クレジットカード visa おすすめ。 Mastercard(マスターカード)とは?Visaとの違いを比較|クレジットカードの三井住友VISAカード

【2020最新・徹底比較】クレジットカード人気おすすめランキング

クレジットカード visa おすすめ

クレジットカードを選ぶポイント• ポイントの貯めやすさ ベースのポイント還元率が高いか、ポイントを貯める機会が多いか、など• ポイントの使いやすさ 貯まったポイントが交換しやすい、交換先が充実しているか、など• 電子マネー/スマホ決済との親和性 電子マネーやスマホ決済に対応しているか、組み合わせによってポイントUPするか、など• 海外利用時のサービス充実度 海外旅行保険が付帯しているか(自動付帯か利用付帯か)、現地での特典サービスがあるか、など• 緊急時のサポートの手厚さ 相談窓口の対応が親切か、万が一被害にあったときの補償があるか、など 専門家が選ぶおすすめクレジットカードランキング ここからは、人気のクレジットカード10枚に対する専門家の評価とランキングを紹介していきます。 評価していただいたクレジットカードの専門家は、TV番組や雑誌、Webメディアでの掲載実績を多数お持ちの3名です。 岩田昭男 カード評論家 菊地崇仁 代表取締役 池田星太 編集長 岩田昭男(いわたあきお) 流通、情報通信、金融分野を中心に活動し、クレジットカード、電子マネー、キャッシュレス決済全般について30年以上取材・研究を続けているクレジットカード業界の第一人者。 菊地崇仁(きくちたかひと) 2006年よりポイント交換案内サービス「」の開発を手がけ、2011年より株式会社ポイ探の代表取締役。 ポイントの達人としてテレビ出演など多数。 池田星太(いけだせいた) 編集長。 一般カードからゴールドカード、ブラックカードまで幅広く利用し、取材などを通じて、利用者に役立つ情報をメディア・雑誌で発信中。 今回評価していただいたクレジットカードは以下の10枚です。 カード初心者の方にも使いやすく、人気のクレジットカードをCREVIEW編集部が厳選しました。 【評価基準】• ポイントの貯めやすさ ベースのポイント還元率が高いか、ポイントを貯める機会が多いか、など• ポイントの使いやすさ 貯まったポイントが交換しやすい、交換先が充実しているか、など• 電子マネー/スマホ決済との親和性 電子マネーやスマホ決済に対応しているか、組み合わせによってポイントUPするか、など• 海外利用時のサービス充実度 海外旅行保険が付帯しているか(自動付帯か利用付帯か)、現地での特典サービスがあるか、など• 緊急時のサポートの手厚さ 相談窓口の対応が親切か、万が一被害にあったときの補償があるか、など 総合ランキングと人気のクレジットカード10枚の評価をさっそく見ていきましょう。 総合的なおすすめクレジットカードランキング 専門家3名の採点をもとにしたおすすめランキングは以下のとおりです。 日本最初のVisaカードとして知られ、ステータス性は十分です。 大学生の卒業旅行に指名されることの多いカードのため、 海外旅行傷害保険が、最大2000万円補償されるなど充実しています。 専門家おすすめのクレジットカードランキング、ぜひカード選びの参考にしてみてくださいね。 続いては、より具体的にクレジットカードを作る目的がある方に向けて、おすすめのクレジットカードを紹介していきます。 【目的別おすすめクレジットカード】300人に聞いた本当に使えるカードとは? 専門家のレビューを見てもわかるように、クレジットカードには一枚一枚さまざまな特徴があり、強みも異なります。 例えば、「コンビニでポイントが貯まりやすいカード」や「ガソリンスタンドで支払うと割引があるカード」など、お得ポイントが違うのです。 ここからは、実際にクレジットカードを利用しているユーザー300人が選んだ、以下の目的別のおすすめクレジットカードを紹介していきます。 クレジットカードを選ぶ15の目的一覧 ぜひ自分のライフスタイルと照らし合わせながら、カード選びの参考にしてくださいね。 これさえあれば申し込みOKリスト• クレジットカード代金の引落し口座がわかるもの(通帳またはキャッシュカード)• また、クレジットカードの利用代金を引き落とすための 銀行口座は、カードを申し込む前に開設しておきましょう。 クレジットカード申し込みはWebがおすすめ クレジットカードの申し込み手段は、主にWeb・店頭・郵送の3つです。 カード会社では Web申し込み限定のお得なキャンペーンを実施するケースが増えているので、店頭や郵送で申し込むよりもお得に作れるチャンスがあります。 ご自身の状況に合わせて最適な申し込み方法を選んでくださいね。 ポイントの貯めやすさ• ポイントの使いやすさ• 電子マネー/スマホ決済との親和性• 海外利用時のサービス充実度• 消費生活ジャーナリスト• クレジットカード評論家 流通、情報通信、金融分野を中心に活動し、クレジットカード、電子マネー、キャッシュレス決済全般について30年以上取材・研究を続けているクレジットカード業界の第一人者。 専門家プロフィール 菊地崇仁(きくちたかひと)• 株式会社ポイ探 代表取締役 2006年よりポイント交換案内サービス「」の開発を手がけ、2011年より株式会社ポイ探の代表取締役。 ポイントの達人としてテレビ出演など多数。 専門家プロフィール 池田星太(いけだせいた)• クレジットカード・キャッシュレス専門家• キャッシュレス情報メディア「」編集長 一般カードからゴールドカード、ブラックカードまで幅広く利用し、取材などを通じて、利用者に役立つ情報をメディア・雑誌で発信中。 最新情報はカード会社公式サイトでご確認ください。

