河合杏里 旧姓。 河井杏里の実家はどこ?子供は?若い頃可愛いけど評判や性格は最悪の噂

河井克行の評判が悪い?人柄や性格は最悪との噂!過去にはパワハラも|HAJIMARE

河合杏里 旧姓

歌手と提供作家としての関係 奈保子さんが亜美さんから提供を受けた楽曲は以下の3作品です。 デジタルマスタリング45回転LPという仕様でした。 (談話室「 」参照) プリズム・ムーン 作詞・尾崎亜美 作曲・尾崎亜美 編曲・大村雅朗 上記シングル「微風のメロディー」のB面 亜美さんは歌手サイドから楽曲の提供依頼を受けたとき、基本的にはその歌手にお会いして、いろんなお話 (ヒアリング)をしたうえで、その方に合った曲作りをするんだそうです。 しかし、色々な見聞から推測するとおそ らく亜美さんと奈保子さんは曲作りの過程では直接に会っていないのではと思えるんです。 会って直接お話をし ていれば、お互い関西人どうしで話も弾むでしょうし、もっと思い出話的なものが出てきてもよいのですが、私の 知る限りそういったものが無いんですよね・・・。 (ちがうよ、という情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらお知 らせください) ま、お会いしてないとしても、結果として頂いた曲は奈保子さんにぴったりだったわけですから、亜美さんの力 量たるやすばらしいですね。 コーラスのノブさんとユッコさん 1981〜82年頃に奈保子さんのコーラスをしてくださっていた「マキシム」のメンバーが、後に亜美さんのコンサ ートツアーにコーラスで参加されています。 まず、ノブさんこと阿部信江さんですが、時期的にははっきりとしないものの83年から85年ごろツアーに参加 されていたようです(「MIRACLE」や「10番目のミュー」のツアーに参加)。 その様子は亜美さんのライブビデオ 「フロム・ミュー」(1986年発売)で拝見することが出来ます。 そして、ユッコさんこと長迫幸湖(旧姓:一ノ瀬)さんも「MIRACLE」のツアーに参加されています。 「MIRACLE」ではお二人揃い踏みで亜美さんのコンサートをサポートしていたんですね。 デビッド・フォスター氏がアルバム2作品に参加 奈保子さんのL. 【Daydream Coast】 1/IF YOU WANT ME(編曲) 2/SECOND NATURE(編曲) 3/LIVE INSIDE YOUR LOVE(デュエット) 【NINE HALF】 4/FINDING EACH OTHER(作曲・編曲) 直接的に関与した曲数はそれほど多くはないとはいえ、デビッド・フォスター氏をはじめとする海外ミュージシ ャンとの制作が音楽面で奈保子さんに影響を与え、後に作曲活動へと向かうことになったとされる点で意義深 い作品であると思います。 亜美さんはというと、アルバム「 HOT BABY 」「 Air Kiss 」(どちらも1981年発売)でデビッド・フォスター氏が 全曲の編曲を担当しています。 2作目はデビッド・フォスター氏からオファーがあったそうで、亜美さんの実力が 伺いしれますね。 ちなみに、プロデュースは2作とも亜美さん自身。 