ゆっくり 実況 プレイ。 【Switch】ゲーム実況のやり方を図解してみた。必要機材と、実況動画の作り方

ゆっくり実況プレイのやり方とおすすめの使用ソフト

ゆっくり 実況 プレイ

ライブ配信の方法は別ページで解説 ゲーム実況には、以下の2パターンがあります。 ライブ配信 Switchのライブ配信(生放送、ゲーム配信)については、以下のページをご覧ください。 必要なもの・やり方が動画投稿の場合と異なります。 PCの使用が前提 実況動画を作成するためには、 PCが必要です。 なくてもできなくはないのですが、一般的には使うものと思ってください。 PCを使わない方法については、下記ページにやり方をまとめました。 PCは、ノートでもデスクトップでもかまいません。 それ相応のスペックがあれば実況動画を作れます。 作業のすべてはPCで行います。 Switchの ゲーム画面をPCに映し、PCで録画する。 録画してできた動画を PCで編集する。 その動画を PCから投稿する。 この流れは覚えておきましょう。 Switchの録画機能は使わない Switchにも 録画機能(キャプチャー機能)があります。 Joy-Con L の キャプチャーボタンを長押しすることで、動画を保存できるという機能です。 ひょっとしたら、「Switchの録画機能を使って、Switchだけでゲーム実況ができるのでは?」と思う人がいるかもしれません。 しかし、 ゲーム実況で同機能を使うことはないと思ってください。 そのいちばんの大きな理由は、 30秒しか録画できないからです。 参考 Switch対応のキャプチャーボードが必要 Switchのゲーム画面をPCに映し、さらに録画するためには、 キャプチャーボードという周辺機器が必要です。 これにSwitchをつなげましょう。 Switchとキャプチャーボードは、 HDMIで接続します。 接続方法でまちがえる人がいるので、注意してください。 ゲーム実況の準備をしよう 必要な機材はわかりました。 では、どのようなセッティングをすればよいのでしょうか。 Switch側 まず、Switchは ドックに装着します。 つまり、 TVモードにします。 テーブルモードや携帯モードでは、ゲーム画面をPCに映せません。 Switch Liteはドックに装着できないので、注意してください。 キャプチャーボードと接続することはできません。 もし イヤホンをSwitchに接続しているのであれば外してください。 そうしないと、ゲーム音がSwitchのイヤホンから出てしまい、PCから出ません。 「 ボイチャしながら録画したい」という人もいると思いますが、最初のうちはやめておきましょう。 難易度が上がります。 PC・キャプチャーボード側 各機器を接続します。 Switchとキャプチャーボードは、HDMIケーブルでつなぎます。 ドックの裏側のカバーを開けてください。 そこにHDMI端子があります。 キャプチャーボードの 付属ソフトもインストールしましょう。 といいます。 Switchのゲームを録画しよう キャプチャーボードの準備が整ったらSwitchの電源を入れ、PCのほうで 付属のキャプチャーソフトを起動します。 すると、Switchのゲーム画面が映ります。 自分の声を動画に入れたい場合は、キャプチャーソフトの設定を変更します。 たいていは マイクの音を録音する設定があるので、探してください。 キャプチャーソフトの 録画ボタンをクリックすると、ゲームの録画が開始します。 マイクに向かって声を入れつつ、ゲームをプレイしましょう。 動画を編集しよう 録画した動画は、PCに保存されます。 必要であれば、この動画を 動画編集ソフトで編集します。 たとえば、以下のような編集をします。 不要なシーンをカットする• 途中部分を早送り(倍速)にする• テロップを入れる• BGM・効果音を入れる おすすめの動画編集ソフトについては、下記ページをご覧ください。 一例を挙げると、 PowerDirectorが有名です。 初心者でも簡単に使えるうえに、のやにも 無料で付属されています。 動画を投稿しよう 最後に、編集が完了した動画をYouTubeなどの動画サイトに アップロードします。 YouTubeの場合、15分より長い動画をアップロードするには、上限を引き上げる必要があります。 簡単な設定をしましょう。 Twitterの場合は、動画編集の段階で2分20秒以下、かつ512MB以下にして投稿します。 最近のコメント• に SHIN より• に ttttt より• に 管理人 より• に 管理人 より• に ttttt より• に がんぽん より• に 管理人 より• に がんぽん より• に がんぽん より• に 管理人 より アーカイブ•