次の

VISAブランドで選ぶおすすめクレジットカードランキング【2020年】|金融Lab.

クレジットカード visa おすすめ

\ インターネット入会限定! 「マイ・ペイすリボ」を3万円以下で登録して7万円利用するだけで、 もれなく1,000円プレゼント! / 【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社 三井住友カード プラチナから一段落ダウンしますが、十分なステータスをもつ三井住友カード ゴールドは、一流旅館・ホテルをお得な値段で予約可能な会員制宿泊予約サービス「Rulux リラックス 」を利用でき、それに伴う旅行保険内容なども充実した1枚です。 旅行の際にも安心の旅行保険が充実したVISAカード3選 旅行好きなら、旅行保険が付帯しているクレジットカードを持つと、もしもの時にも安心です。 そこで、旅行保険が付帯しているおすすめカードを紹介します。 クレジットカード付帯の保険については、下記でも詳しくご紹介していますので、よろしければどうぞ 三井住友カード ゴールド ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、カードラウンジよりもさらに高級感のある ANA国内空港ラウンジが無料で利用できるサービスが付帯しています。 そして、プライオリティパスの発行資格も無料でついてきます。 上質な優待サービスが受けられるVISAカード3選 クレジットカードには、何かしらの会員特典がついている場合がほとんどですが、その中でも特に上質なサービスが受けられるクレジットカードを紹介。 ANA VISAプラチナ プレミアムカード ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、個人的な嗜好に合わせて一流ホテルやレストラン予約などを行ってくれる、 会員専用のコンシェルジュサービスが付帯しています。 そして、2名以上の利用で、一流レストランの料理が1名分無料になるなどのお得な優待サービスが利用できます。 また、 国内空港のANAラウンジが無料で利用できたり、ANA航空券の購入でマイル2倍貯まったりするなどの、ANA VISAプラチナ プレミアムカードならではの優遇サービスもあります。 三井住友カード プラチナ 【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社 三井住友カード プラチナは、コンシェルジュサービスはもちろんのこと、国内外の一流ホテルや旅館、高級レストランなどを優待価格で利用できるサービスが付帯しています。 タイプ別におすすめクレジットカードを紹介 ここまでは、ポイント還元率やサービスなどに分けておすすめのカードを紹介してきましたが、沢山有り過ぎて選べないという方もいるかと思います。 ここからは、学生・主婦・新社会人・管理職などのタイプ別におすすめのカードを紹介します。 ここまで読めばあなたにぴったりのVISAカードが見つかるはずです。 学生の方におすすめ『三井住友VISAカード デビュープラス 』 年会費 ポイント還元率 発行スピード 初年度無料 前年度1回以上の利用で、翌年も無料 0. そして、1度でも利用すれば翌年の年会費も無料となるため、 毎年1回以上の利用があれば年会費が実質無料になります。 また、年会費がお得なだけではなく、 入会後3ヵ月間はポイントが5倍、それ以降もずっと2倍になるというお得な特典もついてきます。 年会費が実質無料で、お得にポイントも稼げるカードなので、経済的に苦しい学生さんにぴったりのカードです。 主婦の方におすすめ『楽天カード』 年会費 ポイント還元率 発行スピード 10,000円 税抜 0. また、本会員の家族にも旅行保険が付帯するなど、本人以外もそのメリットを受ける事ができます。 その他にも、一流ホテルなどをゴールド会員価格で予約できるサービスや、医師への健康相談サービスなど、ゴールド会員ならではのステータスを得る事ができます。 年会費は発生しますが、補って余りある優待とステータスをもっている三井住友カード ゴールドは、国内の出張が多く、取引先との会食が多い管理職の方におすすめの一枚です。 おすすめのVISAカードまとめ VISAは世界でもっとも多くの場所で使える国際ブランドです。 また、多くの提携会社がクレジットカードを発行しているため、カードごとに様々な特徴があります。 VISAカードを選ぶ際は、自身の生活スタイルに合うクレジットカードを選ぶことが重要です。 関連記事.

