祇園 さん の 来 は る 夏。 京都人の密かな愉しみ Blue 修業中 送る夏|国内ドラマ|DVD

京都人の密かな愉しみ Blue 修業中 祇園さんの来はる夏

祇園 さん の 来 は る 夏

待望の第3弾!祗園祭の夏は恋の季節! さらに目が離せない、せつない京都青春群像! 陶芸家見習いの釉子役にあたらしく吉岡里帆を迎え、庭師見習いの幸太郎(林遣都)、板前見習いの甚(矢本悠馬)、パン職人見習いの葉菜(趣里)、農家見習いでワケありな影を持つ鋭二(毎熊克哉)、それぞれのひと夏を描く。 幻想的な宵山(よいやま)、荘厳な山鉾(やまほこ)巡行でクライマックスを迎える祗園祭は、熱き青春の恋の舞台。 番組では今年1150年の節目を迎える祭りを完全ドキュメント。 ドラマとドキュメンタリー、虚と実を行き来しながら、若者たちの愛と涙が祗園祭の熱気の中で交錯する。 今回はオール祇園祭特集!子どものころは友達がちまきを売る手伝い 唄ってはったので、たぶん霰天神山 に行っていましたし、今でも複数の知人がいろいろな所でちまき作りを手伝っています。 でもたいていの京都人は、自分のお気に入りや何かしらご縁がある鉾のことしか知らへんのとちゃうやろか?今回の放送は、地元民でも知らないことがいっぱいで勉強になりました。 鉾のことは祇園祭山鉾連合会のページが詳しく分かりやすいのでお任せします。 京都人も忘れがちですが、祇園祭って7月1日から一か月間続くお祭りなのですよ。 幸太郎くんはちょっとオーバーやけど、ほんまに皆さんバタバタしてはります・・・祇園祭の行事の合間に仕事をしてはる感じ。 かなり長時間特集されていたこともあって、来年は特に人気が出そうな気がします。 お囃子の時の林くんはかっこよくステキでしたが、個人的にはバーのシーンのほうも好み。 そう言えば「送る夏」では壬生六斎念仏が放送されていたような?あまりの盛りだくさんな京都ネタの数々に忘れていました。 あれは、矢本さんの太鼓の伏線だったのかしら?2年前に仕込んでおくなんて、源監督ってスゴイ。 実際に巡行にも役者さんが参加してたっぽくてびっくり。 巡行の時にロケしてはったのですね・・KBSの生中継、テレビをつけて何となく見ていたのになあ。 もっとしっかり見ておけば良かった! 滋賀県出身の林遣都くん。 京都ご出身の吉岡里穂さん、矢本悠馬くん! 関西出身の方のセリフは安心して聞いていられますが、その中でも林遣都くんのナレーションは落ち着きがあって良いですね。 あじさいが有名な、洛西の楊谷寺は長岡京市にあります。 阪急電鉄、JRの駅からそれぞれバスが出ていて便利です 注:日にち限定。 詳しくは下記リンクをご覧下さい。 あと、今回は矢本悠馬くんに笑わされっぱなしでした。 京都出身だけあってセリフは安心して聞いていられるし。 棒振り踊りを引き受けるシーンとバーでの肉まんはもう爆笑。 このドラマはシリアスなシーンと笑えるシーンの対比が楽しい。 BGMは前作から相変わらず素敵な阿部海太郎さん、楽天市場のさんと では試聴もできます。 宜しければお試し下さいね。 京都人が認めるのは東山区の料亭のお嬢さん、田畑智子さんぐらいかな?ここで洛中とかを言い出すウルサ方は置いておいて、市内ご出身の芸能人は珍しいので素直に嬉しいのです。 : 毎回おなじみの京都弁問題:もしかして、石橋蓮司さんの京都弁がヘタクソなのは養子縁組して後を継がはったから京都の人ではないという設定でしょうか?お通夜のシーンの「ええ機会やから話すけど」「三千院の庭のめんどうをみていた」「ひとり立ちするええ機会やから」「もうすぐ祇園さんやで」など数々のセリフは酷かった・・・ あまりにウルサイと嫌われるしスルーしようと思うんやけど、耳に引っかかってしまうのです。

