ペイペイ 残高 獲得 額 と は。 ペイペイのチャージ上限額と還元率最大○○円得する

【付与開始】PayPay(ペイペイ)ボーナス付与の詳細と注意点まとめ

ペイペイ 残高 獲得 額 と は

それではPayPay(ペイペイ)残高の確認方法ですが、 まずは基本画面の下の「残高」を選択。 すると以下のような画面になるので、「内訳をみる」を選択。 すると先ほどご紹介した画面になります。 私の実際の画面ですが、1月4日現在のPayPay残高はPayPayライトの3,760円です。 これが1月10日には3,541円がPayPayボーナスへと加算され、合計で7,301円となる予定です。 私は残念ながら全額還元には当たらなかったし、たいして高額な商品を購入しなかったのでしみったれた金額となっています・・・。 PayPay(ペイペイ)残高の使い方&事前確認 さて、PayPay(ペイペイ)残高の使い方ですが、事前の設定をきちんとしておけば普通に店舗で支払いは「ペイペイで」と言って決済をすればいいだけです。 その際に必要な設定としては、支払いの方法をPayPay残高を指定しておくことです。 確認方法(PayPay残高から支払い) アプリの基本画面の右下の「コード支払い」を選択。 すると支払いの画面になりますので、バーコード&QRコード下の「お支払い方法」を確認してください。 ここが「PayPay残高」になっていれば残高から支払いがされます。 ただし、後述しますが条件があります。 もしこちらが以下のようにクレジットカードになっていたら「支払い方法」を選択して、変更をしましょう。 支払い方法を選択すると、PayPay残高か事前に設定したクレジットカードが選択できますので、こちらで「PayPay残高」を設定しましょう。 以上を行なっておけば支払いはまずはPayPay残高からされます。 スポンサーリンク PayPay(ペイペイ)残高の使用上の注意点 PayPay残高使用上の注意 PayPayで支払う際の大原則ですが、 複数の支払い方法を併用して利用することができません!! つまりどういうことかというと、 支払い時にPayPay残高が足りない場合に足りない分はクレジットカード払いができないということです。 購入金額以上の残高がある場合のみ、PayPay残高での支払いが可能です。 ちなみにPayPay残高での支払い設定をしているのに、残高不足している場合は、全額が優先的に以下の順番で支払われます。 マネー、それも残高が不足していたらクレジットカード払いとなります。 ちなみにクレジットカードの設定をしていない場合には当然ながら決済ができません。 銀行口座からチャージを行う必要があります。 チャージについてはYahoo! カードでの可能ですが、Yahoo! このことを理解していないと、PayPay残高から支払いをしようとしてもクレジットカード払いとなってしまうケースが出てきてしまいます。 なので、決済する前には購入金額とPayPay残高をよく確認して、もしPayPay残高を使い切りたいのであれば事前にチャージをしておいた方がいいでしょう。 PayPay残高チャージ方法 チャージについては、事前に設定した銀行口座かYahoo! カードで可能です。 チャージ方法はまず基本画面下の「残高」を選択して、残高画面を表示させます。 残高の左下に「残高にチャージ」とありますので、そちらを選択。 すると、以下の画面が出てきますので、金額を入力して「チャージ」を選択すればPayPayライトとして残高にチャージされます。 PayPay残高へのチャージ方法の変更はいかに枠に「ヤフーカード」か「銀行口座」の表示がありますので、そちらを選択すると、チャージ方法の選択ができますので「チャージする」を選択する前に選んでおきましょう。 上記の通りで、PayPay(ペイペイ)残高には銀行口座かYahoo! カードでのチャージが可能です。 どちらが得かといえば、Tポイントが100円で1ポイント貯まるのでYahoo! カードでのチャージをお勧めします。 PayPay(ペイペイ)残高の使用時のまとめ 2019年1月10日には100億円分のPayPay残高がばら撒かれます。 