次の

クレジットカードおすすめ人気ランキング(絶対に後悔しない2019年版)

クレジットカード visa おすすめ

ポイントサービスやETC、保険などクレジットカードとして欲しい機能が揃っているカードだ。 見た目がしっかりとした印象で、人前で使う際には 好印象を与えることができるだろう。 信頼と実績のある三井住友カード株式会社発行のカードである ステータス性と、 充実した補償内容が特徴的だ。 特に、家族カードまで補償の対象になっているのはうれしい。 また、様々なサービスが次から次へと登場しており、進化するカードでもある。 三井住友カードAの方は年会費がわずか250円プラスになるだけなので、こちらを選択した方が安心できる。 こんな人におすすめ• ステータス性のあるカードがいい• しっかりとした補償が欲しい• ポイントを効率的に貯めたい 3つのおすすめポイント ・旅行保険、ショッピング補償など補償サービスが充実 初年度年会費無料で、さらに条件を満たせば次年度以降も年会費無料となる。 学生カードの場合は年会費無料なのがうれしい。 ・家族カードも補償の対象 カードの種類によっては国内・国外どちらの旅行にも 旅行保険が付帯し、 最高2,500万円が利用付帯する。 また、ショッピングの補償も充実しており、購入した商品が破損・盗難などの損害を受けた場合購入日から 200日間補償されるサービスもある。 さらに、家族カードも補償の対象になるというのだから驚きだ。 ・ETCカードを無料で発行可能 初年度年会費無料で発行され、翌年以降は、前年に一回の利用があれば翌年も年会費無料になる。 利用に応じてポイントも貯まる。 また、会員補償制度により、盗難・紛失時も60日間遡って補償されるので安心出来る。 REX レックス カード 通常賢げ率が驚異の 1. ジャックスのインターネットショッピングモール「JACCSモール」を使えば、さらに還元率が 0. 75%になる。 さらに、旅行保険も国内・海外共に付帯しており、金額も申し分ない。 年会費無料、 超高還元率、 旅行保険付帯と、至れり尽くせりの 超優良カードだ。 こんな人におすすめ• 還元率の高いお得なカードが欲しい• インターネットでの買い物が多い• キャッシュバック型の還元が良い 3つのポイント ・年会費無料で1. 楽天カード、オリコカードといった高還元率で知られる優良カードよりも高く、全クレジットカードの中でも間違いなく 最高峰の還元率であるといえる。 ・特定のネットショップでポイント2倍 インターネットショッピングモール「JACCSモール」を経由してAmazonや楽天などで買物をすると還元率が 0. とにかく還元率重視の人にはおすすめしたいカードである。 ・ポイントはJデポに移行してキャッシュバック可能 カードの利用で溜まったレックスポイントは2,500ポイント以上でジャックスカードが運営するJデポに移行することが出来る。 Jデポは次回の支払い時に 請求金額から引かれるので、ポイントをいちいち使うのが面倒という人にとって便利なカードだ。 ビックカメラSuicaカード ビックカメラとSuicaのダブルネームで有名なビックカメラSuicaカードはあらゆる点において非常にお得なカードだ。 初年度年会費無料で、年1回の利用があれば2年目以降も無料となる。 最大高還元率11. クレジットカードでSuicaにチャージし、Suicaで支払いをすることで ポイントの二重取りも可能。 仮にビックカメラをあまり利用しない方であってもSuica搭載のクレジットカードとして非常におすすめな1枚だ。 