扁桃炎 仕事 何日休む。 扁桃炎で頻繁に会社を休む同僚をどう思いますか?

急性扁桃炎という病気にかかりました。すごくつらいよ。|Takumi Hasegawa (unshift)|note

扁桃炎 仕事 何日休む

風邪を引いたときなどによく「 扁桃 へんとう 腺が腫れている」と言われることもあるように、は誰でもかかりうる病気です。 しかし、その原因となる病原体や重症度はさまざまです。 その原因は何なのか?どのようにしてうつるのか?など、医師が解説します。 咽頭とは、鼻の奥から食道までの空気や食べ物が通過するところです。 咽頭のさらに奥には喉頭があり、気管の入り口になります。 食べ物が気管に入りこまないように蓋(喉頭蓋)をしたり、発声に必要となる声帯があったりします。 咽頭は、空気も食べ物も通る部分であるので、外から入って原体を防ぐはたらきをします。 リンパ組織の集まりである扁桃には、鼻の奥にある咽頭扁桃(アデノイド)、口の奥の両側にある口蓋扁桃、そして舌の付け根にある舌根扁桃の4つがあり、輪のようになって病原体を防ぐ関所の役目をしています。 *扁桃の語源…扁桃とは、もともとアーモンドの別名です。 リンパ組織が集まって丸くなった部分(口蓋扁桃)がアーモンドの種子の形に似ていることから、「扁桃」と呼ばれるようになりました。 「扁桃腺が腫れている」と言うこともありますが、近年では「扁桃腺」ではなく、「扁桃」と呼ぶことのほうが多いです。 急性扁桃炎とは? とは、免疫機能を持つ扁桃が感染症などの病原体に感染して、急激に炎症を起こしている状態です。 上述の咽頭扁桃(アデノイド)、口の奥の両側にある口蓋扁桃、舌根扁桃の4つのうち、特に口蓋扁桃(のどちんこの横のやや下、舌の付け根の両側にある丸く盛り上がった箇所)に炎症を起こすことが多いです。 症状は発熱やのどの痛みなどがあり、重症化すると飲食ができないほどのどが痛むこともあります。 また、急性扁桃炎は長引いたり繰り返したりする場合もあります。 そのほか、などの合併症を併発する場合もあり、注意が必要な病気であるといえます。 急性扁桃炎の原因は? の原因としては、口や鼻から病気の原因になる微生物が入ってきて、咽頭や扁桃の粘膜に取りつくということが考えられます。 や急性糸球体腎炎といった合併症が起こりうることから、重要な原因といわれています。 またウイルスでは、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、RSウイルス、EBウイルスなどが知られています。 このほか、性行為で感染する病原体(、淋菌、、ウイルス、ヒトパピローマウイルス、HIVウイルス)なども、原因となることがあります。 こういった微生物は、いわゆる風邪の原因でもあります。 急性扁桃炎は、風邪を引いたときの症状のひとつとして生じることもあります。 急性扁桃炎はほかの人にうつるの? 原因が細菌であってもウイルスであっても、微生物を含んだ唾のしぶきが飛ぶといったことによってほかの人に感染が広がる可能性があり、主に飛沫感染もしくは接触感染をします。 また、空気感染が起こりうるとする説もあります。 原因となる細菌・ウイルスを同定するため、周辺でどのような感染症が流行しているかということも、診断のために重要な情報です。 急性扁桃炎の予防方法は? 身近にの人がいる場合、感染拡大を防ぐためには、よく風邪や予防で言われていることに注意しましょう。 手洗い、うがい、マスクの使用、咳エチケット、食器を共有しない、抵抗力をつける(しっかり栄養を摂り、睡眠・休養を心がける)、口や鼻を触る前には手を洗う(共有物を触った手で口や鼻を触らない)というようなことです。 仕事や学校は休むべきなの? に共通して、一律に「何日仕事(もしくは学校)を休まなければならない」というようなことは決まっていません。 ただし、に伴って急性扁桃炎が起こっている場合には、インフルエンザ感染症として出勤(出席)停止となります。 また、アデノウイルスに感染すると、のどだけではなく、目に(など)を起こすことがあります。 アデノウイルスによる結膜炎は感染力が強いため、感染性がないという診断を受けるまでは出勤(出席)停止になります。 同じ急性扁桃炎であっても、仕事ができる程度に症状が軽い場合もあれば、高熱で寝込むほどつらく、飲食できない、口をあけるのも痛いという場合もあります。 どの程度のつらさを感じているかについても、急性扁桃炎の重症度判断のために重要な情報になります。 最後に は、細菌・ウイルスが咽頭や扁桃に取りつくことで起こると考えられています。 予防のため、日頃から手洗いうがい、十分な栄養補給と休養を心掛けましょう。

