風邪を1日で治す方法。 風邪に栄養ドリンク、実は危険!風邪を早く治すたった1つの方法とは

【新型コロナも】風邪予防5つの方法※飲み物・食べ物で免疫UP! | 美人のレシピ

風邪を1日で治す方法

風邪を早く治すために必要なポイント 風邪をひいたときは、市販の風邪薬を飲む人がほとんどだと思いますが、 以外と長引かせてしまう事があります。 これは、風邪薬には症状を緩和させる成分がたくさん入っているからです。 緩和させるだけで、風邪を治すための成分ではないんです。 例えば、熱を下げる成分。 これは、体が風邪の原因であるウイルスを撃退するのを妨げてしまいます。 熱が上がるのはウイルスを弱らせるためですから、 熱を下げてしまってもいいことはありません。 風邪を治すにはまず、 免疫力を上げること。 原因ウイルスを撃退するために、 体の 自然治癒力を向上させる事が大切だからです。 風邪を1日でも早く治す 自然治癒力をあげて 風邪を早く治す方法をいくつか紹介したいと思います。 できるものを、 いくつか合わせ技でつかって風邪を撃退しましょう! 温熱療法 まだ発熱がなく体力がある時は、 お風呂に入りましょう。 血行が良くなると、自然治癒力が向上されます。 体を温めることで風邪ウイルスを弱め、撃退することにつながります。 長湯はせずに、 体が温まったらお風呂から出ること。 せっかく体を温めても体力を消耗してしまったら元も子もありません。 湯冷めしないようにしっかり体を拭いてください。 首回りの保温 手首・足首や、首周りを温めるのも効果があります。 横になって休んでいる時は布団からでてしまいやすい部分。 冷えやすい部分ですから、しっかり保温しましょう。 温度調節 熱が上がっていて、寒気を感じる時はしっかり厚着をして。 発熱を助けてウイルスを撃退しましょう。 でも、暑く感じる時は厚着をする必要はありません。 薄着に切り替えて、熱を逃がしてあげましょう。 必要のない時に汗をかくのは、有害無益なんだそうです。 ビタミンCの補給 風邪をひいている時、体は多くの ビタミンCを消費します。 甘味料の入っていないものを選ぶのがいいです。 糖分は体を冷やしてしまうからです。 最近は水に溶かして飲む、顆粒タイプビタミンC100%のものがあります。 もし手に入るなら、試してみてください。 ビタミンCの取り過ぎは心配しなくでOK。 過剰摂取された分は、ちゃんと排泄されて体に影響を及ぼすことはありません。 こまめな水分補給 熱が上がっている時は、たくさん水分を消費しています。 一度に沢山飲まなくてもいいので、 こまめに水分補給をしましょう。 汗をかいている時は、電解質が入っているものを飲むと効果的。 スポーツドリンクなんかがそうですね。 ドクダミ茶や 生姜湯は体を温める効果があるので、これもオススメです。 手に入らないなら、普通のお水で良いので飲むようにしてください。 食事 食欲がなくても、ご飯を食べて力をつけなくちゃ! そう思っている人はたくさんいると思います。 でも、 全く食欲がないなら無理に食べる必要はありません。 そのかわり、 水分補給は忘れずにしましょう。 ご飯が食べられる時は、消化しやすいものを食べて。 おかゆや、たくさんの栄養が溶け出したお鍋などがオススメです。 うがい 喉にくっついてる風邪ウイルスは、 うがいで吐き出してしまいましょう。 症状が悪化するのを防いでくれます。 もしうがいができないなら、飲み物を飲むのでもOK。 胃酸で死んでしまうので、飲み物をこまめに飲むといいです。 睡眠 なにより 睡眠が一番。 睡眠中は、免疫細胞が活性化されている状態です。 しっかり体を休ませて、自然治癒力をアップさせましょう! マスク 風邪が流行っている時は、 マスクを着用。 風邪ウイルスが粘膜に入るのを防いでくれます。 使い捨てできる、安いものを使ったほうがいいみたい。 マスクの外側が風邪ウイルスに汚染されている可能性があるからです。 健康的な生活 バランスの良い食事と、適度な運動。 これは、体の免疫力・体力を上げることに繋がります。 ウォーキングやヨガなどは、手軽に始められる運動です。 風邪に負けない体作りを始めましょう。 タオル タオルの共用は避けましょう。 そして、 こまめに取り替えること。 これだけでも風邪予防効果があります。 温度・湿度 夏は冷房で体が冷えてしまい、血液循環が悪くなってしまいます。 こうなると、ウイルスが侵入しやすい環境に。 体を冷やさないように気をつけて、感染しないようにしましょう。 冬の暖房は、空気の乾燥につながります。 乾いた喉や鼻の粘膜は防御機能が低下した状態。 ウイルスが侵入しやすい状態です。 うがいをしたり飲みものを飲んで、 喉を潤しましょう。 空調が効いている場所は、屋外と室内の温度差が激しいもの。 温度に合わせて、衣服の脱ぎ着をするようにしてください。 皮膚や粘膜が、気温の変化に対応して 温度調節できるように鍛えることができます。 睡眠 疲れていたり、ストレスが溜まっていたりすると、風邪菌に負けてしまいます。 ふだんから 十分な睡眠をとって、体力回復をしてくださいね。 まとめ 私は風邪をひいている暇のない忙しい時に限って、 体調を崩してしまいます。 そんな方も多いかもしれませんね。 私の風邪の撃退方法は、たまご粥に生姜を刻んだもの食べて、 しっかり寝ること。 ビタミンCを水に溶かしたものを水分補給に飲みます。 お風呂に入る温熱療法は試した事がないので、 次はこれも合わせて風邪を撃退したいと思います。 皆さんは どの方法で風邪を治しますか? 知らなかったものがあったら、ぜひ試してみてくださいね。