こんな人におすすめ• ビックカメラで買い物をする• Suicaをチャージする機会が多い• 年会費はやっぱり無料がいい 3つのおすすめポイント ・ビックカメラで買い物をする ビックカメラで買い物をすると、最大で 11. ・Suicaをチャージする機会が多い ビューカードの機能付きなので、クレジットカード払いでSuicaのチャージをした場合や、JRのチケットを購入した場合に 1. オートチャージにも対応しているので、ポイントをもれなく貯めることが可能だ。 ・2年目以降も年1回の利用で年会費無料 初年度年会費無料で、さらに年1回の利用があれば次年度以降も年会費無料となる。 利用がない場合の年会費は477円(税抜)。 還元率が高いため、年会費はほとんど気にならないだろう。 エポスカード 国際ブランドはVISAのみ。 マルイの店頭で発行していることで有名なエポスカードは 年会費無料で、 10,000以上の店舗で優待を受けられるなど、持っているだけでお得なカードだ。 さらに、自動付帯で 最大500万円の海外旅行保険もついており、海外旅行や留学、出張の際に持って行くと安心できる。 マルイの各デパートでは「マルコとマルオの7日間」というセールを年に4回開催しており、エポスカードで決済すると10%OFFになるので 還元率10%相当になる。 期間中はマルイのネット通販も対象。 基本のポイント還元率は0。 ポイントアップサイト「たまるマーケット」経由でのネットショッピングで、 2~30倍のボーナスポイントが付与される。 貯まったポイントは電子マネーのチャージや商品券・マイルとの交換、マルイでの買い物時に使うことができる。 こんな人におすすめ• とにかく早くカードを作る必要がある• 店舗でお得な優待を受けたい• 海外旅行の保険が欲しい 3つのおすすめポイント ・マルイの店舗で最短即日発行 Webまたは店舗で申込可能で、マルイの店舗で受け取れば 最短即日発行も可能。 マルイの店舗は池袋や渋谷など主要な駅の近くにあるため、 急ぎでクレジットカードが必要な場合に役立つ。 ・10,000以上の店舗で優待が受けられる カラオケのSHIDAXやBIG ECHOでは 室料30%オフ、居酒屋のモンテローザ系列では ビール50%オフ、ドリンク20%オフ、料理20%オフなど普段のレジャーや食事のシーンで優待を受けられるのがうれしい。 ・海外旅行の保険がついてくる 年会費無料でありながら 自動付帯で500万円の海外旅行保険がついているのは非常に心強いと言える。 最短即日発行と合わせて、急な海外旅行や出張に間に合わせるには最適なカードだろう。 Yahoo! ショッピング、LOHACOでの利用ならTポイントが 毎日3倍に。 さらに、ショッピング補償付きのため、Tカードユーザー&買い物に最適なカードと言える。 年会費無料のため、持っていて損のない定番カード。 もちろんTSUTAYAレンタルサービスも追加可能だ。 申込基準は4位までのカードと若干異なり「安定した継続収入」という条件が追加されている。 しかし、主婦や未成年者でも申し込むことができるため、比較的審査に通りやすい部類のカードであることは間違いない。 こんな人におすすめ• 主に日本国内で使う• Yahoo! ショッピング、LOHACOをよく使う• Tポイントを活用したい 3つのポイント ・Yahoo! ショッピング、LOHACOでポイント3倍 Yahoo! JPAPNカードは、年会費無料で基本のポイント 還元率1. 