次の

NHK BSPドラマ「京都人の密かな愉しみ Blue 修行中 ~祇園(ぎおん)さんの来はる夏~」に辻調が協力!|京都人の密かな愉しみ|テレビ|最新メディア情報|辻調グループ 総合情報サイト

祇園 さん の 来 は る 夏

待望の第3弾!祗園祭の夏は恋の季節! 新しく吉岡里帆をキャストに迎え、さらに目が離せない、せつない京都青春群像! 職人の世界に飛び込み修業を続ける若者5人の成長を、京都の美しい四季の中で描く青春群像ドラマ『京都人の密かな愉しみBlue修業中』が1年半の時を経て帰ってくる!陶芸家見習いの釉子役にあたらしく吉岡里帆を迎え、庭師見習いの幸太郎(林遣都)、板前見習いの甚(矢本悠馬)、パン職人見習いの葉菜(趣里)、農家見習いでワケありな影を持つ鋭二(毎熊克哉)、それぞれのひと夏を描く。 駒形提灯に灯がともる幻想的な宵山(よいやま)、さんざめく祗園囃子、荘厳な山鉾巡行でクライマックスを迎える祗園祭は、熱き青春の恋の舞台でもある。 番組では今年1150年の節目を迎える祭りを完全ドキュメント。 ドラマとドキュメンタリー、虚と実を行き来しながら、若者たちの愛と涙が祗園祭の熱気の中で交錯する。 <ドラマあらすじ> 鋭二の祖母タエ(故・江波杏子)が突然亡くなった。 通夜に集まった5人は、清兵衛(石橋蓮司)から、鋭二とタエは実際には血が繋がっていなかったという事実を知らされる。 タエも愛した祗園祭は、京都に本格的な夏の到来を告げる一大イベント。 四条通り界隈の山鉾町(やまほこまち)に住む町衆たちが、身も蓋もなく入れ込んでしまう晴れの神事だ。 幸太郎は今日も美しい紫陽花の咲き誇る寺の庭で修業中だが、「コンコンチキチン」の響きに浮き足だって仕事に中々身が入らない。 鋭二は厄除けの粽(ちまき)を作る仕事をしていたが、そこには、タエと鋭二を結びつけることになったある悲しい出来事の記憶が秘められていた。 そんな鋭二の心中を察し、彼を支えるかのように葉菜も粽作りを手伝う。 葉菜が聞き出した鋭二の秘密とは…?かつてハモと壮絶な死闘を繰り広げた甚は今やすっかり慣れた包丁さばきでハモの骨切をしている。 甚はひょんなことからアクロバティックな「棒振り踊り」の太鼓を叩くことに!一方、嵯峨野に住む釉子は「祗園祭なんて街中の祭りやん」と冷めているが、ある男性が気になってしょうがない。 師匠である父・羊山(本田博太郎)からも言われるが、仕事でも恋愛でも「男運が悪い」と自覚する釉子。 京都の若者にとって祗園祭の宵山(7月16日)の晩はクリスマスイブのようなもの。 デートに誘うのは本命の相手・・・というが、釉子の恋の運命やいかに? 若林ケント幸太郎役 林遣都さん 敬愛する大先輩である江波杏子さんとご一緒させていただいた大切な時間、将来へ向け背中を押してくださった時のあの優しい笑顔は今も僕の心に残り続けています。 