弄 ばれる 意味。 中国語で「弄」の意味がよくわかりません。次の文を日本語に...

「弄」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

弄 ばれる 意味

1. あなたは座っていて、私はご飯を作りに行くから。 少ししたらすぐ食べられるよ。 2. 私の服をずっといじるのをやめて。 3. 誰が私のガラス瓶を割ったの? 4. 雨がすごくて私の服を濡らした。 5. この課の語法は難しくて、半日(長いこと)勉強したけどまだよく分からない。 6. 彼女と彼女の妹はよく似ているので、友だちはよく間違える。 7. 机の上にごみがたくさんある。 早くきれいにしなさい。 8. 彼の話は私を混乱させた。 半日(長いこと)聞いてもまだ彼の意味が分からない。 5と8の「半日」は実際に一日の半分を表すかもしれませんが、「(主観的に)長い時間」の意味もあるので、両方書きました。 「弄」はいろいろな意味と用法があるので、全部を一度に理解するのは大変かもしれませんが、「弄」が使われた文章をたくさん見てイメージを掴むというか、感覚的に理解するとだいぶ見えてくると思います。 「弄壊」、「弄錯」、「弄完」のように使い勝手のいい表現はそのまま覚えてもいいですね。 「弄」について、でまとめられています。 長年、NHKの中国語講座を担当された相原茂先生のブログです。 とても分かりやすいので、よろしければ、ご参考になさってください。

次の

部首「廾(きょう、こまぬき、にじゅうあし)」の意味・成り立ち・読み方・画数を学習

弄 ばれる 意味

弄って 弄る とは、「何かに触れて動かしたり、手を加えたりすること」を意味します。 漢字が似ていてよく間違えられる言葉に、「葬る」という言葉がありますが、こちらは「ほうむる」と読むので、間違えないように気を付けましょう。 「弄ってる」「弄った」など様々な形で使われますが、基本の形は「弄る」です。 最近では、インターネットなどで、「イジって」とカタカナで使っている場合も見受けられます。 「誰かをふざけてからかう」場合もそうです。 お笑いなどでいじられキャラという言葉を聞いたことがあるでしょう。 「 本格的でなく 趣味でする。 遊びでする」や「 はっきりした目的・方針もなしに、または部分的に 等を少し改変する」という意味もあります。 また、全く違う「困らせる、弱い者をいじめる」という意味も持っています。 使い方によっては便利な言葉ですが、ある程度慎重さが求められます。 「弄って」「弄る」という言葉は、多くの意味を持つ言葉なので使い方も多様です。 これまでも日常的に使っていたという人も多いと思いますが、改めて正しい使い方を確認しておきましょう。 「子どもがパーカーの紐を弄 いじ っている」 暇そうな子どもがぼんやりと紐を触っている様子が目に浮かびます。 「触る必要がないのに触っている」という意味で、ほかにやることがなく、目の前にあったから触ってみたという場面を表しています。 「休日はパソコンを弄 いじ っています」 これが 本格的ではなく 趣味でするという意味での使い方です。 ただの趣味という場合もありますし、謙遜として使うこともあります。 この使い方の場合はたいてい主語を自分にします。 「小銭を探してポケットを弄 まさぐ る」 ポケットを「いじる」だと単にポケットを触っている意味しか持ちませんが、「まさぐる」とすることで「手先で何かをあちこち探している」という意味を表します。

次の

質問です。弄←という字はなんと読むのでしょうか?例、弄れば・・。←なんと読み...

弄 ばれる 意味

1. あなたは座っていて、私はご飯を作りに行くから。 少ししたらすぐ食べられるよ。 2. 私の服をずっといじるのをやめて。 3. 誰が私のガラス瓶を割ったの? 4. 雨がすごくて私の服を濡らした。 5. この課の語法は難しくて、半日(長いこと)勉強したけどまだよく分からない。 6. 彼女と彼女の妹はよく似ているので、友だちはよく間違える。 7. 机の上にごみがたくさんある。 早くきれいにしなさい。 8. 彼の話は私を混乱させた。 半日(長いこと)聞いてもまだ彼の意味が分からない。 5と8の「半日」は実際に一日の半分を表すかもしれませんが、「(主観的に)長い時間」の意味もあるので、両方書きました。 「弄」はいろいろな意味と用法があるので、全部を一度に理解するのは大変かもしれませんが、「弄」が使われた文章をたくさん見てイメージを掴むというか、感覚的に理解するとだいぶ見えてくると思います。 「弄壊」、「弄錯」、「弄完」のように使い勝手のいい表現はそのまま覚えてもいいですね。 「弄」について、でまとめられています。 長年、NHKの中国語講座を担当された相原茂先生のブログです。 とても分かりやすいので、よろしければ、ご参考になさってください。

次の