次の

急性扁桃腺炎の治療期間はどれくらい?うつることはあるの?

扁桃炎 仕事 何日休む

と腫大・発赤した扁桃が認められる 分類および外部参照情報 , , - , - 扁桃炎(へんとうえん)はウイルスや細菌が病原体となって炎症を起こす病気である。 扁桃腺炎ともいわれる。 ウイルス性が多く、ライノウイルス、やアデノウイルスなどが原因となり、ときにEBウイルスや単純ヘルペスウイルスなども起こしうる。 常在菌にはや、などがあり、溶連菌感染の場合は合併症を起こしやすい。 主に小児期に起こりやすいが、大人になっても感染する例もあり、また常在菌であるため、体力が低下した際などに再発することもある。 ウイルス性の場合、単純ヘルペスウイルスを除いて基本的には治療薬はなく症状に応じた治療となる。 細菌性の場合、治療には主に抗生物質が用いられる。 再発頻度が高い(年に3-4回以上)場合は扁桃摘出の手術が行われることもある。 「」も参照 にはが多く 、やからやへ侵入するや、に対しての防御機能を果たす。 一方で 、表面にが多いため細菌の巣になりやすく、感染源となってしまうこともある。 扁桃が病原体に感染し、炎症が起きた状態が扁桃炎(急性扁桃炎)である。 扁桃を腫らし始めるのは2-3歳ごろからで、6-9歳でピークを迎える。 扁桃は口の奥にあり、ここが炎症を起こすと赤くなり、白いが付くこともある。 口蓋扁桃は4歳から8歳の時期に最も活発になり、大きさも最大になるが、その後、徐々に小さくなり。 大人ではほとんどわからなくなる。 大人になっても扁桃が小さくならずに炎症が続き、ある程度の大きさを保っているのを、慢性扁桃炎と呼ぶ。 この場合、扁桃に病原菌が常在していると、抵抗力が弱った時や、新たに細菌の侵入を受けた時などに、扁桃にある病原菌の力が体の抵抗力を上回るため、扁桃炎が起きる。 症状 [ ] 通常時(左)と扁桃炎(右)の比較図。 扁桃炎に罹ると咽喉と扁桃が赤く腫れて白い膿栓があらわれる。 主な症状としては38度以上の発熱、の痛み、、 、、に加え 、の下やのの腫れなどで、痛みがや側頭部に広がることもある。 高熱を出すため、高熱に特徴的な症状が多い。 扁桃炎は鼻かぜから起こることもあり、また、扁桃炎がもとで鼻や、気管などに炎症が起こって、結果的に風邪の症状となるため、扁桃を腫らす傾向のある人は風邪をひきやすい、あるいは、風邪をひくとすぐ咽頭が腫れるとみなされがちである。 また関節痛が出ることもある。 風邪に続いて起こることが多い。 また膿栓が広がって、扁桃の表面にある陰窩を白色の膜で覆うようになる。 これを陰窩性扁桃炎という。 原因となるのは、、等があげられる。 しかし事前に風邪を引いている段階でが用いられると、原因が特定できない場合も多い。 急性扁桃炎で、さらに奥にある扁桃に炎症が及ぶと扁桃周囲炎となる。 扁桃周囲炎は、急性扁桃炎が治りかけたころに手当てを怠り、悪化した結果の症状で、高熱と激しい咽頭の痛みがある。 片側のの上に膿瘍ができ、赤く腫れて化膿するためが強くなる。 扁桃炎を起こすウイルス [ ]• 扁桃炎用の検査キット 慢性扁桃炎は、年に何回も扁桃炎を繰り返して高熱を出す。 扁桃のくぼみに細菌が蓄積され、これが原因で全身感染を起こすこともある。 また、扁桃腺周囲炎の状態で膿がたまると扁桃腺周囲膿瘍になる。 このような症状は溶連菌感染によるものが多いとされるが、他に黄色ぶどう球菌や肺炎球菌、およびウイルスによるものがある。 暴飲暴食や、咽頭の乾燥などが主な原因で、をすると、数の増加と(炎症の程度を示す検査値)の上昇が認められる。 また、細菌検査をすれば発生原因となる菌が検出される。 他に、、があり、単核細胞性アンギーナは、の病気であるによって引き起こされる。 急性扁桃炎が慢性化したのが慢性扁桃炎である。 