江波さんへの思いが詰まった源監督の脚本を読み、とても胸を打たれました。 またこの作品に参加できることに大きな喜びを感じています。 時代が変わっても色褪せることのない京都の美しさと温もり、そして大先輩への感謝の思いが、祗園祭の囃子の音色に乗せてたくさんの人に届きますように。 宮坂釉子役 吉岡里帆さん 陶芸の道を志す釉子役を演じさせて頂きます。 私の地元でもある京都の夏は、街を歩いているだけでも、歴史ある風景に盆地独特の湿り気とジリジリと照りつく太陽が色濃く、何か物語が始まりそうな雰囲気を醸し出しています。 お祭り事の多い土地柄ですが年一回の祗園祭は文化遺産として受け継がれてきた京都の大切な行事です。 その祗園祭を通して京都でのひと時を感じて貰える様な瑞々しい作品をお楽しみください。 松原甚役 矢本悠馬さん もう3回目にもなるとお互いの距離感は縮んで前よりも友人感は上昇してると思います。 撮影合間での会話も弾みますし。 今回は大先輩の江波杏子さんへの黙祷を源組一同で行い、そこから撮影を始めたので現場に装飾されているのはタエさんの遺影とは言え、感慨深いものがありました。 自分は京都出身なんですが、東京在住で関西弁でも標準語でもなく方言にてこずっているので、そこを頑張ってます。 笑 上町葉菜役 趣里さん 「京都人」の撮影は、四季折々の美しい景色や香りを感じ、文化を知ることができ、京都が大好きな私にとって、とても大切な作品です。 3作目となる今回、祗園祭を舞台にまさかの展開を楽しんで演じさせていただきました。 江波杏子さんにお会いする夢は叶いませんでしたが、たくさんのことを学ばせていただき、この作品の中で一緒にいられたことが何よりの財産です。 どんなことがあっても乗り越え、前向きに生きていくBlueを見届けてくれたら嬉しいです! 松陰鋭二役 毎熊克哉さん 久しぶりに京都人の台本が手元に届き、開いた1ページ目から鋭二にとって、僕にとって辛いシーンの連続でした。 祗園祭を背景に、それぞれの情緒がちらついていると素敵だなと思っています。 新しいキャストの仲間入りや、キャラクター同士の関係の微妙な変化も見どころです! お楽しみに。 【BSプレミアム】 8月17日(土)BSプレミアム 21:00~22:59(119分) 【BS4K】 9月 8日(日)14:00~15:59 (再放送) 9月18日(水)15:00~16:59 【作・演出】 源 孝志 (オッティモ、「平成細雪」「スローな武士にしてくれ」) 【音 楽】 阿部海太郎(「スローな武士にしてくれ」「あてなよる」) 【出 演】 林遣都、吉岡里帆、矢本悠馬、趣里、毎熊克哉、団時朗、甲本雅裕、岡田浩暉、田中幸太朗、松澤一之、高岡早紀、秋山菜津子、本田博太郎、石橋蓮司 ほか 「料理コーナー」には大原千鶴 【制作統括】 渡辺圭、伊藤 純、川崎直子、石﨑宏哉 【番組ホームページ】.