せっかく還元された金額なので使わない手はないと思いますが、有効期限はPayPay残高の増減があってから2年ですので、何もしなくても2年は失効しません。 なので、利用に再してはそれほど焦らなくてもいいのかなと思います。 ただ、ビックカメラなどが畳み掛けてくるような気がしますので、飲まれないように。 また、PayPay(ペイペイ)は悪用が多発したということで、対策としてクレジットカード払いの際には5万円を上限とした利用制限がされていますが、PayPay残高からの支払いについては適用外なのでご安心ください。 10万円が還元される方は10万円を一気に使うことが可能です。 ただし、その際にはきちんと支払い金額とPayPay残高を確認してクレジットカード払いにならないように気をつけましょうね。 私は還元額が3,500円ほどですので、ファミリーマートなどでちまちまと使おうと思います。

次の

PayPay(ペイペイ)の使い方!クレジットカード登録で更に便利

ペイペイ 残高 獲得 額 と は

ペイペイを利用するとどうしてお得なのか? ペイペイがお得な理由は、現金と比べて使うたびにポイントが貯まる点です。 PayPayのポイント還元率は基本1. 言わずもがなという感じですが、このポイント還元率が存在するからPayPayなどのポイント還元付キャッシュレス決済は使うだけでお得だと言われているんです。 ポイントが付くということは実質値引きと同じですよね。 PayPayを使った時と現金で支払った時を比べると現金は買った物と同じ金額支払いますが、PayPayを使った場合はいつでも買った金額から1. さらに、現金で割引が行われるのはそのお店ごとになりますが、PayPayは対応しているお店ならどこでも割引されるのでポイント還元を受けやすくなっています。 paypayペイペイのチャージ上限額とペイペイ残高からの支払限度額 PayPayでの チャージ上限はだいたい5万~50万円です。 PayPay残高からの支払限度額は最低で50万円になります。 PayPay残高をチャージする方法はいくつかあって、各方法でチャージ上限額が決まっているんです。 チャージ方法によっては上限が低く設定されているものもあるのでどれでチャージするか、あらかじめ決めておいた方がいいでしょう。 銀行口座のチャージ上限額と支払限度額 最低100円から自分で設定した金額をチャージすることが可能です。 銀行口座から「PayPay残高」にチャージする場合、• 過去24時間で 50万円• 過去30日間で 200万円 までとなっています。 そして、PayPay残高で支払う場合、• 過去24時間で 50万円• 過去30日間で 200万円 まで利用することができます。 銀行口座の場合はチャージ上限と支払上限額が24時間、30日間の両方で一緒なので分かりやすいですね。 ヤフーカードチャージの上限額と支払限度額 ヤフーカードから「PayPay残高」にチャージする場合はヤフーカードの 本人認証設定を済ませる必要があります。 ヤフーカードの本人認証設定を行わないとPayPay残高へのチャージができません。 本人認証設定済みヤフーカードのチャージ上限額• 過去24時間で2万円• 過去30日間で5万円• 過去24時間で25万円• 過去30日間で25万円 までとなっています。 例えば、11月1日に25万円チャージした場合12月1日までは「ヤフーカードからは」チャージできません。 ですから、PayPay残高にこれ以上チャージしたい場合は銀行口座からなど、別の方法でチャージすることが必要です。 ヤフーカードは「PayPay残高」の代わりの支払い方法としても使えます。 PayPayでの支払い方法は「PayPay残高」と「クレジットカード」の2種類があり、その「クレジットカード」にヤフーカードも含まれているんです。 ですから、ヤフーカードは「クレジットカード」として、「PayPay残高」の代わりに使用することができます。 ヤフーカードをクレジットカードとして使う場合も、上限は上のそれぞれの金額と一緒です。 しかし、じゃあヤフーカードをチャージで上限まで使ったらPayPayで支払いには使えない?