ご指南いただいた。 超プロスタイリストが指南するファッションコーディネート術とは!?

今日のうららの里

ご指南いただいた

」 もしくは 「ご忠告ありがとうございます。 」 は失礼でしょうか? 「若干嫌味っぽいかな?」とも思いましたが 私の気にし過ぎでしょうか? 「教えてくださってありがとうございます」が適切かな?と思いました。 ・CCには自分の上司、お客様の上司も入っています。 よろしくお願いします。 協会としての監修本として「30代40代の転職 採用される履歴書・職務経歴書」「30代40代の転職採用される面接テクニック」「再就職で自衛官のキャリアを生かすには」があります。 自分らしく働きたい人、仕事を通じて自分の夢を叶えたい人に具体的な行動をアドバイスしています。 独自のステップで、キャリアを分解、再構築していくステップは、高評価をいただいています。 こんなご相談にお応えします。 「職場環境はいいけれど、お給料が不満。 もっと上げてほしい」「スキルアップできる仕事に転職したい」 「小さい頃から憧れていた職業にチャレンジしたい」「結婚を機に正社員になりたい」「主人の転勤に伴い、転職しなければならなくなった」 ご自分でもっと、在りたい姿に近づくために、作業していただくツールをご用意しています。 職務遂行能力について顕在化するテスト、キャリア棚卸シート、天職探索シートなどがあります。 お気軽にご相談ください。 ビジネスマナー講師、企業研修講師をしております。 その立場からご回答します。 まずは、ミスに対して、相手に迷惑をかけていますので、 その点を謝罪します。 本来は、ノーミスで提出すべきものだからです。 「ありがとうございます」ではなくて 「申し訳ございません」が適切です。 「このたびは、こちらの記入ミスにより、お手間をおかけしております。 誠に申し訳ございません。 」 等の表現で、誠実に丁寧にお詫びいたしましょう。 「ご指摘(ご忠告)をありがとうございます」というメッセージは、 場合によっては、敵対的な感じに取る方もいらっしゃる可能性が出てきてしまいます。 また、ミスをしている側である自社(自分)への自己防衛意識が強すぎる感じを、相手が得る場合もあるでしょう。 より良い関係にはなり難いので、お礼ではなくて、謝罪が適切です。 ミスが起きていることは、報告すべき内容として、各上司にもCCでお送りしたほうが良いです。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社...

次の

超プロスタイリストが指南するファッションコーディネート術とは!?

ご指南いただいた

DB設計の基礎と実践ノウハウが身につく一冊 本書は、好評を博した『達人に学ぶ SQL徹底指南書』の続編という位置づけで、プロのデータベース(DB)エンジニアである著者が、DB設計の基礎と実践ノウハウをやさしく手ほどきする指南書です。 初級者が押さえておくべきDB設計の基礎知識やポイント、正規化/非正規化のケーススタディ、テーブル設計のやってはいけないバッドノウハウ、注意すべきグレーノウハウなどを丁寧に解説します。 豊富なサンプルと練習問題で、現場で通用する実践的な力が身につきます。 DBエンジニアを目指す人、DB設計の基礎と実践をしっかり学びたい人、脱初級を目指すアプリケーション開発者やDBエンジニアなど、DB設計・開発に携わるすべての方におすすめの一冊です。 記載内容は印刷出版当時のものです。 予めご了承ください。 DB設計の基礎と実践ノウハウが身につく一冊 本書は、好評を博した『達人に学ぶ SQL徹底指南書』の続編という位置づけで、プロのデータベース(DB)エンジニアである著者が、DB設計の基礎と実践ノウハウをやさしく手ほどきする指南書です。 初級者が押さえておくべきDB設計の基礎知識やポイント、正規化/非正規化のケーススタディ、テーブル設計のやってはいけないバッドノウハウ、注意すべきグレーノウハウなどを丁寧に解説します。 豊富なサンプルと練習問題で、現場で通用する実践的な力が身につきます。 DBエンジニアを目指す人、DB設計の基礎と実践をしっかり学びたい人、脱初級を目指すアプリケーション開発者やDBエンジニアなど、DB設計・開発に携わるすべての方におすすめの一冊です。 対象読者であるが、DBに関してなんの知識もない人には厳しいが、Webサービスを作るときなどにはどのようなテーブルとフィールドが必要か、というのをある程度把握出来る人であれば十分読めるのではないか、と思う。 内容は、正規化の方法とそのメリット・デメリット(正規化は基本的には行うもの、と本書では書いてる)、パフォーマンスを上げる方法、バックアップの構成法、 テーブル設計のアンチパターンなど。 本書だけ読んで実践出来るのは正規化・パフォーマンスに関してで、バックアップについては概念のみなので別途別の本を読む必要がある。 ネットの入門記事やWebサービスの作り方などの本で関連してDBを勉強した程度で、DBを主題に勉強したことがないという人であれば、読む価値のある本であると思う。