慢性扁桃炎には突然急性化する場合があり、急性の症状を、1年に3回から5回にわたり繰り返す場合を特に習慣性扁桃炎と呼ぶ。 習慣性扁桃炎では、病巣感染といって関節や、皮膚など、ほかの部位にも病気が起こることがある。 慢性扁桃炎の種類 [ ] 慢性扁桃炎は「習慣性扁桃炎」、「慢性単純性扁桃炎」、そして「扁桃病巣感染症」の3種類に分けられる。 習慣性扁桃炎 [ ] 子供に多い。 3歳頃から発症が始まり、6歳位がピークとなる。 通常成人するまでには納まるが、大人になってから発症することもある。 <症状>• 咽頭痛• 耳放散痛• 倦怠感 ただし、安定期に症状が出ることはない。 慢性単純性扁桃炎 [ ] ほとんどの場合、大人が感染する。 原因は・などで、急性扁桃炎からそのまま移行することもある。 <症状>• 咽頭の痛み• 刺激物をとるとしみる• 喉に異物感 扁桃病巣感染症 [ ] 腎臓、皮膚、関節などの病気を併発する。 <症状>• など 治療方法 [ ] 薬物による治療 [ ] セフェム系抗生物質 合併症を避けるためにも、医師の治療を受ける方がいい。 安静、、、口内錠やなどに加え、水分や、抗体の産生が促されるが必要である。 薬物としては抗生物質に加え、炎症を抑える抗剤、が用いられる。 他にの塗布もある。 日頃はよくうがいをし、不規則な生活を慎むことが大事である。 またのどの痛みがある場合は、入浴、飲酒、喫煙は避けるべきである。 ウイルスが原因の場合は、単純ヘルペス以外は特効薬がないので、抗生物質を使用せずに、症状に応じた治療が行われる。 単純ヘルペスの場合は、水疱瘡と同じ薬(ゾビラックス)、(バルトレックス)などを用いる。 EBウイルスが原因の伝染性単核症による扁桃炎は、肝炎を起こしたり肝臓が腫れたりすることがあり、また発熱が続いたりもする。 発熱に対しては、関節痛には痛み止めの内服薬や湿布薬などが用いられる。 細菌が原因で起こる扁桃炎は、抗生物質による治療が行われる。 当該の細菌にもっとも効果の高い抗生物質を使用するために、綿棒でノドをこすり、その綿棒を培地に入れて、3日間ほど細菌を繁殖させるが、溶血性連鎖球菌(溶連菌)では、迅速審査により15分程度で判ることがある。 溶連菌による扁桃炎の場合は、除菌が望ましく、系抗生物質を10日間、または抗生物質を5日間使う。 また(ジスロマック)を用いることもある。 手術による治療 [ ] 扁桃除去手術後2日後の患部 扁桃を腫らす頻度が高い場合は、扁桃摘出術を行うことがある。 この目的は扁桃腺の炎症を起こさないことと、病巣感染を防ぐためである。 病巣感染で要注意なのは、関節では関節、腎臓ではやなどの合併症である。 扁桃摘出の手術については、習慣性扁桃炎で、目安として1年に4回以上扁桃腺を腫らすような場合、第三度肥大くらいでものを飲み込みにくい、あるいは呼吸が困難と思われる場合は受けた方がいい。 この時にアデノイドも摘出することがある。 手術は全身または局所麻酔で行われ、術後1週間は安静にして、1か月ほど経ってから元の生活に戻して行く。 術後は口内の痛みが治まれば、顔や声にも影響は残らず、術前のように扁桃を腫らすこともなくなる。 では幼少時に積極的に手術治療を行い除去することが慣習となっている。 扁桃膿瘍の場合は、膿汁の排泄が目的となる。 膿瘍がどこにあるか、どのような状態であるかを考慮したうえで、注射針で穿刺吸引する場合と、局所麻酔後にメスで切開する場合とがある。 注釈 [ ]• 元々は扁桃腺とよばれていたが、分泌腺ではないので「扁桃」が正式名称である。 扁桃には、口蓋扁桃(こうがいへんとう)、舌扁桃(ぜつへんとう)、咽頭扁桃(いんとうへんとう=アデノイド)、耳管扁桃(じかんへんとう)などの種類があるが、一般に扁桃と云えば口蓋扁桃のことである。 脚注 [ ].