という疑問が出てきますが、支払いにはちゃんと使えます。 例えば本人認証済みのヤフーカードなら「5万円までチャージでき、かつ5万円まで支払いとして利用できるので合計10万円まで使うことができる」ということです。 ヤフオクの売上金の限度額 現在ではヤフオクに加え、10月から始まった「PayPayフリマ」の売上金もPayPay残高にチャージできます。 売上金をチャージする場合は銀行口座でチャージする時と一緒です。 過去24時間で50万円• 過去30日間で200万円 までチャージ可能で、最低金額は100円からになっています。 銀行振込だとお金を引き出す手間がかかりますが、PayPayにチャージすればコンビニなどですぐ使えて楽です。 ちなみに、チャージ上限はヤフオクとPayPayフリマの売上金を合わせた金額になります。 ソフトバンク・ワイモバイルのまとめて支払いの限度額 まとめて支払いのチャージ限度額は他のチャージ方法と違い、ケータイを使っている人の年齢 使用者年齢 によって変わります。 また、まとめて支払いの限度額は月額サービスなどのまとめて支払いを使っている他の支払いと合算した上限の金額です。 満12歳未満の場合、月で最大2000円• 満12歳~満20歳未満の場合、月で最大2万円• 満20歳以上の場合、月で最大10万円 上のまとめて支払いの限度額はキャリア側で設定されますが、「使いすぎ防止機能」を利用することで利用可能額を減らしたり、まとめて支払い自体を制限して使えないようにすることもできます。 ちなみに、ケータイの使用者情報が登録されていない場合の限度額は月で最大2万円までです。 セブン銀行ATMからの現金チャージの限度額 現金でPayPayにチャージする唯一の方法です。 セブン銀行ATMからPayPay残高にチャージする場合、• 最低チャージ金額は1000円• 最大チャージ金額は50万円 となっています。 ATMからは紙幣でしかチャージできないので1000円から、そして紙幣は通常50枚までしか入らないので最大で50万円までということです。 また、入れた分だけチャージすることが出来ますがお釣りが出たり、両替はできません。 青いバッジとは PayPayアプリ等で 自身の名前の横に表示されるアイコンです。 青いバッジが表示されるとPayPayで支払い方法として使うクレジットカードと、「PayPay残高」にチャージする時のヤフーカードの 支払限度額が過去30日間で25万円までに増額されます。 青いバッジはPayPayでの 登録内容や利用状況に応じて付与されるそうですが、条件は今の時点では公表されていません。 しかし、情報を探してみるとそこまで厳しい条件ではないそう。 ヤフーカードでチャージしてそれなりにPayPayを使っていれば付与される、ぐらいの感覚ですね。 ペイペイを使った具体的なケースの説明(使用例) 例えば旅行をするとしてその代金が20万円かかる場合、青いバッジを持っていない人はどうやってPayPayで払えばいいでしょうか。 青いバッジが無い場合、ヤフーカードだけでは支払えないので 別の手段を使う必要があります。 一括で20万円払えるのであれば 銀行口座から、もしくはセブン銀行ATMで現金チャージしてPayPayで支払うことが可能です。 20万円もない場合でも、あと少し足りない!位ならなんとかなります。 ソフトバンク・ワイモバイルの まとめて支払いやヤフーカードで不足分をチャージすればとりあえずは20万円も旅行代金を支払えるでしょう。 ペイペイは現金チャージだと損をする? 現金などの方法でチャージした場合より、 ヤフーカードでチャージしたほうがお得になります。 なぜならヤフーカードを利用した時にポイント還元が発生するからです。 実はPayPay残高をチャージするときにポイントが発生するのはヤフーカードを使った時だけ。 だから、PayPay残高にチャージするならヤフーカードが一番お得です。 ペイペイを使った時のポイント還元率 PayPayを使って支払った場合、その決済方法によってポイント還元率が変化します。 決済方法は大きく分けて、「PayPay残高」と「クレジットカード ヤフーカード含む 」の2種類。 