時々「デビッド・フォスター氏がプロデュース」 と書かれているときがあるそうですが、これは誤りとのこと。 なお、1作目の参加ミュージシャンがビッグネーム揃いで、2作目は名前は地味だけど実力派の布陣だったと いうのは奈保子さんも亜美さんも同じですね。 KBS京都のキャンペーンソングを手がける 奈保子さんは、KBS京都の交通安全キャンペーン「かたつむり大作戦」のキャンペーンソングとして「 やさしさ の贈り物 」を提供しています(シングル「悲しい人」(1988年発売)B面に収録)。 これは一般公募された詞を原 案に、作詞家として奈保子さんの音楽活動を支えていた吉元由美さんが作詞し、奈保子さんが作曲したという 異色の作品です。 この曲はラジオ交通情報のバックに何年間も流れ、その後もキャンペーンソングとして2002 年まで現役だったそうです。 一方、これにさかのぼること7年前、亜美さんのシングル「Love Is Easy」のB面に収録された「 My Shiny Town 」がKBS京都の創立30周年記念キャンペーン「We Love Beautiful KYOTO」のイメージソングとなり、後 年まで番組の間などにサビの部分が流れてたそうです。 でも、世間一般 に知られているのは亜美さんの方で発表もずっと前ですが・・・。 亜美さんの「My Song For You」は1982年5月発売のシングルで、「カルピス」のCMソングとしておなじみで す。 今でもコンサートではピアノ弾き語りで歌っておられまして、これがまた良いです。 一方、奈保子さんの「MY SONG FOR YOU」は、1987年によみうりランドイーストで開催されたバースデーコン サート「月夜宮殿」のアンコールにて、この日のためだけにキーボード弾き語りで歌われた曲であります。 (現行商品では2002年発売のDVD-BOX「PURE MOMENTS」に収録) 作詞が吉元由美さんですので、タイトルも吉元さんがつけたのかなと想像されるのですが、亜美さんを意識し たかどうかは不明。 でも 「MY SONG FOR YOU」というタイトルはぴったりですね。 余談ですが、著作権についての関係法令では曲タイトルは「著作物」とはみなされておりません。 よって同名 異曲は法的にはなんら問題ありませんし、歌詞を掲載するにはJASRACの許諾が必要ですがタイトルの掲載は 許諾不要です。 余談の余談ですが、JASRACのデータベースでMY SONG FOR YOUを検索すると11件ヒットし ます。 大阪と京都と違いますが、まあどちらも近 畿ですし、市内中心部からはやや離れた住宅地と言う点では環境的に近いものがあるかも。 東京に出てきて最初に住んだのはお二人とも東京都港区。 (奈保子さんは赤坂、亜美さんは六本木) 幼少のころからピアノのレッスンを受けていたのはお二人とも同じ。 (奈保子さん7歳〜、亜美さん8歳〜) そして、レコード会社が同じコロムビア。 えっ、亜美さんってコロムビアだっけ・・・。 実は2004年9月発売のニュ ーアルバム「おもてなし。 」からコロムビアに移籍しています。 (レーベルはPASSION)。 奈保子さんは今のところコロムビア一筋ですね。