次の

風邪を1日でも早く治す方法 会社休めない人必見

風邪を1日で治す方法

人が風邪をひく仕組み 主に口や鼻などの粘膜から病原体が浸入し、その病原体がさまざまな症状を引き起こす事により、風邪をひきます。 風邪の症状は、鼻水が出る、鼻がつまる、くしゃみが出る、喉が痛い、咳が出る。 それらと同時に、発熱したり、頭痛がしたり、体がだるくなったりします。 風邪をひくにはさまざまな原因がありますがが、 風邪の病原体の原因のほとんどは ウイルスです。 体の防御システム「免疫」 粘膜には、 「免疫」というウイルスから守るシステムがあります。 健康であれば、ウィルスが浸入しようとしても「免疫」が勝って侵入を阻止してしまいます。 しかし、疲労やストレスなどによって免疫力が弱まると、ウィルスが勝ってしまい、風邪のさまざまな症状を引き起こしてしまいます。 「免疫力」の正体は? 風邪のウィルスが体に入った時に戦ってくれる免疫力の正体は、白血球の中の分類の1つである 「リンパ球」というものです。 このリンパ球のおかげで風邪のウィルスが浸入しようとしても阻止してくれるのです。 リンパ球が風邪のウィルスと戦っている時は熱が発生します。 これが、風邪をひくと熱が出る原因です。 これは、身体が風邪を治そうとしている証拠です。 風邪を引くとリンパ球を消費して行きますし、リンパ球が減少すると免疫力が低下して風邪はなかなかなおりません。 風邪の症状を引き起こす要因 風邪を引く主な要因をまとめます。 ・ウィルスによる感染 ・リンパ球の減少に伴う免疫力の低下 風邪を1日でも早く治す方法は 風邪の症状を引き起こす要因の反対の事をすれば良いのです。 ただ、ウィルスは感染してしまっているため、 「免疫力を向上する事」 を実践します。 免疫力を高めるには 免疫力を高めるために効果的な方法は、具体的には次のような事です。 1.睡眠を十分にとる 睡眠ホルモンの メラトニンが不足すると免疫低下を引き起こすと言われています。 また、睡眠中は体内でリンパ球が増える限られた時間です。 睡眠を十分にとる事が、免疫力を高め、体を正常に戻す非常に重要な役割をしてくれます。 スポンサードリンク 2.体をあたためよう 平熱よりも体温が1度下がると免疫力が3割も低下するが、1度高くなると5~6倍もアップするとも言われています。 平熱で動け回れる人は、汗がでるまで軽い運動や体操をしたり、歩いたりしてみて下さい。 また、シャワーでなく、お風呂につかったり、足湯をしてみるのも良いと思います。 3.食事を見直してみる コンビニ弁当、パンをなどに含まれる添加物、調味料の多くは化学物質で、これらは体内で活性酸素を発生させたりして免疫力を低下させますのでさけましょう。 水分は粘膜の乾燥を防ぐだけでなく、細胞生成に絶対不可欠のものなので、必ずしっかりとりましょう。 