楽天カードと同様に高還元率のカードとなっている。 さらに、Yahoo! ショッピングおよびLOHACOでの利用時は ポイント3倍となる。 ・Tポイントが貯まる!使える Tカード番号を登録することで Tポイントが貯まり、使えるようになっている。 これにより、全国のTポイント提携先でもTポイントが貯められる。 たとえば、ENEOSのガソリン給油で使うと ポイント1. また、Tモールを経由することでも、お得にポイントを貯めることができる。 Tポイントは使える場所が多いのが魅力。 TSUTAYAをはじめとした実店舗、ネット店舗合わせて8万店舗以上で利用可能だ。 また、1000Tポイントを 1000円のSuicaに交換できる。 ・ヤフオクユーザーに特典あり 条件を満たすことで、入会から1年間ヤフオク落札代金の支払い時のYahoo! かんたん決済手数料が 毎月初回無料になる。 また、ヤフオク!での本人確認が不要になるなど、ヤフオク!ユーザーにとって利便性が高いカードだ。 日本国内でVISAの取り扱いにおいて最も歴史のある三井住友カードが発行するゴールドカードであるため、 安心感と信頼感が格段に高いカードと言える。 また、サービスや補償もゴールドカードならではのハイクオリティな内容が揃っており、まさにお手本のようなゴールドカードだ。 こんな人におすすめ• 安心できる信頼性の高いカードが良い• 充実したサービスや補償が欲しい• 還元率も重視したい 3つのおすすめポイント ・安心と信頼 三井住友カードは セキュリティに関するノウハウをしっかり持っている。 三井住友フィナンシャルグループの一員であることから分かるように、バックボーンもしっかりしているので 利用者の安心感は大きい。 海外などで紛失や盗難したとしても、不正利用される可能性を減らすことができる。 ・充実したサービス ゴールドカードの定番サービスである 空港ラウンジサービスや医師への24時間年中無休で電話相談ができる ドクターコール、 ゴールドカード専用デスクなど豊富で特徴的なサービスが付帯している。 ・安心の補償 最高5,000万円の国内・海外旅行保険が付帯している。 また、他人をケガさせた場合の損害賠償を補償する賠償責任が5000万円と高額な補償も魅力的である。 家族特約も付いているので、 家族も同様の補償が受けられるのもチェックしておきたい点だ。 利便性ナンバー1の国際ブランドVISA VISAは5大国際ブランド「VISA」「MasterCard」「JCB」「アメックス」「ダイナースクラブ」の中で、 最大の会員数・加盟店数を誇る。 VISAブランドのカードは 世界200カ国以上、 3000万店以上で利用可能。 クレジットカードが普及している国・地域ではほぼどこでも使えるため、 海外旅行の際にVISAブランドのカードを1枚は持っておきたい。 初めの1枚にもおすすめできる。 また、VISAブランドのカードは、「生活系カード」といわれ、日常生活で便利に利用できるクレジットカードだ。 利用者層が広く、日常的な買い物で使えるように、加盟店を積極的に増やしてきた。 5大国際ブランドの中では、マスターカードも同様の位置付けで、会員数・加盟店数がVISAに次いで多いブランドである。 提携カードのみ VISAはあくまで決済サービスを提供する企業であり、 直接的なカード発行は行なっていない。 提携会社にライセンスの供与を行い、「VISA」というブランドの使用を承諾している。 VISAから直接ライセンスの供与を受けている「加盟店契約会社」は次の通り(五十音順・2018年3月時点)。 