次の

ゆっくり実況プレイ動画超おもしろいおすすめ19選【ジャンル別】

ゆっくり 実況 プレイ

2018年7月3日 更新 ニコニコ動画やYoutubeでのゲーム実況がブームになってから数々の人気実況者が出現しました。 実況者の数がものすごく多いので、「どれを観たらいいかわからない」といった方もいるかと思います。 そこで今回は、僕がおすすめする「面白いゲーム実況者」をジャンルごとにご紹介いたします。 ぜひ動画選びの参考にしてください。 スポンサードリンク• 『アイドル人気』系 レトルト (出典:) 親しみやすい性格と明るいトークが持ち味のゲーム実況者。 ニコニコ動画のゲーム実況者としてはかなりの古参です。 プレイするゲームはメジャーなものからマイナーなものまで幅広く、またその本数も膨大なのですべてを観るのは大変ですが、どれもきっと楽しめるはず。 【おすすめの動画】 『レトルト』実況まとめ キヨ (出典:) ゲーム実況者グループ『最終兵器俺達』のメンバー。 とにかくしゃべる人。 勢いのあるトークで視聴者を盛り上げます。 公式放送の出演や他の人気実況者とのコラボ企画など、最近では露出の頻度が多いのも特徴です。 【おすすめの動画】 『キヨ』の実況まとめ セピア (出典:) 任天堂ゲームを中心にプレイし、丁寧で落ち着いた語り口調で人気の実況者。 高い編集技術から作り出される力の入ったOP、EDは必見です。 普段の落ち着きとは裏腹に、ホラーゲームをプレイした時に終始絶叫する姿も面白い。 【おすすめの動画】 『セピア』の実況まとめ 赤髪のとも (出典:) YouTubeを中心に活動しているゲーム実況主。 どんなゲームでも明るく、楽しそうにプレイするので観ているこっちも自然と笑ってしまいます。 個性豊かな仲間と一緒に実況することも多く、その賑やかな雰囲気は他のゲーム実況者ではなかなか観ることができません。 【おすすめの動画】 『赤髪のとも』の実況まとめ 『ワイワイ盛り上がれる』系 幕末志士 (出典:) ゲーム実況界の「生ける伝説」。 ニコニコ動画の古参ユーザーなら"緑の悪魔"という言葉に聞き馴染みがあるかもしれません。 西郷隆盛と坂本龍馬の二人が織りなす軽快なトークは捧腹絶倒間違いなし。 2014年に投稿した『』はゲーム実況動画としては前人未到の1000万再生を突破。 まだまだ伸び続けています。 投稿動画数はそれほど多くないものの、投稿した動画はすべてがおもしろいのでぜひ一通り観ておくことをオススメします。 【おすすめの動画】 『幕末志士』の実況まとめ 塩 (出典:) 『クロックタワー』などホラーゲームの絶叫プレイから、『ぼくのなつやすみ』のようなほのぼした動画まで、幅広い実況スタイルに定評がある実況者。 友人である『胡椒』とのホラーゲーム実況や、歌い手 兼 実況者として有名な『まお』との実況などコンビでの実況も多数。 【おすすめの動画】 『塩』の実況まとめ M. ゲーム実況、楽曲制作、ライブイベントと、幅広い分野で活動しているのも特徴です。 4人それぞれの個性がめちゃくちゃ強く、終始カオスな展開になることも多いですが、それもまた魅力。 もっとも有名な動画は『』ですが、FPS好きの自分としてはFB777とeoheohの二人で実況している『』もおすすめです。 【おすすめの動画】 『M. S Project』の実況まとめ アブ (出典:) 軽快な語り口でトークを繰り広げる愛され系実況者。 名前の由来は血液型がAB型だからだそう。 実況者デビューは2009年とかなり早く、王道RPG、パーティ、アクション、フリーゲームとあらゆるジャンルの実況プレイ動画を挙げています。 アブさんの動画を巡っているだけで、知らないゲームにたくさん出会えるはず。 