PayPay残高で決済した場合基本1. そしてYahoo! 系列のネットサービスを使った時と、公共料金などの請求書払いに利用すると還元率が変化します。 ネットサービスの場合はポイント還元率は1. クレジットカードの場合はヤフーカードで決済する場合のみ、基本1. しかし、ヤフーカード含めクレジットカードはネットサービスと請求書払いの決済方法としては使用できません。 また、ヤフーカード以外のクレジットカードはポイントが全く発生しないのでPayPayでクレジットカード決済を選ぶときは注意してください。 そして、注意して欲しいのがポイント還元の上限です。 PayPayで決済して ポイント還元を受けられるのは月に15000円分が上限になります。 さらに月ごとだけでなく、1回ごとの付与上限が存在するんです。 ペイペイのポイント還元率を最大にする方法 基本的に 「PayPay残高」か 「ヤフーカード」で決済すればポイント還元率は最大で受けることができます。 PayPayを利用するときに1. また、PayPayでヤフーカードを支払いに使うなら支払った金額の1. PayPay決済に対応していて次の画像のようなポスターやPOPがあるお店でPayPayを使うだけ。 さらに、ポイントの付与上限が上がっていて 最大で月50000ポイントまでもらえるので通常より多くのポイントを獲得することが可能です。 paypay ペイペイ還元率で1ヵ月最大どれくらい得する もし生活費にPayPayを利用するとどれだけお得になるのでしょうか? 例えば4人家族の平均的なひと月の生活費でPayPayを利用すると考えた場合、次のようになります。 水道・光熱費代をPayPayの請求書払いで0. 食費は全部PayPay対応のお店で食材を買った場合• 通常のポイント還元率1. 日用雑貨費もPayPay対応店舗なら• 通常のポイント還元率1.

次の

決済アプリ『PayPay(ペイペイ)』の使い方|完全攻略ガイド

ペイペイ 残高 獲得 額 と は

2月12日から開始。 ペイペイ PayPay の「100億円あげちゃうキャンペーン」という「買い物額の20%を還元する」嘘のようなキャンペーンが、12月4日より開始された。 家族皆が、参加したら5万円X人数分? さらに、それだけではなく、抽選で全額バックも。 (上限10万円) 11月22日発表された、このキャンペーンは、キャッシュレスのペイメントサービスの普及のための先行赤字のユーザー獲得キャンペーンだ。 このキャンペーン、2019年3月末までの予定だが、恐らく還元率が大きすぎるので、その前に、100億円分の広告費がなくなり次第終了するのでは? キャンペーン内容は、変わる可能性があるので、最新の情報は、ご自身でご確認の上ご利用ください。 本キャンペーンは、終了しました。 今後は、どうなるのか?に考えてみました。 PayPay(ペイペイ)とは QRコード、バーコードを用いたスマホ(スマートホン)決済サービスである。 ソフトバンクビジョンファンドが、出資しているインド最大の 電子決済サービス企業Paytm(ペイティーエム)と、パートナーを組み そのテクノロジーと成功事例を取り込み 利便性の高いサービスを実現して提供していく。 本キャンペーンにおけるPayPayボーナス付与上限はお一人様につき月額50,000円相当です。 PayPayボーナスには利用期限があります。 支払い後、原則として当該決済の翌月10日前後にPayPayボーナスを付与します。 さらに、抽選で、全額バックも(ヤフープレミアム会員、ソフトバンク、ワイモバイルユーザーだとさらにお得) さらに、PayPayで支払いごとに抽選で。 抽選の結果、上記の確率にて当選します。 当選者には、PayPay決済利用金額の全額相当のPayPayボーナスを還元します。 付与上限は1回あたり100,000円相当です。 1回あたり、上記抽選のうち最も有利な抽選に参加できます。 【100億円あげちゃうキャンペーン】各キャンペーンに共通する注意事項• また、還元金額を追加する可能性があります。 その場合はPayPayホームページにて事前告知を予定しています。 