アビゲイル ディズニー。 リトル・ミス・サンシャイン

米ディズニー、新型コロナ休園前の「お別れパーティー」に創業者の孫が呆れ顔

アビゲイル ディズニー

アビゲイル・ディズニーは、大叔父にあたるウォルト・ディズニーの創業した会社が、コロナウイルスの世界的大流行によるテーマパークの休園を理由に、4万3000人の従業員を一時解雇していることについて批判した。 彼女は4月21日火曜日の夜(現地時間)、25におよぶツイッターへの投稿で、従業員の一時解雇を決定する前に、株主への配当金や幹部らのボーナスの支払い予定をキャンセルすべきだったと非難した。 今回の危機では、すでに幹部らは減給となっているが、まだボーナスをもらえる可能性が残っているということに「最も腹が立つ」と彼女はツイートした。 アビゲイル・ディズニーはこれまでにも、アメリカにおける所得格差の広がりについて懸念を述べており、 ディズニーのボブ・アイガー会長の報酬を繰り返し批判している。 コロナウイルス危機のためテーマパークの休園を強いられているディズニーの幹部らは、すでに減給となっている。 だが、ディズニー一族の一人に言わせると、それでもまだ高給だ。 アビゲイル・ディズニー(Abigail Disney)は4月21日火曜日の夜(現地時間)、25にもおよぶツイッター(Twitter)への一連の投稿で、テーマパークで働く4万3000人の従業員の一時解雇を決定する前に、配当金や幹部らのボーナスの支払い予定をキャンセルすべきだったと非難した。 「だから私は、3月に幹部たちが減給の事実を猛烈にアピールした時にも何も言わなかった」とアビゲイルはツイートした。 「私は、給与以外の報酬パッケージの話が出るまで待つように言った。 幹部にとって給料は大海の一滴にすぎない。 真の給料は、残りのパッケージの中にある」 一体どうなってるの????? 配当収入が頼りの人たちの数を考えると配当金が悪い訳ではないけれど、それでも株式の80%を所有するのは最も裕福な10%の人々。 でも、その言い訳もここまで。 一番腹が立つのは、もちろんボーナスのこと……(続く) だが幹部らのボーナスは、彼女が言う全額が保証されている訳ではない。 彼女が引用したファイナンシャル・タイムズの記事によると、CEOのボブ・シャペク(Bob Chapek)は、給料の300%相当のボーナスを受け取る可能性があるが、その保証はない。 ボーナスは実績に大きく左右される。 同社の株価は今年に入り28%下落しているため、全額支給される可能性は低そうだ。 アメリカ国内のディズニーのテーマパークは、3月以降すべて休園となっており、毎月の売り上げ15億ドル(約1600億円)を失っている、とBusiness Insiderのアシュリー・ロドリゲス(Ashley Rodriguez)は報じた。 この危機の中、会社のキャッシュを守るため、ディズニーの最高幹部らは減給となっている。 それでも、シャペクCEOは一時解雇されたパークの従業員に比べてはるかに多く稼いでおり、しかもフロリダの失業保険はアメリカ国内でも最低レベルだとファイナンシャル・タイムズは報じた。 アビゲイル・ディズニーは、受賞歴もある映画監督の祖父、ロイ・O・ディズニー(Roy O. Disney)と大叔父にあたるウォルト・ディズニー(Walt Disney)が創業した会社を長年批判してきた。 2019年、遺産相続人である彼女は、当時のCEOで現在は会長のボブ・アイガー(Bob Iger)の給料を非難し、他18人の大金持ちと連名で富裕税を支持する文書に署名して話題となった。 同年7月には、父親から相続した財産が1億2000万ドル(約128億9600万円)あると述べている。 ウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company)は、コロナウイルスの世界的大流行の中、従業員を一時解雇している数多くの組織の1つだ。 ディズニー・ワールド(Disney World)では4月19日から、4万3000人の「今は必要でない仕事の」従業員を一時解雇。 パンデミックの中、アメリカでは過去4週間だけで異例の2200万人の労働者が失業保険を申請しており、死者は4万4000人を超えている。 ': Heiress Abigail Disney slams company for furloughing workers but protecting shareholder payouts and executive bonuses] (翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue) Taylor Nicole Rogers.

