出は、他プレイヤーにより救出されたが、救出メールの通信ミスや削除された場合 その他プレイヤー情報の穴埋めとしてレノがくるようだ。 FF7AC 相棒ルードと共に登場、ヘリを運転したりクラウドを運んだりバトルしたりと大活躍だった だが一番の活躍シーンは花火爆弾をお見舞いするシーンだろう。 声の担当は人気声優の。 ACCの追加シーンのセリフによると元神羅の人間が続々と再結集しているらしい。 但し神羅再建の目的は純粋に世界への償いらしい 社長が似たようなことをACでも言っているものの、彼のキャラ的に真意はわからなかったが。 またハイウェイで・に、ヘリでルード共に戦うシーンが追加された。 ACのレノとルードは、戦闘であまり強く見えなかった。 というか、及びマザコンが化け物過ぎるだけ。 そうはいっても白兵戦では一矢報いた程度で終始劣勢だったが、本気を出したロッズにはティファも瞬殺されるほどだし、フルボッコにされても戦闘不能になることなく食い下がり最後はロッズとヤズーを倒したあたりは流石タークスとは思う DFFOO 2020年3月のイベント「赤髪のタークス」より参戦。 は、は赤。 通常アビリティはと エレクトリック・ダンス、EXアビリティは、LDアビリティは。 レノはルードとともにマーテリアによって召喚された。 手分けして調査することにしてルードと別れ、ひずみを出た先でオニオンナイトやヴァニラたちと出くわす。 そこへクラウドまで現れ、レノはこいつといると厄介なことに巻き込まれるな…と もうとっくに巻き込まれているのに思いつつ、一応クラウドたちに同行することを決めた。 その後一人でいたところをモンスターに襲われエッジたちに助けてもらったが、助けてくれた仲間の中にザックスの姿があったことに驚く。 「あれだけ探し回って見つからなかった」ザックスとの会話を経て、ようやく異世界にいるということを受け入れ始めたようだ。 通信機器が使えるかどうか確かめず、また合流の手段を確保しないままルードと離れてしまったあたりは、特異な状況に対して工作員として通常の対応を取ったことが裏目に出たようにも思える。 まあ異世界召喚なんて簡単に信じられないし、相棒と一緒に召喚されたこともあるだろうが…。 PFF 2014年8月の「ラムウバトリア」ランキング報酬として追加されたエクサメモリア。 以降は景品として交換できる。 これも仕事だ。 悪く思うなよ、と 武器はで、初期装備は「」。 専用ではないが「 特殊警棒」もある。 魔法補正なし。 リーダースキルは「パーティの格闘メモリアが2人以上のとき、パーティのクリティカル率が【小】アップする」• ジョブアビリティは「」「」「」• プレミアムスキルは「」 素早さがかなり高く、幸運も高い。 その他は平均的。 回避率が高いため被ダメージが思ったより少なめ。 プレミアムスキルは敵単体に大ダメージを与えるもので使いやすい。 敵として出てきたのは割と最近(2017年5月)でFF7イベント「螺旋トンネル・タークスとの決闘」でととセット。 3人とも弱点属性がちがい、コンビネーションがなかなか良いクエストとなっていた。 FFRK ボスキャラとしてFF7のダンジョンで度々登場していたが、イベントダンジョン「狂気の血脈」で仲間キャラとして実装された。 ジョブは「タークス」。 キャラ的には物理攻撃もそこそこできる黒魔キャラといった味付け。 似たような立ち位置のキャラにゴルベーザがいるが、あちらは耐久力重視、こちらは素早さ重視といった感じ。 FF7原作当時はエアリス、セフィロスがPT復帰だけじゃなく、ザックスやタークスの連中が仲間になるというデマも飛び交ってたはずだが、最早完全に現実のものになりつつある。 この流れからすると彼だけじゃなく、後の実装で同じタークスのルード、イリーナ、ツォンとかルーファウスも仲間になる可能性も高いと思われる。 後に、イベント「星空の誓約」でが仲間キャラとして実装された。 さらに、FF7イベント「星の支配者達」でとも仲間キャラとして実装され、残りはツォンだけとなった。 初期必殺技は「」。 また、にレジェンドマテリア「調査課の自負と誇り」がついている。 ノーマルダンジョンでは「」、「」のボスとして登場する。 プレート支柱戦はイベント限定。 ゲルニカ戦はスルーされてしまっている。