Yahoo! プレミアム会員になるには PayPay ペイペイアプリ)の登録、Yahoo! JAPANアプリでも、PayPayが使える 使い方、チャージ方法 ペイペイアプリの登録(iPhone, アンドロイド)は、こちらから。 Yahoo! JAPANアプリでも、PayPayが使えます。 PayPayアプリをダウンロード• ログインして、SMS認証 電話番号とパスワードを設定するか、お持ちのYahoo! JAPAN IDでログイン• 支払い情報を登録 PayPay残高、Yahoo! マネー、クレジットカードからお支払いできます。 PayPay残高は、銀行口座からカンタンにチャージできます。 その他には、 ・ソフトバンク、ワイモバイルユーザーなら、支払い方法の設定で、500円相当プレゼントなども。 上記、リンクページからみてください。 Yahoo! プレミアム会員になるには PayPay ぺいぺい)の使い方、支払い方 お店の人に、「PayPay(ペイペイ)で」と言って支払う QRコードの掲示がある場合• スマートフォンでお店のQRコードを読み取る• お会計金額を入力するお店の人が画面を確認して• お会計が完了 お店にバーコードを見せる場合• お店の人にバーコードを提示• お店の人がバーコードを読み取る• お会計が完了 Yahoo! プレミアム会員になるには 加盟店、使えるお店 ペイペイを使えるお店、今後使えるようになるお店を下記にまとめてみました。 ぺいぺいを、今現在使えるお店(家電量販店など業種別に)を、下記にまとめてみました。 (飲食店除く) ファミマは、12月4日から。 エイチ・アイ・エス、ヤマダ電機、エディオン、ポプラ、ミニストップ、てもみん、ラコステ、第一交通なども、対応予定 近日、対応予定のお店。 ファミリーマートは、12月4日から。 エイチ・アイ・エス、ヤマダ電機、エディオン、ポプラ、ミニストップ、てもみん、ラコステ、第一交通なども Yahoo! プレミアム会員になるには 記者発表の模様(ぺいぺい、中山CEO) ペイペイの中山でございます。 本日は、多くの報道各社の皆様にお集まりいただきありがとうございます。 これから、ペイペイの新しい取り組みについてお知らせいたします。 そして、皆様を通じてペイペイのモバイルペイメントサービスが、ユーザーの皆様、店舗の皆様にお伝えできること、本当にありがとうございます。 さて、私どもPayPayは先月10月5日にサービスインして、QR コードやバーコードを用いたスマホ決済サービスを提供しております。 そう考えております。 詳細は後ほどお伝えします、10月25日からアリペイとも連携してインバウンド需要を取り込むサービスとなっております。 さて、ペイペイは、多様な支払い方法に対応しております。 まず QR コードを利用者が読んでいただくユーザースキャン、次にアプリ内に表示されるコードをお店側が読み取るストアスキャン、この二種類がございます。 ユーザースキャンは、主に小規模店舗向けにご提供し、お店はペイペイからの QR コードを貼ったり、置いたりするだけで、使えるようになります。 一方、ストアスキャンは、チェーン店など大規模店舗向けにご提供し、POS連動した店頭のバーコードリーダーなどで読み取る方式になります。 お支払い方法は、 VISA(ビザ)、 Master(マスター)、 YJ カードでのクレジットカード決済、銀行口座からチャージしていただく方法がございます。 このように、ユーザーにとっても選択肢を用意しております。 スポンサーリンク さて、ここでペイペイの成り立ちについてお知らせします。 単なる資本関係だけではなくソフトバンクや Yahoo ウォレットの顧客基盤を活かした 利用者の拡大、ソフトバンクがもつ 営業ノウハウを活かした加盟店の獲得そして Yahoo との様々なサービスの連携を はかってまいります。 また、ソフトバンクビジョンファンドが、出資しているインド最大の 電子決済サービス企業Paytm(ペイティーエム)と、パートナーを組み そのテクノロジーと成功事例を取り込み 利便性の高いサービスを実現して提供いたします。 