次の

ベイマックス

アビゲイル ディズニー

アビゲイル・ディズニー。 アビゲイル・ディズニーは、大叔父にあたるウォルト・ディズニーの創業した会社が、 によるテーマパークの休園を理由に、 について批判した。 彼女は4月21日火曜日の夜(現地時間)、 で、従業員の一時解雇を決定する前に、株主への配当金や幹部らのボーナスの支払い予定をキャンセルすべきだったと非難した。 今回の危機では、すでに幹部らは となっているが、まだボーナスをもらえる可能性が残っているということに「最も腹が立つ」と彼女は。 アビゲイル・ディズニーはこれまでにも、アメリカにおける所得格差の広がりについて懸念を述べており、 ディズニーのボブ・アイガー会長の報酬を。 コロナウイルス危機のためテーマパークの休園を強いられているディズニーの幹部らは、すでに減給となっている。 だが、ディズニー一族の一人に言わせると、それでもまだ高給だ。 アビゲイル・ディズニー(Abigail Disney)は4月21日火曜日の夜(現地時間)、で、テーマパークで働く4万3000人の従業員の一時解雇を決定する前に、配当金や幹部らのボーナスの支払い予定をキャンセルすべきだったと非難した。 「だから私は、3月に幹部たちが減給の事実を猛烈にアピールした時にも何も言わなかった」とアビゲイルは。 「私は、給与以外の報酬パッケージの話が出るまで待つように言った。 幹部にとって給料は大海の一滴にすぎない。 Look, dividends aren't ALL bad, given the number of fixed income folks who rely on them. So that excuse only goes so far. But the REAL outrage is, of course, those bonuses... でも、その言い訳もここまで。 一番腹が立つのは、もちろんボーナスのこと……(続く) だが幹部らのボーナスは、彼女が言う全額が保証されている訳ではない。 彼女が引用したによると、CEOのボブ・シャペク(Bob Chapek)は、給料の300%相当のボーナスを受け取る可能性があるが、その保証はない。 ボーナスは実績に大きく左右される。 同社の株価は今年に入りしているため、全額支給される可能性は低そうだ。 アメリカ国内のディズニーのテーマパークは、3月以降すべて休園となっており、毎月の売り上げ15億ドル(約1600億円)を失っている、とは報じた。 この危機の中、会社のキャッシュを守るため、ディズニーの最高幹部らはとなっている。 それでも、シャペクCEOは一時解雇されたパークの従業員に比べてはるかに多く稼いでおり、しかもフロリダの失業保険はアメリカ国内でも最低レベルだとは報じた。 アビゲイル・ディズニーは、受賞歴もある映画監督の祖父、ロイ・O・ディズニー(Roy O. Disney)と大叔父にあたるウォルト・ディズニー(Walt Disney)が創業した会社を長年批判してきた。 2019年、遺産相続人である彼女は、当時のCEOで現在は会長のボブ・アイガー(Bob Iger)の給料を非難し、他18人の大金持ちと連名で富裕税を支持する文書に署名して。 同年7月には、父親から相続したあると述べている。 ウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company)は、コロナウイルスの世界的大流行の中、従業員を一時解雇している数多くの組織の1つだ。 ディズニー・ワールド(Disney World)では4月19日から、4万3000人の「今は必要でない仕事の」。 パンデミックの中、アメリカでは過去4週間だけで異例の2200万人の労働者がしており、。

次の

先に幹部のボーナスを削減すべき…4万人以上をレイオフしたディズニーへ怒り爆発(BUSINESS INSIDER JAPAN)

アビゲイル ディズニー

ディズニー創業者の孫、身分隠しディズニーランド訪問 従業員の労働条件に「憤慨」 2019. 17 Wed posted at 13:05 JST ニューヨーク(CNN) 米ウォルト・ディズニー共同創業者の孫で映画人、活動家としても知られるアビゲイル・ディズニー氏が最近、身分を隠してディズニーランドを訪れ、従業員の労働条件を見て「憤慨」したと訴えている。 ディズニー氏が米ヤフー・ニュースとのインタビューで語ったところによると、ディズニーランド訪問のきっかけになったのは、ある従業員からフェイスブック上で送られたメッセージだった。 現場で会った一人ひとりの従業員からも、他人のごみをあさるほど生活が苦しいのに職場で笑顔を作り続けるのはつらい、というメッセージが伝わってきた。 従業員を大事にしない同社の姿勢に、強い怒りを感じたという。 ディズニー氏はインタビューで、ウォルト・ディズニーCEO(最高経営責任者)のボブ・アイガー氏に対し、「歩道のガムをはがしている作業員も自分自身も同じ従業員だということ、かれらにも自分と同じ尊厳と人権があることを理解するべきだ」と呼び掛けた。 アイガー氏には最近、メールで懸念を伝えたが、返信はないという。 アイガー氏は昨年6600万ドル(約71億円)の報酬を受け取ったのに対し、同社が発表した従業員の年収の中央値は4万6127ドルにとどまっている。 ディズニー氏はこれまでも、アイガー氏と従業員の収入格差を繰り返し批判してきた。 ウォルト・ディズニーはCNN Buisinessとのインタビューでディズニー氏に対し、従業員の賃金は連邦政府が設定する最低ラインを上回っていると反論。 さらに、学位や職業上の資格の取得を希望する従業員のために学費を負担するプログラムにも力を入れていると強調した。

次の