次の

京都とか夏の終わりとか

祇園 さん の 来 は る 夏

8月17日に放送された 「京都人の密かな愉しみ Blue 修行中」第3弾は 「祇園さんの来はる夏」。 われらが常盤貴子さんの演じた「京都人の密かな愉しみ」は興味深い番組でした。 「Blue修行中」と銘打った新シリーズは,私はこの「修行」というのが気持ちに合わないことと,われらが常盤貴子さんがいなくなってしまったので,第2弾を見るのをためらいましたが,今回はその第3弾で,祇園ということばに惹かれて見ました。 この番組で私が思うのはいつも「ホンモノ」いや「ホンマモン」のすばらしさです。 そしてまた,「ホンマモン」の京都を伝えるこの番組がどこまで「ホンマモン」なのかということですが,今回は話の内容を祇園祭に絞ったいい番組でした。 私が今から10年ほど前に出会った、プライドが服を着ているような自称「教育者」は,知っている知識は専門書からならまだしも,〇〇新書とかいう本からの受け売りばかりで,人の意見は聞く耳を持たず,自分の言うことを聞かせるためには恫喝を厭わないという,今ならパワハラの権化のような輩でした。 しかも,その輩のいた組織は,「失敗しない私」(笑)には,まるで,米倉涼子さんの演じた番組「ドクターX」をそのまま現実にしたようなところでした(御意)。 そもそも,人が最も手に入れ難いけれど,だれもがそうありたいと目指しているのは「自由」です。 であれば,権威とか名誉を手に入れるというのは,それとは真逆なものだ,ということすら組織にいるとわからなくなってくるのが人間の最大の悲劇です。 とはいえ,組織を束ねる人は必要なので,誰かはそれをしなければならないわけです。 それをする人が,本当の人格者であり裏がなく目的が純粋ならば,それは高貴なものとなりますが,そうでないとお互いが不幸になります。 その違いは「ホンモノ」と「マガイモノ」の差です。 このブログはアメリカ旅行が主な話題ですが,アクセス数が急に増えるのはテレビ番組を話題にした内容を書いたときです。 そのなかでも特に増えるのはこの「京都人の密かな愉しみ」について書いたときです。 このドラマだかドキュメンタリーだか定かでないユニークな番組は,そっとお正月にそれもBSで第1回を放送したころはほとんど話題性もなかったので,私が番組について書いたときに,ずいぶん多くの人に読んでもらいました。 私のブログは気が向いたことを自分の記憶に留めるために書いているだけでお金儲けとは無関係なので,アクセス数などどうでもいいのですが,商用のブログはアクセス数を増やす必要があるのでたいへんです。 私は自分のブログのアクセス数が増えたり減ったりするのを経験することを通じて,どういう話題がアクセス数に影響するのかがわかってきました。 そうした知識をもとにネットを見ていると,商用のブログがアクセス数を増やすためにさまざまな手段を講じていることがよくわかります。 特に,ニュースを集めたポータルサイトを見ると,刺激のある見出しをつけたり,あるいは,記事の集め方がなんらかの別の目的や思想をもとにしたものばかりだったりするので,読む側に,そうした玉石混淆の記事から真実を見わけるための,まさしく「ホンモノ」の力が必要なのです。 京都に根付く伝統と文化を支えているのもまた,そうした「ホンモノ」です。 それを感じとるためには,そこに訪れる側にも「ホンモノ」の情熱がいるのです。 残念ながら,私は今回の「京都人の密かな愉しみ」で主題となった祇園祭を見たことがありません。 それは,私が人混みが嫌いということに加えて暑いのが苦手ということが理由です。 そんなことを思う私は正真正銘「マガイモノ」というわけでしょう。 この番組でそんな私の行けない祇園祭の一部始終がわかって,とてもよかったです。 ところで,私はこのブログを6年以上毎日書いていますが,今,昔書いたものを読みなおしてみると,6年でずいぶんと考えが変わったものだなあと思います。 以前はあれほど想いのあった京都だったのに,今は足を運ぶ気もなくなりました。 その理由は,いつも書いているように,観光客が増えすぎて,京都のよさが埋没してしまったことにあります。 この国は外国からの観光客を増やすことに力を入れているようですが,その目的は,日本の文化や伝統を理解してもらうというのは建前で,本音は金儲けです。 実際,モノを作って外国で売るよりも,外国人に来てもらって金を落としてもらうことのほうがずっと収益性が高いのです。 であれば,私のような,海外旅行に出かけても土産も買わず必要最低限以上のお金を使わないような旅人は,実は,訪れる国にとっては迷惑なだけなのかもしれません。 昨年の夏は,徳島市の阿波おどりでもめごとが起きました。 徳島市では阿波おどりが何より好きだという純粋な人がたくさんいます。 彼らは「ホンモノ」で,そこにあるのは,好きだからという一念であって,金儲けやら偉くなろうということではありません。 それと同じように,祇園祭を行っている人もまた,それが好きだという一念であって,そうした人たちには,これほどの観光客が押し寄せる京都は,おそらくとても残念なことでしょう。 私は,この番組で出てきた祇園祭のとんでもない人混み(オーバーツーリズム)を見て,ますます京都に行く気持ちを失くしました。 もし,次に京都に行くことがあったら,どうすれば,長い歴史のなかで培ってきた京都の伝統や文化を昔のように静かに味わうことができるのだろうかと,番組を見て思ったことでした。

次の