ソフトバンクグループ孫や、ヤフーの川邊も、決算発表会で PayPayについて、力強く触れているように、ソフトバンクとヤフーが まさに本気で真剣に取り組んでいるグループ内でも注目の事業であります。 スポンサーリンク Yahoo とのサービス連携については、11月12日より、 Yahoo JAPAN 公式アプリでもペイペイが使えるようになりました。 ヤフージャパン公式アプリをお使いの皆様はとても簡単にペイペイをお使いいただけます。 ペイペイのビジョンは、便利な決済するだけではありません。 我々が目指したいのは、お金の流れを再発明することです。 ペイペイというスマホ決済で現金を上回る利便性とメリットを提供し、日本で暮らす皆様に 便利で快適な世界を提供し、ライフスタイルそのものを 豊かにできる。 そういったサービスを目指します。 街のあらゆるシーンで多くの方々が、ペイペイを利用頂けるそんな世界を目指していきたいと思います。 さて、本日の本題に入っていきます。 ペイペイを もっともっと多くの方にお使いいただけるように 私たちは、 大型のキャンペーン用意してまいりました。 「100億円あげちゃう キャンペーン」です。 ユーザーの獲得、加盟店の獲得このために100億円という金額を投じます。 このキャンペーンは新規ユーザーの獲得と、利用シーン、利用者が増えることにより、加盟店が増えていく、つまりユーザー様の獲得と利用店舗の獲得を目指すものです。 私たちは、ユーザー利用店舗双方で、ナンバーワンを目指します。 100億円あげちゃう キャンペーンの詳細は、こちらになります。 ペイペイの決済で、20%戻ってくる,そういったキャンペーンです。 これは、ペイペイを使われるユーザーにとっては、極めて大きなメリットになるという風に考えております。 抽選も用意します。 お買い物ごとに40回に一回 、お買い物金額の全額相当のペイペイ残高をお戻しします。 こちらの上限は、1回あたり10万円までとしますが、運が良ければ10万円のお買い物で、10万円分のペイペイが戻ってくる。 さらに、 SoftBank や Yahoo JAPANとタッグを組んだキャンペーンを用意しております。 まず、Yahoo プレミアム会員であれば、先ほどの 40回に一回が、20回に一回 になります。 ソフトバンク、Y!モバイルの 御利用者であれば、10回に1回の確率で全額相当のペイペイを還元します。 Yahoo プレミアム会員、ソフトバンク、ワイモバイルの方であれば、当選の確率が上がるということです。 さらに、「100億円あげちゃう キャンペーン」は、12月4日から開始しますが、 開始までの間、このキャンペーンで思いっきり使っていいただくために、準備をしていただくために、本日(11月22日のこと)12時半から、プレキャンペーンとして、ペイペイ残高に5000円チャージいただくと、 1000円増量キャンペーンを 実施いたします。 12月4日の大型キャンペーンを お待ちいただければと思います。 まとめますと、PayPayの初めの特典で、登録するだけで、500円相当プレゼント。 次に、5000円以上のチャージで、1000円相当増量キャンペーン、最後に、12月4日からの「100億円あげちゃう キャンペーン」です。 PayPayを使わないと損だ。 と言い切れるキャンペーンを皆様にご利用いただきたいと、考えております。 キャンペーンだけではありません。 先日のサービス開始以前から 、アプリの機能拡充や、改善に取り組んでおります。 まず、機能の改善や使い心地の改善について、 申し上げます。 さきほど申しましたように、インド最大の 電子決済サービス企業Paytm(ペイティーエム)と戦略的なパートナーシップを組んでおります。 Paytmは、インドで既に、7年間事業を行い、3億人の利用者がいて、1000万店舗の加盟店舗をほこる大変大きなスケールで事業展開しております。 したがって、大量のトランザクション処理、強固なセキュリティー、技術、Paytmのあらゆる、すぐれた技術を取り入れて開発しており、ペイペイはどんどん進化してまいります。 大変なスピードで進化を進めていきたいと考えています。 機能面では、ちょうど昨日になりますが、ぺいぺいをユーザー宛てに送る機能を提供開始いたしました。 