グアム 通り魔 事件。 グアム無差別殺傷事件、邦人男性も死亡 日本人犠牲者3人に 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

グアム無差別殺傷事件 レジでの被害者への一言を店員悔やむ|NEWSポストセブン

グアム 通り魔 事件

犠牲となった杉山利恵さん(享年28)と祖母の上原和子さん(享年81)は、グアムの教会で行われる杉山さんの弟の結婚式に参列するため親戚24人とともにグアムを訪れていた。 殺人などの容疑で逮捕されたチャド・ライアン・デソト容疑者(21才)はまず近くにいた上原さんをナイフで2度刺し、その後、利恵さんと8か月の次女に狙いを定めた。 危険を察知した利恵さんは、とっさに次女の上に覆い被さる。 目を見開いてナイフを振りかざす殺人鬼から5度にわたって体を刺され、辺りが鮮血に染まっても愛娘を抱き抱えたまま離さなかった。 続けてデソト容疑者は利恵さんの3才になる長女に刃を向けたが、今度は利恵さんの夫が身を挺して盾となり、小さな命を凶行から救った。 事件直前、利恵さんは現場となったコンビニ「ABCストア」で買い物中だった。 ペットボトルの水を買おうとコンビニに入った利恵さんが店の奥のレジに並んでいると、店員のひとりに声をかけられた。 「それ1本だけなら、あちらのレジでどうぞ」 入り口付近のレジを指された利恵さんは、ベビーカーを押して、入り口側のレジへと向かった。 もちろん、店員としては親切のつもりだったはずだ。 「利恵さんが水を購入して外に出た瞬間、容疑者の車が突っ込んできた。 車を降りた容疑者は、上原さん、続いて利恵さんを刺したんです。

次の

グアム通り魔殺人犯の深い闇

グアム 通り魔 事件

どうして被害者の弟は、グアムで挙式を挙げたのですか?日本で式を挙げてグアムに旅行に行けば、お姉さんは亡くならずに済んだのです。 違いますか。 -------------------------------------------------------------------------------------------------- ・楽しみにしていたバレンタインデーの結婚式。 南の島の家族旅行は一夜で暗転した。 「娘を返してほしい」。 グアムの繁華街で発生した無差別殺傷事件で亡くなった杉山利恵さん(28)、上原和子さん(81)は親族ら 約20人での旅行中、悲劇に見舞われた。 現地の病院で取材に応じた遺族は13日、涙をためながら言葉を 詰まらせた。 取材に応えた遺族は杉山さんの父親で、上原さんの息子に当たる。 親族らは、杉山さんの弟の結婚式のため グアムを訪れていた。 結婚式の予定は14日。 事件があった12日は家族で夕食後、現場となったショッピングセンターで買い物を 楽しんでいる最中だった。 杉山さんは3歳になる自分の娘をかばうように抱きしめたまま刺されたという。 病院で家族の通訳として付き添ったグアム在住の女性ボランティア(72)は、杉山さんの夫が何度も 「許せない」と口にするのを聞いた。 「葬式の準備もあるし、小さな子供をこれから育てなければならない。 どうしていいのか分からない」と放心する夫の近くで、赤ん坊がミルクも飲まずに泣き続けていた。 「なんでグアムにまで来て通り魔に遭わなければいけないのか。 大事にしていた娘を返してほしい」 父親が経営する会社で経理担当として働いていた杉山さん。 「気が優しくて、仕事もできて、私の片腕でした。 子煩悩な娘だった」。 父親は怒りをこらえるように、強く唇をかんだ。 中古車販売会社を経営する杉山さんの父親が、杉山さんの娘を連れている姿を見かけたという無職男性 (68)は、「よく店の周りで遊んでいた。 本当に仲が良さそうで、幸せそうな家族に見えたのに…」と言葉を 詰まらせた。

次の

野原遥(バチェラー)グアム事件で負った傷とは?元彼や性格も!

グアム 通り魔 事件

グアム グアムのジャングルへいざ出発😆 大自然を肌で感じるのにピッタリのアクティビティ、リバークルーズ。 アメリカの準州です。 グアムと言えばきれいな海! たくさんのビーチがあり、のんびりと過ごせます。 観光はグアムの最大の産業の一つで昔は日本人観光客がほとんどでしたが 1990年代をピークに旅行先の多様化から日本人観光客は減少 現在は中国人観光客や韓国人観光客も増えているのだとか。 グアム無差別殺傷事件 1月7日 火 よる7時「新春4時間SP」。 2013年2月、日本人観光客3人が命を奪われた「グアム無差別殺傷事件」。 1人の男が車で歩道を爆走、ナイフで次々と襲いかかった。 肉親を亡くし、死の淵をさまよった野原遥さん。 想像を絶する苦しみと事件の真実に迫ります。 事件が起きたのは2013年2月12日、場所はグアム島の繁華街タモン地区。 現地夜10時過ぎ 一人の男が車で爆走ししABCストアに突っ込んだ後 ナイフで次々と人襲い掛かったのです。 まず路上にいた6人を車ではね、車を降りた犯人は次々とナイフで近くにいた人に襲い掛かります。 親族の結婚式や観光で訪れ現場に居合わせた 日本人3人が犠牲になり そのほかに10人以上が負傷しました。 観光地が襲撃されたため、被害者は全員日本人だったそうです 犯人は? この事件の犯人は地元に住む21歳の チャド・デソト。 事件当時は「車とナイフで出来る限り多くの人を傷つけたかった」と供述していて 事件前には彼女と別れ、家にも居場所がなくストレスをため込んでいたと周りの人が話していました。 2016年、 チャド・デソトは仮釈放が認められない終身刑が確定。 この刑は死刑制度がないグアムでは最も重い量刑なのだそうです。

次の