明るさとユルさを兼ね備えた魅力を持つ、不思議な実況者です。 【おすすめの動画】 『アブ』の実況まとめ 『やりこみ』系 ふぅ (出典:) ゲームに対する類まれなる知識とやりこみ、そして視聴者を煽るようなトークが魅力の実況者。 フロムソフトウェアの「ソウルシリーズ」をこよなく愛しています。 高いプレイヤースキルを持ちながら、視聴者を楽しませるためにミスした場面もしっかりと動画に残し笑いを誘う姿はまさに"ダクソ芸人"。 【おすすめの動画】 『ふぅ』の実況まとめ ただてる (出典:) 低音で渋い声と心地よいトーク、そして高いプレイヤースキルが持ち味のやりこみ系実況者です。 『ダークソウル』でのボス攻略や『パワプロ』のサクセスなどで見せる解説は「わかりやすい」の一言。 既プレイでも未プレイでも楽しめると思います。 【おすすめの動画】 『ただてる』の実況まとめ 『プレイが上手い』系 弟者 (出典:) 声優の大塚明夫さんと聞き間違うほどの「渋い声」と落ち着いた「語り口調」が魅力。 主にYoutubeを中心に活動しています。 特筆すべきはそのプレイヤースキル。 『コールオブデューティ』などのFPSで見せる腕前はプロゲーマー顔負けです。 気持ちいいくらい勝ち続けるので、その爽快感がクセになります。 【おすすめの動画】 『弟者』の実況まとめ せんとす (出典:) カプコンの『ストリートファイター』シリーズなどの格闘ゲーム実況で有名。 普段は丁寧な語り口調でありながら、ふとした拍子に発する"変な口癖"や擬音語連発、突然歌いだしたりとフリーダムなトークがハマります。 しかし格ゲーの腕は天下一品。 スト2時代から続く長い格ゲー歴で培われた立ち回りやコンボ精度は観る人を圧倒します。 以外に負けず嫌いなのも観ていて楽しいです。 【おすすめの動画】 『せんとす』の実況まとめ ガッチマン (出典:) サクサクと進めていく解説プレイングに定評のある実況者。 ホラーゲームの実況も多いですが、淡々としていて落ち着きのあるトークが恐怖感を和らげてくれます。 既婚者であり、奥さんの『トラちん』も実況者なのでたまに動画に登場することも。 娘さんもいるようです。 『トラちん』は、ゲーム実況者である夫の生態を描いた本も出版しました。 【おすすめの動画】 『ガッチマン』の実況まとめ ハセシン (出典:) 『コールオブデューティー』シリーズを中心としたFPSゲームを実況しているプレイヤー。 その腕前はかなりのもので、常人には理解できない反応速度で次々とキルしていくさまは観る者を魅了します。 しゃべりも達者で、FPSという展開が早いゲームでも途切れることなくトークし続けることができる実況者です。 【おすすめの動画】 『ハセシン』の実況まとめ ななと 『スプラトゥーン』の実況動画を主にあげている実況者。 その独特のあいさつと、プロ顔負けのプレイスキルが魅了です。 新ブキや新ステージなどアップデートが来るたびに解説&プレイ動画を挙げているので、プレイヤーにとっても勉強になります。 立ち回りが上手く、どんなブキを使ってもしっかりと勝ち切るのがすごい。 【おすすめ動画】 『ななと』の実況まとめ 『縛りプレイ』系 レオモン (出典:) 金の色違いコイキングのみでクリアを目指す縛り実況動画、通称"金鯉"で一躍有名になった実況者。 「金コイキング」を釣るのに一か月以上かけたり、破損した動画データを取り直すためにもう一本同じゲームを買ってきてやり直すなど、自分の課した縛りに対するひたむきさは尋常ではありません。 長らく実況動画は休止状態にありましたが、2016年ついに復活。 今後のさらなる活躍に注目が集まります。 【おすすめの動画】 『レオモン』の実況まとめ リュウ 神縛り (出典:) 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』において、"神縛り"と呼ばれる30項目にもおよぶ縛りプレイで人気を博したゆっくり実況者。 "神縛り"の内容は既プレイ者なら誰もが閉口してしまうほど壮絶なものですが、失踪せずにきちんと完結させているのが素晴らしいです。 実況のおもしろさでは他の人たちが勝っている部分もありますが、『』は伝説的なプレイ動画になっているのでぜひ一度観ることをおすすめします。 