甘い物は糖分の取りすぎとなり、免疫力の低下にもつながりますので、水やお茶が良いと思います。 これを食べればよいというものはなく、むしろ、野菜、豆類、穀物などをバランスよく食事を取る事が大切です。 大豆などの豆類は免疫細胞の元となるたんぱく質が含まれています。 粘膜を作るために、いろいろなビタミンを一緒に取る事が良いです。 とくに、ビタミンA・C・Eが重要です。 ビタミンAは粘膜の分泌を高めます。 ビタミンCはリンパ球を活性化させ増やす作用がありますので効果が大きいです。 ビタミンEは活性化酸素を抑制する抗酸化作用があります。 また、活性化酸素を除去し、免疫力を高めるものとしてはポリフェノールが良いです。 これは、 なす、お茶、大豆、レンコン、ショウガ、バナナなどがあります。 おすすめの飲物として、 青汁があります。 青汁は活性化酸素を排出し免疫力を高めます。 また、免疫細胞の7割は腸内にあるので、 ビフィズス菌を含むヨーグルトを食べる事が良いとされています。 同じ種類をしばらく続けて食べてみましょう。 4.楽しくポジティブに 人間はストレスをためると 自律神経のバランスが崩れ、免疫力が低下する原因になる事が科学的に解明されています。 仕事等をしているとなかなか難しいのですが、趣味やスポーツをしてみる、家族、親しい友達と会話するなど楽しい事に没頭して、ストレスを発散しましょう。 まとめ 風邪を引いてしまった時、1日でも早く治す方法として下記を実践してみて下さい。 1.睡眠を十分にとる 2.体をあたためよう 3.食事を見直してみる 4.楽しくポジティブに 風邪を正しく理解できれば、正しい対処法がわかります。 薬局でもらうお薬は、基本的に治療を遅らせる対処方法でしかなく、結果的に風邪の回復を遅らせます。 生活に支障が出るほど、こじれた風邪の場合や高熱の場合は薬を飲むのは有効ですが、それ以外の場合では、普段の生活の中で自然に治療できる物です。 ちなみに、管理人は、通常1-3を実践して治します。 ぶつけてもいないのに、足の親指の付け根が痛い、なんてことはありませんか?もしかしたら、それは痛風のサ 夏の食べ物と言うと、「そうめん」や「ひやむぎ」などを思い浮かびませんか? 冷たい麺は、食欲が出 10月31日はハロウィーンです。 アメリカにはハロウィーンの飾りつけをかなり本格的にやる人たち GWが待ち遠しい!! 今年も楽しみなGWですね。 しかし、 ソーセージ、ウィンナーは朝食やおつまみの定番ですよね。 でもそのソーセージとウィンナーの違いっ 10月31日と言えばハロウィーンですね。 お店ではハロウィーンのお菓子やハロウィーングッズをた 運動会シーズンが近づくと、小学校からは元気に練習する声が毎日聞こえてきます。 頑張る子供たちの.

次の

風邪を1日でも早く治す方法はビタミンCと葛根湯とあと一つは?