次の

ビジネスにおける「ご指摘」の意味と類語・例文集

ご指南いただいた

「ご指導いただき」の例文としては、会社内で上司に対して「いつもご指導いただきありがとうございます」と使用することがあります。 どのような人に対しても使用できる「ご指導いただき」ですが、自分と同じような立場の人や、部下などに対しては使用しないでしょう。 また、「ご指導いただき」の前後の文章も色々と工夫することであなたの気持ちをこめることができるのでより良い文章となります。 普段から何とおりかの「ご指導いただき」の使い方をもっていると良いでしょう。 ご指導いただきます 社会人として「ご指導いただきます」も使用する機会もかなりあります。 例えば、取引先の会社の担当者に何らかの指導をしてもらう予定になっているときに、「では、15日にご指導いただきます」と言ったりします。 何かを予定していて敬語として「ご指導いただきます」と使用しますが違和感のある人もいますが、一般的に使用される文章でしょう。 また、「ご指導いただきます」は、何回も使用するのではなくて大切なところで使えると良いでしょう。 ご指導いただきたい では、「ご指導いただきたい」の例文とは、どのようなものでしょう。 これも会社内において他のセクションとのやり取りのなかで「先日お話した内容について、ご指導いただきたいです」などと使用します。 この文章も敬語表現であるので相手に対して失礼になることはないでしょう。 社内でも上手にコミュニケーションをとりたいときに、使用すると効果的でしょう。 また、「ご指導いただきたい」は上司や目上の人でも使用できるので重宝します。 ご指導いただきますよう 「ご指導いただきますよう」の例文は、ある研修を予定していて社外から研修のスタッフが来てもらって指導してもらうときに、「予定している1日に研修内容についてご指導いただきますよう、よろしくお願いいたします」と使用します。 「ご指導いただきますよう」を使用するときは、前後の文章をしっかりとした内容で記載することがポイントとなります。 ご指導いただきました 「ご指導いただきました」の例文は、メールでの社外とのやり取りの中で、ある講習で指導してもらったかどうかを明確に言うときに、「私は、先日の講習会でご指導いただきました」などと使用します。 社外に対してなので「ご指導いただきました」の敬語表現は正しいでしょう。 特にメールを受けた側も違和感のない文章になります。 また、メールの中で「ご指導いただきました」と似た表現の言葉は、あまり使用しない方が全体の文章として読みやすいでしょう。 してはいけない「ご指導いただき」の使い方 では、してはいけない「ご指導いただき」の使い方とは、どのようなものでしょう。 会社内において同じ立場の人に対して「ご指導いただき」を使用するのは良くないでしょう。 理由としては、基本的に「ご指導いただき」は敬語になるので同じ立場の人に対して使用すれば、表現が違うと思われます。 自分が同僚から「ご指導いただき」と言われれば、とてもかたい表現に感じることでしょう。 同僚などに対しては親近感のある表現で伝えるのが一般的でしょう。 「ご指導いただき」の使い方 「ご指導いただき」は、さまざまな場面で使用できます。 例えば、普通に話しをしているときでも使えるのと、ビジネスで重要な文章を作成するときも使用できます。 使うときはいくつかの注意点を守って使用すると聞き手側も理解しやすくなります。 例えば、自分の感謝の気持ちを相手に伝えるために「ご指導いただき」を使用するのであれば、その理由も一緒に話すとより相手に伝わる内容となります。 逆に急に「ご指導いただきありがとうございます」と言われても理解できるケースもあるので注意しましょう。 メール メールでの「ご指導いただき」の使い方は、文章の中でどのあたりに使用するかがポイントとなります。 「ご指導いただき」は、一つの使い方として最初の挨拶の文章のなかで使用すると効果的です。 メールを受けた側は、この人に指導して良かったと思ってくれるでしょう。 また、メールの最後に締めくくりとして「ご指導いただきありがとうございました」と記載しても印象が良いでしょう。 また、何度も不用意に「ご指導いただき」を使用するとあまり印象がよくないです。 メールでの「ご指導いただき」の印象 メールで「ご指導いただき」といった内容の文章をもらうと、とても好印象でしょう。 人によっては、時間がなかったりして「ご指導いただきありがとうございます」の一言を文章に入れ忘れることもあります。 「ご指導いただき」の一言であなたの感謝の気持ちなども一緒に相手に伝えることができるのでできるかぎり使用した方が良いでしょう。 また、メールで「今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします」と一緒に使用しても良いです。 年賀状 年賀状の「ご指導いただき」の使い方としては、「去年は、色々とご指導いただき誠にありがとうございました」などとなります。 このような使い方であれば、無難な使用方法と言えます。 この年賀状を受け取った方は、「丁寧な言葉をありがとう」といった気持ちになってくれるでしょう。 年賀状で「ご指導いただき」を使用するには年初めからかたい表現ではないかと思う人もいますが、実際に敬語で自分の気持ちをしっかりと伝えることができます。 年賀状の「ご指導いただき」のポイント 年賀状の「ご指導いただき」の使用のポイントとしては、はじめに年賀状としての挨拶があると良いでしょう。 最初から「ご指導いただき」を使用すると何の文章なのわかりづらくなってしまうでしょう。 挨拶の後に平素からお世話になっている気持ちを伝えるために「いつもご指導いただきありがとうございます」と一言記載すると印象が良いでしょう。 また、「ご指導いただき」の後には、「本年もよろしくお願いいたします」と記載するときれいな文章と言えます。 「ご指導いただき」の類語 「ご指導いただき」の類語はいくつかありますが、その一つとして「ご教示いただき」があります。 この言葉は「ご指導いただき」と同じようなケースで使用します。 使用頻度としては、「ご指導いただき」の方が多いでしょう。 「ご教示いただき」は「ご指導いただき」ではなくて他の表現で自分の感謝の気持ちなどを相手に伝えるときに使用します。 例文としては、「先日はお忙しところ、ご教示いただきまことにありがとうございます」となります。 間違えやすい「ご指導いただき」の使い方 間違えやすい「ご指導いただき」の使い方とは、どのようなものでしょう。 例文としては、「ご指導いただきました」などの使用方法は適切ではないでしょう。 あくまでも敬語として使用しているので使いわけができるようにした方が良いでしょう。 この場合は「ご指導していただきました」の方が一般的に使用する言いまわしとなります。 自分で「ご指導いただき」を使用していて、おかしな表現になった時は途中でもよいので、訂正するのが良いでしょう。

次の