【おすすめの動画】 『リュウ』の実況まとめ 純白紳士 デスキャノン (出典:) 『バイオハザード4』のゆっくり実況や検証動画が人気。 初投稿動画の『』は「初期アタッシュケース&初期体力」といった縛り内容であるものの、それを忘れさせるほどのサクサクとした攻略っぷり。 上記のシリーズは未完なので、いつか完結することを待ち望んでいます。 【おすすめの動画】 『純白紳士(デスキャノン)』の実況まとめ 鈴木けんぞう (出典:) 『ポケットモンスター ルビー』の最初の草むらでレベル100にするというトンデモない企画で、初投稿でミリオンを達成した期待の新人実況者。 通称レベリンガー(レベル上げする人)。 "ドM"とも取れるストイックさが売りで、「ツイッターの投票でそうなったから」と理由で、何百時間もかけて100レベルにしたポケモンをわざと逃がしたりと、もう見ているこっちの気が狂いそうなほど縛りプレイに固執しています。 投稿を重ねるごとにどんどん精神が揺らいでいく姿が最高に面白い。 実況動画というよりもドキュメンタリーを観ているような感覚に陥ります。 【おすすめの動画】 『鈴木けんぞう』の実況まとめ 『トークが魅力』系 トシゾー (出典:) 低音ボイスで流れるようにしゃべる関西弁が特徴の実況者。 時にはフリーダムなボケをかまし、また時にはゲーム内のキャラにツッコんだりと高いトーク力は聴いていて飽きが来ません。 一人での実況もおもしろいですが、友人の『じじぃ』と一緒にプレイした実況動画はボケとツッコミの応酬が笑いを誘います。 歌い手として有名な『Gero』とともに実況した『』も必見です。 【おすすめの動画】 『トシゾー』の実況まとめ ジャック・オ・蘭たん (出典:) 高いトークスキルとアドリブのセンスで視聴者を楽しませる実況者。 ニコニコ動画における「ゲーム実況者」最古参のひとり。 突然入る声まねやエンジンがかかった時の暴走ぶりなど、観ているとどうしても笑いがこみあげてきてしまいます。 【おすすめの動画】 『ジャック・オ・蘭たん』の実況まとめ towaco (出典:) ホラーゲームやちょっとマイナーなインディーゲームなどの実況で知られるプレイヤー。 落ち着いた雰囲気から放たれるするどいツッコミが持ち味の関西人です。 towacoさんの名を一躍知らしめたのは『』という動画ですが、個人的にはヤギが暴れまわる『』やプレイヤーが"食パン"になる『』などのマイナーゲームの実況が大好き。 通称「ヤギの人」。 牛沢さん、フルコンさん、湯毛さんと4人で「チーム湯豆腐」としても活動しています。 【おすすめの動画】 『towaco』の実況まとめ テラゾー (出典:) 秋田県出身のゲーム実況者で、丁寧なトークと視聴者に「笑いどころ」が伝わりやすい凝った編集が持ち味。 実況するゲームは「ロックマン」「デモンズソウル」などのアクションゲームから「サイレントヒル2」「学校であった怖い話」などのホラーゲーム、「マリオカート8」などのレースゲームと多岐に渡ります。 個人的に一番好きなのが「マリオカート8」の実況。 アイテムをぶつけられたり、ステージ外に落ちたときに見せる"ぶりっ子おじさん"がたまりません。 声やトークに嫌味がないので、誰にでも親しみやすい魅力を持った実況者だと思います。 【おすすめの動画】 『テラゾー』の実況まとめ 店員A (出典:) 『機動戦士ガンダムEXVS』シリーズなどを中心とした、ゲームセンターで稼働しているアーケードゲームの大会実況をしている実況者。 その名の通り、元ゲーセン店員です。 長年の実況生活で培われた豊富なネタの引き出しと実況クオリティはさすがの一言。 その高い実力が評価され、EXVS公式全国大会の実況なども務めています。 ゲーセン大会の実況ということでこれまでご紹介した方たちとはちょっとジャンルが違うかもしれませんが、僕が大好きなのでご紹介させていただきました。 【おすすめの動画】 『店員A』の実況まとめ 『お馬鹿でとにかく笑える』系 すぎる (出典:) 勢いのある関西弁でのトークが特徴で、絶叫・ツッコミ・暴言がとにかく面白い実況者。 ゲームプレイ自体は決して上手くはないものの、子供のような自由な発想から生み出されるアホな行動が視聴者を虜にします。 