これは、これからの忘年会、新年会シーズン、この機能を使って、参加者同士が支払いなど、ご利用できるということになります。 また、マップの機能も大幅にアップデートする予定でございます。 今でも、地図では店舗名を確認することができ、これからは新たに、この業種や 営業時間、電話番号なども、ご案内できるように改善していきます。 スポンサーリンク 続いて、加盟店拡大に対する取り組みです。 お店が、ぺいぺいを 導入するメリットが3つあります。 まず、初期費用、固定費用、決済手数料、入金手数料、これらは、ユーザースキャンの導入店舗は、全て無料です。 また、1万円以上の決済額があれば、翌日、翌々営業日に入金になります。 これらは加盟店にとって大きなメリットになります。 クレジットカードや非接触型の端末もいりませんし、入金まで長時間お待ちいただくということもありません。 なんの御負担もなくはじめられます。 本日のキャンペーン発表で、多くのユーザーの増加も、見込めると考えています。 アリペイ〈等?)のインバウンドのお客様の多くのご利用が見込めるのではないでしょうか? 私どもは、営業拠点を20カ所をようし、数千人規模の営業が、全国のお店に直接営業にうかがっております。 この力強い営業は、ナンバーワンを目指すソフトバンクの DNA が生かされております。 合わせて、大型店、チェーン店のペイペイ導入 をいただけるように、営業しております。 ごらんいただけますように、コンビニエンスストア、家電量販店、飲食店、ホテル、タクシーなど様々な業種で導入いただいており、今後も、順次拡大してまいります。 来月4日、「100億円あげちゃう キャンペーン」スタートの日、全国のファミリーマートの店舗で使えるようになります。 以上、記者会見の模様でした。 PayPay、スマホ決済導入検討されている店舗様へ(加盟店、導入店舗) 消費税引き上げに向け、キャッシュレス化の流れは? クレジットカード、交通系等電子マネー、ApplePay(アップルペイ)などとの戦い 日本政府も、来年の消費税引き上げに向け、キャッシュレス化の流れを作りたい昨今、このキャンペーンでどれほどのユーザーと店舗が関心を示すか、見守りたい。 同種のQRコード決済LINE PAYとの闘いや、それ以外のキャッシュレスサービス(クレジットカード、交通系等電子マネー、ApplePayなど)との闘いなど乱戦が予想される。 スポンサーリンク まとめ PayPayの中山CEOは、 PayPayの登録で500円相当プレゼント。 次に、5000円以上のチャージで、1000円相当増量キャンペーン、最後に、12月4日からの「100億円あげちゃう キャンペーン」です。 (20%還元、抽選で全額バック)PayPayを使わないと損だ。 と言い切れるキャンペーンを皆様にご利用いただきたいと、大盤振る舞いのキャンペーン(先行投資)にでた。 このキャンペーン期間中に、どれだけの初速で、「ユーザー」と「店舗」の両方を獲得できるか。 両者を獲得するには、思い切った策(ソフトバンクっぽい)だが、鶏と卵の話で簡単にはいかないだろう。 だが、ソフトバンクの営業力、Paytmの技術力と、アリペイのインバウンドという3つの力を持った同社、今後の日本政府のキャッシュレス化の流れにも押され、お金の流れを再発明するという中山氏の言葉をどのように実行してくるか見守りたい。 店舗にとって、当初の導入コストがゼロというのは素晴らしいこと(数年後に、どの程度の手数料をとられるかは疑問があるが)、ユーザーにとっては、スマホからQRコードを提示、金額入力などが、他の決済手段よりも利便性があるのか?ないとしたら、中小規模の店舗(現金のみしか扱いがない)の取り込みをどの程度までできるか、現金のみしか支払えなかった店舗が、PayPayに変われば、ユーザーも使うようになるだろう。 キャッシュレス決済は、何かのシステムが全てを全部とるものではなく、併存する形で進むから。 是非、現金のみしか扱えなかったところへの導入を積極的にしていってもらいたい。 現金を持たずに、暮らせる社会を。 (現金以外をお年寄りが使うか?の問題は、かなり難しいと思うが) 出典:PayPay株式会社.

次の