次の

河合氏1億5千万円に『もう党費払いたくない』

河合杏里 旧姓

歌手と提供作家としての関係 奈保子さんが亜美さんから提供を受けた楽曲は以下の3作品です。 デジタルマスタリング45回転LPという仕様でした。 (談話室「 」参照) プリズム・ムーン 作詞・尾崎亜美 作曲・尾崎亜美 編曲・大村雅朗 上記シングル「微風のメロディー」のB面 亜美さんは歌手サイドから楽曲の提供依頼を受けたとき、基本的にはその歌手にお会いして、いろんなお話 (ヒアリング)をしたうえで、その方に合った曲作りをするんだそうです。 しかし、色々な見聞から推測するとおそ らく亜美さんと奈保子さんは曲作りの過程では直接に会っていないのではと思えるんです。 会って直接お話をし ていれば、お互い関西人どうしで話も弾むでしょうし、もっと思い出話的なものが出てきてもよいのですが、私の 知る限りそういったものが無いんですよね・・・。 (ちがうよ、という情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらお知 らせください) ま、お会いしてないとしても、結果として頂いた曲は奈保子さんにぴったりだったわけですから、亜美さんの力 量たるやすばらしいですね。 コーラスのノブさんとユッコさん 1981〜82年頃に奈保子さんのコーラスをしてくださっていた「マキシム」のメンバーが、後に亜美さんのコンサ ートツアーにコーラスで参加されています。 まず、ノブさんこと阿部信江さんですが、時期的にははっきりとしないものの83年から85年ごろツアーに参加 されていたようです(「MIRACLE」や「10番目のミュー」のツアーに参加)。 その様子は亜美さんのライブビデオ 「フロム・ミュー」(1986年発売)で拝見することが出来ます。 そして、ユッコさんこと長迫幸湖(旧姓:一ノ瀬)さんも「MIRACLE」のツアーに参加されています。 「MIRACLE」ではお二人揃い踏みで亜美さんのコンサートをサポートしていたんですね。 デビッド・フォスター氏がアルバム2作品に参加 奈保子さんのL. 【Daydream Coast】 1/IF YOU WANT ME(編曲) 2/SECOND NATURE(編曲) 3/LIVE INSIDE YOUR LOVE(デュエット) 【NINE HALF】 4/FINDING EACH OTHER(作曲・編曲) 直接的に関与した曲数はそれほど多くはないとはいえ、デビッド・フォスター氏をはじめとする海外ミュージシ ャンとの制作が音楽面で奈保子さんに影響を与え、後に作曲活動へと向かうことになったとされる点で意義深 い作品であると思います。 亜美さんはというと、アルバム「 HOT BABY 」「 Air Kiss 」(どちらも1981年発売)でデビッド・フォスター氏が 全曲の編曲を担当しています。 2作目はデビッド・フォスター氏からオファーがあったそうで、亜美さんの実力が 伺いしれますね。 ちなみに、プロデュースは2作とも亜美さん自身。 時々「デビッド・フォスター氏がプロデュース」 と書かれているときがあるそうですが、これは誤りとのこと。 なお、1作目の参加ミュージシャンがビッグネーム揃いで、2作目は名前は地味だけど実力派の布陣だったと いうのは奈保子さんも亜美さんも同じですね。 KBS京都のキャンペーンソングを手がける 奈保子さんは、KBS京都の交通安全キャンペーン「かたつむり大作戦」のキャンペーンソングとして「 やさしさ の贈り物 」を提供しています(シングル「悲しい人」(1988年発売)B面に収録)。 これは一般公募された詞を原 案に、作詞家として奈保子さんの音楽活動を支えていた吉元由美さんが作詞し、奈保子さんが作曲したという 異色の作品です。 この曲はラジオ交通情報のバックに何年間も流れ、その後もキャンペーンソングとして2002 年まで現役だったそうです。 一方、これにさかのぼること7年前、亜美さんのシングル「Love Is Easy」のB面に収録された「 My Shiny Town 」がKBS京都の創立30周年記念キャンペーン「We Love Beautiful KYOTO」のイメージソングとなり、後 年まで番組の間などにサビの部分が流れてたそうです。 でも、世間一般 に知られているのは亜美さんの方で発表もずっと前ですが・・・。 亜美さんの「My Song For You」は1982年5月発売のシングルで、「カルピス」のCMソングとしておなじみで す。 今でもコンサートではピアノ弾き語りで歌っておられまして、これがまた良いです。 一方、奈保子さんの「MY SONG FOR YOU」は、1987年によみうりランドイーストで開催されたバースデーコン サート「月夜宮殿」のアンコールにて、この日のためだけにキーボード弾き語りで歌われた曲であります。 (現行商品では2002年発売のDVD-BOX「PURE MOMENTS」に収録) 作詞が吉元由美さんですので、タイトルも吉元さんがつけたのかなと想像されるのですが、亜美さんを意識し たかどうかは不明。 でも 「MY SONG FOR YOU」というタイトルはぴったりですね。 余談ですが、著作権についての関係法令では曲タイトルは「著作物」とはみなされておりません。 よって同名 異曲は法的にはなんら問題ありませんし、歌詞を掲載するにはJASRACの許諾が必要ですがタイトルの掲載は 許諾不要です。 余談の余談ですが、JASRACのデータベースでMY SONG FOR YOUを検索すると11件ヒットし ます。 大阪と京都と違いますが、まあどちらも近 畿ですし、市内中心部からはやや離れた住宅地と言う点では環境的に近いものがあるかも。 東京に出てきて最初に住んだのはお二人とも東京都港区。 (奈保子さんは赤坂、亜美さんは六本木) 幼少のころからピアノのレッスンを受けていたのはお二人とも同じ。 (奈保子さん7歳〜、亜美さん8歳〜) そして、レコード会社が同じコロムビア。 えっ、亜美さんってコロムビアだっけ・・・。 実は2004年9月発売のニュ ーアルバム「おもてなし。 」からコロムビアに移籍しています。 (レーベルはPASSION)。 奈保子さんは今のところコロムビア一筋ですね。