一度ハマったら抜け出せなくなること請け合いです。 【おすすめの動画】 『すぎる』の実況まとめ うんこちゃん (出典:) 6画面同時プレイのポケモン動画、通称"6ポケ"と呼ばれるとんでもない企画で有名。 トークも編集も生配信もおおざっぱさを感じるものの、むしろそこに味があってたまらなく好きな実況者の一人です。 とにかくすべてが規格外、斜め上を行くので、アクの強い人が好きなら必見かと思います。 【おすすめの動画】 『うんこちゃん』の実況まとめ 『ほのぼの癒し』系 キリン (出典:) 独特の語り口調と落ち着きある「訛り実況」が特徴。 ゲーム実況者としては2008年から活動しているのでかなり長めです。 ゆったりとしたトークとサクサクしたプレイングが心地よく、視聴者を考えた見やすい編集も定評があります。 のんびり作業しながら観る実況動画としてもおすすめです。 【おすすめの動画】 『キリン』の実況まとめ ひぽー (出典:) 明るくハキハキとしたしゃべりが可愛らしい女性実況者。 実のおばあちゃん、そして実兄と一緒にプレイした『』という動画で一躍有名になりました。 一生懸命プレイするおばあちゃんをサポートする兄妹の姿は新しいゲーム実況動画の姿を僕に見せてくれました。 微笑ましい事この上ありません。 【おすすめの動画】 『ひぽー』の実況まとめ まとめ ゲーム企業の協力もあり公式放送が増えたことで、今後もゲーム実況者の人気は高まっていくかと思います。 現在人気のある実況者やこれから出現するであろう新気鋭の実況者など、これからのゲーム実況界の動きには要注目ですね。 ゲーム実況を観るなら、高画質で動画の読み込みも早くなるプレミアム会員がおすすめです。

次の

最高に面白い!おすすめのゲーム実況者をジャンルごとに紹介!

ゆっくり 実況 プレイ

スポンサーリンク おすすめゆっくりゲーム実況 ゆっくり動画といえばニコニコやYouTubeでもゲーム実況が定番ですよね。 ここでは【ゲーム実況】のジャンルを紹介しようと思います。 星のカービィのゲームが人気なだけにプレイしたことがある人や興味がある人も多いはず。 RTAなので自分でプレイすることなくサクサク全てのステージを楽しむことができながらも「俺の知っているカービィと違う」的な動きも楽しむことができます。 たまにRTA動画である「なんでこういう動きしたの?」という疑問は解説をしっかりしてくれているので分かりやすく気楽に視聴できるでしょう。 ドラクエ7といえば超長編のストーリーで「 おもしろいけど全てをやりこめなかった」という人はかなり多いと思います。 昔見たかったけど見ることができなかった イベントをほぼ全て代わりにやりこんで魅せてくれる神動画と言えるでしょう! モンスター図鑑からモンスターパーク完成、負けイベントに勝つ、アイテムを全種類集めるなど常人じゃ絶対にできないレベルのやりこみを見たい方はここを見るしかありません! ドラクエ7 part1 【ゆっくり実況】 負けイベントブチ壊し計画【ゆっくりのFF4実況】 FF4の普通は負ける戦闘イベントをレベルを上げまくって勝ってみるという企画をやっています。 勝てないボスに勝つためには異常なほどレベル上げが必要です。 この動画の収録の99%はレベル上げだと思うのですが、実際はレベル上げをカットして数分の動画に編集しています。 つまり【 本来数百時間プレイしなければ見られないイベントを代わりにやってくれる】という動画ですね。 FF4を未プレイでもやっていることの意味は分かりますし、見ていておもしろいです。 レベル上げのやりすぎで狂ってしまった投稿者の時間感覚も爆笑間違いなしのおすすめ動画です。 有名な作品ですが、まだ見ていない人はチェックすべきでしょう! 負けイベントブチ壊し計画part1【ゆっくりのFF4実況】 【牧場物語】リアルでもゲームでも牧場【ゆっくり実況】 wiiで発売された牧場物語わくわくアニマルマーチのゆっくり実況動画です。 この動画のコンセプトは 【実際に牧場で働くうp主がゲームで牧場の仕事をやりながら本当の牧場はどんなものか?】を説明していくことです。 牧場物語シリーズということもあって、気楽にまったり見る動画を探している方にはおすすめできる作品となっています。 