次の

【FF7 リメイク】全ミュージックディスクの入手場所まとめ

タークス ff7

FF7&Compilation of FF7 特殊工作部隊。 本編では達の敵として何度か遭遇する事になる。 も元タークスの一員である。 ちなみに、FOMA専用アプリ、「」は タークス視点で描かれたゲームである。 FFVIIの世界を牛耳る超巨大会社神羅カンパニーの抱える部署の一つで 諜報、調査、勧誘、誘拐、暗殺や要人護衛など会社の暗部を司る精鋭組織。 主人公がにいるため、しばしば敵対することもあった。 、、、等が所属。 死ぬ以外でタークスを辞める事はできないらしい。 ちなみにタークスは通称であり、正式には「総務部調査課」。 総務なんですよこの人ら…。 戦うリーマン。 タークスは神羅カンパニーの組織図上では治安維持部門統括であるの指揮下に属する。 が、あくまでも形式上であり、どちらかというと直属の印象が強い。 形式上という事もあり、実際の細かな命令・指示はツォンが行なっているとの事。 知らずに入ったら(そんなことは有り得ないが)まず100%ブラック認定される• ほぼ外で仕事している姿しか見られない(神羅ビルで潜入したクラウド一味を捕まえてたりするけど)が、一応リーマンということはデスクワークもするのだろうか…? ツォンやイリーナは想像出来るが、レノやルードが机に座ってPCいじっているのはあまり想像出来ない。 ……始末書も書くのかな。 一応リメイクではヘリを落とされたルードにレノが始末書はおまえな、というシーンがある。 ツォンは真面目に仕事、イリーナはお茶汲みなどの雑用をしてツォンを補佐、 レノは机に足を投げ出して昼寝、ルードは熱心にサングラスの手入れ…そんな光景が目に浮かぶ。 (ツォンは黙々と事務処理、ルードはデスクで休憩中、レノはソファで不貞寝)• 後のスピンオフ作品を見てみると、ルードの方は案外デスクワークや細かな作業もこなしていそう。 小説「On the Way to a Smile」で、レノが「外 での仕事 がオンで、 神羅ビルの 中がオフ」と言っていたので、あまりデスクワークはしないのでは…?• 暗部に直接怪しい名前を付けるようなことは普通しない、というだけだろう。 総務部だからといって、総務の仕事をするわけではないと思われる。 拡大解釈気味だけど、会社の内外で発生する厄介事の処理だから普通に総務以外ではやりそうにない仕事なんだけどね。 職責の割に人数少なすぎじゃないか…? 実は見えないところでもっと構成員がいたりするんだろうか。 実働部隊は任務でA(諜報・調査)、B(勧誘)、C(誘拐・暗殺)、D(要人護衛)と分かれている。 ツォンとイリーナは諜報・調査で、レノとルードは誘拐・暗殺が担当なのでしょう(FF7は組んで仕事をした)• 「レノさん、踏んだ~!」「花、ぐしゃぐしゃ~!!」「怒られる~!!」の皆さんはタークスではないのだろうか?格好は神羅兵だが。 やで彼ら以外のメンバーがいる描写があるから少なくとも4人だけということはなさそう。 FF7ACでレノが「元社員、思ってたより集まってきてるよな」と言ってるあたり、やはり構成員は他にもいる模様。 尤も、このセリフが神羅全体を指しているのか、タークスのみを指しているのかは不明だが、 少なくともがいるあたり他構成員の存在は確実だろう。 総務ということは会社で使うトイレットペーパーの発注とかしてるのかなあ…。 同じ総務部でも調査課は全然別の仕事で一般的な総務の仕事はやってないと思う。 特にレノが顕著であるが独自のプロ意識を持っており、オフの日にはクラウド一味との対決をしなかったり、 その後共闘してを葬ったりと、仕事上の立場と善悪判断は峻別している節がある。 FF7で特に人気の高い連中であり、外伝作品にもDC以外全て登場する。 30年前のタークスなら登場するぞ。 タークスオブタークスイベントではタークス時代のヴィンセントの再現が暴れまくっていた。 恋愛漫画の如く壮絶な恋模様がある。 誰の恋も成就しない。 恋愛要素はあっても成就しない、というのは二次創作において非常に都合がいいらしい。 イリーナはまだ可能性がある。 ツォン曰く、並のより給料は良いらしい。 そりゃそうだ、魔晄の力も入れられてないのにソルジャー以上の激務を強いられることもあるのだから、1st並の給料もらわなきゃ割に合わない。 言われてみれば、タークス全員が普通の人間なのに、クラウド(自称だけど、肉体的にはソルジャーと同じ)と対等にやりあえるというのもすごい話だな。 タークスは日々すさまじい訓練を積んでいるに違いない。 ・・と言った超豪華な装備品を支給される辺りからも、その待遇の良さと激務ぶりが伺い知れるという物。 ついでに言えば・・といった兵器にのような強力な技の習得に至るまで、その強さの追求ぶりは目を見張る。 BCFF7では、解約時に「タークスを脱退する」ということになるのだが、 別に仲間から抹殺されるようなことは無いので安心して解約していい。 レノとルードに引き止められ、タークス本部の画像も普段とは違うものが見られる。 脱退シーンを思い出した… あれもレノそっくりの人が引きとめてたな。 「機関に歯向かうのかよ!」 本編で何度か戦うことになるが、戦闘BGMはだったりだったりとコロコロ変わる。 なんかもあるが、意外にもが絡んだことはない。