次の

「扁桃炎」の治し方を医師が解説-治るまでどのくらいの期間が必要なの?どんな薬が使われるの?

扁桃炎 仕事 何日休む

肺炎にはいくつかの種類があります。 風邪ぐらいと軽く見ていると、抗生物質がない限り、肺炎はどんどん悪くなってしまいます。 ここでは、肺炎の種類や特徴を見ていきましょう。 肺が真っ白になって息苦しい状態がしばらく続きますが、点滴による抗生物質の服薬で次第に治ります。 抗菌薬の服用で次第に治っていきます。 血痰が出る事があり、発見は比較的早く治療後の回復は良いとされています。 いずれにしても、肺炎は2次感染を起こす病気ですから、肺炎の種類や休む期間を伝えて仕事は出来るだけ休みましょう。 また、必要であれば医師の診断書を書いてもらって、職場に説明するようにしましょう。 肺炎かどうかは通常レントゲンで直ぐに判明します。 私の場合は、左右の4分の3(片方は全部真っ白で、もう片方が半分真っ白)になっていました。 それでも、自分で車を運転で来ただけ、すごかったなと思いました。 自覚が少なかった自分を恐く思いました。 その日に直ぐ点滴が開始されて、4日後に再びレントゲンをしました。 あれだけ白かった肺が、キレイになっていて、医師もびっくりしていましたが、医師はもうしばらく入院をすすめました。 しかし、家に帰りたかったので、自宅謹慎2週間の条件の元、退院許可を頂けました。 私のケースは、症状の重さからして退院が早い方だと思います。 普通では、少なくても1週間の入院+点滴が必要でしょう。 ですから、肺炎の症状によっては1週間~3週間は療養が必要であると思っておきましょう。 また、自宅から外来で点滴をしてもらう事も出来ますが、自宅療養は必須になります。 先ずは、体を休ませて抗生物質や他の治療薬を使い病原菌を完全に死滅させる必要があります。 私の場合、仕事に復帰できたのはその後自宅療養をして肺炎を患ってから、ちょうど1か月後でした。 入院を避けて外来で治療する場合では、1ヶ月以上かかると思います。 肺炎は、お年寄りはもちろんですが、若くても大きな病気ですから、以下のような点に気を付けて、早めに病院でレントゲンや尿検査をしてもらうようにしましょう。 ・寒気(悪寒)が続く ・倦怠感 ・頭痛や発熱が5日以上続く ・咳や痰が出る(出ない場合もあります) ・痰に血が混じっている ・咳をすると胸が痛い ・唇が紫色(チアノーゼ)になっている ・息苦しい など また、風邪から発展する場合もありますから、風邪の症状が続くようであれば、肺炎に進行していないかどうかを医師にチェックしてもらうようにしましょう。 また、肺炎を患っている間は出来るだけ脂質を避けて、高カロリーのものを食べるようにしましょう。 ご飯や卵、鶏むね肉やうどんなど喉ごしがよく高カロリーな食べ物を選ぶようにしましょう。 また、水分やスポーツドリンクをシッカリと摂るようにしましょう。

次の