ドカポンDXというゲームが 【友情破壊ゲーム】なので既にそれだけでおもしろいのですが、ボーカロイドが好きな人にはよりおすすめです。 パーティゲームということもあって長く楽しめる動画になっているので、「時間が余って仕方ない!」という人にはじっくり楽しめると思います。 【萌えっ娘もんすたぁ】 萌えっ娘もんすたぁというポケモンをかわいいキャラクターに擬人化したゲームです。 【 ポケモンとかわいい萌えキャラとゆっくり実況が好きな人】には絶対見逃せない作品ですよ! コアなファンも多いようで、視聴者から萌えモンの絵などが送られて動画内で紹介もしています。 毎回新しい萌えモンが登場して、視聴者もそれぞれ好みな萌えモンがいるようです。 コメントで分かるのもおもしろいですね。 あなたはどの萌えモンが好きになるでしょうか? 【ゆっくり実況】ぼくともえもん。 part1【萌えっ娘もんすたぁ】 ゆっくりメタルスラッグ3 メタルスラッグ3を自分ルール(ハードモード、ノーコンテニュー)でプレイする動画です。 この動画の見どころを挙げると、【 ゲームがうまくないのに縛りプレイ、動画の編集、応援したくなるゆっくり】というポイントですかね。 何故か失踪しなかったシリーズというタグのとおりに努力と試行回数のみでなんとか完結しています。 メタルスラッグは横スクロールの元アーケードゲームなので、作品を知らなくてもすぐに楽しめるゲームです。 ゆっくりの喋りも面白いし編集がうまいので見ていて飽きない作品になっていますので一度チェックしてみてください! ゆっくりメタルスラッグ3 part1【ゆっくり実況】 SFC版DQ3RTA 2:47:37(ゆっくり解説付き) 投稿者裏龍さんのスーパーファミコンのドラクエ3RTAの実況です。 解説と書いていますが、ゲーム実況とRTAの細かい部分を解説もしてくれています。 他のRTA動画との違いは【 ただRTAとしてうまいだけではなくてキャラが良い味出している】ところですかね。 編集も上手で世界を速く救うためのアニメストーリーを見ているかのような面白さもあります。 RTAの動画は基本的に解説メインが多くて、キャラには力が入っていないようなものが多いですよね。 ガチ勢のRTAを見ながらストーリーも楽しめる一石二鳥な動画になっていると思います。 ドラクエ好きなら絶対チェックするべきかと! SFC版DQ3RTA 2:47:37(ゆっくり解説付き) Part1 【TROPICO】ゆっくり霊夢の独裁日誌 投稿者守口さんのトロピコ動画になります。 トロピコというゲームはカリブ海にある 島国をプレシデンテ(大統領)になって経営するというシミュレーションゲームです。 この動画の 一番の魅力は【高すぎる謎の編集力】といわざるをえない・・・。 オープニングから本編まで人を楽しませる編集が盛りだくさんなので飽きることなく一気見することができます。 まずはOPだけでもチェックしてみてください。 開幕と同時に間違いなく「おもしろそうな動画だなぁ」と感じると思います。 圧倒的に高い編集能力とシミュレーションゲームが好きな方にピッタリの動画ですよ! 【TROPICO】ゆっくり霊夢の独裁日誌 1頁目 【将棋ウォーズ】ゆっくりで将棋実況してみる 投稿者ちゃまさんによる将棋ウォーズ実況プレイです。 スマホアプリの将棋ウォーズを使ってオンライン対戦を動画にアップしています。 ちゃまさんの将棋の実力はほどほどで、解説とか対局内容重視の将棋動画が多いなかでは珍しい【 対局プラスネタ動画】という感じ。 将棋好きだけどガチガチな強い人の動画じゃなくて、ゆったり将棋を見たい人におすすめです! 【将棋ウォーズ】ゆっくりで将棋実況してみるPart. 1【現在1級】 赤木剛憲がボクシングを始めたようです 肉声実況でも投稿している牛沢さんが投稿者です。 プレステ2のはじめの一歩2の育成モードを使った実況になります。 ボクサーを育てることができるはじめの一歩2の育成モードでスラムダンクの赤木(ゴリ)を模したキャラを育ててヘビー級のチャンピオンにすることが動画の目標です。 このゲームの育成モードは知る人は知っているという感じですが本当に面白いです。 細かな食事メニューや体格、顔などを決めて自分が育成したボクサーを世界チャンピオンにするゲームというような感じ。 