風邪を1日で治す方法

風邪の原因となるウィルスは様々であり、その種類によっても症状や罹病期間に違いがありますが、おおまかな流れは同じです。 鼻の入り口からウィルスが入り込み、鼻粘膜の線毛運動によって、10~15分で、鼻の奥に運ばれ、鼻の突き当り(鼻咽頭)に接着して細胞の中に入り込むことができたら、風邪ウィルスの感染成立です。 それからおよそ12時間以内に、鼻咽頭の粘膜が腫れてきて、あの不快なイガイガしたのどの痛みとなり、同時に、倦怠感や微熱を伴うこともあります。 続いて、鼻水、鼻づまりとなり、さらに咳や痰も出てきます。 これらの症状は2~3日目でピークを迎え、7~10日目になると症状がほぼ改善します。 中には2週間くらい咳が続くこともありますが、3週間以上続く咳は、ただの風邪ではないと通常考えます。 以上が風邪の一般的な経過になるので、 風邪と言ったら、7日から10日はかかるものだと思っていいでしょうね。 じゃあ、風邪を早く治すということは、1)の経過を短縮するということですね。 私が知る限りでは、それは、難しいのではないかと思います。 こんなこと言ったら、早く治そうと病院に来た患者さんや、世の中の内科や耳鼻科の先生から怒られるかもしれませんが、特効薬がない現状では、風邪とはそういうものだと私は理解しています。 風邪ウィルスに対して2度かからないような免疫ができるのには1週間程度はかかるとされ、また、何百種類にも変異するので、一度かかっても次に出会うウィルスは通常異なるものなので、 どうしても改善するには最低1週間は必要ということになるというわけです。 ドクターサイドからすると、この誤解を取り除くのが容易な人もいますし、来院前にこうなのだ!と信じる気持ちが強すぎて診療中には困難な人もいます。 もちろん、診断が「風邪+慢性副鼻腔炎」とか「風邪+アレルギー性鼻炎」とか「風邪+胃酸逆流」とか、1元的ではないケースも当然配慮しますが、診察のみではクリアカットに診断できないケースなど、苦慮する場面もありますがね。。 今回のブログの一番伝えたいことがこの「ドクターまこの風邪の治し方(セルフケアを中心に)」です。 完全に独断と偏見ですから、まずは参考にしてみてくださいね~。 カーネギーメロン大学のシェルドン・コーエンらの研究によれば、7時間未満の睡眠の人は、8時間以上寝る人に比して、3倍以上風邪の罹患率が高いことを発表しています。 適切に睡眠をとり、具合が悪いときは、睡眠を削って仕事をするなんてことがないようにすべきです。 これは風邪だけではなく、他の病気でも共通です。 特に成長ホルモンが出る、前半の3時間位を大切に寝るのがよく、ソファーで寝そべったり、ましてや玄関で寝ちゃうとか、テレビつけっぱなし、電気つけっぱなしとかは問題外です。 ちゃんとリラックスできるような寝方をすること、できれば夜9時から12時の睡眠を増やすようにしましょう。 洗浄すると、黄色い鼻水や、鼻の奥にくっついた膿性の分泌物がどろっと出てきます。 炎症の産物を洗い流すことで、風邪をこじらせずに、鼻声や咳、のどの痛みも軽減できるのではないかと考えます。 因みに生理食塩水の塩の濃度とは0.9%ですから、500mlのぬるま湯に対して4.5g(小さじが約5g)の塩を加えた濃度になりますね。 間違えそうな人は専用の粉を利用するといいでしょう。 しかし、感染したウィルスの排除を目的に人間のほうが、免疫を作動させるために、のどの痛みや鼻水、熱が出るわけですから、本当は過剰な免疫反応がいいわけではないという説もあります。 つまり、免疫を下げないようにして、炎症を抑えていくことが症状軽減の基本になります。 ハーブティで治るとは全く思っていないですが(じゃあ、なんで書いてんだよと思うかもしれませんが)、ブルーな気持ちを変えたい、リフレッシュしたいというとき、個人的にハーブティーが身体を温めてくれるし、気分を良くしてくれるので、気に入っています。 しかし、風邪のような急性の病気に効くことを学び、自分が風邪を引いたときにも服用し、効果を実感しました。 西洋薬のいいところと組み合わせるのがふさわしいと思います。 浸透圧の原理(ナメクジに塩をかけると小っちゃくなってしまう、あれです!)で、少し濃いめの塩水(250mlのぬるま湯に小さじ1杯程度)でうがいすると痛みが一時的ですが、軽減する(ただし、ウィルスが初めに感染した鼻咽頭はこのうがいでは届かないですが)ので、試す価値はあります。 あとは口の中も、歯を磨くとか、アズノールで含嗽するとか、清潔に保つようにしています。 私ははっきり言って、どうしても必要な分だけ服用するようにしています。 もちろん、この点は処方してくれた先生とよく相談してくださいね。 腸内微生物を活かして、病気を治そうとする考え方。 ヨーグルトや味噌、ぬか漬け、キムチなどに含まれるそうですが、一般に風邪に対する有効性は研究総数が少ないため、十分証明されていませんが、お腹の調子を整えて損はないでしょうね。 なるべくお腹を冷やさないようにしたり、消化に負担をあまりかけないように努力しましょう。 スープにすれば、身体も温まるし、野菜など投入された物のエキスと食物繊維を全て取り入れることができるので、具合の悪い自分を労わるのにも相応しいと思います。 以上お読みいただきありがとうございました! 完全なる根拠を示せない内容もざっくりとまとめずに書いてますから、ご容赦くださいね。 次回は、風邪に対する考え方(5)厚労省が示した風邪に対する見解 をテーマにします。 また風邪かい?という声が聴こえてきそうですが(笑)。 では~。

次の