次の

河井克行の評判が悪い?人柄や性格は最悪との噂!過去にはパワハラも|HAJIMARE

河合杏里 旧姓

歌手と提供作家としての関係 奈保子さんが亜美さんから提供を受けた楽曲は以下の3作品です。 デジタルマスタリング45回転LPという仕様でした。 (談話室「 」参照) プリズム・ムーン 作詞・尾崎亜美 作曲・尾崎亜美 編曲・大村雅朗 上記シングル「微風のメロディー」のB面 亜美さんは歌手サイドから楽曲の提供依頼を受けたとき、基本的にはその歌手にお会いして、いろんなお話 (ヒアリング)をしたうえで、その方に合った曲作りをするんだそうです。 しかし、色々な見聞から推測するとおそ らく亜美さんと奈保子さんは曲作りの過程では直接に会っていないのではと思えるんです。 会って直接お話をし ていれば、お互い関西人どうしで話も弾むでしょうし、もっと思い出話的なものが出てきてもよいのですが、私の 知る限りそういったものが無いんですよね・・・。 (ちがうよ、という情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらお知 らせください) ま、お会いしてないとしても、結果として頂いた曲は奈保子さんにぴったりだったわけですから、亜美さんの力 量たるやすばらしいですね。 コーラスのノブさんとユッコさん 1981〜82年頃に奈保子さんのコーラスをしてくださっていた「マキシム」のメンバーが、後に亜美さんのコンサ ートツアーにコーラスで参加されています。 まず、ノブさんこと阿部信江さんですが、時期的にははっきりとしないものの83年から85年ごろツアーに参加 されていたようです(「MIRACLE」や「10番目のミュー」のツアーに参加)。 その様子は亜美さんのライブビデオ 「フロム・ミュー」(1986年発売)で拝見することが出来ます。 そして、ユッコさんこと長迫幸湖(旧姓:一ノ瀬)さんも「MIRACLE」のツアーに参加されています。 「MIRACLE」ではお二人揃い踏みで亜美さんのコンサートをサポートしていたんですね。 デビッド・フォスター氏がアルバム2作品に参加 奈保子さんのL. 【Daydream Coast】 1/IF YOU WANT ME(編曲) 2/SECOND NATURE(編曲) 3/LIVE INSIDE YOUR LOVE(デュエット) 【NINE HALF】 4/FINDING EACH OTHER(作曲・編曲) 直接的に関与した曲数はそれほど多くはないとはいえ、デビッド・フォスター氏をはじめとする海外ミュージシ ャンとの制作が音楽面で奈保子さんに影響を与え、後に作曲活動へと向かうことになったとされる点で意義深 い作品であると思います。 亜美さんはというと、アルバム「 HOT BABY 」「 Air Kiss 」(どちらも1981年発売)でデビッド・フォスター氏が 全曲の編曲を担当しています。 2作目はデビッド・フォスター氏からオファーがあったそうで、亜美さんの実力が 伺いしれますね。 ちなみに、プロデュースは2作とも亜美さん自身。 時々「デビッド・フォスター氏がプロデュース」 と書かれているときがあるそうですが、これは誤りとのこと。 なお、1作目の参加ミュージシャンがビッグネーム揃いで、2作目は名前は地味だけど実力派の布陣だったと いうのは奈保子さんも亜美さんも同じですね。 KBS京都のキャンペーンソングを手がける 奈保子さんは、KBS京都の交通安全キャンペーン「かたつむり大作戦」のキャンペーンソングとして「 やさしさ の贈り物 」を提供しています(シングル「悲しい人」(1988年発売)B面に収録)。 これは一般公募された詞を原 案に、作詞家として奈保子さんの音楽活動を支えていた吉元由美さんが作詞し、奈保子さんが作曲したという 異色の作品です。 この曲はラジオ交通情報のバックに何年間も流れ、その後もキャンペーンソングとして2002 年まで現役だったそうです。 一方、これにさかのぼること7年前、亜美さんのシングル「Love Is Easy」のB面に収録された「 My Shiny Town 」がKBS京都の創立30周年記念キャンペーン「We Love Beautiful KYOTO」のイメージソングとなり、後 年まで番組の間などにサビの部分が流れてたそうです。 でも、世間一般 に知られているのは亜美さんの方で発表もずっと前ですが・・・。 亜美さんの「My Song For You」は1982年5月発売のシングルで、「カルピス」のCMソングとしておなじみで す。 今でもコンサートではピアノ弾き語りで歌っておられまして、これがまた良いです。 一方、奈保子さんの「MY SONG FOR YOU」は、1987年によみうりランドイーストで開催されたバースデーコン サート「月夜宮殿」のアンコールにて、この日のためだけにキーボード弾き語りで歌われた曲であります。 (現行商品では2002年発売のDVD-BOX「PURE MOMENTS」に収録) 作詞が吉元由美さんですので、タイトルも吉元さんがつけたのかなと想像されるのですが、亜美さんを意識し たかどうかは不明。 でも 「MY SONG FOR YOU」というタイトルはぴったりですね。 余談ですが、著作権についての関係法令では曲タイトルは「著作物」とはみなされておりません。 よって同名 異曲は法的にはなんら問題ありませんし、歌詞を掲載するにはJASRACの許諾が必要ですがタイトルの掲載は 許諾不要です。 余談の余談ですが、JASRACのデータベースでMY SONG FOR YOUを検索すると11件ヒットし ます。 大阪と京都と違いますが、まあどちらも近 畿ですし、市内中心部からはやや離れた住宅地と言う点では環境的に近いものがあるかも。 東京に出てきて最初に住んだのはお二人とも東京都港区。 (奈保子さんは赤坂、亜美さんは六本木) 幼少のころからピアノのレッスンを受けていたのはお二人とも同じ。 (奈保子さん7歳〜、亜美さん8歳〜) そして、レコード会社が同じコロムビア。 えっ、亜美さんってコロムビアだっけ・・・。 実は2004年9月発売のニュ ーアルバム「おもてなし。 」からコロムビアに移籍しています。 (レーベルはPASSION)。 奈保子さんは今のところコロムビア一筋ですね。

次の