世界チャンピオンを目指すゴリとゆっくりの奮闘に注目です! 赤木剛憲がボクシングを始めたようです【ゆっくり実況】 part1 スポンサーリンク ゆっくり劇場・解説 お次はゆっくり劇場や解説の紹介になります。 単なるゲーム実況じゃなくてゆっくりがワイワイやっているのが好きな真のゆっくり好きが楽しめる作品達を厳選してお伝えしたい! そんな気持ちです。 【ゆっくり自由帳】 タグに【ニコニコ休憩所】や【心の休憩所】などあるようにまったりした日常系ゆっくり動画です。 動画時間は毎回5分いかないくらいの短さでサクッと見ることができます。 内容は日々あったことを高い編集技術とゆ~っくりと絵とともにしょうかいしています。 癒やされたい!まったりしたい!とおもう方はこの作品に視聴決定です! 【ゆっくり自由帳】紅茶のコトワリを識る よく分かる世界の物語【ピュアな子はミチャだめ】 なんと説明したらいいか分からない系の動画です。 一応ギャグ系?といえるかもしれませんが、シンデレラや花咲じいさんなどの物語を二コマ漫画にしたような作品でしょうか・・・。 しいていうならお笑い芸人のフリップネタをゆっくりがやっているという感じです。 よく分からない謎の世界観なのにおもしろい! とりあえず見て判断してほしいというのが結論です。 【ニコニコ動画】【18禁】よく分かる世界の物語【ピュアな子はミチャだめ】 【マブラヴ未プレイ向け】 マブラヴをゆっくり解説 マブラヴの紹介動画です。 マブラヴに興味を持ちはじめた人やマブラヴをプレイ済みの人も楽しめる解説系作品になっています。 世界観の丁寧な解説や戦術機の説明など、「あぁすごいマブラヴのファンが作ってるなぁ」と分かるくらい気持ちがこもっていますね。 暇な時間があって動画以外にもおもしろいものを探しているのであれば、マブラヴにハマるキッカケを作ってくれると思うので見てみてはいかがでしょうか? 【マブラヴ未プレイ向け】 マブラヴをゆっくり解説 Part1 ゲーム機大戦 ゲーム機の歴史を分かりやすく解説してくれている動画です。 日本初めてのゲーム機エポックのテレビテニスからプレステやXboxなどの最近のゲーム機まで、どのような会社がどれくらいシェアを奪い合ってきたのかなどが描かれています。 ゲーム業界の過去から現在までの争いをストーリーとして紹介してくれているので、「今やっているゲームが生まれるまでにこんなことがあったんだ!」という関心してしまう知識が得られる動画といえるでしょう。 ゲーム機戦争 ゆっくりクソ映画レビュー B級~Z級映画をレビューする紹介動画になります。 自分で見ることはためらわれるB級映画をゆっくりと視聴者と共有しながら見ることで、ツッコミながらなんとかおもしろおかしく見る感じです。 レビューされる映画は学芸会レベル、いや、ホームビデオレベルの作品ばかりでツッコミどころ満載です。 爆笑しながら映画にツッコミたい方にはおすすめのゆっくり解説ですのでチェックしましょう! ゆっくりクソ映画レビューvol. 会社で雇われて仕事に疲れ果てている 社畜の方は共感できる部分もあるかもしれません。 おもしろ動画というわけではなくて、ちょっと異端な感じではありますが、他の紹介動画にピンとこなかった人はこういうのを見てみるのもいいかもですね。 全く知らない謎の漫画から「あ~あったな!そんな漫画!」というようなものまで色々あるのでおもしろいです。 打ち切りになったような作品はどこか飛び抜けた発想をしているものが多くて、その 変な発想をツッコミながら視聴できます! ゆっくり打ち切り漫画紹介 第1週「ロケットでつきぬけろ!」 [ゆっくり実況]ライアーゲーム-饅頭-1話 ドラマや漫画でおなじみのライアーゲームをゆっくり達が行います。 霊夢と魔理沙を中心に原作さながらの心理戦ライアーゲームを行い、ゆっくり王を決めるために奮闘する作品です。 ドラマのようなレベルの高い心理戦もありながら、ゆっくり独特のゆるさやかわいらしさも表現されている名作だと個人的には思っています。 しっかり考え込まれたゲームの数々は原作同様に視聴者にも考えさせてくれる面白いゆっくり動画です。 かなりおすすめですよ! 【ゆっくりライアーゲームを詳しく知りたいならこちら!】.

次の