イオンクレジットサービス株式会社• 株式会社クレディセゾン• 株式会社ジャックス• 住信SBIネット銀行株式会社• すみしんライフカード株式会社• 株式会社セディナ• ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社• トヨタファイナンス株式会社• 株式会社北國銀行• 三井住友カード株式会社• 三菱UFJニコス株式会社• ユーシーカード株式会社• 楽天カード株式会社• Worldpay株式会社 5大国際ブランドのうち自社でカードを発行しているのは、JCB、アメックス、ダイナースクラブ。 ブランドが直接発行するカードを「プロパーカード」と呼び、審査基準などからステータスが高いとされている。 日本におけるVISAのプロパーカードの立ち位置にあるのが、 三井住友カードだ。 三井住友カードの中で最もステータスが高いのが、インビテーションにより申し込みが可能となる「三井住友カード プラチナ」である。 国内唯一のVISAブラックカード 日本で最もステータスが高い国内唯一のVISA「ブラックカード」として、静岡県のスルガ銀行が発行する 「Visa infinite」という特別なカードがある。 同行の大口顧客のためにつくられたカードで、一般にはアナウンスされていない。 日本国内で一般的に入手できるVISAブランドのステータスが高いカードは、前述の 「三井住友カード プラチナ」だ。 国内外のATMでキャッシング利用可能 キャッシングを利用可能なクレジットカードであれば、 国内外の「Visa」または「Plus」マークのついたATMで現金を引き出すことができる。 VISAのキャッシングが利用できるATMは世界260万台で、多くの国・地域で利用可能。 海外旅行などの際に、急に現金が必要になった場合非常に便利だ。 優待・キャンペーン VISAはプロパーカードを発行していないので、特典やキャンペーンは、提携カードによって異なる。 三井住友カードはカードの種類が多く、常時複数のキャンペーンを展開している。 入会キャンペーンが多いので、三井住友カードで新たなカードを申し込むときは、お得なキャンペーンがないかチェックしておこう。 また、VISAに共通するキャンペーン・特典もいくつかある。 時期によって内容は変わるが、国内外のホテル・ショッピングの割引など、旅行時にお得なキャンペーン・特典が多い。 過去のキャンペーン VISAおよび三井住友カードが開催した過去のキャンペーンや優待の例は以下(現在開催中のものも含む)だ。 また、「海外・国内航空券+ホテル」料金が2,500円オフ。 期間:2017年5月24日~2018年12月31日• デビットカードの種類が多い VISAはデビットカードの種類が多いことも特徴である。 デビットカードは銀行口座から即時支払いとなるカードで、国際ブランドと銀行が提携して発行している。 分割払いや定期払いができないなどいくつか違いはあるが、基本的にクレジットカードとほぼ同じように使用できる。 18歳未満でも申込できるものが多く、審査がないカードも多い。 そのため、クレジットカードを持っていない人でも申し込みやすいカードだ。 日本国内で発行されているデビットカードは、VISAかJCBブランドがほとんどを占めている。 大手銀行をはじめとして、VISAは提携している銀行が多い。 セキュリティ面でも心強い。 また、海外でデビットカードを使う場合は、VISAの方が加盟店が多く安心だ。

次の