次の

【FF7】タークス:レノ(プレート支柱)【攻略】ファイナルファンタジー7|ゲームエイト

タークス ff7

特殊工作部隊タークス 神羅カンパニーにおけるタークスの立ち位置とは 諜報、調査、勧誘、誘拐、暗殺や要人護衛などいわゆる表で処理出来ない裏仕事を引き受ける部署である。 スパイのようなものだと思ってもいいかもしれないが、なにせ神羅カンパニーは世界を牛耳るほどの組織であることから、その活動範囲は非常に大きかったと思われる。 元々、このタークスに所属していたヴィンセントはおそらく、様々な案件で活躍していただろう。 スポンサーリンク そして宝条博士のプロジェクトに参加していた時の彼の役割は主にルクレツィアの護衛だった。 いわゆる世話焼きをしていて色恋沙汰の話が出るというシナリオは珍しくないが、この段階でほぼ敵など居なかった神羅の要人に護衛が必要だったのかどうかはわからない。 ただ、結果的に古代種だと考えていた生物は宇宙から飛来した「ジェノバ」という全く別のものであったことを考えると、そういったリスク管理が必要だったのかもしれない。 ただし、前述のとおりヴィンセントは贖罪の為に自ら悪夢を見続けていたことから、彼の任務は失敗に終わったと言っていいだろう。 肉体改造をされたヴィンセント 20年という期間を眠っていたにも関わらず、外見に変化がないヴィンセント。 これは宝条博士によってヴィンセントが27歳の時に肉体改造を施されたことに起因している。 抵抗する方法は無かったのだろうか?っと思ったが一応ジェノバプロジェクトに移行してからの最高責任者は宝条博士であり、護衛であったヴィンセントにはそこまで抗う力はなかったのかもしれない。 もし、ヴィンセントがセフィロスに接触する機会があり、ことの経緯を話していたら未来は変わっていたかもしれない。 宝条博士は通常の人間とは比較にならないセフィロスの誕生を成功と捉えていた。 同時にクラウドが行われたようなセフィロス・コピー計画まで発案している。 セフィロス自身は自分の力を理解していなかったし、母のことをジェノバだと考えている。 もし、20年前の幼少期にヴィンセントがセフィロスに宝条博士の行なった実験を告白する機会があれば、セフィロス自身が神羅カンパニーを滅亡させていたかもしれない。 ただ、神羅カンパニーを壊したからと言って、セフィロスの人生が救われる訳ではない。

次の